カジノ汚職!IR整備「見直すべき」が70.6%!

 米国のギャング映画には必ずカジノが登場する。カジノの縄張り争いからギャング同士が殺し合い。カジノは彼らにとっては命に代えても手放したくない蜜が滴るカネのなる木だ。

 安倍一派は「ヤクザには手を出させない」と豪語した。そんな建前が通用すると本気で思っているのだろうか? もしそうだとしたら、甘ちゃんもいいところ。

 昔からバクチにヤクザは付き物だ。賭場荒らしに遭った時、お上に願い出ても「おいそれ」とはいかない。

 そこで登場するのが用心棒の地元ヤクザ。「蛇の道は蛇」と裏社会に通じた彼らは素早く問題を処理する。

 そんなわけで街道筋の親分がお上から十手を預かっていたぐらいだ。二足の草鞋を履いていた。

 時代が変わっても基本は変わらない。ばくち場で「一攫千金を当て込もう」と考える連中の中には、いろんな手口を心得た者が潜んでいる。

 絶対にキレイゴトだけでは済まない。

 今は知らないが、ひと昔前は大手ゼネコンには右翼やヤクザが「顧問」などの肩書で一部屋あてがってもらっていた。土地の収用や入札、工事、建設を巡る金品の要求などのトラブルが起きると彼らの出番だ。

 どの大企業にも警察には言えない、表沙汰には出来ないことがある。そんな企業の「汚れ」の処理役を担ってきたのが彼らである。大手ゼネコンと右翼やヤクザは「持ちつ持たれつ」でやって来た。これが実態だ。

 ましてや、数百万、数千万、時には億単位のカネが飛び交うギャンブルの巣、カジノでトラブルが起きないわけがない。

 バクチで負けた多額のカネの回収はどうなるのか? 逆に店が繁盛し過ぎると、よそから「賭場荒らし」が来ないとも限らない。相手はその筋のクロウトだ。「とてもサツの手には負えない」となると、どうなるのか?

 こんな塩梅で「カジノとギャング」は切っても切れない関係なのである。

 そんなゴタゴタは「ご免被りたい」というなら、最初からカジノを誘致しないことだ。

 子どもの教育にいいためしがない。百害あって一利なし、それがギャンブルだ。

**********************

 共同通信社が11、12両日実施した全国電話世論調査によると、 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の汚職事件を受け、IR整備を70.6%が「見直すべきだ」と回答した。「このまま進めてよい」は21.2%だった。

内閣支持率の回復に手を貸す立憲民主党!

 共同通信社が11、12両日実施した全国電話世論調査によると、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の汚職事件を受け、IR整備を70.6%が「見直すべきだ」と回答した。「このまま進めてよい」は21.2%。

 海上自衛隊の中東派遣については「反対」が58.4%で「賛成」の34.4%を上回った。

 内閣支持率は49.3%で昨年12月の前回調査比6.6ポイント増。不支持は6.3ポイント減の36.7%だった。野党合流協議の難航などが背景にあるとみられる。

 安倍政権は、IRを東京五輪・パラリンピック後の景気浮揚策と位置付ける。 (以上 共同通信)

*************************

 内閣支持率がまた持ち直した。野党合流協議の難航などが背景にあると共同通信。この説明はよくわかる。

 内閣支持率の動向には安倍本人に対する「直接要因」と野党の動向などの「間接要因」が結果に大きく作用することが分かった。

 安倍を引きずり降ろしたくても肝心の受け皿がないとどうにもならない。

 本来ならな野党第一党の立憲民主党がその役を担うべきだが、承知の通り、あの体たらく。

 いまだに引っ付くのか引っ付かないのかゴタゴタを続けている。

 私などは関心もないのでブログ「半歩前へ」にも取り上げない。無視したままだ。

 それに代わって日本共産党のブログ「半歩前へ」への登場回数が急激に増えた。

 枝野の責任は重大だ。ゴタゴタは、結果的に内閣支持率の回復に手を貸していることになる。

 その自覚も枝野にはないようだ。

安倍はやめろ!「戦争に加担するな」新宿で安倍退陣デモ!

 鼓笛隊の太鼓の音に合わせて「安倍はやめろ!」と掛け声がかかると、みんなが声をそろえて「安倍はやめろ!」と呼応した。

 自衛隊の中東派遣やサクラ疑惑にカジノ汚職、さらには森友事件や加計疑惑、公文書改ざんなど数々の問題に抗議し、安倍晋三の首相退陣を求める抗議デモ「Occupy Shinjuku(新宿占拠)0112」が12日、東京・新宿で開かれた。

 その時の模様を毎日新聞が動画ニュースで記録した。1分56秒。

詳しくはここをクリック
https://mainichi.jp/articles/20200112/k00/00m/040/188000c

「一国二制度は災難、蔓延してはならない」と周庭さん!

 台湾総統選で蔡英文総統が再選したことに香港の若者たちは一斉に歓迎の声を上げた。

 香港の女子大生、周庭さんは蔡総統の勝因について「香港デモの影響が大きい」と指摘した。

 過去半年にわたり、香港が抗議活動を通じて「一国二制度は通用しない」「本当の二制度は存在しない」ことを証明した結果、香港のようになりたくない台湾の有権者が蔡総統を支持したと言った。

 周さんは10日のフェイスブックに「台湾の友人たちへ」と題する文書を公開。

 「今回の総統選は独裁と民主の戦いです」とし、「この数年間、香港人は中国という独裁国家の恐ろしさを身をもって感じてきた。どうか、あなたたちの主権、民主と自由を守ってください。一国二制度は災難です。もう蔓延してはならない」と訴えた。


 また、雨傘運動の元リーダー、黄之鋒さんもフェイスブックで「台湾の人々が民主主義と自由を守り、中国共産党の侵害行為にNOを突き付けた」と総統選の結果を評価。

「今夜は香港人にとっても貴重だ」とし、「香港と台湾は自由世界の最前線で中国の脅しと戦い続けていく」とコメントした。

詳しくはここをクリック
https://www.sankei.com/world/news/200111/wor2001110057-n1.html

日本共産党と中国共産党の立場の違い鮮明とNHK!

 NHKによると、志位委員長は、12日のNHKの日曜討論で「中国に対する綱領上の規定の見直し」を行う。

 「南シナ海や東シナ海で乱暴にふるまい、大国主義や覇権主義がひどくなっている。香港やウイグルに対する人権侵害の問題が深刻化していて、社会主義を目指す国という規定は削除する」と述べ、共産党と中国共産党との立場の違いを鮮明にする考えを示しました。

詳しくはここをクリック
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200112/k10012243161000.html

日本で唯一の「正党」が日本共産党である!

 習近平中国の領土・領海「拡張主義」に真っ向から反対し、鋭く批判する日本で唯一の「正党」が日本共産党である。
 
 私は支持者ではないが、この勇気に敬意を表したい。これこそ日本の政党である。民主主義政党である。

詳しくはここをクリック
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200112/k10012243161000.html

 これで、政党名を共産党から別の名称に変えたら立憲民主党はもとより、自民党の票まで取り込んで大躍進するのは確実だ。もちろん暴力革命などと言う時代錯誤は削除しての話だ。

 それに比べ、安倍の独裁を許し、ネトウヨ化した自民党どうした?言っておくが安倍自民党を保守政党だと誰も思っていない。限りなく独裁に近い危険極まりない「要注意政党」である。

 1年中、くっつくとか、別れるとか能書きばかりたれて、日々暮らすグータラでグズグズのヘナチョコ立憲民主党。

 キミたちは香港市民が命懸けで習近平の弾圧と戦っているにも関わらず知らんぷり。民主主義が破壊されようとしているのに無反応だ。

 本日12日も中国公船が尖閣で挑発を続けたが、これも見て見ぬふりだ。

 自民党は本当に日本の政党なのか? あれほど習近平にゴマをするところを見ると、中国の出先機関ではないか?

 立憲民主党は「党」と名前がついているが、冗談抜きに本当の政党なのか?

 キミたちは共産中国にものが言えない出来損ないの腰抜けだ。

知っているか? イランと中国で1月11日に起きたこと!

 【テヘラン共同】イラン政府が11日、ウクライナ機撃墜を認めたことを受け、首都テヘランで抗議デモが発生し、ファルス通信によると約千人が参加した。墜落は事故との虚偽説明を一転させた当局に対し国内で怒りの声が広がった。

 ちょうど同じ11日に中国ではこんなことが起きた。

 NHKの海外放送で台湾総統選挙の投票に関するニュースを伝えた際、蔡英文総統が1票を投じた場面で映像と音声が中断され、画面が真っ黒になった。その後、最大野党・国民党の韓国瑜氏が投票した場面では放送が通常に戻った。

 中国では政府や共産党にとって都合の悪い内容のニュースが放送される際、放送が中断される。今回の選挙でも蔡総統に注目が集まらないよう中国当局が神経をとがらせていることがうかがえるとNHK。

 イランと中国ではこれほど違う。どっちが民主主義なのか? 

民主主義の勝利だ、自由が独裁に勝った!台湾総統選

 台湾総統選は蔡英文総統が勝つと確信していたが、これほどの大差がつくとは思ってもみなかかった。

 共産主義独裁にNOを突き付けた民主主義の勝利だ。自由が独裁に勝った。

*******************

 【台北、高雄共同】「台湾の人々が民主主義を重んじていることを証明した」―。台湾総統選で再選された民主進歩党(民進党)の蔡英文総統は11日夜、台北市の選挙本部でこう強調した。

 集まった支持者らは「総統、頑張れ」と声をそろえて叫び、喜びの気勢を上げた。

 選挙本部周辺は詰め掛けた支持者らで埋め尽くされた。蔡氏がステージ上に現れ「今日、私たちは民主と自由を守った。明日から一緒に全ての困難を克服しよう」と呼び掛けると、大きな拍手が起きた。

 香港で続く抗議デモをきっかけに中国への反発から蔡氏に投票した人も多く、「香港頑張れ」というシュプレヒコールも上がった。

レバノンの腐敗した人々はもろ手挙げゴーンを歓迎!

 ところで、逃亡犯のゴーンが逃げ込んだレバノンのメディアはゴーンをどう伝えたか? クーリエ・ジャポンから引用する。ゴーンの人となりがよく分かる。

*************************

 「腐敗した人々、レバノンの宗教制度から利益を得ている人々、”レジスタンス”の名の下に国を人質にとっている人々、国の有力者たち、こうした人々は皆、カルロス・ゴーンをもろ手をあげて歓迎した」と述べた。

 そして、ゴーン氏を「世界でもっともショッキングな不正行為の犯人として起訴されている男」と形容し、その男が「国民の貯金を恥知らずにも強奪する国」にやって来たと続けた。

 逃亡先にフランスを選ばず、レバノンを選んだゴーン氏については、皮肉を込めて次のように書いている。

 「いずれにせよ、ゴーンはフランスよりもレバノンに逃げることを選んだのだ。フランスは彼が育ち、国籍も持ち、大企業のひとつを経営してきた国であるのにもかかわらず。なぜなら、フランスの司法は彼のような”成功したビジネスマン”に対してもっと厳しかっただろうから」

 「われわれレバノン人にとって、なんと名誉なことだろう! めざましい成功をおさめていたここ数年、彼はわれわれにまったく無関心だったのに、とつぜん、母国レバノンに勝る国はないと思い出したのだ」

詳しくはここをクリック
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200111-00000006-courrier-int