速報! 東電福島は経営陣に罪なし!3被告全員無罪!

こんなバカな話はない。

 3・11の前からフクイチ(東電福島第一原発)の危険性が内外から指摘されていた。

 地震や津波が来たら大変な事故につながりかねないと指摘する声が東電内部からも200件以上東電内部からももよせられていた。

 それを当時の経営陣が「経費が掛かり過ぎる」と無視した。その結果、世界史に汚点を記録する大惨事が起きた。悲劇が世界を覆った。

 裁判所も検察も警察も権力の顔色を窺っている。公平公正な裁判は日本ではもはや望めない。

 政権の思うがまま。中国やロシアと同じに国になった。

*****************************

 2011年3月の福島第1原発事故を巡り、業務上過失致死傷罪で強制起訴された東京電力の勝俣恒久元会長(79)ら旧経営陣3被告に、東京地裁(永渕健一裁判長)は19日、いずれも無罪(求刑禁錮5年)の判決を言い渡した。3人とも無罪を主張していた。事故から8年半を経て、刑事責任が否定された。

 他の2人は武黒一郎元副社長(73)と武藤栄元副社長(69)。主な争点は(1)大津波を具体的に予見できたのか(2)事故を防ぐことは可能だったのか―だった。 (以上 共同通信)

"速報! 東電福島は経営陣に罪なし!3被告全員無罪!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント