テーマ:地震

助けて! おばあちゃんがまだ中におるねん! 

 新聞のどこを読むか? 派手な事件、事故を伝えた記事も大事だが、紙面の片隅に載ったコラムには「ふと、立ち止まって考える」ヒントを提供してくれるものがある。  阪神淡路大震災からきょう(1月17日)で25年を経過した。  昨年末から日本列島で震度3、4クラスの地震が続発している。  日本はどこを掘っても温泉が出る火山国だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地震の後に待ち受ける「3つの危機」を知っているか?

 阪神・淡路大震災や東日本大震災などの巨大地震が発生すると、多大な犠牲者を出すにとどまらず、地震後遺症は計り知れない。  首都直下地震を想定した特集番組を放送したNHKが指摘した数々をご覧いただきたい。 ************************  首都直下地震の直後に発生した、住宅やインフラ、経済・産業などの被害。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

首都直下地震が起きたら日本は地獄!再起不能だ!

 前々から私が言っているが、もし、M7クラスの首都直下地震が起これば、日本は終わりだと思っている。  大地震で東京が最も怖いのは「火事」だ。人口過密地域の東京は住宅が密集している。  NHKのドラマ「パラレル東京」では、地震発生と同時に首都圏811か所から火の手が上がったと想定したが、実際はこんな生易しい数ではないと思う。時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHKの「体感 首都直下地震」にすさまじい反響!

「妊娠中の30代の女性を含む5人が死亡が確認されました」 「上空の映像です。至るところに赤い炎が上がっています」 「火の手が学校のすぐそばまで迫ってます」 「2200人が乗ってる湘南新宿ラインが脱線」  ―12月2日から連続4夜放送した「体感 首都直下地震 パラレル東京」が大反響を呼んでいる。あまりにリアル過ぎて、吐き気がす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「体感 首都直下地震」の恐怖! 見せたNHKの底力!

 NHKが総力をあげた特別番組「体感 首都直下地震」は圧巻だった。この放送を見た者は首都直下地震の恐怖を体感したのではないか。ナマのニュース番組を見ているような迫力があった。  「パラレル東京」というドラマ仕立てで、直下地震が本当に起きたらどんなことになるか、を映像と数々のデータで問いかけた。2日から5日まで4日連続で放送した。私…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

速報!パプアニューギニアでM7・7の地震!

速報!パプアニューギニアでM7・7の地震!  日本時間の14日午後9時58分ごろ、南太平洋、パプアニューギニアのニューブリテン島付近を震源とするマグニチュード7.7の大きな地震があった。  気象庁は、この地震で日本への津波の影響があるかどうか、調べている。 (以上 NHK)
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

最も危い原発はここだ!大地震が来たら・・・

▼最も危い原発はここだ!大地震が来たら・・・  日刊ゲンダイが「活断層“直撃リスク”のある17原発」として泊、東通、女川、柏崎刈羽、福島1、2、浜岡、志賀、敦賀、もんじゅ、美浜、大飯、高浜、島根、伊方、玄海、川内の各原発を挙げた。  これらの原発周辺の住民はイザと言う時どうするのか? 「死の灰」と恐れられた放射能が舞い降りて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

直撃リスクのある最も危険な17原発はここ!

▼直撃リスクのある最も危険な17原発はここ!  日刊ゲンダイが「活断層“直撃リスク”のある17原発」として泊、東通、女川、柏崎刈羽、福島1、2、浜岡、志賀、敦賀、もんじゅ、美浜、大飯、高浜、島根、伊方、玄海、川内の各原発を挙げた。  これらの原発周辺の住民はイザと言う時どうするのか? 「死の灰」と恐れられた放射能が舞い降りて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

狂っている!自民議連が原発再稼働を要請!

▼正気の沙汰ではない!自民議連が原発再稼働を要請!  まだ、こんなことを言う。懲りないのだ。この連中はフクイチ(東電福島第一原発)のことなど眼中にない。いまだ放射能を恐れて県外に避難している人たちの気持ちなど、考えようともしないらしい。  人でなしである。人間の心を持たない利権屋だ。自民党にはこの手の輩が多い。政治家になったのは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

村山総理を批判した報道が安倍には沈黙!何故だ?

▼村山総理を批判した報道が安倍には沈黙!何故だ?  「安倍総理大臣は大阪北部地震の被害状況の確認のため21日、大阪を訪問。陸上自衛隊が仮設の風呂を設け、被災者の支援を行っている様子などを視察しました」-。  例によって「安倍さまのNHK」が、お昼のメーンニュースのトップで「安倍総理大臣は」と、このニュースを伝えた。  なん…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

地震そっちのけで安倍は赤坂の料亭で飲食密談!

▼地震そっちのけで安倍は赤坂の料亭で飲食密談!  大阪北部で18日朝、震度6弱の大きな地震が発生したその晩に、安倍晋三は、東京・赤坂の料亭「古母里」で自民党政調会長の岸田文雄と2時間余り密談していた。  密談を終え外に出てきた岸田は、記者団に北朝鮮や終盤国会とともに、「総裁選の話をした」と語った。  冗談ではない。13万戸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スマホが一斉に緊急地震速報!「死ぬかと思った」!

▼スマホが一斉に緊急地震速報!「死ぬかと思った」!  神戸・三宮駅前。複数の利用客らのスマホから一斉に緊急地震速報が鳴った。すぐに足場が揺れ、悲鳴が上がった。駅前の通路にしゃがみこみ、身を寄せ合う人々もいた。  「めっちゃ揺れた」「死ぬかと思った」―。次々に不安の声が飛び交った。18日朝、大阪で震度6の地震。3人の死亡が確認され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪で震度6、忘れたか日本列島は今、地震の活動期!

▼大阪で震度6、忘れたか日本列島は今、地震の活動期!  大阪で18日朝、震度6の地震が発生し、17万戸が停電。新幹線をはじめ近鉄、阪急など私鉄の全線ストップした!  17日午後には群馬県渋川市で震度5弱の地震があった。その前には千葉や茨城沖で地震が続発。  南海トラフ、首都直下型地震・・・こうしたM9クラスの巨大地震…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

震度6地震!大阪で17万戸が停電!

速報!震度6地震!大阪で17万戸が停電!  大阪府内では豊中市でおよそ9万4800戸、箕面市でおよそ4万1250戸、吹田市でおよそ2万4510戸、池田市でおよそ8820戸、摂津市でおよそ720戸、高槻市でおよそ100戸、茨木市でおよそ50戸の合わせて17万戸余りが停電している。  また兵庫県内でもおよそ690戸が停電している。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

速報! 震度6弱 東海道・山陽新幹線 運転ストップ!

速報! 震度6弱 東海道・山陽新幹線 運転ストップ! JR西日本によりますと、山陽新幹線は新大阪と岡山の間で停電が発生している影響で、上下線で運転を見合わせています。岡山と博多の間も順次運転を見合わせることにしています。 またJR東海によりますと、東海道新幹線は新大阪と岡山の間で停電が起きている影響で、東京と小田原の間と、名…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緊急!大阪で震度6弱の地震 津波の心配なし

緊急!大阪で震度6弱の地震 津波の心配なし 2018年6月18日 8時01分大阪で震度6弱 18日午前7時58分ごろ地震がありました。 この地震による津波の心配はありません。 現在、震度4以上が観測されている地域は以下のとおりです。 ▼震度6弱が、大阪府北部。 ▼震度5強が、京都府南部。 ▼震度5弱が、滋賀県南部、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1410兆円―「日本が滅亡する」恐るべき数字!

▼1410兆円―「日本が滅亡する」恐るべき数字!  被害総額1410兆円―。想像を絶する数字である。南海トラフ巨大地震が発生した場合、最悪の被害の数字だ。  東日本大震災をはるかにしのぐ想像を絶する恐るべき数字である。  ノド元過ぎれば熱さを忘れる。多くの日本人は東日本大震災のことをすっかり忘れてしまっている。大地震など当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

それは、世界の地図から「日本」という国が消える日!

▼それは、世界の地図から「日本」という国が消える日!  南海トラフ巨大地震による被害総額が最悪の場合、1410兆円に上る恐れがある。  災害の専門家などで作る土木学会の委員会は、南海トラフ巨大地震や首都直下地震が発生したあとの長期的な経済被害を推計し7日、報告書を公表した。  地震の揺れや火災、津波などで道路や港など交通イ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

9世紀に関東でM8級の巨大地震が発生!

▼9世紀に関東でM8級の巨大地震が発生!  関東で約400年おきに繰り返すとされるマグニチュード(M)8級の巨大地震「関東地震」が、平安時代の9世紀にも起きていた証拠となる地層を、神奈川県温泉地学研究所などのチームが20日までに神奈川県内で確認した。  関東大震災(1923年)などの関東地震は、太平洋―相模湾に延びるプレート境界…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more