東京新聞の望月衣塑子を”英雄”にしてはならない!

▼東京新聞の望月衣塑子を”英雄”にしてはならない!



 雑誌「AERA」が、「官房長官会見での質問に注目が集まる東京新聞の望月衣塑子記者。妨害されても手を挙げ続ける強さはどこから来るのか」と大きく取り上げた。

 ネットには「アナタ(望月記者)は一人じゃない。 僕(親衛隊)も付いている」「とても尊敬します」などのメッセージが集まった。私も彼女の「勇気」に拍手を送った。

ここからが私の意見。
 権力に立ち向かうのは記者なら「当然」のことで、別に珍しいことではない。それが以前の記者たちの「普通」の姿だった。

 今の記者たちが「異常」なのだ。官房長官の菅義偉の会見に臨んだ周りの記者たちが「異常」なので、「正常」な感覚の持ち主である東京新聞の望月衣塑子が突出して見えたのである。

 権力というものは自分に不都合なことは隠そうとする。それを監視し、追求するのが記者の本来の仕事だ。望月は「記者の仕事」をしようとした。森友事件で、加計疑惑で、官邸側が隠したがる「闇」に光を当て、真相に迫った。

 そんなことをやらせてはならないと質問を遮り、内閣記者会に申し入れをするなど彼女の口封じに出た。

 この時、記者会はなぜ、望月の援護射撃をしなかったのか? 「言論弾圧ではないか」「なぜ、質問権を奪うのか」と一斉に声を上げなかったのか?

 記者たちが「貝」になった。

 そういう風に仕向けたのは安倍晋三一派である。言いなりになる御用メディアに対しては単独インタビューに応じ、特ダネを提供。反対に批判的な報道機関には、冷たい態度をとるなど陰に陽に「イジワル」をした。

 各社が一斉に大きく記事にしたニュースが自社だけ載っていない。特オチである。これが続けば、上から厳しい叱責が飛ぶ。「オマエ、うちの会社をつぶす気か?」

 こういわれて反論できる記者はまずいないだろう。自分が勤め人だった時に置き換えると、記者の気持ちがよく分かる。

 第2次安倍政権成立後に安倍を後押しした知恵者が、まず初めに取り組んだのが「マスコミ対策」だった。NHKを筆頭に電波メディアを力でねじ伏せ次々、黙らせた。新聞も御用と非御用に分断。この6年間に記者は変質した。骨抜きになった。

 東京新聞の望月衣塑子を”英雄”にしてはならない。そんな時代は決して「普通」とは言えないからである。

 彼女のような記者は、各社でも少数派になった。

 「異常」な中で、「正常」な記者たちを支えるのはあなた方一人一人だ。

"東京新聞の望月衣塑子を”英雄”にしてはならない!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント