「道警あやまれ」と北海道警察の市民排除の暴力に抗議!

 7月の参院選期間中、札幌市で行われた安倍晋三首相の街頭演説にやじを飛ばすなどした聴衆が北海道警の警察官によって現場から排除された問題で、反対する市民らが10日、同市中心部でデモを行った。当時、やじを飛ばして排除された同市の女子大学生(24)も参加。「警察は説明責任を果たし、きちんと謝罪してほしい」と訴えた。

 デモには主催者発表で約150人が参加し、同市の大通公園を出発した。参加者らは「道警あやまれ」「ヤジくらい言わせろ」などと書かれたプラカードや横断幕を掲げて訴えた。また、道警を訪れ、謝罪と説明を求める文書を提出した。(以上 共同通信)

******************************************

 安倍政権がなにも指示を出さなくても、現場の警察がソンタクして取り締まりを強化する。なぜ、そんなことをするかと言えば、道警の幹部はキャリア組だ。自分の出世のために安倍晋三に忠勤を励んでいるのだ。自己アピールである。どこもかしこも、こんな輩ばかりだ。

 それにしても権力の弾圧に対して抗議の声が小さ過ぎはしないか? 香港や台湾なら1万人以上が参加して抗議するだろう。

 日本は、民主主義や自由に対する問題意識が低すぎる。カネ儲けは達者だが、民主主義には関心が薄い。やはり3流国だ。

 世界の3等国から抜け出せない日本。卑しい日本。日本人でいることが恥ずかしい。

"「道警あやまれ」と北海道警察の市民排除の暴力に抗議!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント