昭和天皇の懺悔を記録した田島道治の「拝謁記」!

 初代宮内庁長官を務めた故田島道治が、昭和天皇との詳細なやりとりを記録した「拝謁記」には、昭和天皇が繰り返し敗戦に至る道のりを振り返り、田島長官に悔恨の念を語ったと記されている。その多くは開戦を止められなかったことに対する後悔である。

****************************************

 昭和天皇は、事件をあいまいに処理しようとした当時の田中義一総理大臣を叱責しましたが、首謀者が停職になっただけで事件の真相は明らかにされませんでした。3年後、関東軍は独断で満州事変を引き起こし、政府もそれを追認しました。

 「拝謁記」の中で、昭和天皇は軍が勝手に動く様を「下剋上」と表現して繰り返し批判したと記載され、昭和27年5月30日の拝謁では「考へれば下剋上を早く根絶しなかったからだ。田中内閣の時ニ張作霖爆死を厳罰ニすればよかつたのだ。あの時ハ軍でも大して反対せず断じてやればきいたらうと思ふ」と後悔の言葉を述べたと記されています。

 また、昭和26年6月8日の拝謁では「張作霖事件の処罰を曖昧ニした事が後年陸軍の綱紀のゆるむ始めニなつた。張作霖事件のさばき方が不徹底であつた事が今日(こんにち)の敗戦ニ至る禍根の抑々(そもそも)の発端」などと繰り返し事件に触れて当時の対応を悔やんでいて、田島長官は「御信念より相当繰り返し御主張ニなる」と記していました。 (以上 NHK)

************************************
編注
「張作霖爆殺事件」
昭和3年、中国に駐留していた日本陸軍の「関東軍」が満州軍閥の張作霖の乗っている列車ごと爆破し殺害した事件。

"昭和天皇の懺悔を記録した田島道治の「拝謁記」!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント