仰天!どこがイカレていると質問してきた!

フェイスブックはどうしてこんなに「イカレタ」者が多いのか? と私が嘆いたら、「どこが変だというのか」との質問が届いた。

今のフェイスブックが「別に変でも何でもない」と思う感覚自体にまず、驚いた。

なるほど、この程度のレベルがネットでいたずらしているのか、と承知した。

ならば具体的な例を挙げよう。

共同通信の世論調査で、「れいわ新選組」の政党支持率が4.3%となったと私が投稿したら、「4・3%って高いんですかね?」(金本裕子)

この人物は100%の中で、4・3%はわずかではないかと言いたいのだろう。

投票率が50%そこそこと言う無関心の状態での数字だ。野党はどこもひと桁。「れいわ新選組」は1%だった。それが短期間に4倍以上に増えた。

こうした小学生でも分かる当たり前の「判断」が出来ないところが、お粗末だと指摘しているのだ。

わずか数行の原稿を理解できない。理解力、読解力が限りなくゼロ。

フェイスブックにはこの手合いが少なくない。

まともな人は非常に少ない。フェイスブックでは「希少動物」である。

"仰天!どこがイカレていると質問してきた!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント