「放送をもっと自由に」の美名に隠された悪巧み!

▼「放送をもっと自由に」の美名に隠された悪巧み!
 ジャーナリストの高瀬毅が警鐘を乱打した。安倍政権はいま、放送を、「もっと自由に」という美名の下に、政治的公平性を謳った条文を廃止しようとしている、と警告した。

 権力の手で「公共の電波を悪用しようとする企み」を傍観してはならない。以下に高瀬の警告を掲載する。

*******************

最近の出来事として、東京MXテレビの「ニュース女子」問題がある。DHCがCMを提供、関連制作会社が、沖縄・辺野古の基地建設反対運動について取材もせず、意図的な悪意を持って誹謗する内容の番組を制作、放送したのだ。

 きわめて悪質な番組だが、こういう番組も許容される恐れがある。BPO(放送倫理・番組向上機構)からの勧告を受け、MXテレビは番組を中止するに至ったが、地方の経営基盤の弱い独立系TVなどでは、依然として偏った内容の番組が放送されていると聞いている。

 この法案が通れば、放送のありようが著しく悪い方へと変えられてしまうだろう。個人攻撃のようなこともなされる可能性がある。

 原理的にいえば、反政府的な放送も可能だろうが、放送局の免許を権力が握っている限り、現実的には難しい。おそらく政権に有利な報道が増えると思われる。

 権力をチェックするジャーナリズムの力が、さらに弱まることは目に見えている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック