極超音速兵器でグアム攻撃を想定! 習近平中国!

 トランプが脅せば、習近平は最後は「これで決着」と極超音速兵器の開発を急がせる。米中の覇権争いはどこまでエスカレートするのか?

 双方がここまで突っ張ったら、振り上げた拳の降ろしようがない。危険なゲームは即刻中止すべきだ。


【北京時事】7日付の中国共産党機関紙・人民日報系の環球時報英語版は、開発中の極超音速兵器が将来、中国軍の戦略爆撃機H6Kに搭載されるという専門家の見方を伝えた。対象は「3000キロ離れた敵の拠点」としており、中国本土周辺から米軍基地のある米領グアムの攻撃を想定しているもようだ。

 極超音速兵器は音速の5倍以上で飛行し、現在の技術では迎撃が困難とされる。射程距離が3000キロであれば、上海周辺からグアムに到達する。国営中央テレビは6日、H6Kのパイロットが「われわれの目標は遠方にある敵の重要拠点を攻撃し、まひさせることだ」と語る映像を公開した。

"極超音速兵器でグアム攻撃を想定! 習近平中国!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント