破棄決定で影響が大きいのは日本よりもむしろ韓国!

 韓国による日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄決定は、米国との同盟関係にも影響を及ぼす恐れがある。核やミサイルの開発を続ける北朝鮮への抑止力の低下にもつながり、その「副作用」は日韓関係ばかりでなく、東アジア全体に及びそうだ。リスクの大きな判断に、韓国はなぜ踏み切ったのかーと朝日。

 破棄決定で影響が大きいのは日本よりもむしろ韓国だと言える。感情に任せた指導者の判断が国家を危うくした例は過去にいくらもある。

 自ら四面楚歌の道にはまり込んだ韓国はこれからどうするのか?

****************************************
これは7月25日の時事通信の記事である。

【ソウル時事】中国、ロシア軍機が韓国の防空識別圏に入り、ロシア軍機が竹島周辺の「領空」を侵犯した事件を受け、24日付の韓国各紙は「韓日対立の隙突く」「中ロが『合同』挑発」などと1面トップで報じた。

 韓国、ロシア軍機の侵犯抗議=警告射撃360発-竹島周辺

 中央日報は「韓国が日本の経済報復に総力戦で対抗している中、中ロが組んで挑発した形で、韓日対立の隙を突き、韓米日の安全保障協力を試したという分析もある」と伝えた。

 朝鮮日報は「韓日対立により3国の安保協力に穴があいた状況で、中ロの挑発が続く可能性が大きい」という外交専門家の見方を紹介。韓国日報は「韓国は日本の『経済挑発』に続き、中ロの『軍事挑発』にも対処しなければならなくなった」と指摘した。

"破棄決定で影響が大きいのは日本よりもむしろ韓国!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント