テーマ:中国

出産直後のウイグル女性に対する凄惨な拷問に衝撃!

 東京新聞によると、中国の少数民族ウイグル族の女性が国外で出産後、里帰りした空港で拘束され、拷問を受けたとの証言を基にした漫画家・清水ともみさんの漫画「私の身に起きたこと」がツイッターで公開され反響が広がっている。  共感した読者が英語や中国語、ウイグル語などに翻訳して拡散。デモ隊と警官隊の衝突が激化する香港の街頭でも掲示された…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フィリピンの心臓部乗っ取りに成功した中国の支配力!

 友好親善だ、文化交流だ、などと呑気なことを言っていると、気が付けば母屋まで乗っ取られる。そんな要注意国家が共産中国だ。  目の前にニンジンをぶら下げられたフィリピンは、まんまと中国の口車に乗せられて、国の心臓部を中国に乗っ取られた。  フィリピンの内部報告書によると、フィリピンの電力供給網は完全に中国政府の支配下に置かれて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過去最多を更新した中国の尖閣諸島への挑発回数!

 尖閣諸島周辺の接続水域で、海上保安庁によって確認された中国公船が今年1月1日から11月29日までに延べ998隻に上った、毎日新聞が伝えた。  これまで年間で最も多かった2013年の延べ819隻を大幅に上回り、過去最多になった。  日中関係は改善の兆しを見せていると安倍政権は強調する。ところが、尖閣周辺では領海への侵入が頻発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

習近平の香港対応と安倍晋三の沖縄対応は似た者同士!

 香港市民への習近平中国の態度は、沖縄県民の米軍辺野古基地建設反対への対応と全く同じだ。  先の選挙で完勝に近い勝利を収めた民主派。香港市民の民意と言って間違いない。それにもかかわらず共産中国は民意を無視して、威圧を続けた。こんなことをすれば市民が反発するのは当然である。 *********************** 時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脱走を防ぐため「生徒」の入浴や食事中も監視!

 中国政府が新疆ウイグル自治区でイスラム教徒の少数民族ウイグル族らを監視する大規模システム「一体化統合作戦プラットフォーム」(IJOP)を構築し行動を把握し、恣意的な拘束や施設への大量収容を行っていた。  監視カメラ映像や携帯電話の中身などあらゆる個人情報を解析し、多数のウイグル族を潜在的「危険分子」としていた。  共同通信…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍晋三は直ちに「習近平訪日中止」を発表すべきだ!

 トランプがついに「香港人権・民主主義法」に署名した。香港市民の人権、自由、民主主義を守る姿勢に支持を表明すると同時に、共産中国の弾圧政策を容認しないと宣言したわけだ。  これに対し安倍晋三はどうか。これまで香港情勢に対しては静観し、「フェンスシッティング」(傍観者、日和見)を続けてきた。  それどころか安倍は来春に習近平を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

死者の眠りを妨げ、ウイグル人墓地まで破壊しつくす中国!

 中国の少数民族ウイグル人の先祖らが眠る墓地が中国政府によって破壊され更地に化けた。  ユダヤを弾圧し続けたあの、ナチスでもやらなかった残忍・非道な行為である。  これが中国が主張する共産主義のやり方なのか? ************************ フランスのAFP通信が報道した。  新疆ウイグル自治…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプがやっと香港人権・民主主義法案」に署名した!

 共同通信によると、トランプ米大統領は27日、デモが続く香港の人権や自治、民主主義を支援する「香港人権・民主主義法案」に署名し、同法が成立した。  香港の高度な自治を認めた「一国二制度」を中国が順守しているかどうか米政府が毎年検証することを定めており、人権侵害に関与した当局者に制裁を科すことも可能になる。中国は「内政干渉」と猛反発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南シナ海から「日本排除」でASEANに働きかける中国!

 中国と東南アジア諸国連合(ASEAN)が南シナ海で紛争防止に向けた「行動規範(COC)」づくりを急いでいる。  本来は軍事拠点化など中国の強引な活動を抑制する目的があったが、中国は同海域から日米両国を排除するような提案をしている、というのだ。  文字通り、南シナ海一帯を中国の支配下に置くには、日本と米国が邪魔だというのだ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国は「習近平」という皇帝が君臨し支配している国家!

 少数民族のチベットやウイグル、さらには香港での力による抑圧を続ける共産中国。  経済力を付けたことでますます辣腕を振るう習近平率いる中国共産党政権について、  小和田 博さんがこうつぶやいた。中国は「共産党」という皇帝が君臨し支配している国家.  まさしく言い得て妙。見事な分析だ。  もっとハッキリ言えば、「習…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

香港民主派大勝で習近平来日に暗雲が漂い始めた!

 時事通信が分かり易い解説記事を書いた。  香港の区議会(地方議会)選挙で民主派が圧勝したことを受け、来春に予定している習近平中国国家主席の国賓来日への影響を懸念する声が日本政府内に出ている。  民主化を求めるデモが勢いを増すのは必至で、中国政府が強硬な措置を取れば国際社会の批判が日本にも向きかねないためだ。  菅義…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国共産党にコネがないと、まともに生きて行けない社会!

 中国は共産主義国家とは名ばかりで、実態は国家資本主義だ。中国共産幹部党員が巨大企業のトップを占め、一族が利権をほしいままにしている。  地方役所の幹部公務員も、95%以上が中国共産党員。社会の隅々にまで差別、格差がはびこる中国。  情報と資金を一手に握る者たち(中国共産幹部党員)はますます富、それ以外は弾き飛ばされる格差…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恐怖!「ウイグル人」というだけで強制的に収容!

 「日本人」と言うだけで、問答無用に強制収容所に送り込まれたらどんな気がする?  そんな、ナチスヒトラー時代のようなことが今、ウイグル人の間で起きている。  中国共産党がウイグル人狩りを行っているのだ。 *********************** 「中国のいかなる地域でも、中国の分裂を企むものがいれば、最後は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「私の身に起きたこと」~とあるウイグル人女性の証言~

 「マンガ『私の身に起きたこと』~とあるウイグル人女性の証言~」というタイトルの漫画がツイッターに投稿されたのは今年の8月31日のことだった。  瞬く間に拡散され、8.6万RTといいねがついた。ウイグル人女性がアメリカ議会で行った「実際の証言を漫画化」したものだ。 短編だからすぐ読める。 詳しくはここをクリック ht…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネット上を徘徊する日本人中国シンパに忠告!

 じぶんは共産中国の“同志”だ、仲間だと安心していたら大変なことになる。  どれだけ習近平中国に忠誠を誓い、協力しても、あちらが「御用済み」と判断したら、いつでも切り捨てられる。  ネット上での中国シンパなど、共産中国にとっては、しょせん「ゴミ」でしかない。使い捨てのちり紙だ。  日本の微細な技術にはかなわないので経済…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍は中国にハッキリものを言うべきと道新!

 北海道新聞は26日の社説で香港市民が選挙で大勝したことに触れ次のように論評した。そして安倍晋三は中国に対してハッキリとものを言うべきだと言った。 ********************** 社説の要約は次の通り。  民意は香港政府と後ろ盾の中国政府に、明確にノーを突きつけた。両政府はデモに対する強圧的な姿勢を改めなけれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウイグル人に対する弾圧の新たな事実!

 AFPによると、新疆ウイグル自治区の少数民族ウイグル人に対する弾圧の新たな事実が、中国政府関係者が米紙ニューヨーク・タイムズにリークした大量の内部文書によって明らかになった。  NYタイムズが報じた文書によれば、習近平はウイグル人の取り締まりに「情け容赦は無用」とハッパを掛けていた。  文書には、習近平のこれまで非公開だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウイグル人拷問の漫画に大反響! ネット閲覧250万!

 共同通信によると、中国の少数民族ウイグル族の女性が国外で出産後、里帰りした空港で中国当局に拘束され、拷問を受けた証言を基にした漫画「私の身に起きたこと」がツイッターで公開され大きな反響が広がっている。  漫画家、清水ともみさんの作品に共感した読者が英語や中国語、ウイグル語などに翻訳して拡散。  デモ隊と警官隊の衝突が激化す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

驚きの真実!中国人スパイが各国での秘密工作を暴露!

 オーストラリアに亡命を求めた中国人スパイが各国での共産中国の秘密工作の数々を暴露した。 香港で暗躍する中国人民軍の情報将校、 秘密工作機関による香港人の拉致、 工作資金の捻出と使い道、 反体制派に対するバッシングとサイバー攻撃、 上場企業を隠れみのにした諜報活動、 ダミー会社を通じてスパイ活動、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウイグル族住民を「容赦なく取り締まれ」と習近平!

 CNNによると、中国当局が多数のウイグル族住民を拘束している問題などをめぐり、中国共産党内部から400ページ以上の文書が流出したと、米紙ニューヨーク・タイムズが報じた。  この内部文書には、ウイグル族の大量拘束に関する中国共産党の指示などが書かれている。ある幹部は部下らに「1人残らず捕まえろ」と命じていた。  習近平が20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

携帯電話の中身まで監視して分析!「危険分子」と断定!

 共同通信によると、中国政府が少数民族ウイグル族を監視する大規模システム「一体化統合作戦プラットフォーム」(IJOP)を構築し行動を把握、恣意的な拘束や施設への大量収容を行っていたことが25日までに分かった。  監視カメラ映像や携帯電話の中身などあらゆる個人情報を解析し、多数のウイグル族を潜在的「危険分子」としていた。  共…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

香港市民が示した「民意」を無視できない習近平中国!

 さすが天下の東京新聞である。私が言いたいことを寸分、漏らさず語ってくれた。  今回の香港市民の圧勝は習近平中国にとっては比類まれな衝撃に違いない。  今回の結果には世界が注目している。  習近平は、香港の「民意」を簡単に踏みにじるわけにはいかない。 ********************** 東京新聞の記事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

習近平「国賓」招待に自民党内からも反対の声!

 習近平が来春にも「国賓」として日本にやって来るという。安倍政権は受け入れに積極的だが、チベットやウイグルの強制排除や、香港の民主化弾圧を続ける習近平の来日には、自民党内にも反対の声が強い。  「国賓」となると、天皇陛下との会見や宮中晩餐会などの行事が行なわれる。中国の歴代トップは天皇陛下との会見を、自身の「権威付け」として国内外…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「人権などないと拷問し始めた」旅先中国での恐怖の体験!

この投稿 https://85280384.at.webry.info/201911/article_186.htmlで 私が「拷問」は共産中国のお家芸と言ったが、これもその一つだ。 香港の英国領事館の元職員が、香港で政治不安を煽ったとされ、旅行先の中国で拷問されたとBBCに語った。 最初から狙いを付けていたようで、中国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国が在香港の英国総領事館元職員を拷問!

 米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版は20日、在香港の英国総領事館に勤務していた香港人の男性が、8月に中国で身柄を一時拘束された際、拷問を受けていたと報じた。香港の抗議デモに関する情報提供を求められたという。  男性が同紙に明らかにした。ラーブ英外相は声明を発表、男性が拘束中に受けた扱いが「拷問に値する」と中国側を批判。国際…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国政府が香港警察トップに強硬派の鄧炳強任命!

 中国共産党政府は19日、5年前に民主的な選挙の実現を求めた学生たちの「雨傘運動」の際に、強硬な姿勢を示した鄧炳強を香港警察のトップに任命した。これによって民主主義への弾圧は強化されよう。  香港のツイッターには、「中国政府は香港警察トップの警務処長に雨傘運動で指揮を取った強硬派の鄧炳強を任命した。ナチスと同じ道を歩んでいる」など…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

香港警察や新聞記者、市民に化けて巧みに世論操作!

 独裁と民主主義のはざまで必死の抵抗が続く香港について、日本人の誤解と関心のなさをフリー・ジャーナリストの福島香織は危惧して、こう訴えた。 **********************  私もたまに日本の民放番組にゲストとして呼ばれることがあるのだが、コメンテーターたちが香港の現状について「生活に心配のない学生が暴れて、市…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

違憲判断に「香港憲法より中国共産党の方針が上」と一喝!

 香港高裁が覆面禁止法の制定は香港基本法(憲法)に違反すると判断したことについて中国の全国人民代表大会(全人代=国会)常務委員会は19日、基本法(憲法)解釈は「全人代常務委だけが判断できる」との声明を発表した。  香港高裁の「違憲」判断に「香港憲法より中国共産党の方針が上」と一喝した形だ。  これについて毎日新聞は、香港の司…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

香港弾圧が「日本と無関係ではない」これだけの理由!

 柳沢史樹さんがこんな投稿をした。「中◯◯産党政権」という表現が何度も登場するが、中国共産党政権のことである。  柳沢さんはネットの利用者の中に、多数の共産中国シンパや工作員が潜んでいるため、あえて伏字にしたのだろう。  そんなことをする必要はない。香港弾圧が香港政府の背後に隠れた習近平中国の仕業と世界中が知っている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more