振り出しに戻ったトランプの野心達成への道!

▼振り出しに戻ったトランプの野心達成への道!


 2日付のニューヨーク・タイムズ紙は、北朝鮮の金正恩が一方的な核放棄に応じない姿勢を鮮明にしたことなどに触れ「歴史的な首脳会談から半年以上を経て、金正恩に核を放棄させるというトランプの野心的な目的達成への道は、振り出しに戻った」と論評した。

 あれほどワイワイ大騒ぎした”歴史的”会談は一体何だったのか?

 私は終始一貫、「まだ分からない」と言い続けた。朝日や読売よりも私の見通しの方が正しかった。

 新聞は見出しの大きさを競うので現象面だけで判断するケースが少なくない。だが、外交はそんな甘いものではない。互いの思惑が入り乱れ、駆け引きが繰り広げられる。

 当然だろう。国家の存亡がかかっているのだから軽はずみな行動は出来ない。

 先の米朝会談は米中間選挙を控えた宣伝マン、トランプのパフォーマンスがすべてだったとみていた。

 彼は外交など知ったことではない。

 関心があるのは「いかに自分を大きく見せるか」だけである。

 所詮はそこらの不動産屋の、小ずるい狸オヤジに過ぎない。

"振り出しに戻ったトランプの野心達成への道!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント