テーマ:落語

「これ、おカネ取れますよ」!これ以上の誉め言葉なし!

 前日の天気がウソのように今日(8日)の東京地方は好天に恵まれた。私たちのボランティア落語会にもたくさんの方がお越し下さった。  出演者一同、想定外の上出来で、お初のお客様からも「みなさん、これだけお出来なら、お金をとってはどうですか」などと望外のおほめの言葉を頂戴した。世辞にしても有難い。  私たちの落語はお客様あっての話…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の「お見立て」通り桂宮治はただ者ではない!

 「桂宮治の子ども落語」が1日午後、東京・新宿の小学校で開かれた。母親に伴われた3、4歳児の前で人気落語家の宮治が身振り手振りで子どもでも分かる落語「時そば」を熱演。  すると、そばをツルツルと食べる仕草をする度に、目の前で子どもたちがキャッキャ騒いで大喜び。  かわいいチビッコたちが座布団の上で、扇子や手拭いを箸や本に見立…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春風亭昇太とお伊勢参りと落語のコラボ!

お伊勢参りと落語のコラボ。まことに結構なお話。 あたしも芸協で落語を学んだので紹介させていただく。 ******************* 伊勢の地域新聞が掲載した記事。  「落語芸術協会」(芸協)と伊勢市による落語の公演会「伊勢おかげ寄席」が11月19日・20日の2日間、伊勢市生涯学習センター「いせトピア」で開演し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木内みどりさんにもっと聞きたかった「子育て、旅、落語」の話!

 永遠のアイドル、「坂本九ちゃん」のお嬢さん、大島花子さんが急逝した木内みどりさんを偲んで以下を投稿した。  みどりさん、もっとお話伺いたかったです。子育て、旅、食、音楽、落語!  お食事をご一緒したあとすぐに話にでたおすすめの落語、京都の調理器具、たわしや焼き網のことを メールで教えてくださりました。  民主主義のこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHK新人落語大賞に上方落語の桂華紋!

 『令和元年度NHK新人落語大賞』がNHK総合で4日に放送され、大阪予選から進出した桂華紋(32)が大賞に輝いた。演目は「ふぐ鍋」。   桂華紋は関西学院大学を卒業。2010年4月に桂文枝一門に入門した。  『NHK新人落語大賞』は、40年以上の歴史を誇る、東西の若手落語家が一堂に会する唯一のテレビコンテスト。  毎年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

観ないと損!きょう午後1時、NHK新人落語大賞!

 東西の若手落語家が大賞を目指して競い合う「NHK新人落語大賞」。121人が参加した予選を勝ち抜いた精鋭6人がNHK大阪ホールで激突! 「NHK新人落語大賞」は40年以上の歴史を誇る、東西の若手落語家が一堂に会する唯一のテレビコンテスト。  今年の予選会には121人が参加、勝ち抜いた6人が大賞を目指して熱演する。  出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名人、志ん朝が高座に上がった落語の小屋が消える!

 人間国宝で上方落語の中興の祖と呼ばれる故桂米朝や江戸落語の名人、故古今亭志ん朝らが高座に上がった大阪・千日前の小劇場「トリイホール」(約100席)が来年3月で閉館する。  共同通信によると、閉館後は改装し、同ホール代表の鳥居弘昌さん(60)が住職を務める千日山弘昌寺の本堂となる。  ホールは1991年に開館。前身の老舗旅館…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

満員札止めの大盛況!カナダ人の女性客も落語に大喜び!

 新宿から明大前で井の頭線に乗り換えて19日午後、4人で図書館に出前寄席を届けた。ここでの無料落語会も回を重ねて7回目とあって、常連客が増えた。ビックリしたのは客の中にカナダ人女性がいたことだ。  落語は想像芸である。そのうえ、古典落語の会話は、現在使っている東京弁ではなく、「江戸弁」だ。「カッコいい」と言わず、そういう時は「様子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台風の被災地でボランティア落語会!

 千葉県九十九里町の「国民宿舎 サンライズ九十九里」に17日、出前寄席に行った。  房総地方は9日の台風15号の直撃を受け、住宅の屋根が軒並み吹き飛ばされ、ブルーシートの配布もままならない中で、一泊二日のボランティア落語会とはいえ、この時期にお邪魔していいのかどうか躊躇した。  聞くと、2日間は停電と断水で休業したものの、幸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イヨッ、待ってました!春風亭昇太が芸協会長に就任!

▼イヨッ、待ってました!春風亭昇太が芸協会長に就任!  春風亭昇太(59)が27日、落語芸術協会の新会長に決まり、都内で会見した。会長代行だった三遊亭小遊三(72)は理事を退任し参事となった。  6代目会長となる昇太は「会長職がどんなものかこれから分かってくる。落語界はいい時代で、私が入った時を比べると夢のような状態。ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野党よ、少しは「れいわ新選組」の本気度を見習えと談四楼!

▼野党よ、少しは「れいわ新選組」の本気度を見習えと談四楼! 立川談四楼  安倍さんが「風というものは気まぐれ」だってさ。  解散風、衆参同日選挙を匂わせたわけで、野党を舐めきっているから薄ら笑いでこういうことが言えるんだね。  野党も泡を食ったろう、何しろ準備不足だから。そこを見透かされての言いたい放題な…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

安倍の「おもてなし」もトランプには全く効果なし!

▼安倍の「おもてなし」もトランプには全く効果なし!  落語には頭のネジが1本足りない与太郎が登場するが、安倍晋三クンを見ているとなぜか与太郎を思い出した。  安倍晋三は27日、東京・元赤坂の迎賓館でトランプと会談した。トランプは貿易交渉について「8月に発表ができると思う」「われわれの目標は米国の貿易赤字を減らし、全ての障壁を…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

そんなに嬉しいのか?談四楼が晋三に一矢を放った!

▼そんなに嬉しいのか?談四楼が晋三に一矢を放った!  立川談四楼にますます磨きがかかった。本来、こういう言葉は政治家の口から聞きたかった。  与野党の衆参議員713人のうち、誰一人としてこんな鋭い指摘をする者がいない。  なれ合い政治をやっていると感覚がマヒするのだろう。  それにしても談四楼は鋭い。噺家…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍さんは政権の真ん中でヘラヘラ!どこがめでたい!

▼安倍さんは政権の真ん中でヘラヘラ!どこがめでたい!  噺家の立川談四楼‏については何度も説明したが、彼は筆が立つ。  言葉が切れている。文章の筋がいい。それもそのはず談四楼‏は多数の著書を現した作家である。そんじょ、そこらの噺家とは別物だ。  世相の風刺にかけては天下一品だ。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「安倍はチャイナと呼ばれて握手した」と談四楼!

▼「安倍はチャイナと呼ばれて握手した」と談四楼!  安倍晋三は意気地のない男。内弁慶だと私が再三言ってきたが、談四楼が裏付けしてくれた。「安倍はチャイナと呼ばれて握手した」と談四楼。笑うに笑えない国辱物語、悲喜劇だ。 ************************  道理で安倍さんがドヤ顔のはずだ。新元号をほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桂歌丸が「松之丞、昇々、宮治、小痴楽」に託した思い!

▼桂歌丸が「松之丞、昇々、宮治、小痴楽」に託した思い!  桂歌丸さんが松之丞、小痴楽ら「成金」メンバーに託した思い、と題してスポーツ報知が伝えた。読んでいて気持ちが「ほっこり」するいい記事だ。 ***************************  去年7月に亡くなった落語家・桂歌丸さんをしのぶ「桂歌丸追悼落語…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

松之丞の人気爆発!若い女性の「追っかけ」がすごい!

▼松之丞の人気爆発!若い女性の「追っかけ」がすごい!  噺家はみんな松之丞と共演したがる。若手でイケメン、その上、話が旨いと来たら言うことなし。鬼に金棒だ。20代から40代の女性の「追っかけ」がすごい。  落語会はどこも満員御礼。ところが松之丞の高座が終わった途端、客席がガラガラになる。お目当ては松之丞ただ一人と言う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小泉進次郎、オメーの腹の内が透けて見えるぜ!

▼小泉進次郎、オメーの腹の内が透けて見えるぜ!  落語小誌の「東京かわら版」に小泉進次郎が一文を寄せた。昨年11月に設立した落語議連の発起人だ。  〈中村仲蔵マニアなんです。好きな演目は何かって聞かれたら『中村仲蔵』……〉  「中村仲蔵」は大部屋俳優から看板役者に上り詰めた、江戸中期に実在した歌舞伎役者。しかし、大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍よ、ええ加減にせんかい!吉本出演に大阪府民が大激怒!

▼安倍よ、ええ加減にせんかい!吉本出演に大阪府民が大激怒!  一般紙でこの記事を見た時、私も「コイツ、アホちゃうか?」と思った。北海道なら「はんか臭いんでないかい!」  笑いの何たるかも知らない間抜けが、票欲しさにプロの仕事場に潜り込んだ。  挙句の果てに、「四角い仁鶴がまあるくおさめまっせ」と人のギャグを横取…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山本太郎は政治家になるべくしてなった、と談四楼!

▼山本太郎は政治家になるべくしてなった、と談四楼!  安倍暴走政府に敢然と立ち向かう硬骨漢がここにもいる。  噺家、立川談四楼である。 感性の鋭い人だ。    談四楼の言葉は生きている。  研ぎ澄まされた感性がないと、なかなかこんな文章は書けない。  そして彼が言った。  「山本太郎は政治家に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

洒脱な笑いの業師、 ケーシー高峰さんがなくなった!

▼洒脱な笑いの業師、 ケーシー高峰さんがなくなった!  ケーシー高峰さんが亡くなった。サラットやってのけるお色気医事漫談は軽妙で洒脱。泥臭さがなく、どこか垢抜けしていた。そんなケーシーさんの話芸が大好きだった。粋な人だった。   合掌 *************************** ケーシーさんの死を悼んだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「元号」じゃねー!今、目向けんのは森友だろ、加計だろう!

▼「元号」じゃねー!今、目向けんのは森友だろ、加計だろう! みんな、聞いてくれー。長屋の熊公がいいこと言ったぜ。「何だ、てんだ」、てか? まあこれを見つくれ。 **************** まだ、グズグズ、風呂ん中で屁たれたようなことを言ってやがる。 いい加減にしゃがれてんだ。 散々わめいたら元号が変わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人に喜んでもらえることが自分の喜び!

▼人に喜んでもらえることが自分の喜び!  世界のスーパースターであるイチローがバットを置いた会見で、こう言ったのがとても印象に残った。  「自分のためにプレーすることが、ニューヨークに行った後くらいにですね、人に喜んでもらえることが喜びに変わったんですね。ファンの方なくして、自分のエネルギーはないと言ってもいいと思う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

失礼ながら、と言われて初めて気が付いたミス!

▼失礼ながら、と言われて初めて気が付いたミス! 夏目漱石は三代目小さんが大好きだった! https://85280384.at.webry.info/201903/article_135.html とするところを、「小さん」と「志ん生」を取り違えて書いた。  大竹永介さんから「失礼ながら漱石が愛したのは小さんでは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍晋三はいつまで”金魚の糞”を続けるのか?

▼安倍晋三はいつまで”金魚の糞”を続けるのか?  落語の名作「明烏」に、「いつも金魚の糞のように、人の後をついて歩いてばかりじゃダメなんだ。商いの切っ先が鈍る」と、大店の旦那がせがれに説教する場面がある。  安倍晋三は何かというとトランプの顔色を伺い、トランプの尻にくっついて歩く。こんなに主体性のない首相も珍しい。要する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

落語ブームに火が付きそうな気配!

▼落語ブームに火が付きそうな気配!  落語ブームに火が付きそうな気配だ。芸協、落語芸術協会の新会長に春風亭昇太が就任するという。  芸協会長のポストは昨年7月に桂歌丸が死去して以来、空席となっていた。 ********************  人気落語家、春風亭昇太(59)が6月に公益社団法人「落語芸術協会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朗報!春風亭昇太が芸協の次期会長に内定!

朗報!春風亭昇太が芸協の次期会長に内定!  まことにめでたい話だ。落語界のプリンス、春風亭昇太が芸協の次期会長に内定した。春風亭昇々や柳亭小痴楽ら若手イケメンぞろいの二つ目が腕を競う芸協は勢いがある。  桂宮治も二つ目だが、すでに彼は頭一つ抜けて並みの真打をしのぐ実力の持ち主だ。  NHKのドラマ「昭和元禄落語…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サービスの良さで人気の公共の宿と落語と人情と!

▼サービスの良さで人気の公共の宿と落語と人情と!  久しぶりに房総に出前寄席を届けた。  全国屈指の人気を誇る「サンライズ九十九里」である。  詳しくはここをクリック  http://www.sunrise99.jp/  全長約60キロに及ぶ雄大な九十九里浜のほぼ中央に位置し弓型に張り出した全室オーシャンビュー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お客様の笑い声にこちらまで顔がほころびました!

▼お客様の笑い声にこちらまで顔がほころびました! いい旅、楽しい出会い << 作成日時 : 2013/07/28 23:09 >> 再録。 ▼顔がほころぶ客の声  「縁は異なもの味なもの」なんと申しますが、ひょんなことから知り合いになったり致しまして、とは、あたくし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あんな爺さんになりたい」と思ったものだ!

▼あんな爺さんになりたい」と思ったものだ! ピタリ言い当てた目 << 作成日時 : 2013/07/30 02:10 >> 再録。 ▼プロの目にビックリ  落語の友人が、高座で着る着物を買うというので浅草に同行した。平日だというのに、雷門の前はカメラを抱えた観光客…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more