創価学会・公明党は約50年前の言論出版妨害事件以来の大騒ぎ!

 創価学会・公明党にとっては約50年前の言論出版妨害事件以来の大騒動だ。あろうことか、現職の創価学会員が公明党代表に果たし状を突き付けた。彼らが慌てふためくのもうなずける。東京選挙区がいま、熱い!

 ゆったりとして、心の安らぎを覚える沖縄の風を感じる「野原ヨシマサ」 が熱い戦いをしている。

 戦いの現場は東京選挙区。山本太郎が立ち上げた「れいわ新選組」から出馬した。

「野原ヨシマサ」はれっきとした沖縄創価学会の会員だ。ところが、自民党にべったりで、福祉と平和の原点を忘れた創価学会・公明党を批判するので、組織では「村八分」にされている。

 そんな「野原ヨシマサ」に注目した山本太郎が「自分の代わりの東京選挙区から出馬して欲しい」と要請。快諾を得た。東京選挙区からは公明党代表の山口が出馬している。その山口にガチンコ勝負を挑んだのである。

 あり得ない挑戦に創価学会・公明党は、ハチの巣を突つくような大騒ぎ。

 「私たちが言えないことをよくぞ言ってくれた」と学会員からの激励が絶えないという。

 こんな塩梅で東京選挙区はいやがうえにも全国の注目を浴びた。

 18日は元公明党副委員長の二見信明が「野原ヨシマサ」の応援のためにマイクを握る。

7月18日(木)
12:00 京成上野駅前 (応援スピーカー:二見信明 元公明党副委員長)
15:00 錦糸町駅南口 (応援スピーカー:二見信明 元公明党副委員長)

"創価学会・公明党は約50年前の言論出版妨害事件以来の大騒ぎ!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント