こんなむごいことはない! 川の氾濫に大量の油が追い打ち!

 九州の皆さん、佐賀県が川の氾濫などで大変な眼に遭っていますが、皆さんのほうはいかがでしょうか。ニュースを聞く度に案じています。

 このところ毎年のように日本のどこかで同様の被害が起きています。地球の変動で「異常」が「日常」になりつつあります。

 工場から油が流出したと聞くと、やりきれない思いがします。こんなむごいことはない。想定外と言い訳をする工場に怒りを覚えます。

**************************************
佐賀新聞が伝えた記事である。

 大雨による冠水の影響で、佐賀県杵島郡大町町の佐賀鉄工所大町工場から大量の油が流れ出た。県によると、流出した油量は最大で約8万リットル。鉄工所から六角川の下流1キロ付近に位置する同町の順天堂病院や併設する施設では1階部分が冠水、油が流れ着いている。

 順天堂病院と老人保健施設の入院・入所者は合わせて180人、医師や看護師、介護士が計18人で、孤立状態にあるという。午後2時半ごろから浸水し始め、工場から流出した油も入り込んできた。断水のため貯水タンクの水を使っているが、なくなった場合には「1日2、3トンが必要」との声も出ている。

 大町町報によると、大町工場では1990年の豪雨時にも油が流出。「浸水によって油が流出してあちこちによどみ、除去作業が行われた」などと伝えている。

詳しくはここをクリック
https://www.saga-s.co.jp/articles/-/419652

"こんなむごいことはない! 川の氾濫に大量の油が追い打ち!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント