テーマ:落語

こういう形で「安倍政権をシャレのめす」と談四楼!

▼こういう形で「安倍政権をシャレのめす」と談四楼! 談四楼がつぶやいた。  ナイツがソフトにキツいシャレをかました。  「沖縄の神社でおみくじを引くと凶しか出ないってね」  「そんなことはないでしょう」  「いや凶しか出ないの」  「どうしてよ」  「これ以上吉(基地)は要らないってね」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「いいポストを用意しますんで、ここはひとつ退いて」!

▼「いいポストを用意しますんで、ここはひとつ退いて」!  毎日新聞によると、文部科学省を巡る接待汚職事件に関与した元コンサルティング会社役員から飲食接待を受け、辞職した前文科省初等中等教育局長の高橋道和(57)が2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会入りする。  高橋はスポーツ庁で次長職を務めており、スポーツ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「共産党に歩み寄ろうとしないエダノン」と談四楼!

▼「共産党に歩み寄ろうとしないエダノン」と談四楼!  作家でもある噺家の立川談四楼が枝野幸男についてこういった。本わさびがピリッと効いた絶品の風刺である。  枝野は正月4日、伊勢神宮に福山哲郎や蓮舫ら党幹部を引き連れて、そろって参拝。その様子を立憲民主党の公式ツイッターで発信。ネットで大炎上した。  「エダノン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHKの聞き手は「大事な急所」をスルーした!

▼NHKの聞き手は「大事な急所」をスルーした!  安倍晋三に食らいつき、タダメシのご相伴にあずかって喜んでいるスシローこと田崎史郎。こんな乞食評論家を100人集めても、噺家の立川談四楼‏にはかなわない。  NHKが放映した安倍晋三のPR放送“独占 晋三の時間”を痛烈に批判した。NHKの聞き手は「大事な急所」を…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

死神が居座って「おめでとう」?バカ野郎!

▼死神が居座って「おめでとう」?バカ野郎! 八五郎 おう、熊公、年が明けたな。めでてーな。 熊 公 なにを? 「めでてーな」? 何を言ってやがる。      死神の、安倍晋三が居座っていて、「おめでとうございます」?なんて、      バカバカしくて言えるかってんだ!      野郎をたたき潰して初めて「おめでとう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お伊勢さん「おかげ横丁」のすし屋で大みそか寄席!

▼お伊勢さん「おかげ横丁」のすし屋で大みそか寄席!  笑いで一年を締め、そして新たな年を迎得るなんというのはまことに結構。けっこうけだらけ猫灰だらけ。  使用前。使用後ではないが、落語を聴く前と後では客の表情が一変する。  楽しい落語を聴いた後はみなさん、顔がほころび穏やかな表情になる。みんないい顔をしてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いま一番の人気者、「チケットが取れない男」が真打に!

▼いま一番の人気者、「チケットが取れない男」が真打に!  とにかく面白い。客を捕まえて放さない。こんな講談、初めて聞いた、とみんなっそう思う。  いま、一番の人気者、「チケットが取れない男」と言われる松之丞が真打になる。  しかも先輩9人を追い抜いてのスピード出世である。  目出度いことだ。私は初めて聴い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歯科医の院長に頼まれて出前寄席に行った!

▼歯科医の院長に頼まれて出前寄席に行った!  歯科医の院長に頼まれて出前寄席に行った。日本の歯医者の数はコンビニよりも多い。わが家の周りにも徒歩7分以内に4軒もある。ところがいい医者となると、これがなかなか難しい。  新参者の私は老舗のお茶屋さんに事情を話し、紹介してもらうことにした。「歯が悪くて近くの歯医者に行ったがど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みんなが熊さん、はっつあんなら、きっと楽しいだろう!

▼みんなが熊さん、はっつあんなら、きっと楽しいだろう!  きょう(19日)はディーサービスセンターに出前寄席。曜日によってセンターを訪れる人が別だそうだが、落語が好きな人はほぼ欠かさず顔を見せてくれる。  常連の耳が遠いダンナ。大きな声で話しても毎度、「聞こえない」と言うので最前列に来てもらった。マイクも使っている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とにかくクサクテたまらない、と粋なダンナ!

▼とにかくクサクテたまらない、と粋なダンナ!  8月31日以来、約3カ月半ぶりに高座に上がって正座した。9月以降も、何度も出前寄席はやっているが、右足のアキレスけんを痛めて正座することが出来ないので立ったまま落語を披露した。  立川談志が一時、立って落語をやったそうだが、それ以外はあまり聞いたことがない。ただ、落語仲間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笑三師匠が肺炎のため死去 多彩な才能で魅了!

▼笑三師匠が肺炎のため死去 多彩な才能で魅了!  落語家・三笑亭笑三(本名:斧田道男=おのだ・みちお)さんが、10月24日に肺炎のため死去した。93歳だった。なお、葬儀は近親者のみで密葬にて執り行われた。  役員として長く落語芸術協会の運営に尽力した師匠は、平成28年まで8月下席の浅草演芸ホールで大喜利の司会を努め、若…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ついでだからソバの器も返しておいで!

▼ついでだからソバの器も返しておいで!  28日夜開催の小文治師匠の独演会について川﨑悦子さんがさっそく、こんな感想を寄せた。  今夜は楽しみにしていた小文治師匠の会に伺わせて頂きました。満員御礼でした。  私は歌舞伎好きなので「七段目」は、師匠の歌舞伎口調と所作、(師匠のおかみさん)尚美さんのお囃子と歌も素晴らし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外は気温13度、会場は熱気でムンムン!うれしい悲鳴!

▼外は気温13度、会場は熱気でムンムン!うれしい悲鳴!  「店内に高座がセットされているのには驚きだ。Aさんの落語は、とても素人とは思えない話芸で、いつも楽しませてくれます。  今回の演目は「寝床」。ある商家の旦那がヘタな義太夫に凝っていて、それも人に聞かせたがる大迷惑者。  この旦那と番頭、店の使用人や長屋の連中との…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

開演5分前ー、いよいよ始まる桂小文治独演会!

▼開演5分前ー、いよいよ始まる桂小文治独演会!  開演5分前ー。いよいよ始まる。桂小文治師匠の独演会が11月28日、東京・新橋の内幸町ホールで開催される。2018年締めの独演会とあって、飛び切りすごいネタがかかる。  「七段目」と、ご存知「芝浜」である。これは絶対、聴き逃すわけにはいかない。あたしは何をおいても新橋に駆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分が、一人一人が行動しないと政治は変わらない!

▼自分が、一人一人が行動しないと政治は変わらない! 木村康一さんが真剣に訴えた。 私は最近特に、FBの多くの人、グループのコメントを拝見しています。ほとんど自民党、ア〇の悪口オンパレード。もちろん、批判をすることが悪いことではないと思っています。 しかしいくらFBで憤慨しても、どうにもならないことばかりではないでしょ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

安倍政権を非難して野党に評判のいい男!

▼安倍政権を非難して野党に評判のいい男!  立川談四楼がこう切り返した。なんだ、かんだ、と注文が付くということは、それだけ注目されている証拠である。  「自民党落語議連に取り込まれるな」と言う人がまだいる。  だから私は会見ののっけに言ったんだ「私は連日ツイッターで安倍政権を非難している野党に評判のいい男です」と。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

想像を超えるスピードで爆発的にはじけた!

▼想像を超えるスピードで爆発的にはじけた!  若手落語家の中でいま、誰が一番かと聞かれたら、私は間髪入れず、「桂 宮治」の名を上げたい。   何年前だろう。東京会館で開かれた十一代桂文治の襲名披露パーティーで初めて言葉を交わした。彼ははっぴを身にまとって、会場入り口で他の前座仲間と受付を担当していた。  まもなく開宴の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鋭い洞察力、この切り口はどこから出て来るのか?

▼鋭い洞察力、この切り口はどこから出て来るのか?  核心を突く、この鋭い切り口は一体、どこから出て来るのか? 感性の豊かさ、洞察力の鋭さに座布団を11枚やりたい!この人はその辺の閣僚よりも「ウイング」が広い。知性に裏打ちされたユーモアセンスで次々、めった切り。 立川談四楼、健在なり。  さん喬や昇太らとともに遠藤利明、松本剛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「年末ジャンボ宝くじ」当たれば若い彼女と豪華な船旅!

▼「年末ジャンボ宝くじ」当たれば若い彼女と豪華な船旅!  チョイと、来たよ、来たよ、福の神がー。きょうから「年末ジャンボ宝くじ」が売り出された。  1等が当たると前後賞と合わせて10億円。こんなのが当たったら、どうする?  私はハナから使い道が決まっている。毎日、散在しても使い切れないので5000万円だけ手元に残して、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

落語人気に便乗、さっそく自民党に議連が誕生!

▼落語人気に便乗、さっそく自民党に議連が誕生!  自民党有志議員による「落語を楽しみ、学ぶ国会議員の会」(落語議連)が20日、発足した。メンバーは遠藤利明や河村建夫、小泉進次郎ら約40人。  噺家は笑点司会の春風亭昇太をはじめ柳家さん喬や三遊亭圓楽、立川談四楼、そして上方落語協会副会長の桂米団治の5人。  小泉進次郎は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いよっ、待ってました!小文治師匠! 今回はすごいよ!

▼いよっ、待ってました!小文治師匠! 今回はすごいよ!  待ってました!桂小文治師匠の独演会が11月28日、東京・新橋の内幸町ホールで開催される。2018年締めの独演会とあって、飛び切りすごいネタがかかる。  「七段目」と、ご存知「芝浜」である。これは絶対、聴き逃すわけにはいかない。あたしは何をおいても新橋に駆けつけます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今、旬の番組がこれ!「昭和元禄落語心中」!

▼今、旬の番組がこれ!「昭和元禄落語心中」!  累計190万部を突破、魅力的なキャラクターと骨太なストーリーでマンガ賞を総なめ、若者たちを中心に落語ブームを巻き起こしている雲田はるこの『昭和元禄落語心中』をドラマ化!  戦争の時代の落語家たちの生きざま、芸の絆に結ばれた若者たちの熱い友情、師弟や男女の情愛・嫉妬・別れ、そして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10億円当たる年末ジャンボがネットで買える!

▼10億円当たる年末ジャンボがネットで買える!  総務省は23日、数字選択式のナンバーズやロトに限定していた宝くじのインターネット販売を、24日からジャンボなどにも広げると発表した。  宝くじの公式サイトで、スクラッチを除くほぼ全ての宝くじが買えるようになる。  1等・前後賞合わせて10億円が当たる年末ジャンボが1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍晋三よりサルの方がずっといい!

▼安倍晋三よりサルの方がずっといい!  落語仲間と「今度のけいこ会は、何をやるんだい?」などと落語の話をしていても、最後はいつも安倍晋三の話に行きつく。日ごろから、野郎に対する不満が鬱積しているからである。  晋三が首相になってよくなったことなど一つもない。  アホノミクスいや、アベノミクスの恩恵など微塵も感じない。医…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やられた!肝心要のアキレス腱をやられた!

▼やられた!肝心要のアキレス腱をやられた!  人間は痛い目に遭って初めて分かる。アキレス腱をやられた。最初は寝違いぐらいに考えて、そのままにしていた。10日経ってもよくならないので整形外科に行き、アキレス腱損傷と分かった。  「腱が切れていたら手術だ、ギブスだ。半年は動けないぞ」と医者から脅された。しばらくは足を使わず「安静…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「専守防衛」と「先制攻撃」は違うよダンナ!

▼「専守防衛」と「先制攻撃」は違うよダンナ!  けさ、フェイスブックを見てブッたまげた。「専守も先制も大して違わない」との投稿があった。この人は暑さのせいで頭がやられたのではないか。  「専守防衛」と「先制攻撃」は意味がまったく違う。こんなことは中学生でも理解している。おそらく、この人はテレビかなにかの聞きかじりを思い出した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京は便利なようで実は不便なところ!

▼東京は便利なようで実は不便なところ!  東京は便利なようで意外と時間がかかる。私は西武池袋線を利用。そこに、東京地下鉄(東京メトロ)有楽町線と副都心線、さらに東急東横線や横浜高速鉄道みなとみらい線が相互直通運転している。  今日は落語仲間と新宿でけいこ会がある。小竹向原駅で「元町・中華街行き」に乗り換えて東新宿まで行く。小…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お前さん、金魚の糞の人生で満足してんのかい?

▼お前さん、金魚の糞の人生で満足してんのかい?  オレんちの好きな落語の名作「明烏」にこんな場面がある。  大店(おおたな)の大旦那が、堅物のせがれに小言を言う場面だ。  「お前は私の跡を継いで、この家の主(あるじ)、商人(あきんど)になるのだ。いつも金魚の糞のように、人の後をついて歩いてちゃだめだ。商いの切っ先という…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今からとっちめてやるから、待ってろよー!

▼今からとっちめてやるから、待ってろよー!  図書館での落語会が突然中止となった。理由は野暮な市の担当者の「図書館らしいことをやれ」のひと言。  市から委託を受けた管理会社は反論など出来るわけがない。そんなことをすれば契約を解除される恐れがあるからだ。私に「申し訳ありません」と詫びを入れた。  市の担当者が言う「図書館…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書館落語を「再開しようよ」と市長に直談判!

▼図書館落語を「再開しようよ」と市長に直談判! ここでもうひと押し!市長へのお礼の手紙!  市長へ  きのうはご多用の中を、私たちとの懇談の場を設けていただき、ありがとうございました。一人一人の問いかけに熱心にメモを取り、応える市長に驚き、見直しました。  こういう対話の場は大事ですね。日ごろ見えない市長の「ナマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more