安倍晋三にソンタクし大事な調査をサボった農水省!

 2018年度の食料自給率がカロリーベースで過去最低の37%に落ち込む中、食料供給に対する国民の意識を尋ねる政府の世論調査が長く実施されていないことに疑問の声が上がっている。

 直近の2014年の調査では回答者の8割が将来の食料安全保障を危惧していた.

 ところが、農水省は「(不安だという)決まりきった回答にしかならない」と実施に消極的だ。

 識者は「食料自給率を軽視する姿勢と取られかねない」と批判する。

続きはここをクリック
図表グラフなど詳しくはここをクリック
https://www.agrinews.co.jp/p48517.html

****************************************

 農水省はなぜ世論調査をサボルのか?

 私から言わせるとトランプに「もっと米国の農産物を買え」と尻を引っ叩かれた安倍晋三が、今以上に輸入農産物を増やそうとしている。当然、日本の農業に影響する。そこは補助金でごまかす。

 結果、日本のの食料自給率はさらに低下する。それが分かっているので農水省はサボタージュを決め込んでいるのだと思う。

 農水省は農民や漁民の味方ではなかったのか? いつから安倍晋三の言いなり、手下になり下がったのか?

 本来官僚は公正中立であるべきだ。特定の政権のしもべではない。農水省がこんな姿では、これまで役所を信じて従ってきた農民や漁民が浮かばれない。

 ここでも、安倍晋三は国民の信頼を裏切った。この男は根底から日本を破壊するつもりか?

"安倍晋三にソンタクし大事な調査をサボった農水省!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント