安倍政権ではオロオロオタオタ、トランプに命乞い!

「あなたは有事の際に安倍晋三が頼りになると思うか?私はNO!」
 https://85280384.at.webry.info/202001/article_277.html
に関連して西村 昭彦さんが以下のコメントを寄せた。

************************
(原文のまま)

今の自民党の中で政権にNO❗️を突きつけるのは…一人かな? 
しかしその一人もあんな姑息で金に汚い自民党に踏み止まっているからには、やはり同じ穴の狢と考えてしまうのは仕方のないことだろう。

日本の水際やど真ん中に突然有事が発生した際に、今の安倍政権ではオロオロオタオタ、トランプに命乞いしながら、金で片付けようとあれこれ画策するのが精一杯かもしれない。

政権与党を長く続けている自民党と安倍晋三は、突然の有事を想定して緊迫した対応策をシミュレーションしているだろうか?

独立国家は自衛力はキッチリと保持し、あくまでも自国の防衛力で有事を平和裏に収めなければならない。そのためにはトップが敵陣の中枢に乗り込んで行って、和平の交渉役をしなければならない。

しかし今の安倍晋三は地下深く築いたシェルターに籠もってしまうのがオチかなと思う。税金やGPIFの年金資金を私腹肥しに使う小汚いことはどれだけでも平然とやるが…

時代が山本太郎を欲している!枝野の役割はもう終り!

山本太郎が立憲民主党幹部の「妄言」を一蹴した。「当たり前だのクラッカー」だ。このギャグを知っている人は相当な年代物だ。至極当たり前という意味である。

国政から山本太郎を「排除」しようとしてもそうはいかない。

今の現状を変える力がある者は山本太郎のほかにはだれもいない。

立憲民主党はそれを知っているから、太郎の存在が「煙たい」のである。

枝野の役割はとっくに終わった。無党派層の流れは山本太郎に傾いている。

そればかりか自民党の支持層の一部も山本太郎を支持している。

時代が山本太郎を欲しているのだ。

安倍政権に対抗できるのは太郎以外にはいない。

******************
 立憲民主党の長妻昭選対委員長が23日夜のBS日テレの番組で、7月5日投開票の東京都知事選に、れいわ新選組の山本太郎代表を野党統一候補として擁立する可能性に言及したことについて、山本氏は24日、鳥取市で開いた集会で「長妻氏はもちろんのこと、立憲民主党の関係者からそのような話は一切聞いていない」と述べた。

 山本氏は「私には過分なお言葉だ」としながらも「『消費税5%』をクリアしないと一緒にはやらない」と笑いながら話した。

あなたは有事の際に安倍晋三が頼りになると思うか?私はNO!

日本が有事に直面した際、今の安倍晋三を軸とする政権が果たして日本を守れるだろうか?

私は無理だと思う。

仮に、日本が他国から戦闘機、戦艦、ミサイルで攻撃を受けたら、安倍政権はどうするか?

おそらく慌てふためいて、オタオタするだけだと思う。

安倍内閣には、腹の据わった人物がだれひとりとして見当たらない。

いつ、どこで、何が起きるか分からない。それが現実の世界だ。

働き方だ、一億総活躍だ、と能書きばかりたれて、おだを上げている連中に日本は守れない。

与党も野党も国会でままごと遊びをしている場合ではない。フンドシがたるんだまま土俵に上がって相撲を取っている。

くだらないヤジを飛ばして悦に入る愚か者。上げ足を取って仕事をしているフリをする抜け作。それに喜んで「もっとやれ!」と囃す野次馬の馬鹿ども。イカレタ面々のオンパレードだ。

中国が発生源の新型ウイルス。

中国以外では最初にタイで中国人患者が発見された。それから10日も経たないうちに世界中に感染者が広がった。

フランスに続きオーストラリアでも新たに感染者が見つかった。

中国当局が感染者は2ケタと発表した時点で、英国の研究チームは1万人を超えるのは「時間の問題」と強調したが、わずか1週間余りで、その通りとなった。

予想を超えるスピードで新型ウイルスが拡散している。

感染源の中国とは目と鼻の先の日本で爆発的に広がると警告する声が出ている。

4日から中国の大型連休「春節」。日本各地の空港に中国人が大挙して降り立つ。

世界に蔓延し始めた新型ウイルス。これも有事だ。対策が急がれるが、安倍政権はゆったり構えたままだ。

死者が出てからでは遅い安倍晋三!

「備えあれば憂いなし」ということわざを知っているか?

あなたは有事の際に安倍晋三が頼りになると思うか?私はNO!

日本が有事に直面した際、今の安倍晋三を軸とする政権が果たして日本を守れるだろうか?

私は無理だと思う。

仮に、日本が他国から戦闘機、戦艦、ミサイルで攻撃を受けたら、安倍政権はどうするか?

おそらく慌てふためいて、オタオタするだけだと思う。

安倍内閣には、腹の据わった人物がだれひとりとして見当たらない。

いつ、どこで、何が起きるか分からない。それが現実の世界だ。

働き方だ、一億総活躍だ、と能書きばかりたれて、おだを上げている連中に日本は守れない。

与党も野党も国会でままごと遊びをしている場合ではない。フンドシがたるんだまま土俵に上がって相撲を取る。

くだらないヤジを飛ばして悦に入る愚か者。上げ足を取って仕事をしている気分に浸る抜け作。それに喜んで「もっとやれ!」と囃す野次馬の馬鹿ども。イカレタ面々のオンパレードだ。

中国が発生源の新型ウイルス。

中国以外では最初にタイで中国人患者が発見された。それから10日も経たないうちに世界中に感染者が広がった。

フランスに続きオーストラリアでも新たに感染者が見つかった。

中国当局が感染者は2ケタと発表した時点で、英国の研究チームは1万人を超えるのは「時間の問題」と強調したが、わずか1週間余りで、その通りとなった。

予想を超えるスピードで新型ウイルスが拡散している。

感染源の中国とは目と鼻の先の日本で爆発的に広がると警告する声が出ている。

これも有事だ。対策が急がれるが、安倍政権はゆったり構えたままだ。

死者が出てからでは遅い安倍晋三!

「備えあれば憂いなし」ということわざを知っているか?

ハレンチ警官の実名がやっと明らかになった理由!

 毎日新聞によると、同僚女性の下着を盗んだなどとして、窃盗罪と児童買春・児童ポルノ禁止法違反に問われた元愛媛県警巡査部長で松山市、無職の井上隆被告(45)の初公判が24日、松山地裁であった。

 2019年10月の県警による懲戒免職処分と、同12月の松山地検による起訴の発表では被告の氏名は匿名とされたが、公判で明らかになった。

 被害女性が当時同じ警察署に勤める同僚だったことも判明した。

 井上被告は13年5月と14年2月、同県西条市の集合住宅で隣の女性宅のベランダに侵入して下着計3枚を盗んだほか、19年6月、児童ポルノの動画などを自宅のパソコンで所持したとされる。

 検察側は井上被告が女性宅に侵入した際の一連の行為をビデオカメラで撮影し、自慰行為後に下着を元に戻していたことを明らかにし、「自己の性欲を満足させるための犯行で動機に酌量の余地なし」と指摘した。 (以上 毎日新聞)

*******************

 麻生太郎が成人式で「20歳になったらA少年ではなく、実名が登場する」と若者たちに社会人としての自覚を促した。「麻生にだけは言われたくない」と半畳を入れたくなるが、まあそれは抑えて、言っていることは正論だ。

 ことほど左様に私たちが犯罪を犯せば「どこそこのだれ」と、本名が明かされる。

 それなのにどうして警察官や性犯罪を犯した教員などの公務員は名前を伏せるのか?

 私は以前からこの点が納得できなかった。現役の警官だった時は「匿名」で、解雇されたので「実名」で報道。

 以前は未成年者以外は誰でも実名報道が普通だった。プライバシー保護などと言い出し始めてから公務員を特別扱いしだした。

 警察や検察、中央の官僚たちが発表の際、不都合な者の名前を伏せて発表するようになった。マスコミがそれを受け入れたのである。

 このころから日本のメディアは腑抜けになった。

丁半バクチで裏目が出た弁護士の弘中惇一郎!

 「無罪請負人」の看板は今や見る影もなくはげ落ちて「逃亡請負人」に成り下がった弁護士の弘中惇一郎。

 保釈を勝ち取ったのは手柄だが、公金横領などの疑いがある刑事被告人ゴーンの国外逃亡を、結果的に許してしまった。

 挙句の果てに「寝耳に水で、ひとことも知らされていなかった」と記者団の前で泣き言をいう始末。

 それが事実なら、依頼人のゴーン被告から「信用」されていなかった何よりの証拠だ。「大事なことは弘中たちには漏らしてはならない」とゴーン被告が考えたなら、お粗末の限りだ。
 
 弁護士は現在、人数が過剰気味。有り余っている。だから最近、やたらテレビやラジオで「仮払金の払い過ぎは」などと弁護士相談のコマーシャルが流れる。

 宣伝しないと食っていけない時代になった。かつては「医者、弁護士ほどもうかる商売はない」と言われ、女性にモテモテの花形の職業だった。それも今は昔の話だ。

 そんなわけで弁護士は完全な「個人営業店主」の姿に戻った。

 生存競争が激しい中で弁護士もPRは欠かせない。人目を引く裁判で「ひと花」咲かせたら、たちまち人気弁護士となれる。そういうところはタレントと同じだ。

 弘中惇一郎は、ルノーや日産を自分の会社と勘違いし、ベルサイユ宮殿を借り切って派手な結婚式を挙げたゴーン裁判にひと勝負掛けた。

 「無罪請負人」と銘打って記者会見の場では自信のほどを披露してみせた。

 ところが結果は御覧の通り。

 地下組織をフルに使いレバノンに勝手にトンズラしたゴーン被告を恨めしそうに横目で見ながら、こっそりと担当弁護士を辞任した。

 辞任会見はなかったと聞いている。

愚かしい安倍政権は新型ウイルスにもそろばん勘定!

 中国が発生源の原因不明の新型ウイルス。ついにヨーロッパまで飛び火した。フランスでも患者が確認。

 感染の速さは、同じく中国発の2003年に重症急性呼吸器症候群、SARSをはるかに超えるスピードだ。

 一刻も早い対策が感染拡大を食い止める唯一の手段だ。

 台湾の対応は早かった。日本はどうか? 危険レベルがどうこうと、いまだに手をこまねいている。

 春節を利用して中国人が大挙押しかけたらおしまいだ。

 そろばん勘定しか頭にない安倍政権の愚かさがまた出た。

*****************

 台湾当局は24日夜、武漢から旅行に来た50代の中国籍女性と武漢から戻った50代の台湾籍男性の2人の感染が新たに確認されたと発表した。台湾での感染確認は3人となった。

 台湾観光局は24日夜、香港とマカオを除く中国大陸向けの団体旅行の出発を中止するよう台湾域内の旅行会社に通知した。対象は25~31日出発分。中国からの団体旅行の受け入れの中止も求めた。 (以上 産経)

本気で総理を目指す! これが山本太郎の本心だ!

 立憲民主党の長妻昭が都知事選に山本太郎を野党候補として擁立する考えを示した。「これは何を意味するか」と質問したところ、25日午前零時48分現在、フェイスブックでは例によって機械的に「いいね!」をするだけで誰も応えない。

 これに対しブログ「半歩前へ」では早々と24日午後9時41分の段階で、以下のコメントが届いた。

 立憲民主の幹部は、山本太郎を東京都に釘付けにしたい、ということ。消費税廃止を訴える山本太郎が、立憲民主にとっては「目障り」な存在………山本太郎が国民目線なのに対して、立憲民主は永田町目線

 お見事。100%正解だ。

 「そんなことぐらい、知っている」というなら、書けばいい。コメントひとつ書けないで、後になって訳知り顔をするなら小泉進次郎と同じで、後出しジャンケンは誰も相手にしない。

 いみじくも問題意識の違いが露呈した。フェイスブックの者たちはテレビCMでも見るように右から左へ目を移す。「いいね!」を押して、遊んでいるのだ。

 これに対してブログ「半歩前へ」の読者は、投稿についていったん立ち止まって自分なりに考える。

 今さら質の違いを比較しても仕方がない。しょせんフェイスブックとはそういうもの。毎度のことで驚かない。

 本題に戻ろう。立憲民主党は山本太郎に危機感を持つ。「母屋を乗っ取られるのでは」と恐れている。

 太郎を都知事として囲い込めば、国政での「れいわ新選組」の力削がれ、立憲は「安泰」だ。そう考えて「山本太郎を都知事候補に」と言った。太郎が立てば勝つ可能性がある。が国政はどうなる? 立憲民主党では心もとない。従来と変わらないだろう。

 そのあたりはクレバーな山本太郎だから、分かっているはずだ。「都知事も選択肢の一つ」との太郎の発言は、単なるアドバルーン。

 参院選挙で山本太郎は明言した。「本気で総理を目指す」 これが本心だ。

 「何もかにもが壊されている」現状を打破するには、国会に打って出るしか方法がない。

 こうした太郎への立憲民主党の「恐れ」が長沼発言となった。

新型ウイルスの中国で4100万人が移動制限!

 【1月24日 AFP】新型ウイルスによる肺炎で、これまでに中国国内で少なくとも26人が死亡し、感染者は830人を超えた。

 流行を食い止めるため、武漢をはじめとする複数の都市で交通遮断措置が取られ、合わせて4100万人が移動制限の影響を受けている。


 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、中国当局は流行の中心地・湖北(Hubei)省の武漢(Wuhan)市内に、感染者の治療に特化した病院を新設している。

 建設期間はわずか10日間で、来月3日には病院施設が稼働する見通しだ。中国国営メディアが24日、報じた。


* ショベルカーやトラック数十台が稼働しいている映像は
ここをクリック
https://www.afpbb.com/articles/-/3265022


 

たったの10日間で1000人収容の病院建設と中国!

 NHKによると、国営の中国中央テレビは1月24日、武漢で肺炎の患者を専門に治療する大規模な病院の建設が始まったと伝えました。

 現地からの映像では、広大な敷地に数十基の大量の重機が投入され、急ピッチで建設が進められていて1000人の患者を受け入れることが可能な病院を来月3日までに完成させる予定だとしています。

 現地では増え続ける患者の数に医療施設の受け入れが追いつかなくなっていると指摘。  (以上 NHK)

詳しくはここをクリック
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200124/k10012257221000.html

**************************

 死者はその後も増えて26人となった。新型ウイルス患者の数は1000人近くに上っている。英国の研究チームの調べでは患者数は1万人に達する見込みだという。

 こうしている間にもどんどん増え続けている。ワクチンはない。一刻も早く「原因」を突き止めてもらいたい。原因が分からないと対策が講じられない。

 それにしても2月3日までに1000人収容の病院がどうして建設可能なのか?

 たったの10日間で専門病院が建つのか?

 中国の海外向けパフォーマンスか?
 
 それともNHKの「誤報」なのか?

 

やい、河井案里、立ち去る際のあの薄笑いは何だ?

 選挙違反がバレたとたん、夫婦そろって雲隠れをしておきながら、生意気な口を利くゲス女の参院議員、河井案里。

 糞のフタほども役に立たない者が、安倍が背後に控えているのをかさに着て、言いたい放題だ。

 こんなカスに反論できない記者にもガッカリだ。

 安倍の指示で自民党はこのゲス女と夫、河井克行に計1億5000万円を振り込んだ。

 もう、世も末だ。上から下まで手が付けられないほど腐り切っている。

***********************
ネットの声がこう切って捨てた。

 河井案里も、今まで逃げ続けて来たのに国会が開催される前日になって慌てて釈明会見。

 しかし答えているのに、答えになっていない。

 殆どの質問に「捜査中だから発言を差し控えたい」と何一つ答えになっていず傲慢さが目に付く会見だった。

 おまけに、立ち去る際の陰の方での薄笑いは何なのか?

 また違う場面では1億5000万円貰ったのかとの記者の問いに対して、堂々と「もらいましたが、違法ではありません」

 これもなんだかやたら腹が立つ。

 金権政治の張本人が「違法ではない」としゃーしゃーと言う神経。

 違法ではないにしても、本人が言う事ではない。

 原資は「国民の血税」なのだ、盗人猛々しいにもほどがある。

破格の選挙資金は溝手を蹴落とすための安倍の復讐だった!

 昨夏の参院選で河井案里が広島選挙区から出馬したのは、安倍晋三にとって目障りだった自民党の重鎮・溝手顕正を蹴落とすための“刺客”としてだった、とリテラが報じた。

 劣等感が強い安倍晋三はマムシのように執念深い男だ。

*********************

 溝手は2007年参院選で自民が大敗した際、首相の安倍の責任に言及し、さらに下野時代には安倍を「過去の人」と発言した。

 メディアは案里の夫・河井克行を菅人脈と強調するが、河井は菅以上に安倍に近い人物だ。

 河井は総裁外交特別補佐としてトランプタワーでの安倍・トランプ初会談にも同行するなど、安倍は河井を買っていた。

 安倍は河井案里の応援に駆けつけるだけではなく、4人の秘書を広島の案里の選対に送り込んだ。いかに溝手落としに躍起になっていたかがよくわかる。

 広島の地元・中国新聞が案里に自民党本部から1億5000万円が入っていたことを伝えた。溝手が受けた公認料500万円と選挙対策費1000万円の合計1500万円のなんと10倍だ。

 自分を「過去の人」と言った溝手への私怨を晴らすために、巨額を投じた。選挙を溝手への「復讐」という私利私欲に使った。  (以上 リテラ)

***********************
以下はネットの声だ。

 安倍晋三を「過去の人」と言った溝手に、ここまで執念深く追い詰めることができる人間はそうそういない。

 それにしても、安倍の的外れなプライドも相当なものだ。税金は自分の為にあるものだと勘違いしている節があるから、憎い相手に税金を湯水のように使っても落とさねばならないと思ったのか。

 すごく執念深い男だ。そして子供っぽい。

バカにすんな! それなら最初からネットに載せるな! 

 毎日新聞が以下の見出しでネットに記事を載せた。

 俳優・中村敦夫さん・79歳 日本はいまだ封建国家だ

 安倍晋三の独善を指していると思い、記事を読み始めた。

 俳優の中村敦夫さん(79)と昨年11月、長野県大町市の農家民宿に泊まった。築100年以上の古民家だった。中村さんは自ら台本を書いた反原発朗読劇「線量計が鳴る」の長野公演を終え、この宿に。翌日、再生可能エネルギーの普及状況を視察するという中村さんに誘われ、私も合流した。会うのは1年ぶり。夜は一献傾けながらの政治談議になった。中村さんは安倍晋三政権の経済政策をやり玉に挙げた。「原発の輸出戦略は見事にこけましたね。アベノミクスは金融緩和で株価を上げただけ。国は借金を増やし、

 と、肝心なところで、「この記事は有料記事です。残り2938文字 今だけお得のスタンダードプラン2カ月目も100円」福得キャンペーン大好評!  いますぐ登録して続きを読む」ときた。

 イライラする。バカにすんな! それなら最初からネットに載せるな! 

 毎日に限らず朝日も、読売も、この手口を使う。

 販売部数が落ちているので「見出し」で人を引き付け、カネに結び付けるつもりだ。

 彼らはなぜ、「新聞離れ」が起きたかの検証や反省がない。

 安倍の御用新聞の読売はもちろん、朝日も時々、カッコウを付けて、思い出したように政権批判をするが、腰が定まらず肝心な場面になると逃げを打つ。

 官憲の発表頼りの、広報と報道の境目が分からないような新聞は、カネを出して読む気がしない。自業自得である。

  

なぜ慶応大学は性犯罪が次々起こるのか?

 事件当時、慶大塾長秘書担当課長だった男が女子トイレ盗撮で逮捕された。これに関連し、続発する慶応の性犯罪にあきれた日刊ゲンダイがこう書いた。

 慶大を巡っては、2018年9月に総合政策学部の学生が大麻所持の疑いで逮捕。翌10月には経済学部の学生が準強制性交(強姦)容疑で逮捕されるなど、この1年4カ月の間に現役大学生、院生、教職員の逮捕者がこれで10人目となった。

 事件にこそなっていないものの、昨年10月にはアメフト部の部員が女風呂を盗撮、ノゾキをしていたことが発覚し、無期限の活動自粛を発表。

 翌11月には、理工学部の看板教授が時価400円のパンティーをベランダの物干しから盗んで逮捕されたばかりだった。 (以上 日刊ゲンダイ)

*************************

 慶応は「大卒の就職予備校」と呼ばれている。就職率がいいからだ。ところがなぜか性犯罪が多い。他校と比べて突出している。

 性に関しては大学が「おおらか」なのかも知れない。

 2016年9月に起きた慶大生6人による18歳の1年生女子への集団強姦が記憶に新しい。

 怒った母親が慶大に訴えたが、「われわれは捜査機関ではないので、まずは警察に届けてください」と、軽くあしらわれ、門前払いを食わされた。常識ではあり得ない話だが、それが通用するのが慶応だ。

 2018年9月にはミスター慶応こと経済学部2年の渡辺陽太が酩酊状態の女子大生を近くの雑居ビル1階に連れ込み、下着を剥ぎ、踊り場で20分間にわたってレイプ。

 その後、路上に引き倒して頭を足蹴りにし、腹に蹴りを食らわせた。暴行の様子を目撃した男性通行人が110番通報し、逮捕された。

慶大関係の最近のセックス・スキャンダル一覧。
詳しくはここをクリック
https://85280384.at.webry.info/201912/article_113.html



新型ウイルスの発症は4000人超と英研究チーム!

 【ロンドン共同】英インペリアル・カレッジ・ロンドンの研究チームは22日、中国・武漢市で発生した新型コロナウイルスの感染による肺炎の発症者数の推計をまとめ、これまでに報告された数よりも多くの人が発症している可能性があると発表した。

 中国当局によると、23日の時点で570人超の発症者が報告されている。

 一方、研究チームの18日までの推計で4000人超が発症している可能性があると指摘した。

**********************


 どちらの数字を信用するかは自明の理である。

 不都合なことは徹底して隠し通す「隠蔽体質」がしみ込んだ数字を信じる者は皆無だ。

 中国人でさえ、当局の発表を疑ってかかる。

これは何を意味するか分かるか? 勘のいい者はすぐわかるハズ!

 毎日新聞によると、立憲民主党の長妻昭選対委員長が23日夜のテレビ番組で、7月の東京都知事選に、「れいわ新選組」の山本太郎を野党統一候補として擁立する可能性に言及。

 「他党の意見も聞かないといけないが、十分検討の余地はある」と強調した。

これは何を意味するか分かるか?

勘のいい人ならすぐわかるハズだ。

分かった人はコメントを。

世界に恐怖をまき散らす!中国の「隠蔽体質」!新型ウイルス!

 週刊ダイヤモンドが、中国の「隠蔽体質」が世界に恐怖を与えていると報じた。同感である。

 自分たちに不都合なことは隠し続けるのが共産中国だ。だから共産中国の発表は信用できない。

 安倍晋三がこれをまねているから始末が悪い。

 習近平と安倍晋三は体質が似ている兄弟分だ。

******************

 SARS禍で日本人駐在員を最もパニックに陥れたのが「中国政府の隠ぺい体質」だった。2002年11月に広東省で流行していたのをひた隠しにし、実態を公表したのは翌年4月のことだった。

 このときすでにSARSは中国国内で爆発的に拡大しており、中国は世界中から非難を浴びた。

 今回も感染が拡大する中で、この新型肺炎にかかわる情報の中には、当局によりわずか数分で消されるものもある。武漢市では「デマを飛ばした」との嫌疑で8人の一般市民が調査の対象になった。

 ところが、習近平が「全力で新型肺炎を抑え込む」という重要指示を出した1月20日から風向きが変わる。

 拘束された8人についても、「友好的」に調査が進められ、処罰が与えられることはなかった。

 中国では新型肺炎の話題が“解禁同然”の空気を醸し出しながらも、不都合な情報のもみ消しが続けられている一面もあり、これが、かえって一般市民の混乱を招くことにもなっている。

 SARS禍が与えた最大の恐怖は、中国のこの“隠ぺい体質”だった。果たして中国はこれを変えられるだろうか。17年の時を経てもなお、中国は同じ轍を踏むのではないかと全世界が緊張を高めている。

発熱探知機をすり抜けた新型ウイルスで死亡!

 ブルームバーグによると、中国で広がる新型ウイルスに感染し死亡した患者の中には、発熱の症状を示さなかった者がいる。

 発熱がないことは、空港や駅で感染の有無をチェックする一般的な方法である体温スクリーニングが機能しない可能性があることを意味する。

 詳しくはここをクリック
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200123-70671952-bloom_st-bus_all

悪いがあれで、せっかくの誘いを断った!

 脇に置いたスマホが鳴った。永年の友人からの電話で「25日のヴァイオリン・コンサートに行かないか」と誘われた。

 会場は東京・上野の東京文化会館。天満敦子のコンサートと聞いて「いいよ」と返事した。

 急なことに驚いたが、何でも娘が急に風邪をこじらせ、カミさんが看病するので行けなくなった。

 せっかく取れた指定席を、ムダにするには忍びないので私を誘った。

 25日と言えばあしただ。ちょっと待てよ。

 東京文化会館が建つ上野の杜は、東京芸大が近くで美術館や博物館が集まっている場所だ。普段から観光客でごった返す都内屈指の観光名所だ。おりしも春節のゴールデンウイークで中国からどっと観光客が押し寄せる。

 持病がある者や高齢者が罹患し易いと言われる原因不明の新型ウイルスにでもかかったら大変だ。

 そう考えて、電話で事情を説明し、せっかくの誘いを断った。



また逮捕者!慶大塾長秘書課長が“女子トイレ盗撮!

 また逮捕者…慶大塾長秘書課長が“女子トイレ盗撮”の衝撃度、と日刊ゲンダイ。女性が排泄する姿を取って何が楽しいのだろうか?私には、こういう人の神経が分からない。

***********************

 慶応からまた「逮捕者」が出た。しかも「パンティー泥棒教授」に続き、今回は女子トイレ盗撮で、逮捕者は事件当時、慶大塾長秘書担当課長だったというのだから、あんぐりだ。課長の自宅のパソコンからは1000件以上の動画が見つかった。

 警視庁に逮捕されたのは、慶大塾長の元秘書担当課長の石原一章(49)。

 石原は2018年12月、慶大の教職員用の女子トイレに侵入。

 トイレの仕切りの上部の天井付近に小型の隠しカメラを設置し、複数の女性の排泄姿を盗撮していた。

 自宅を家宅捜索したところ、出るわ、出るわ。カメラから転送した盗撮動画など、1000件以上がパソコンに残っていた。 (以上 日刊ゲンダイ)


「武漢が封鎖される」ー。未明の友人の電話で慌てて脱出した!

 「武漢が封鎖される」ー。23日未明に友人からの電話で目を覚ました。急いで荷物をまとめて駅に向かった。そこで、閉鎖直前だった上海行きの高速鉄道に飛び乗ったという。

 「突然だったので、脱出できなかった人もいると思う。ただ、感染拡大を防ぐには仕方ないのかもしれない」 (以上 朝日)

*******************

 新型ウイルスの蔓延に危機感を強めた中国当局が23日になって突然、武漢市に”戒厳令”を敷いた。

 武漢から一切の航空機、鉄道など公共交通の発着を禁止し、人の往来を止めた。市内は一時パニック状態となったという。

 事態は、そこまで当局が慌てる状況になっている、という証拠である。

 武漢市は人口1100万人だが、24日からの大型連休(春節)を前に既に300万人が武漢を離れたという。

 延べ30億人が右に左に移動する春節。

 日本にも大量の中国人が訪れる。

 雑誌「FRIDAY」が、「春節100万人の中国人訪日客がアダ 新型肺炎が日本で蔓延の危機!」

 と、日本各地に中国人が新型ウイルスを運んでくる危険性を訴えた。

新型ウイルスが本格上陸! 東京のデパート店員にマスク着用!

今ごろになって「水際作戦」などと間抜けなことを言っている安倍政権など相手にしていては自分の身は守れない。

それぞれが自分で「自己防衛」するほかない。

春節100万人の中国人訪日客がアダ 新型肺炎が日本で蔓延の危機!

と、こんな見出しで雑誌「FRIDAY」が、日本各地に中国人が新型ウイルスを運んでくる危険性を訴えた。

東京のデパートでは客と対応する店員にマスクの着用を認めた。

詳しくはここをクリック
https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20200123/1000042926.html

警戒警報!春節の中国人訪日で新型ウイルス蔓延の危機!

春節100万人の中国人訪日客がアダ 新型肺炎が日本で蔓延の危機!

こんな見出しで雑誌「FRIDAY」が、日本各地に中国人が新型ウイルスを運んでくる危険性を訴えた。

特に東京、大阪、京都、北海道、福岡など中国人観光客が大勢押し寄せるところは要注意だ。

台湾の蔡英文総統は素早く対策を講じたが、ボンクラ安倍は高みの見物。

すでに新型ウイルスは日本に上陸、拡散の兆しを見せている。

20日の神奈川での中国人感染者に続いて24日、東京の中国人男性からも新型ウイルスが確認された。


詳しくはここをクリック
https://friday.kodansha.co.jp/article/91561

「思いやり予算」1年で1974億円 子どもの貧困対策152年分!

 支払い義務はないのに在日米軍への「思いやり予算」1年で1974億円。

 子どもの貧困対策152年分に相当。

 1,978年からの累計は7兆円超える、と琉球新報が訴えた。

 トランプはさらに増額しろと声を張り上げた。

 ここまでコケにされても安倍晋三はまだ、しっぽを振るのか?

**********************
琉球新報が鋭く追及。

 1960年の日米安全保障条約改定から60年がたつ。沖縄にとっては安全保障の名の下で基地被害にさらされてきた60年だ。県外の米軍基地は縮小された一方、沖縄への基地集中の割合は高まった。

 安倍政権は「反対」の民意を押し切って米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設を強行している。

 日本政府の米国に追従する姿勢が沖縄の犠牲を助長してきたともいえる。政府は米側の求めに応じる形で自衛隊の活動範囲を拡大し、支払い義務のない在日米軍駐留経費を肩代わりしてきた。その「思いやり予算」は78年から2018年度までに累計で7兆2685億円に上る。

 本来は米国が負担すると定められている在日米軍駐留経費の7割を日本は「思いやり予算」として負担してきた。米側の要求に応じ膨らみ、2019年度は1974億円に上っている。

 予算の主体は異なるが、例えば政府が沖縄の「子どもの貧困」緊急対策として投じている予算(19年度約13億円)の152年分だ。

 首里城火災で焼失した建物の建設費用は沖縄総合事務局によると約73億円。19年度の「思いやり予算」は首里城の焼失分の約27倍に当たる。

 日米地位協定に照らして支払い義務のない米軍駐留経費の肩代わりは、1978年に本格化した。当時の金丸信防衛庁長官が「思いやりを持って(米軍に)対処する」と表現し「思いやり予算」と呼ばれる。

 県内の米軍基地返還や訓練移転の費用、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設を含む米軍再編の経費も日本が負担している。

 米軍人・軍属に税金の支払いや各種料金を免除するなど優遇策も実施している。

 米国防総省が米軍駐留経費の負担割合について最後に公表した2004年の報告書によると、日本は米軍駐留経費のうち74・5%を負担し、他国の負担割合を大きく上回っている。

 21年3月に想定される新協定の締結に向け、トランプ米政権は日本負担の増額を求めている。

「思いやり予算」1年で1974億円 子どもの貧困対策152年分!

 支払い義務はないのに在日米軍への「思いやり予算」1年で1974億円。

 子どもの貧困対策152年分に相当。

 1,978年からの累計は7兆円超える、と琉球新報が訴えた。

 トランプはさらに増額しろと声を張り上げた。

 ここまでコケにされても安倍晋三はまだ、しっぽを振るのか?

**********************
琉球新報が鋭く追及。

 1960年の日米安全保障条約改定から60年がたつ。沖縄にとっては安全保障の名の下で基地被害にさらされてきた60年だ。県外の米軍基地は縮小された一方、沖縄への基地集中の割合は高まった。

 安倍政権は「反対」の民意を押し切って米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設を強行している。

 日本政府の米国に追従する姿勢が沖縄の犠牲を助長してきたともいえる。政府は米側の求めに応じる形で自衛隊の活動範囲を拡大し、支払い義務のない在日米軍駐留経費を肩代わりしてきた。その「思いやり予算」は78年から2018年度までに累計で7兆2685億円に上る。

 本来は米国が負担すると定められている在日米軍駐留経費の7割を日本は「思いやり予算」として負担してきた。米側の要求に応じ膨らみ、2019年度は1974億円に上っている。

 予算の主体は異なるが、例えば政府が沖縄の「子どもの貧困」緊急対策として投じている予算(19年度約13億円)の152年分だ。

 首里城火災で焼失した建物の建設費用は沖縄総合事務局によると約73億円。19年度の「思いやり予算」は首里城の焼失分の約27倍に当たる。

 日米地位協定に照らして支払い義務のない米軍駐留経費の肩代わりは、1978年に本格化した。当時の金丸信防衛庁長官が「思いやりを持って(米軍に)対処する」と表現し「思いやり予算」と呼ばれる。

 県内の米軍基地返還や訓練移転の費用、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設を含む米軍再編の経費も日本が負担している。

 米軍人・軍属に税金の支払いや各種料金を免除するなど優遇策も実施している。

 米国防総省が米軍駐留経費の負担割合について最後に公表した2004年の報告書によると、日本は米軍駐留経費のうち74・5%を負担し、他国の負担割合を大きく上回っている。

 21年3月に想定される新協定の締結に向け、トランプ米政権は日本負担の増額を求めている。

無実の罪で4回逮捕、10カ月拘留され内定取り消し!

警察と検察の「決めつけ捜査」で、将来ある大学生の人生が破壊された。

身に覚えがない罪状を押し付けられて4回も逮捕され、10カ月警察署に拘留。

無罪で解放された時は、内定していた就職が取り消されていた。

こんなことを許していいのか?

あなたの息子もこんな目に遭う恐れがある!

詳しくはここをクリック
https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/43063

東京の中国人から新型ウイルス!日本で2例目確認!

中国湖北省武漢市から旅行で東京を訪れていた40代の中国人男性が新型コロナウイルスに感染し、肺炎を発症したことを厚労省が確認した。

国内で新型ウイルスへの感染が確認されたのは、神奈川県在住の中国人男性に続き2例目だ。

中国は24日からの大型連休・春節を前に、新型ウイルスが発生した武漢市との交通手段を23日に封鎖した。

ところが、人口1100万人のうち約300万人が武漢市から出ており、新型ウイルスが拡散した恐れがある。

中国の対策はあまりにも遅きに失した感がある。シンガポールでも患者が発見された。

新型ウイルスの感染規模はSARSの10倍以上!

中国の後手後手の対策が感染の拡大を助けている。

武漢で見つかった謎の新型ウイルスの感染規模はSARSの10倍以上だという。

春節どころではない。24日から日本各地に大量の中国人がやってくる。

対策は万全なのか?

感染の恐れはないのか?


【香港時事】中国湖北省武漢市を中心に多発している新型肺炎について、香港メディアなどは23日、感染症の権威である管軼香港大教授が「感染規模は2003年に大流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)の10倍以上だろう」と述べたと報じた。管氏はSARSの感染源特定に成功したことで知られる。

「どんな言い訳も通用する国」と「怒らない国民」!

  「どんな言い訳も通用する国」と「怒らない国民」と題して鴻上尚史が歯がゆい思いを文字にした。

  安倍晋三もひどいが、もっとひどいのは、ここまで勝手気ままにやられて、ウソをつかれても傍観し続ける国民だ。

  私は彼らに激しい怒りを覚える。

************************ 

 東京オリンピックの予算が、当初の7000億円から3兆円超になる見込みだ。日本の国家予算が101兆円ですから、なんと、3%をオリンピックに使うわけです。正気の沙汰とは思えませんね。

 で、「誰が7000億円でできると計算したんだ?」とか「そもそも、温暖な気候って言った奴は誰だ?」「真夏の東京でやろうと旗振った責任者は誰だ?」と突っ込みたくなるのですが、すぐに、「そういう詳しいことを書いた書類はシュレッダーにかけました」と言われそうです。

 はい、「桜を見る会」で政府は子供の言い訳レベルでねじ伏せられると味をしめましたからね。ハードディスクにも残ってないし、残っていても公文書じゃないし、シュレッダーは障害者雇用の人がやったから遅かったし、反社会的勢力という定義はないし、適正に処理したなんて言うし、もう、どんな言い訳も通用する国になってしまいました。

 仮にオリンピックで3兆円使っても、なにがしかがちゃんと残るのなら、まだ、費用対効果としてぎりぎり成立すると思うのです。昔の東京オリンピックみたいに、高速道路が作られたとか、ですね。

 でも、何十億は、日傘だの冷水だの製氷機だの、暑さ対策に使われるわけで、何も残りゃせんわけです。

 札幌でマラソンと競歩をする費用も70億円から80億円かかる見込みなんですと。

 札幌に住んでる人が「マラソン、来るな! 夏の大通公園のビアガーデンを守れ!」とツイートしてました。まあ、準備と警備で何日も前から、ビアガーデンなんてやれなくなるんでしょうなあ。

 税金である国家予算の3%をオリンピックに使っても、日本国民はあんまり怒らないんですよね。

 3兆円あったら、待機児童の解消とか小中学校の少人数クラスなんて簡単に実現できると思うんですが。

 お祭りのオリンピックより、日本の未来を担う子供達にお金を使う方が何万倍も重要だと思うんですけどねえ。

 やっぱり、源泉徴収が原因ですかね。給与や報酬から支払い前に所得税を控除する源泉徴収は、日本では1940(昭和15)年、戦費調達のために始まりました。

 先に控除すると、悔しいですけど「税金を払っている」「がっぽり取られた」という実感が薄くなります。

 米国みたいに自営業者だけではなく、源泉徴収のサラリーマンも、全員が確定申告をしなければいけないと、「ああ、こんだけ取られてるんだ」と実感できるわけです。

 でも、日本だとサラリーマンは年末調整で、数字上の操作ですみますからね。

 数字を見て終わるか、自分で実際に現金を振り込むか。この違い、サラリーマンを辞めて、自分で確定申告をした人なら、ようく分かると思います。

 自分で振り込むようになると、「税金、ちゃんと使えよ。ムダな使い方したら怒るからな!」と思う傾向が間違いなく強くなるのです。

 しかしまあ、「桜を見る会」です。

 いつまでやっているんだと思っている人もいるでしょうが、招待名簿さえ出てきたら、それで事態は明確になるわけです。

 それをあれやこれやと逃げ続けるから、野党も引っ張るわけですね。よっぽど、出てきたらまずいことがあるんだろうなあと思います。

 でも、もっと言えば、野党は批判勢力なんですから、問題にして追及するのは当たり前です。

 「桜を見る会」の一番の問題点は、自民党の内部から、まったく批判が起こってないことです。

 かつての自民党なら、子供の言い訳みたいな答弁に対して、長老や若手や対抗派閥が敏感に反応したと思います。

 それが、まったく聞こえてこない。

 この自浄作用のなさが、本当に怖いと思います。

 かつては、派閥争いが激しくて、首相が一年足らずで辞めていくということが続きました。国民はいい加減にしろと怒りましたし、自民党も反省したのでしょう。

 安定した長期政権を目指そうとして、結果として、憲政史上最長の宰相になるんですから、極端から極端しかないのか! と頭を抱えてしまいます。これは国民が成熟してないという証拠なんでしょうなあ。

驚愕!カジノ汚職は単純な贈収賄事件ではない!

 カジノ汚職は単純な贈収賄事件ではない。「事件の背後に習近平の影がちらつく」と何度も指摘したが、それを裏付ける詳細な情報が見つかった。

 そこには習近平中国が目指す壮大な世界制覇構想が横たわっていた。

 それにつけても安倍政権は田んぼの中の案山子にも劣る役立たずの政権だ。

 脇が甘いなどと悠長なことを言って入れない。1日も早くほかの政権と差し替えないと日本が大変なことになる。

**************************
長くなるが重要なので以下に転載する。

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業をめぐるIR汚職は「中国マネー」が日本政界に深く浸透していた看過できない事件だが、背景として「北海道の拠点化」を狙った中国資本による大規模な土地買収も指摘されている。

 中国マネーによる政界汚染の一端が明らかになった。北海道と沖縄県を舞台としたIR事業に絡む贈収賄事件だ。

 東京地検特捜部は衆院議員の秋元司を再逮捕して裏付け捜査を急いでいる。中国企業側は、与野党議員5人に100万円ずつの提供を供述しているとされるが、1人を除いて受領を否定している。

 安倍晋三政権は、IR事業を「成長戦略の柱」と位置付けるが、事件は暗い影を落としそうだ。

 巨大経済圏構想「一帯一路」で日本を絡め取り、21世紀の「冊封(さくほう)体制」(中国と周辺国との間の主従関係)構築を夢想する中国の周到な国家戦略の輪郭が、見え隠れしたのが今回の事件だ。

 小悪を捕らえて巨悪の逃げ切りを許せば、ほくそ笑むのは中国共産党政権と、それを手引きする面々である。中国風に言えば日本国内に巣くう「漢奸」の存在だ。

 中国マネーの毒が回った政界に自浄作用は期待できそうにない。

 特捜部が背景も含めて、どこまで事件の全容解明に迫ることができるのか、今後も注視していく必要がある。特捜部が「事件の背後に広がる闇」から目を背けるようでは、事件の真相に迫ることなどあり得ない。

 贈賄側の中国企業「500ドットコム」のバックにいるのが、中国通信機器大手「華為技術(ファーウェイ)」と肩を並べる、半導体企業グループ「清華紫光集団」だという。

同社は、習近平の母校である清華大学が設立した清華ホールディングスの子会社で、事実上、中国政府が経営する国営企業だ。

 このため、「500ドットコムによるIR事業参入は、日本乗っ取り計画に道を開きかねない『トロイの木馬』だったのではないか」(公安当局関係者)という見方もある。

 清華紫光集団は、半導体やビッグデータ、AI、監視技術などを開発する中国屈指の有力企業だ。

 カジノに来る日本のVIPや一般人、外国人観光客はすべて、顔認証システムなどによって個人情報や持病、そこから派生する各種クレジットカードまでが、中国当局に筒抜けになってしまう恐れがある。

 そもそも、事件はなぜ発覚したのか。

 対中融和に前のめりで、自ら冊封体制に入っていくような日本の危険な振る舞いと、習近平を国賓として招く安倍政権に対し、IR先進国で情報をふんだんに持つ米国が特捜部に情報を提供し、警鐘を鳴らしたのではないか?

 実際、北海道で計画されていたIR事業では、地元自治体が公表していない外資系企業の中に、中国系企業が含まれていた可能性がある。

仮に、中国系企業がIRの運営を任された場合、「人民解放軍属を含む2万人の中国人が移住する」(地元関係者)との声が上がっていた。

 北海道の洞爺湖から東の苫小牧に連なる一帯は、中国が「一帯一路」の一環として建設に動き出している、北極海経由の航路「氷上シルクロード」の中継拠点としてうってつけなのだ。

 苫小牧周辺に拠点を持てれば、中国が北朝鮮から租借した清津、羅津両港を起点に、津軽海峡を抜けて、苫小牧、釧路、ベーリング海を抜ける航路の確保が可能となる。

 昨年は中国の王岐山国家副主席が、一昨年は李克強首相が来日時にわざわざ北海道を訪れ、洞爺湖周辺を訪問している。

 今春、「国賓」として来日する習近平が洞爺湖周辺を視察をすれば、中国資本による土地の爆買いが進む北海道侵略の第一幕が完結してしまうのではないか。

 IR汚職事件が突き付けたのは、危ういわが国の近未来なのである。

詳しくはここをクリック
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200121-00000008-ykf-soci

1100万大都市が事実上の”戒厳令下”に置かれた!

「武漢市住民は市外に出るな」ー。1100万大都市が事実上の”戒厳令下”に置かれた。

 日を追って拡大する死者、感染者に危機感を強めた中国は遅まきながら対策に乗り出した。

 今からで間に合うのか? 出遅れ感は否めない。

*************************

 毎日新聞によると、中国湖北省武漢市政府は23日午前10時(日本時間午前11時)、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を防ぐために市外に向かう航空機や鉄道、市内の地下鉄やバスなどの公共交通機関の運行を全面停止した。

 道路も市境に検問所を設置し、市外に出る車の乗員に体温検査を実施。24日からの春節(旧正月)に伴う大型連休を前に人口約1100万人の大都市を事実上封鎖する措置を取った。

1100万大都市が事実上の”戒厳令下”に置かれた!

「武漢市住民は市外に出るな」ー。1100万大都市が事実上の”戒厳令下”に置かれた。

 日を追って拡大する死者、感染者に危機感を強めた中国は遅まきながら対策に乗り出した。

 今からで間に合うのか? 出遅れ感は否めない。

*************************

 毎日新聞によると、中国湖北省武漢市政府は23日午前10時(日本時間午前11時)、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を防ぐために市外に向かう航空機や鉄道、市内の地下鉄やバスなどの公共交通機関の運行を全面停止した。

 道路も市境に検問所を設置し、市外に出る車の乗員に体温検査を実施。24日からの春節(旧正月)に伴う大型連休を前に人口約1100万人の大都市を事実上封鎖する措置を取った。

様変わり!かつて保守の論客、小林節が日本共産党を絶賛!

 小林節というと、保守の論客として知られたが、安倍晋三が政権の座に就き、国家を欲しいままに私物化する姿に、堪忍袋の緒が切れ安倍政権批判を強めている。

 そればかりか、日本共産党を絶賛する姿に度肝を抜かれた。以下は小林節が日刊ゲンダイに寄稿した一文だ。

******************

 今月14~18日まで日本共産党の大会が開かれ綱領の改定が行われた。その内容が大変興味深い。

 共産党は「暴力」革命政党だと批判されている。帝政ロシアを倒したソ連の時代と異なり、日本共産党は一貫して選挙と議会による改革を追求していることを確認した。

 また、「自衛隊と日米安保条約を認めていない」と言われる。それに対して、共産党は自衛隊と日米安保がいらない世界を目指していることと、今はそれが許される状況にないことを、率直に認めている。

 さらに、「天皇制を認めていない」という批判に対しては、明治憲法下で国家の全権を掌握していた天皇と現憲法下の象徴天皇の違いを踏み外すべきではないと主張している。

 野党共闘が「野合」であるとの批判には、野党共闘には既に立派な共通政策があることを指摘している。①立憲主義、民主主義、平和主義の回復②格差をただす家計応援の政治③人権を尊重する政治、である。

 そして、日本の現状として、①対米従属と②財界優先の政治を、見据えている。日本自体が米国の世界戦略に組み込まれている。

 米軍は日本の法令を無視して行動し、武器を爆買いさせられ、農産物市場も開放させられ食の安全まで脅かされている。

政・官・財の癒着の下で、大企業と高額所得者を優遇する税制に加え、庶民には広く消費税が課され、労働法制の改悪と福祉の切り下げで、国民は貧困にあえいでいる。

 以上の認識の下に、無限の欲望の凶暴化を止め得ない資本主義が高度化した今日の日本で、共産党は、選挙と議会による共産主義革命にあえて挑戦しようとしている。楽しみである。

シンガポールでも感染者確認 !原因不明の新型ウイルス!

 NHKによると、中国で感染が拡大している新型のコロナウイルス肺炎について、シンガポールのメディアは中国湖北省の武漢からシンガポールに旅行で訪れた中国人の66歳の男性が感染していることを確認したと伝えた。

 シンガポールで感染者が確認されたのは初めて。この男性は今月20日、武漢から広東省広州を経由してシンガポールに到着。現在、病院で隔離されて治療を受けている。

台湾が武漢ツアーの受け入れ停止! 新型肺炎情報の公開も要求!

 さすが台湾は対応が早い。中国大陸から大挙して台湾にやってきたら対応のしようがない。24日からの春節を前に手を打ったのは賢明だ。

 有事には全くお手上げの安倍政権とは大違い。リーダーの資質の違いがこんなところで露呈した。

**********************

 【台北時事】台湾の蔡英文総統は22日、中国を中心に世界的に感染が拡大している新型コロナウイルスによる肺炎について記者会見し、発生源とみられる中国湖北省武漢からの団体ツアーの受け入れを一時停止すると発表した。旅行会社と協議の上、台湾から武漢へのツアー派遣も停止する。

 台湾では21日、武漢に滞在していた台湾人女性が、この肺炎に感染していることが初めて確認され、台湾での拡大が懸念されている。

反政府デモ拡大でゴーンに暗殺の可能性と日刊ゲンダイ!

 「レバノン反政府デモ拡大でゴーン被告に国外追放&暗殺の可能性」と日刊ゲンダイが警鐘を鳴らした。

 ゴーン被告の逃亡先レバノンで、大規模な反政府デモが続く。首都ベイルートではデモ隊と治安部隊が衝突。負傷者は490人を超えた。レバノン政府に“庇護”されているゴーン被告も安泰ではなくなってきた。

 経済低迷が続くレバノンは、インフラ整備が遅れ、停電は日常茶飯。35歳未満の失業率は37%に上る。庶民は苦しい生活を強いられる一方、政治腐敗が蔓延し、支配層は特権を享受している。

 こうした支配層への不満が爆発し、デモは若者を中心に、政治信条や宗派を超えて、自然発生的に広がっている。

現代イスラム研究センター理事長の宮田律が言う。
 「政権交代が実現しない限りデモは簡単に収まらない。政権交代があった場合、新政権下でゴーン被告が“庇護”されるとは考えにくい。

 デモの参加者はゴーンが私腹を肥やし、日本から逃亡したのに「特権階級だから、特別に庇護されている」とみている。

 ゴーンは、支配層の象徴になっている。デモが過激化するとゴーンの命が危険にさらされる可能性がある」 (以上 日刊ゲンダイ)

遅過ぎる!新型ウイルス封じ込めで中国全土で厳戒態勢!

 【北京共同】中国で新型コロナウイルスによる肺炎が急拡大する中、中国政府は24日からの春節(旧正月)の大型連休に合わせ、封じ込めに向け全土で厳戒態勢に入った。

 習近平指導部は肺炎が発生した湖北省武漢市から出る航空便や列車を停止し事実上「封鎖」したが、帰省などで延べ30億人の大移動が見込まれ、拡大阻止は難航が予想される。

 岡田直樹官房副長官は23日の記者会見で、武漢市で日本人1人が重度の肺炎を発症し、入院していると明らかにした。新型肺炎かどうか確認中。

*********************

 去年12月に新型ウイルス感染者第一号が出たにもかかわらず、「事実」を隠し通し、放置したツケが回ってきた。

 今ごろになって厳戒態勢を強いても遅すぎる。

 24日からの春節を前に中国人は既に大移動を始めている。

 後手後手に回る習近平中国政府の感染対策。

 中国の死者はその後さらに増えて17人の上っている。

8ケタ数字の巨額が何度も振り込まれた河井案里・克行疑惑!

 驚くべき数字が並ぶ大金。通常ではあり得ない巨額が自民党本部から振り込まれた河井案里・克行疑惑。

 このカネが昨年7月の泥沼の参院選挙にどっと注ぎ込まれた。

 党本部、さらには安倍官邸を巻き込んだ不正選挙の疑い濃厚だ。 (敬称略)

******************
週刊文春がこう報じた。

 捜査当局はすでに通帳や経理担当者のメモなどを多数押収しているが、その中でも決定的な書類がある。事務所内で共有されていたとみられる“入出金記録”だ。

小誌が捜査関係者に接触を繰り返し、ついに入手したその写しには、驚くべき数字が並んでいた。

〈【第七】4月15日 15,000,000  5月20日 30,000,000  6月10日 30,000,000
 【第三】6月10日 45,000,000  6月27日 30,000,000〉
 
 第七とは自民党広島県参議員第七選挙区支部のことで、代表者は案里。

一方の第三は、克行が代表を務める自民党広島県第三選挙区支部。

つまり夫妻の政党支部に、参院選前のわずか3カ月間で計1億5000万円が振り込まれているのだ。

「党本部のお金は幹事長マターだが、河井陣営に1億5000万円も投下したのは安倍晋三の強い意向があってこそ。克行は安倍に近く、長く首相補佐官を務めていました。

広島選挙区で安倍と距離のあった自民党候補・溝手顕正に比べて、明らかに案里に肩入れしていました」(自民党関係者)

「週刊文春」の取材によれば、溝手に党本部から提供された選挙資金は、案里の10分の1だったという。

安倍内閣の中枢を直撃する大事件に発展する可能性!

 広島の「河井案里・克行疑惑」は安倍内閣の中枢を直撃する大事件に発展する可能性が出てきた。昨夏の参院選直前に自民党本部から河井側に1億5000万円が振り込まれていた。このカネが買収などに使われていたと見られている。   (敬称略)

***********************
河井夫婦の地元、広島の中国新聞が大々的に報じた。要約転載。

 自民党の河井案里(参院広島)が初当選した昨年7月の参院選の公示前、案里と夫の克行前法相(衆院広島3区)が支部長を務める二つの自民党支部に、党本部から計1億5千万円の資金が入っていたことが22日、分かった。

 広島選挙区で同様に党公認を得て議席を争い、落選した溝手顕正の10倍に当たる。

 ▽資金肩入れ浮き彫り
 自民党は広島選挙区で改選2議席の独占へ21年ぶりに2人を立て、全国屈指の激戦区となった。

案里事務所には公示前から安倍晋三首相(党総裁)の複数の秘書が出入りし、菅義偉官房長官が繰り返し応援に駆け付けるなど、政権中枢や党幹 部が当選を後押しした。それに加えて資金面でも手厚く肩入れしていた実態が浮かび上がった。

 関係者によると1億5千万円は、昨年4月から参院選公示前までの間、二つの党支部の口座に振り込まれた。克行が支部長の党広島県第三選挙区支部と、案里の党県参院選挙区第七支部で、1回の入金額が4500万円に達したケースもあったという。

 溝手が支部長の党県参院選挙区第二支部は、公示前に党本部から受けた資金は1500万円だった。内訳は公認料500万円、選挙対策費1千万円。

 広島選挙区は党県連の主流派が岸田派重鎮の溝手を支援し、官邸や党本部が案里を全面的に支えた。
 
 案里陣営は公示前の政治活動として、案里と菅の対談内容などを紹介する大量の印刷物を県内各地へ送ったり、経歴などを記した顔写真入りのカードを街頭で大量に配った。

 案里と安倍が並ぶポスターもあちこちに張られた。

 溝手など他陣営からは、これらの活動にかかる多額の資金の出どころをいぶかる声が出ていた。

 政治資金規正法では、政党から政党支部を含む政治団体への資金の移動は「寄付」として扱われ、年間の上限額はない。

詳しくはここをクリック
https://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=606614&comment_sub_id=0&category_id=256

女子高生のパンティーの中に指を突っ込んだ東大生!

 東大生も湧き上がる性欲には勝てなかったとみえて、こんな恥しいことをした。少なくともこれで、内定していた就職先はパーだ。

 そんな計算が出来ないとろこが偏差値優等生のバカなところだ。

 常識知らずに偏差値優等生が多いのはなぜなのか?

 あなたは知っている。

************************
日刊ゲンダイの記事である。


「痴漢です!」 被害に遭った女子高生(18)は勇気を振り絞り、通勤通学客で混み合う電車内で大声を上げ、周囲に助けを求めた。

 小田急電鉄の車内で女子生徒の下着に手を入れ、東大4年の宮下岳が強制わいせつの疑いで逮捕された。

 宮下は女子高生のスカートの中に手を忍ばせ、パンティーの中に指を突っ込んで陰部を触った。

 女子高生が被害を訴え、宮下が慌ててスカートの中から手を抜くのを正面に立っていた男性会社員(47)が目撃。

 宮下は登戸駅で電車から降り、逃走したため、男性会社員が「捕まえて」と、周囲に協力を求めた。

 たまたま車内に居合わせた帰宅途中の警視庁の男性警察官(28)が改札の外まで追いかけ、その場で宮下を取り押さえた。

 宮下は昨年と一昨年にも「痴漢」で逮捕されている。

詳しくはここをクリック
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/newsx/267877

アベノミクスの化けの皮!輸出・輸入とも3年ぶり減少!

私が警告した通り、政府が発表する指標は軒並みマイナスだ。これはまだ序の口。

消費税10%の波紋が広がるこれからが本番の不況が日本を襲う。  

日経によると、財務省が23日発表した2019年の貿易統計速報によると、輸出は前年比5.6%減の76兆9278億円だった。3年ぶりの減少となった。

輸入も3年ぶりの減少で、前年比5.0%減の78兆5716億円になった。

週刊誌に抜かれっ放し!完全に機能不全に陥った新聞!

 安倍政権下で腰が抜けてしまったのか新聞は完全に機能不全に陥っている。官憲の発表に慣れ、足で取材することを忘れたのか?

 このところ大事件で週刊誌に抜かれっ放しだ。

 読者のタレコミは新聞を通り越してみんな週刊誌に足が向く。

 それだけ新聞が「信用されていない」証拠である。

 新聞はなぜ、こんな「敗者」に落ちぶれてしまったのか?

 かつて「言論の府」と呼ばれ読者から信頼された面影はどこにもない。

 それにも拘わらず新聞社には反省の色がない。

 経営者から現場の記者まで危機感が全く感じられない。

 新聞社の統廃合はもう、避けられない。発表待ちの記者には「失業」が待つだけだ。

 今回も関係者のタレコミだと思うが週刊文春がスクープを放った。

*********************
〈週刊文春のスクープ〉

河井夫妻の公職選挙法違反の金は安倍首相マネー1億5000万円で安倍首相の秘書4人を派遣

買収の原資か 河井前法相夫妻「選挙資金」1億5千万円の「入出金記録」を入手した

新型ウイルスへの懸念から東京市場の株価急落!

23日の東京株式市場は新型ウイルスへの懸念から前場寄り付きから株価が急落。

日経平均株価は前日に比べ200円ほど安い2万3800円台前半で推移している。

日経によると、中国・武漢市は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、現地時間23日午前10時(日本時間午前11時)から公共交通機関の運行の停止を発表した。

市場では「日本は新型肺炎の感染源の中国に近く、感染拡大による景気悪化リスクが意識されている」(国内証券の投資情報担当者)との見方が出ている。

ゴーン被告が逃げ込んだレバノンが大荒れ!

 ゴーン被告が政府のつてを頼って逃げ込んだレバノンで反政府運動が日増しに激しくなっている。

 ゴーン被告はレバノンのほかに、フランスとブラジルの国籍を持っているが、フランスに行けばルノーの資金流用で拘束される恐れがある。

 思い切って南米ブラジルまで逃亡するか、だが、レバノンを無事脱出できるか問題だ。

 レバノンが無秩序状態だということをゴーン被告走っていたはずだ。それを承知でなぜレバノン政府を頼ったのか?

 ここしか逃げ込む場所がなかったのか?

*******************

 【カイロ共同】大規模反政府デモが続くレバノンの首都ベイルートで19日、デモ隊と治安部隊が衝突し負傷者は490人を超え、昨年10月のデモ開始以来、最悪の状態が続いている。

 衝突は中心部の国民議会近くで発生、「革命」と叫びながら投石などで抗議するデモ隊に対し、治安部隊が放水や催涙ガスで応じた。政府の腐敗に怒る市民も合流した。

中国新型ウイルスの重症患者さらに増え102人に、死者9人!

 NHKによると、中国で感染が拡大する新型のコロナウイルスによるとみられる肺炎について中国政府は、患者は440人に増え、死者は9人、症状が重い患者は102人に上ると発表しました。

 中国政府の専門家チームの医師も感染した疑いがあると伝えられ医療従事者の感染の予防も課題になっています。


 中国の国家衛生健康委員会によりますと21日までに感染が確認された患者は、武漢を含む湖北省で375人、広東省で26人、北京で10人、上海で9人など合わせて440人に上り、前の日より100人以上増えています。

安倍礼賛の「地方創生の好例」はもぬけの殻だった!

 安倍晋三が2020年の国会開会の冒頭からウソをついた。20日の施政方針演説で地方創生の好例として若者の移住推進策の中で紹介した島根県江津市の男性。実はとっくの昔に県外に転居していた。セミの抜け殻をセミと主張したようなものだ。お笑いだ。正月ボケがまだ続いているらしい。

 それにしてもよく平気でウソをつく。普通の人なら恥ずかしくて外を歩けない。

 だが、あれは根がバカなので「恥」という漢字が読めない。当然、意味など分かるわけがない。

 勉強嫌いで義務教育も満足に学校に行かなかったという。要するにアホだ。

***********************

 安倍晋三首相が20日の施政方針演説で地方創生の好事例として若者の移住推進策の中で紹介した島根県江津市の男性が、昨年末に県外に転居していたことが21日、市への取材で分かったと共同通信。

 首相は施政方針演説で、同市が進めてきた若者の起業支援に触れ、男性がパクチー栽培に取り組むため、東京から移住したことを紹介。市が農地を借りる交渉をして、地方創生交付金の活用で男性が資金の支援を受けたとした。

 男性の言葉を引用し、「地域ぐるみで若者のチャレンジを後押しする環境が移住の決め手となった」と述べた。
 
 ところが、江津市によると男性は昨年末に個人的な理由で関東地方に戻ったという。

安倍晋三の祖父、岸信介はCIA援助で首相になった!

 安倍晋三が「日米安保改定60年」で祖父自慢連発! ならば教えよう、岸信介がA級戦犯逃れるために米国の手先となった証拠、と銘打ってリテラがすぐれたレポートを明らかにした。

 本来ならば全文を転載したいが、すこぶる長文なのでフェイスブックの読者には酷である。

 多分、最後まで読破する精神力がないのではないか。

 そう思い、要点だけをここに掲載した。

全文を読みたい人はここをクリック
https://lite-ra.com/2020/01/post-5214.html

*********************
▼安倍晋三の祖父、岸信介はアヘンで大儲け!
 安倍晋三が愛してやまない祖父、岸信介は1945(昭和20)年9月15日にA級戦犯容疑で逮捕される。当時は誰もが岸は有罪とみていた。

 満州官僚時代に軍部と結託してアヘン取引に手を染め、関東軍をバックアップ。アヘン取引で得た巨万の富を戦費に回し、一部を政治資金として活用。軍国主義者の象徴といえる東条英機を首相にまで昇りつめさせた。

 さらには東条の片腕として商工大臣、軍需次官を務め、国家総動員体制、大東亜共栄圏の自給自足体制の確立を遂行するなど、辣腕を振るった。

 そんな岸を戦勝国が犯罪者リストから外すわけがない。

 にもかかわらず、岸は満州時代の盟友・東条英機の絞首刑が執行された翌日の1948(昭和23)年12月24日に不起訴処分で釈放された。

岸はなぜ、戦犯を逃れたのか。

 有名な「濾過器発言」にその片鱗が垣間見られる。岸は満州を離任する際、数人の後輩たちを前にこう語っている。

「政治資金は濾過器を通ったきれいなものを受け取らなければいけない。問題が起こったときは、その濾過器が事件となる。受け取った政治家はきれいな水を飲んでいるのだから、かかわりあいにならない」

 要は、「証拠を残すな」ということだ。嫌疑に対して敏感になれということでもある(実際、岸は東条内閣時代に書いた書類をすべて焼却してしまっている)。

 里見甫は「アヘン王」と呼ばれた陸軍の特務機関員で、上海を拠点にアヘン取引を仲介していた。岸とアヘンの関わりを調べる中で繰り返し出てくる名前でもある。

 里見の墓碑銘を揮毫したのが岸だ。里見はA級戦犯として逮捕されたが、不起訴となった。つまり、岸や里見は米国にアヘン情報を提供する見返りに戦犯訴追を免れた。

******************
▼悪の仲間、東条英機を裏切った岸信介
 もうひとつ、岸は戦争責任逃れるために東条英機を裏切った。

 満州の関東憲兵隊司令官だった東条英機が陸軍に戻り、陸軍大臣、首相へと上り詰める原動力になったのが、岸がアヘン取引で得た豊富な資金だった。

 岸は東条内閣の商工大臣として支え、戦争を主導した。ところが戦争末期に東条と対立し、内閣が崩壊。

 戦後の米国のアジア政策は、米国の国益を守ってくれそうな人物探しから始まる。韓国の李承晩、台湾の蒋介石、そして日本の岸信介にお鉢が回ってきた。

*******************
▼米国CIAの援助で首相になった岸信介
 将来の指導者をCIAが選んだ最初の国は日本だった。岸は、CIAの援助で首相の座にのぼりつめた。

 岸は米国によって選ばれ、米国の資金でつくられた首相だった。

 その岸がやった最大の仕事が日米安保条約の改定だ。

 こうした歴史を振り返ると、いま現在の安倍政権がやろうとしていることの謎が解けてくる。

 Q:安倍晋三はなぜ、集団的自衛権行使にあそこまでこだわったのか?
 A:おじいちゃんが不起訴の見返りに米国と約束したことだから。

 Q:安倍晋三はなぜ、日本国憲法を「みっともない」と毛嫌いするのか?
 A:おじいちゃんを助けてくれたG2と敵対する人たちがつくった憲法だから。

 Q:安倍晋三はなぜ、改憲しようとしているのか?
 A:それも、おじいちゃんが不起訴の見返りに米国と約束したことだから。

 Q:安倍晋三はなぜ、沖縄の「屈辱の日」をお祝いしようとするのか?
 A:おじいちゃんの公職追放がやっと解除された記念の日だから。

 Q:安倍晋三はなぜ、「侵略」や「おわび」や「反省」をためらうのか?
 A:あの戦争はおじいちゃんも深く関わった自存自衛の聖戦だから。


***************
▼集団自衛権行使も根元は岸信介
 そう。新安保法制も改憲も、すべては、おじいちゃん、岸信介とつながっているのだ。
 
 たった一人の政治家のグロテスクな“おじいちゃんコンプレックス”によって日本は今、国のかたちを大きく変え、米国の戦争に引きずり込まれようとしている。  (以上 リテラ)

政府主催の震災追悼式! 本当に来年最後でいいのか?

 政府主催の東日本大震災追悼式。官房長官の菅義偉は21日の会見で、発生から10年を迎える来年を最後とする方針を明らかにした。

 大地震に大津波、そこに東電人災の福島第一原発の水素爆発が重なった人類史上例がない悲劇に見舞われた「3・11」。

 その日本の悲劇に幕を閉じようというのか?

 全て片付いたのか? 被災地は元の姿に戻ったのか? 人々の暮らしはどうなのだ?

 被災者の皆さんは、それで納得するのか?

 私は承服できない。この歴史的大惨事は、私たち日本人が未来永劫、語り継いでいくべきだと考える。

 その思いを政府自身がへし折ることは許されない。

 今回の三重苦の悲劇。地震と津波は防ぎようがないが、フクイチ(東電福島第一原発)の放射能は違う。

 やるべき対策をやらなかった東電に責任がある。

 が、それ以上に罪重いのは安倍晋三である。

 あの時、この男がなにを言ったか?

 福島原発が世界を震撼させるような重大な事故を起こした最大の原因は、「バックアップ電源の喪失」である。もし、あの時に安倍がバックアップ電源の検証をして、海外並みに4系列に増やす対策を講じていたら、大惨事は起きなかった。

詳しくはここをクリック
「安倍晋三 もう一つの“大罪”」を忘れるな!
https://85280384.at.webry.info/201711/article_229.html

 その張本人が今また、政権を担っている。それが「10年で一区切り」だから追悼式をやめるなどは、尊い命を奪われた犠牲者に対する冒とくだ。断じて許せない。

 区切りなど付いていない。20年も、30年もやるべきだ。その責任が原発を安全だと国民をダマして推進した政府にはある。

 とりわけ安倍晋三の責任は重い。

桜を見る会の資料があった!ウソがばれた!

 内閣府は21日、首相主催の「桜を見る会」を巡り、規定の保存期間が過ぎ、廃棄対象だった2011~13年の関連文書が残っていたことを明らかにした。参院予算委員会の与野党筆頭理事に報告した。14~19年の招待者数の内訳を記した文書も新たに示した。 (以上 毎日新聞)

***********************
 残っていて当然だ。「ない」と言っていたのは、「ある」と言えば、安倍晋三一派による桜を見る会の私物化がバレるので、役人としては「言えなかった」だけだ。 言えば、左遷が待っている。

 官僚というものは会議やイベントの資料はその都度、記録して必ず残しておくものだ。問題が起きた際の自己保身のために残しておく。

 紛失した、消去したなどデタラメに決まっていると私はそう確信していた。

 ウソはいつかバレる。

詳しくはここをクリック
https://mainichi.jp/articles/20200121/k00/00m/010/300000c

慶大課長の女子トイレ盗撮映像に20人以上の姿!

慶応大学の塾長室秘書担当課長だった男が、盗撮の疑いで逮捕された事件で、男のカメラに残されていた映像と同じものが、自宅のパソコンからも見つかっていたことがわかった。

石原一章容疑者(49)は2018年12月、慶応大学の三田キャンパス内の女子トイレに小型カメラを設置して、女性を盗撮していた疑いが持たれている。

押収されたカメラには、20人以上の女性の映像があったが、同じものが自宅のパソコンからも見つかったという。

警視庁は、トイレに設置したカメラの映像をパソコンに転送していた可能性もあるとみて調べている。  (以上 フジテレビ)

ニュース録画はここをクリック
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200121-00010006-houdoukvq-soci

これほどの名訳はない!「ミスター・くその穴」

フェイスブックが習近平を「ミスター・くその穴」と訳した。

覇権主義を掲げる習近平に、これほどの名訳はない。


詳しくはここをクリック

習近平は「ミスター・くその穴」! フェイスブックが誤訳!
https://85280384.at.webry.info/202001/article_192.html

誤訳どころか21世紀最大の名訳!
https://85280384.at.webry.info/202001/article_200.html

新型ウイルスは中国、タイ、日本、韓国、台湾、フィリピン、そして米国!

 中国を発信源とする原因不明の新型ウイルス肺炎の患者は広がる一方だ。

 習近平政権の対応の鈍さが各国に新型ウイルスを「輸出」する結果となった。

 21日にはついに米国で患者が確認された。

 これまでに判明しただけでも新型ウイルス患者はタイ、日本、韓国、台湾、フィリピン、そして今回の米国と広がった。

 中国でナゾの新型ウイルス肺炎が見つかったのは昨年12月だった。

 湖北省武漢市で原因不明の肺炎患者が続出との情報がネット上で出回った。

 ところが、感染者が多く出ているとウワサされる武漢の海鮮市場は同月末も営業を続けていた。

 日本ではあり得ないことだが、中国当局は騒ぎを黙殺。その結果、新型ウイルス患者が増えて、やっと市場を閉鎖した。

 当局が手をこまねいていたことで新型ウイルスは、海外に飛び火。1月13日にはタイで中国人から新型ウイルスが確認された。16日には日本、20日には韓国と次々拡散していった。

 感染の深刻さを過小評価したり、肺炎に関する情報をネットに投稿した市民を処罰した。こうした初期対応の失敗が被害を大きくしたと言える。

 実際に中国国内では、事の重大性を認識せず対応が後手に回って事態を悪化させたと批判の声が上がり始めた。
 

中国の新型ウイルスがついに米国に上陸! 患者を確認! 

フィリピンに続いて今度は米国でも新型ウイルス患者が出た。中国当局の対応の鈍さが各国に新型ウイルスを「輸出」する結果となった。

************************

NHKによると、米国のCDC(疾病対策センター)は21日、西部ワシントン州に住む男性から新型のコロナウイルスが確認されたと発表しました。

米国で感染者が確認されるのは初めてです。

CDCなどによりますと、この男性は今月15日に中国・武漢から帰国し、体調不良で医療機関を受診しました。

その結果、症状や旅行歴などから新型コロナウイルスの感染が疑われたため、詳しく検査をしたところ、感染が確認されました。

男性は現在、州内の医療機関で隔離されて治療を受けていて、状態は安定しているということです。

CDCは旧正月の連休にあわせて中国からの旅行客が増えるのを前に、ニューヨークやサンフランシスコ、ロサンゼルスの3つの空港に加えて、新たにシカゴとアトランタの空港でも中国からの乗客に対する検疫態勢を強化することにしています。

中国・武漢発の新型ウイルスがフィリピンに飛び火!

 新型コロナウイルスによる肺炎で新たにフィリピンでも感染の疑い。21日の夜のニュースでテレビ朝日が伝えた。

 フィリピンの保健当局によると、感染の疑いが出たのは中国の武漢から12日にフィリピンのセブ島に到着した5歳の中国人の男の子。

 現在、精密検査の結果を待つため、セブ島の病院に入院している。武漢にいる時からすでに、せきや発熱などの症状が出ていたという。

 新型ウイルスは中国・武漢から各国に広がる気配だ。

象印マホービンに中国が触手! 社外取締役の選任要求

 日本が薄ぼんやりしていると、「気が付けば中国の植民地になっていた」ということにもなりかねない。

 共産中国は社会主義とは名ばかりで、実態は国家資本主義である。国と企業が一帯となって他国に進出。

 表向きの名称は欧米のような投資ファンドだが、資金的なバックは国家だからカネは腐るほどある。

 そのカネで「これは」と目を付けた会社を狙い撃ちにする。習近平はこの手口で中国企業を大きくしてきた。

 日本は島国だから、他国に比べ異常なほど警戒心が薄い。そのスキを中国は付いてくる。

 既に日本の優秀な工作機械会社が次々、中国に買収され、中国経済をけん引している。

 資源が乏しい日本はモノづくりで生きてきた。今、日本は政府が機能していないので危機だ。

****************************

 中国の家電大手、ギャランツの創業家が代表を務める投資ファンドは21日、象印マホービン(大阪市)の株式13・5%を取得したと明らかにし、象印に対し社外取締役の選任を求める株主提案を行ったと発表した。象印は提案を拒否。2月19日の株主総会に向け両者の動向に注目が集まっている。

 打開策として中国側は日銀出身で弁護士の長野聡氏(57)を社外取締役候補として提案。

 象印は今月14日の取締役会で反対を決議し、対抗案としてサントリーホールディングス副会長の鳥井信吾氏(67)を社外取締役候補とした。

詳しくはここをクリック
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200121-00000588-san-bus_all

やっぱり渋谷は大人が行くところではない!

 「銀座線、死ぬかと思った。動線が酷(ひど)すぎるよ!」

 「できることならもとに戻してほしい」  (以上 朝日)

*************************

 このように悪評タラタラなのが1月3日に開業した東京メトロ銀座線渋谷駅の新駅舎。

 人の流れが変わり、朝の通勤・通学時の混雑が前よりも、ひどくなったとの声が圧倒的だ。何のために改築したのか?

 10年ほど前に、渋谷の改造で井の頭線などとの乗り換えに時間がかかるようになった上に、通路は上がったり下ったりで大変だと聞いたのでそれ以来、渋谷にはなるべく、寄り付かないようにしている。

 別に渋谷に行かなくても池袋や新宿で十分用が足せるからだ。

 私が一番好きなのは銀座だ。ここは大人の街なのでほかの繁華街のような呼び込みも、派手なチラシ配りもない。店から外に向けた、鼓膜が張り裂けるようなマイク宣伝もない。もちろん、フーゾクなどは皆無だ。

 そんな、ケバクないところが私の好みだ。飲食店などは「世界のギンザ」だから高い。店に入らなければ問題ない。右に少し歩けば有楽町だ。左に進めば新橋。双方とも手ごろな値段で食事が出来る。老舗に店も多い。

 最近は中国人の貸し切り観光バスが銀座のメインストリートに列を作っているのが気になるくらいだ。

 そんなわけで10代、20代が大騒ぎをする渋谷は、大人には会わない。用もないのにスクランブル交差点を行ったり来たりして時間を潰して遊んでいるイカレタ外国の若者が少なくない。渋谷はただ騒がしいだけだ。食い物は総じてまずい。

 


弱ったのは新型ウイルスのワクチンがないことだ!

中国の保健当局は現在も新型ウイルスの起源を特定できず調査中だ。新型ウイルスは武漢の魚市場と関連しているとみられるが、ハッキリしたことは分かっていない。

「ヒトからヒトへの感染」を確認しており、武漢で治療にあたっていた医師や看護師ら医療関係者も15人感染した。

ロイターによると、WHOは動物が最初の感染源である可能性が最も高いとしている。

厄介なのは新型ウイルスのワクチンがないことである。

米国や、日本、タイ、シンガポール、韓国など多くのアジア諸国の空港当局は、武漢からの渡航者の検査を強化。

シンガポールは21日、肺炎患者で発症前の14日間に武漢への渡航歴のある個人に検疫を実施すると発表した。

WHOは、世界の医療機関に対し、感染防止と抑制に関する指針を出した。22日には国際的非常事態に当たるかどうか検討するため、緊急委員会の会合を開催する。

拡大!新型ウイルスの死者がさらに2人増えて計6人!

 中国国営中央テレビによると、武漢市では新型肺炎で新たに2人が死亡し、死者は計6人となった。政府の発表後、各省が個別発表した新たな患者数は、浙江省5人、上海市4人、天津市2人、河南省1人で、これらを加えた中国本土の患者数は300人を超えた。21日には台湾でも1人の感染が確認された。   (以上 時事通信)

*******************************

 2003年のSARSの時も、2012年のMERSの時もそうだったが、中国政府は事実を隠し通して、本当のことを公表しなかった。

 その結果、被害が拡大した。いまだに過去の経験から学ぼうとしない共産中国。

 隠しても真実はいつかはバレる。

 そんなことよりこれ以上被害が広がるのを止めることが重要だ。

武漢から持ち帰った新型ウイルス!今度は台湾で患者!

 武漢から持ち帰った新型ウイルスがアジア各国に波及している。今度は新たに台湾で見つかった。今のところウイルスの出どころは中国・武漢一か所だ。

 習近平中国は、これ以上広がらないよう対策を講じるべきだ。各国が迷惑している。

 中国に何年も滞在した人が私に言った。

 共産中国には元から「公共」という観念がない。カニやエビを食べた後で、殻を机の周りに投げ捨てる。それが「ウマカッタ」という証だ。恐れ入った。往生する。

 だから、ウイルスに感染したのは「運が悪かった」ということのようだ。とにかく話にならない。

 そういえば、謎の奇病と言われ、世界を震撼させた2003年のSARS(重症急性呼吸器症候群)や2012年のMERS(中東呼吸器症候群)も発生源はすべて中国だ。

 人肉以外は、ヘビでもトカゲでも何でも食う中国。何が起きても不思議ではない。

******************

 【台北時事】台湾の衛生当局は21日、中国で多発している新型のコロナウイルスによる肺炎患者を確認したと発表した。台湾で1例目となる。

 地元メディアによると、患者は中国湖北省武漢市に仕事で滞在していた55歳の女性。

 20日に中国から台湾に戻った際、発熱しており、空港の係員に自主申告して発覚した。

 女性は台湾の南部地域出身で、病院で隔離治療されている。

あの慶大でまた性犯罪が発覚!今回は女子トイレの盗撮!

 よくもまあ、何度も何度も慶応と言うところはセックス・スキャンダルで世間を騒がす学校だ。

 学生による集団強姦から始まって次から次だ。ちと、ひど過ぎる。

 今回は、よりによって塾長室の秘書課長による女子トイレの盗撮だ。みっともない話だ。

**********************

 慶応大学の職員が学内の女子トイレで盗撮をしたとして20日までに逮捕された。

 パソコンなどからは盗撮したとみられる動画が1000件以上見つかった。

 逮捕されたのは慶大の職員で塾長室秘書担当の課長だった石原一章(49)。

 警視庁の調べでおととし12月、東京 港区の慶応三田キャンパス内の女子トイレに忍び込み、小型カメラを設置して女性を盗撮した疑い。

詳しくはここをクリック
https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2020012001002308.html

予想通りの好発進!NHK大河ドラマ「麒麟がくる」!

 19日の日曜夜のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の初回平均視聴率は、関東地区で19・1%、関西地区で19・3%だった。

 私が言った通りの高視聴率だ。久しぶりに大河ドラマらしい番組だから、これからも人気が出よう。

 見ごたえがあるドラマは時間が経つのが早い。もっと見たかった。

 「麒麟がくる」を見た人は出演者の衣装に驚いたのではないか。

 主人公の明智光秀をはじめみんな派手だ。色彩が鮮やかである。それもそのはず。

 衣装担当は黒澤明の娘だ。思わず懐かしい絢爛豪華な黒澤映画が蘇ってきた。

 次回26日が待ち遠しい。

 

午後8時のスーパーに人だかり! そこで何が起きたか?

 安倍晋三の顔色をうかがいながら日銀(黒田総裁)が今の大規模な金融緩和策を維持することを決めた。

 消費税率の引き上げ後、駆け込み需要の反動が一部でみられるものの、景気は「基調としては緩やかに拡大している」と、これまでと同じ判断を示し、今後の動向を見極めることにした。

 どこが「景気が緩やかに拡大」しているのか? あなたの周り?の景気はいいか? 私の懐は毎日が「大寒」だ。

 景気がいいなら、もっと物が売れるはずだが、そんな声は聞こえてこない。

 5、6日前に夜、近所のスーパーに行った。大勢人が集まっている一角があったので「何だろう?」とそばに行った。

 午後8時を過ぎると、総菜が50%引き、肉や魚、寿司や弁当類も半額になるそうだ。それで、そこだけが混んでいたのである。

 これからも分かる通り、庶民はギリギリで生活している。「景気が拡大」などといい加減なことを言うものではない。

中国の新型ウイルス患者は増え続け数千人から1万人?!

 中国で死者が相次ぎ、中国以外のタイなどでも中国から訪れた中国人観光客患者が確認されている。

 英国の研究者らが17日、重症急性呼吸器症候群(SARS)に似た正体不明のウイルスの感染者は、中国の公式発表より多い1700人以上に上っている可能性があるとの見方を明らかにした。

 中国で17日以後も、患者数は増えており、日本や韓国でも中国人患者が見つかった。

 中国当局は明らかにしていないが患者は、武漢以外の北京や深圳にも飛び火しており、患者の数は増え続け数千人から1万人近いのでは、との見方が出ており、正体不明の新型ウイルスへの不安が広がっている。

ゴーンが逃げ込んだレバノンは無政府状態で銀行襲撃!

 ニューヨークタイムズによると、カルロス・ゴーンの逃亡先レバノンが政治・経済危機に揺れている。1月15日、首都ベイルートでデモ隊が治安部隊と衝突し、多数の負傷者が出た。

 その前日にはドルの預金引き出し制限に激怒した抗議者たちが銀行を襲撃したばかりだった(編集部注:1月18日、19日にもデモ隊と治安部隊の衝突があり、報道によれば、2日間で負傷者が490人超となっている)。

 反政府デモは10月半ばから続いているが、国民の怒りは銀行にも向けられている。

 金融危機を回避するため、多くの銀行が引き出しを月約1000ドルまでに制限しているからだ。

 預金者は自国通貨レバノンポンドでの取引を余儀なくされているが、同通貨は対ドルで急落。
 
 状況を複雑にしているのは、反政府デモの圧力により10月末にハリリ首相が辞任して以来、レバノンが無政府状態にあることだ。

 12月にディアブ元教育相が新首相に指名されたが、組閣には至っていない。

 一方で混乱の元凶であるハリリはデモを「受け入れ難い」と非難し、ベッリ国会議長はデモ隊の狙いは「国を破壊すること」と発言している。

  (以上 ニューヨークタイムズ)

**********************

 この中東の小国は、国籍も自由に売買されている魑魅魍魎の世界。

 国際的な詐欺師や、戦争で一儲けを企む輩など、得体の知れない連中が巣食って日夜、金儲けに奔走。

 おこぼれに預からない者には不満が高まり、一部の富裕層と結託する政府への攻撃が激しくなる一方だ。

 ふだんから無法地帯だから、「無政府状態」と、聞かされても別に驚くにはあたらない。

 ただ、間違っても、日本をこういう国にしてはならないと思うだけだ。

宿泊の無断キャンセル被害250万円!再発防止に徹底捜査を!

 ひどいことをするものだ。正月の宿泊予約を入れておきながら、無断キャンセル。

 電話をしたがつながらない。請求書をあて先に郵送したところ、該当者なしで戻ってきたという。被害額は約250万円に上った。

 私は前々から不思議に思っていた。予約の際、どうして代金の2割なり3割を予約手付金として取らないのか?と疑問だった。

 デタラメをしたら「損をする」と思えば、こんな不祥事は起きない。

 ただし、これは1軒や2軒では出来ない。ほかの宿に客を奪われるからだ。

 やるからには業界を挙げて取り組まねばならない。

 こういう時こそ観光庁が音頭を取るべきだ。

 旅館、ホテルが迷惑するだけでなく、予約したくても「満室」と言われて、宿が取れない客もいい迷惑だ。

 こういう犯罪は、再発を抑えるためにも徹底した捜査が必要だ。

*********************

 共同通信によると、栃木県の那須塩原市や日光市など温泉地の宿泊施設で1月、同じ名義人の宿泊予約の無断キャンセルが相次ぎ、少なくとも7施設で計約250万円の被害が出たことが分かった。

 いずれも同一男性とみられる人物が、高級な部屋で食事付きのプランなどを電話予約した。

 施設側は警察に相談中。被害施設の一つ、那須塩原市の旅館「湯守田中屋」が20日、取材に明らかにした。

 湯守田中屋は昨年8月に電話で、今年の1月2日に10人の宿泊予約を受け、無断キャンセルされた。

 部屋は最高級で露天風呂と食事が付き、被害額約36万円。

 朝日によると、宿泊予定日の2週間ほど前に電話をしたがつながらず、客は来なかった。

 後日、男性が告げた千葉県の住所に宿泊費約36万円の請求書を送ったが、戻って来たという。

菅官房長官は危機意識ゼロの「昼間の行灯」だった!

 三菱電機が大規模なサイバー攻撃を受け、防衛省の情報が盗まれた恐れがあるにもかかわらず、官房長官の菅義偉は20日の定例会見で、お決まりの常套句「引き続き注視していきたい」と応えた。

 まるで「人ごと」のような口ぶりだ。

 この人、内閣の大番頭。ということは日本で2番目の「偉い人」だ。それがこんなことでいいのか?

 日本の防衛の危機だというのに、のんびりと「引き続き注視していきたい」と気の抜けたビールのようなことを言うとは一体、どういうことなのか?

 抜け作もいいところだ。安倍政権は内閣の体をなしていない。こんな政権は見たことがない。危機意識がなさ過ぎだ。お粗末過ぎる。

 こんな無能者集団に日本を任せていいのか? 

 早く、まともな政権に戻さねば本当に日本が壊れてしまう。

関連投稿はここをクリック

三菱電機にサイバー攻撃 防衛情報流出恐れ!中国系か
https://85280384.at.webry.info/202001/article_207.html

三菱電機にサイバー攻撃 防衛情報流出恐れ!中国系か、

 日経によると、三菱電機は20日、大規模なサイバー攻撃を受け、個人情報や企業機密が外部に流出した可能性があると発表した。

 流出した情報には防衛や電力、鉄道などの社会インフラに関する情報や、取引先との製品の受注・開発に関する情報、幹部会議の資料などが含まれているもようだ。

 関係者によると、中国系のハッカー集団「Tick(ティック)」が関与した可能性がある。

 三菱電機は「(流出を確認するための)ログが消去されており実際に流出したかどうかの確認はできない」とし、一部が流出した恐れがあるという。

 同社によると、国内外のパソコン、サーバーの少なくとも数十台以上で不正に侵入された形跡が見つかった。

 不正アクセスされたデータ量は文書を中心に約200メガバイト。

 防衛省や原子力規制委員会、資源エネルギー庁などの官公庁に加え、電力や通信、JR・私鉄、自動車大手など国内外の企業に関する複数の情報が不正アクセスを受けた。  (以上 日経)

*****************************

 また、日本のガードの甘さが露呈した。

 今回は日本の防衛に関わる重大事だけに、真剣に原因究明に努めるべきだ。

 止まらない「情報の大量流出」ー。だから、私は安倍内閣を信用していないので、マイナンバーには登録しない。

 中国は国家ぐるみで「仮想敵国」に激しいサイバー攻撃を仕掛けている。

 こんな状況で習近平を国賓として招くとは気違い沙汰だ。私は絶対に反対。

中国の新型ウイルスで世界保健機関が「緊急事態」会議!

 中国当局は21日未明、新型ウイルスによる肺炎が、医師や看護師ら医療従事者14人に感染したと明らかにした。

 「人から人に感染」することを中国が初めて認めた。

 このため、帰省や旅行で人の往来が増える春節(旧正月)の連休(24~30日)に、さらに発症者が増えると警戒感を強めている。

 これを受けて、世界保健機関(WHO)は20日、新型肺炎が「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」に相当するかの判断などを協議するため、専門家による緊急委員会を22日に開催すると発表した。

「人から人に感染」を中国当局が確認! 恐怖の新型ウイルス!

 【北京共同】中国湖北省武漢市の衛生当局は21日未明、新型コロナウイルスによる肺炎で1人が19日に死亡していたと発表した。死者は4人目。

 中国国営メディアによると中国政府は20日、武漢市で発生した新型肺炎が、医療従事者14人にも感染したと明らかにした。

 人から人に感染するため、帰省や旅行で人の往来が増える春節(旧正月)の連休(24~30日)に、さらに発症者が増えるとの見通しも示した。  (以上 共同通信)

**************************
なぜ、手洗いが大事か?

 その中国から日本に大量にやってくる。感染しないように自分自身で注意するしかない。

 マスクとうがい。そして外出から帰ってきたら必ず石鹸で手をよく洗うことだ。

 あなたが、買い物に行き、品物を触る。店員をはじめ、ほかの人もそれを触っている。店のドアを開ける。そこでも手が触れる。

 電車やバスの乗り降りの際、小銭を取り出す。カードなどの決済でも機会に手が触れる。もちろんつり革、手すりを握ると…こんな塩梅で外の出ると意識しないうちに、いろんなものを触っているのだ。

 様々な接触感染症など、いろんな人がいて、お金をはじめいろんなものに手を触れる。そして、今回のような新型ウイルス。

 気が付かないだろうがあなたの手はバイキンだらけ。その手で、ミカンをむいて食べる? 菓子をつまんで食べる? だから手洗いが大事なのだ。

 

小笠原の西之島で大噴火!高度約1800mまで噴煙!

 共同通信によると、海上保安庁は20日、昨年12月に噴火を確認した東京・小笠原諸島の西之島を17日午後に上空から観測した結果、山頂にある中央火口の連続的噴火や灰色の噴煙が高度約1800メートルまで上がっていることを確認したと発表した。

 観測機に同乗した東京工業大火山流体研究センターの野上健治教授は「活動は一段と活発化している。大きな爆発的噴火が起きる可能性もある」と分析。海保や気象庁は、付近の船舶に注意を呼び掛けている。

関連投稿はここをクリック

アラスカの火山が大噴火! 噴煙の高さ9000m超!
https://85280384.at.webry.info/202001/article_202.html

唯一、希望が持てるのは山本太郎だけ!

 最新のNHKの政党支持率調査は以下の通り。

「自民党」が40.0%、
「公明党」が3.4%、
「日本維新の会」が1.6%、
「NHKから国民を守る党」が0.2%、

に対して

純粋野党の側は次の通りだ。

「立憲民主党」が5.4%、
「国民民主党」が0.9%、
「共産党」が2.9%、
「社民党」が0.7%、
「れいわ新選組」が0.2%、

全部合わせても10%にも満たない。

「特に支持している政党はない」が38.5%。

 ほかのマスコミも調査も、多様の誤差はあるが傾向はNHKとほとんど同じだ。

 安倍晋三を支える自民党が35%から40%前後を維持しているのに対し、野党はこの体たらく。

 こんな極端な結果を生んだ大きな理由に立憲と国民のゴタゴタがある。年から年中、一緒になる、ならない、を繰り返している。こんな光景を毎日、見せられたら有権者はたまったものではない。

 「アイツらは一体、何をやっているのか?いい加減にしろ」とあきれ返るのも無理はない。現に私もその1人だ。彼らは何のために議員になったのか目を疑う。

 こうした感情が積もり積もって、「あんなグータラな野党に政治は任せられない」と、消去法で自民党支持となった、と私は見ている。

 自民党および、その背後の安倍政権を支えているのは「立憲と国民のゴタゴタ」である。

 森友事件に加計疑惑、サクラ疑惑やカジノ汚職と疑惑まみれの安倍自民党なので、野党は解散・総選挙を要求すべきだ、と野次馬は囃す。

 バカは休み休みに言うものだ。そんな声を上げたなら安倍官邸は「ああ、そうですか。じゃ、解散しましょう」と2つ返事で応じるだろう。

 やれば絶対、自民圧勝、立憲、国民は壊滅的惨敗が分かっているからだ。いま、選挙をやって野党が勝つ理由がどこにある? あれば教えてもらいたい。

 野党で議席を伸ばすのは山本太郎の「れいわ新選組」ぐらいだろう。

 どうしようもないほどひどい政治が続く中でも、既成野党には支持が集まらないのである。だから何度、選挙をやっても結果は同じだ。

 左翼の支持者も「この現実」に顔を背けず、「なぜ、そうなるのか」を考えることだ。

 ハッキリ言おう。今の野党には魅力がないのだ。頼りにならない。期待のかけらも持てないのだ。このことを肝に銘ずべきだ。

 唯一、希望が持てるのは山本太郎だけである。

 だから私は太郎にこれからの人生をかけている。付和雷同の連中とは違う。本気だ。

アラスカの火山が大噴火! 噴煙の高さ9000m超!

このところ世界の大火山が、あっちでも、こっちでも大噴火を起こしている。

人間によってメチャクチャにされた地球が怒りを爆発させた。

オーストラリアでは日本列島全体の面積に匹敵するほどの面積を焼き尽くす勢いで炎が燃え広がっている。昨年7月から燃え続けている。

地球の異常、待ったなしである。

*************************

アラスカのシシャルディン山が大噴火!(AVO)
 
 日本時間20日午前11時ごろ、米アラスカ州アリューシャン列島のシシャルディン火山が噴火し、噴煙の高さが9000メートルを超えたと、米地質調査所(USGS)アラスカ火山観測所(AVO)が発表した。

 これを受けてアンカレッジの航空路火山灰情報センター(VAAC)は、航空カラーコードを危険度が最も高い「赤」に引き上げた。

昨夜も溶岩流

 活発な火山活動が続くシシャルディン山について、AVOは20日午前11時12分、噴煙の高さが9000メートルを超え、気流に運ばれて南東方向に向かって150キロ広がっていると発表した。

 シシャルディン山では昨夜にも溶岩流を伴う爆発が発生していて、このときは6000メートルを超える火柱が、90キロ離れたアラスカ半島の港町コールド・ベイからもはっきり見えたという。

詳しくはここをクリック
https://sp.hazardlab.jp/know/topics/detail/3/2/32781.html

「仁義」を忘れた立憲民主党は連合と心中するがいい!

 19日に告示の京都市長選挙で野党が共闘して自民党と戦うのかと思ったら、立憲、国民などは自公が推す候補をいっしょに応援するのだそうだ。

 一体、これはどういうことなのか? 

 立憲民主党幹事長の福山哲郎は京都が地元だ。党のナンバー2が自民党選対委員長の下村博文と並んで現職市長の出陣式でマイクを握っていて野党共闘が出来るのか?

 過去2回の国政選挙で立憲民主党は票が足らず、共産党から票を回してもらうなど応援してもらったのを忘れたか?立候補者の調整で共産党が候補者擁立を取りやめ立憲民主党に協力したのを忘れたのか?

 立憲民主党の「おいしいとこ取り」は許されない。

 こういうことをしては無党派の立憲離れが加速しよう。労働貴族の連合の票だけで当選できるのか?

 連合票の半分は自民党に流れている。連合は中味がスカスカだ。実体のない組織である。恩知らず、「仁義」を忘れた立憲民主党は連合と心中するがいい。しょせんは腐った政党である。

 現職候補の門川大作(自公、立憲、国民、社民推薦)。

 新人候補は弁護士の福山和人(共産、れいわ推薦)。

詳しくはここをクリック
https://tanakaryusaku.jp/2020/01/00022199

誤訳どころか21世紀最大の名訳!習近平は「ミスター・くその穴」!

 フェイスブックがミャンマー訪問中の習近平を、ビルマ語から英語への翻訳で「Mr Shithole(ミスター・くその穴)」と誤訳した件についての反応だ。

(原文のまま)

▼誤訳どころか、21世紀最大の名訳

▼誰が見ても、正しい翻訳だ

▼AIが「意思」を持った瞬間であった

▼AIを使って翻訳すると、人物の背景まで考慮するから必然的にこうなる。やっぱAIの方が物事を正しく見てるね

▼「中国の国家主席、Mr Shithole(ミスター・くその穴)が午後4時に到着」と発表され、続いて「中国の国家主席、Mr Shithole(ミスター・くその穴)が下院の芳名帳に記帳した」

▼お笑いの神様がここにも降臨中

▼どれだけ捻っても思いつかないようなネタが、現実で軽々と超えていくの恐ろしい

政治資金で飲食 麻生太郎は1年に2400万円!

 麻生太郎は政治資金で1年に2400万円も飲み食いに使っていた。浪費先は高級ホテルや料亭、会員制サロンなどだという。ふざけた話だ。

 日本の子どもの7人に1人が貧困、高齢者の5人に1人が貧困。母子家庭で働く母親の3人に1人が貧困。年収200万以下の非正規労働者が1000万人を超えている。

*********************

 東京新聞によると、安倍晋三内閣の閣僚三人の政治資金管理団体が2018年、飲食を伴う会合費として1000万円を超える政治資金を支出していたことが分かった。

 同年分の政治資金収支報告書で判明した。トップは麻生太郎副総理兼財務相の資金管理団体「素淮(そわい)会」の2400万円余りで、高級ホテルや料亭、会員制サロンなどに支出。閣僚の資金管理団体の中で突出していた。

 昨年九月発足の第四次安倍再改造内閣の首相・閣僚計二十人のうち、資金管理団体の収支報告書に飲食を伴う会合費を記載していたのは十一人。

 麻生氏の2462万円が突出し、次いで武田良太国家公安委員長兼防災担当相の1510万円、茂木敏充外相の1439万円。安倍首相は約434万円だった。

詳しくはここをクリック
https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2020012090070640.html

罪深き罪人、政治屋たちの「逃げ口」を塞げ!

19日朝のテレビ番組「サンデーモーニング」で若きコメンテーター、荻上チキがなかなかいいことを言った。

政治屋が「政治とカネ」で問題を起こしたら、判で押したように「捜査に支障があるので発言を控える」を繰り返す。

これは単なる「逃げ口上」で、国会議員が「真実を国民に説明をしたところで捜査に支障は出ない」とズバッと本質を突いた。ナットクである。

ブログ「伊達直人―4th」が発言を書き起こしてくれたので以下に引用させていただく。

********************

「『河合夫妻は捜査に支障があるからコメントを控える』と言っているじゃないですか、でも政治家が真実を国民に説明をしたところで捜査に支障は出ない。

あの本音というのは、捜査機関に本当のことを伝えられてしまうと『自分たちが損になるから喋りたくないです』ということ。

それをあたかも捜査機関のこと配慮していますというポーズを取ることによって、致し方ないでしょという。

こういったある種 建前的な言葉というものを、元の意味を大きくねじ曲げてまで使って発言機会をなるべく減らすということは、実はこの2人だけではなくて、この内閣そのものがこれまで様々な疑惑の度に行っいた。

だからそうした一つの問題を見逃してしまったから、その後も次々と似たような問題が出た時に言い逃れをしているという、そういったむしろ範を示してしまった。

ですので『説明責任』という言葉を使って『何かこれからやります』というような発言は信用はできない状況になってしまっている。

だから『しっかりと国会で具体的に集中審議をやります』とか、『検証委員会を作ります』とか、『(自民)党から1ヶ月以内に説明しなければ離党勧告を出します』とか、そうした期限と具体的なものを言うということをむしろ永田町(自民党・公明党安倍政権)には習慣づけてほしい」

録画はここをクリック
https://ameblo.jp/tigermaskfighter-4th/entry-12568213328.html

原因不明のウイルス患者は拡大の一途、中国でさらに死者!

【北京共同】中国の衛生当局は20日、新型コロナウイルスによる肺炎でまた、1人死亡したと発表した。これで死者は計3人となった。

 武漢の発症者は136人が新たに確認され、計198人になった。

 一方、中国メディアによると、北京市と広東省で20日までに計3人の発症を確認。武漢以外の中国での発症確認は初めて。中国全体の発症者は計201人に達した。

 中国は24日から春節(旧正月)で人の移動が激しくなっており、各地で発症者が相次いで見つかる恐れもある。

**********************

 中国は数年前に新型ウイルスのサーズやマーズが発生した時もそうだったが、正確な情報を公開しない。だから患者が拡大した。

 今回も同様だ。どこまで広がっているか不明のままだ。

 春節の大型連休を利用して、日本にも大挙して中国人がやってくるので要注意だ。

人々が待ち望んだ「令和の麒麟」は山本太郎だ!

 NHKの大河ドラマ「麒麟がくる」が19日、始まった。私が大河ドラマを観るのは、東日本大震災の被災地、福島の応援を兼ねて2013年に放映された綾瀬はるか主演の「八重の桜」以来、7年ぶりである。

 日曜の夜に観る大河ドラマは、何といっても「武将もの」に限る。登場人物の衣装も豪華絢爛だし、映像に迫力が出るからだ。、

 今回の主役は「明智光秀」(長谷川博己)だというので観たくなった。

 私は前々から「明智光秀」になぜか心惹かれた。あれほど主君、織田信長に献身的に尽くしたにもかかわらず、冷遇され、足蹴にされる。権力をかさに着た「いじめ」である。だから、信長は好きになれなかった。

 そうした中で「いだてん」が散々だったNHKが、起死回生を期して「明智光秀」を取り上げるというので「これは観なくては」とテレビの前に陣取った。

 長谷川博己という俳優は知らなかったが、第1回を見た限り、合格点だ。ドラマは、主演はもとより脇を固める役者がしっかりしていると光る。脇の良し悪しで作品が決まりと言っても過言ではない。

 その点、今回は斎藤道三に本木雅弘、松永久秀に吉田鋼太郎と名うての演技派をそろえた。語りが市川海老蔵というのもいい。光秀の母に歌手の石川さゆりが登場したのには驚いた。

 「荒廃した世を立て直し、民を飢えや戦乱の苦しみから解放してくれるのは、誰なのか……そして、麒麟はいつ、来るのか?」このNHKの一文に山本太郎を連想した。

 人々が待ち望んだ「令和の麒麟」は山本太郎ではないか。

詳しくはここをクリック
https://www.nhk.or.jp/kirin/about/index.html

不況の前兆!経済指標はどれも軒並み下降線!

 共同通信が昨年11月~今年1月に実施した全国自治体アンケートによると、1年前と比べた景況感が「下降している」と答えた市区町村は21%で「上向いている」は11%だった。

 景況感に影響した要因を尋ねたところ「下降」と答えた市区町村では「人手不足」が62%でトップ。次いで「人口減少」43%、「自然災害」30%が上位を占めた。

***********************

 最近の経済指標はどれも軒並み下降線をたどっている。

 安倍晋三が盛んに宣伝するアベノミクスが「張り子のトラ」であることがはっきりした。

 安倍政権は東京五輪は是が非でも無事に乗り切りたいとしているが、終わった途端、堰を切ったように不況の嵐が日本列島を襲おう。

旧民主党系と自民党が仲良く勢ぞろい!京都市長選挙

 仲睦まじさに驚く。西田昌司・自民党京都府連会長、伊吹文明・元衆院議長、福山哲郎・立憲幹事長、前原誠司・元民主党代表。妙に納得のいく4ショットだ。=19日、京都市内 撮影:田中龍作=

この写真がすべてを物語る。
http://www.asyura2.com/20/senkyo269/msg/110.html

 2月2日投票の京都市長選挙。

 現職候補の門川大作を自公、立憲、国民、社民が推薦。

 新人候補の弁護士、福山和人を共産、れいわが推薦。

 事実上の一騎打ちだ。

 長らく京都の選挙は「共産VS非共産」だった。 

 ここにクサビを打ち込んだのが山本太郎率いる「れいわ新選組」だ。

 今回の市長選挙は2008年の選挙の再現といわれている。この選挙では、共産党系の候補が951票差で門川に敗れた。

 ところが今回は共産党系に れいわ が乗る。昨夏の参院選で れいわ が京都市で獲得した票は2万9,656票。

 この選挙で現職が破れたら、中央政治を直撃しよう。

民主主義への弾圧をやめない習近平中国の醜さ!

 時事通信によると、反政府抗議活動が続く香港で19日、市民への「迫害」を続ける香港政府や警察に対する国際社会の「制裁」を求め、デモが行われた。

 警察はデモ実施を許可しなかったが、香港島中心部の公園で行われた抗議集会の参加者が車道にあふれ出す形で、デモ行進に移行した。

 警察は排除に当たって催涙弾を使用した。

***********************

 香港政府をけしかけているのが共産中国だ。昨年の香港、今年の台湾の選挙で相次ぎ、中国共産党の独裁にハッキリと反対の意思が表明された。

 それにもかかわらず、共産中国は民主派への弾圧を続ける。こうした習近平の暴力を世界が批判。

習近平は「ミスター・くその穴」! フェイスブックが誤訳!

 【AFP=時事】米フェイスブックは18日、盛んに喧伝されている中国の習近平(Xi Jinping)国家主席のミャンマー訪問中、ビルマ語から英語への翻訳で習主席の名前が「Mr Shithole(ミスター・くその穴)」と誤訳していたことを謝罪した。

  この誤訳は、ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問の公式ページでとりわけ顕著に見られた。

  「中国の国家主席、Mr Shithole(ミスター・くその穴)が午後4時に到着」

  「中国の国家主席、Mr Shithole(ミスター・くその穴)が下院の芳名帳に記帳した」

  世界に20億人以上のユーザーを持つフェイスブックだが、中国では規制されている。

詳しくはここをクリック
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200119-00000003-jij_afp-int

*************************

 現実にこんなことってあるのだ。いや、愉快だ。

 チベットやウイグル、香港で習近平がやっていることを考えると、これほどピッタリはまる表現はない。

 

「米を再び寛容な社会に」全米各地でトランプ抗議の女性デモ!

 やはり米国は民主主義の国だ。全米各地でトランプに反対する女性デモが繰り広げられ、「米を再び寛容な社会に」と声を上げた。ロサンゼルスのデモには数万人が集結した。

 なぜ、日本では国家を私物化する低能児・安倍晋三に対する全国的な抗議が起きないのか?

 米国は「独立戦争」を経て民主主義を勝ち取った。

 日本は敗戦で米国から民主主義を「いただいた」ので、民主主義の大事さが分かっていない者が圧倒的に多い。

 民主主義とは教科書に出てくる言葉、程度の理解しかない。それが平均的な日本人のレベルだ。

 民度が低すぎる。民主主義に無関心な、バカばかり。

**********************

 【ロサンゼルス共同】トランプ米大統領が20日に就任3年を迎えるのに合わせ、米国の主要都市で18日、女性の権利確立を訴え、政権の排外的な政策に抗議するデモ「女性大行進」が行われた。開催は4年連続。

 参加者は「もうたくさんだ」「米国を再び寛容に」などと書かれたプラカードを掲げ、「分断はさせない」と声を上げながら街頭を練り歩いた。

 ロサンゼルスのデモには数万人が集結し、中心部の公園から市庁舎に向かう1キロ余りを行進した。

 ウクライナ疑惑が浮上するトランプ氏弾劾の必要性や11月の大統領選への投票を呼び掛ける訴えが目立った。ベビーカーを押す家族連れや男性の姿も。

写真はここをクリック
https://this.kiji.is/591391089122002017?c=39546741839462401

日本も要警戒!中国の新型ウイルス患者は拡大の一途!

原因不明の新型ウイルスの感染が広がる中で、中国当局は19日、新たに17人の発症が確認され、中国で感染した患者は62人になったと発表した。これまでに2人が死亡し、8人が依然、重症だ。

一方、香港メディアは、上海や南部の広東省でも3人が感染した疑いがあると伝えた。武漢以外にも広がっている。

タイでも中国人2人が感染。日本でも中国から戻ってきた中国人男性が感染していた。

中国は今月24日から旧正月の「春節」にあわせた大型連休が始まる。日本にも大量の中国人が押し寄せる。

感染しないよう警戒が必要だ。

韓国紙が文在寅大統領の検察幹部「粛清人事」を非難!

 韓国の有力紙、朝鮮日報は、文政権を捜査する「尹錫悦師団」を大虐殺と銘打って、韓国政府が断行した「粛清人事」を激しく批判した。

 文在寅が、ここまで極端な手を使ったのは、在任期間があと2年余りと迫った中で、歴代大統領と同様に政権末期に、自身の不正疑惑に捜査の手が伸びるのを恐れたためと見られている。

**********************
朝鮮日報がこう言った。

 韓国政府は文在寅政権に近い不正を追及してきた尹錫悦検察総長の参謀陣を「完全解体」するに等しい強行人事を断行した。

 今回の異動によって、これまで青瓦台と与党勢力に対する捜査を担当してきた検察の指揮系統の幹部らは大半が地方にばらばらに分散した。

 法曹界と検察内部からは、明らかな捜査妨害であり、報復人事だ、とする批判が出ている。文政権は、法令に規定された検察総長の意見聴取手続きを無視し、検察人事を強行した脱法行為論争も浮上した。

文政権は
 1、チョ・グク前法務部長官一家の不正や青瓦台による監察もみ消し事件の捜査を指揮していた韓東勲大検察庁反腐敗・強力犯罪部長を釜山高検次長に、

 2、青瓦台による蔚山市長選挙介入疑惑事件の捜査を指揮してきた朴チャンホ大検察庁公共捜査部長を済州地検長にそれぞれ異動させた。

2人はいずれも尹検察総長の側近に当たる参謀だ。

詳しくはここをクリック
http://hitonoumi.hatenablog.jp/entry/2020/01/10/033337

大火災のオーストラリアで中国企業が地下水汲み上げ、深刻な水不足!

 日本列島の半分が焼き尽くされたオーストラリアで、中国企業が地下水を汲み上げ、深刻な水不足に陥っているという。

 そんなバカな、とわが目を疑った。

 だが、事実だった。中国はひどいことをする。乾燥が続くオーストラリアは緊急事態が続いている。それを尻目に「地下水を汲み上げる」とは、人間のすることではない。

 信じられないような非道である。

********************
大紀元が緊急報道した。

 干ばつと山火事の被害に見舞われるオーストラリア。水の希少価値が高まるなか、クイーンズランド州の農村部は、中国企業による地下水の汲み上げで、深刻な水不足に陥っている。

 豪ABCの取材に応じた農家のオデアさんは、水不足のためにほとんどの牛を処分したという。一家は五世代にわたり酪農を営んできた。「非常に厳しい状況だ。(資源は)何十年にも渡り育てなければならない。地下水は枯れ、湧き水や小川に頼っている。酷いタイミングで悪臭を放つ」

詳しくはここをクリック
https://www.epochtimes.jp/p/2020/01/50775.html

日本共産党が大国主義・覇権主義は世界に逆流と中国非難!

 時事通信によると、共産党は18日午前、静岡県熱海市で開催中の第28回党大会で、覇権主義を強める中国を批判した党綱領への改定を全会一致で決定した。

 綱領改定は04年以来。志位和夫委員長は採択に先立ち登壇し、中国共産党について「人権侵害」に触れた上で「その行動は社会主義と無縁で、共産党の名に値しない」と厳しく指摘した。

 改定綱領は、中国への名指しは避けつつ「いくつかの大国で強まる大国主義・覇権主義は世界の平和と進歩への逆流となっている」と習近平中国を念頭に非難した。

日本の半分焼失し、さらに広がるオーストラリアの大火災!

 オーストラリアは、雨が降ったというので鎮火するのではと期待したが、大火災はさらに広がっているという。

 日本の半分が焼失したというから、尋常ではない。

 コアラなどオーストラリア特有の動物が10億匹以上焼け死んだ・・・。

*********************
NHKが伝えた。

 森林火災による被害が続くオーストラリアでは南東部の一部の地域で雨が降っていますが、依然として広い範囲で火の勢いは収まっていません。

 現地では3月にかけて気温が高く乾燥した状態が予想され、火災がさらに長引くおそれがあることから、消防当局が警戒を続けています。

 オーストラリアでは南東部を中心に各地で火災が相次いでいて、去年7月からこれまでに日本の面積の半分近くにあたる17万平方キロメートル以上の森林や農地が消失するなど、広範囲にわたって被害が確認されています。

現場写真など詳しくはここをクリック
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200118/k10012250561000.html

私たちは骨の髄までしゃぶりつくされる!

 安倍政権「御用達」の読売が報じた「預貯金口座とマイナンバー連結義務化検討」との記事に対して、「怖すぎる政策。これはお金持ちも反発するのでは」とのコメントがあった。

 なんの、なんの心配ご無用。戦前を思い出せばよく分かる。庶民は鍋や釜まで供出し、食うものも食わずひもじい日々を送っていた。

 ところが戦争でぼろ儲けした連中は連日、料亭で軍幹部や政府の役人とドンチャン騒ぎ。戦時下では絶対手に入らないはずの日本酒も飲み放題。政権や軍部に食い込んで大儲けした政商たちだ。三井、三菱、住友、古河、鴻池などの政商である。

 ことほど左様に、お金持ちは反発するどころか、金儲けにかけては天下一品の連中だから、その前にちゃんと手を打っているはずだ。

 こういう時のために、日ごろから自民党に大金を献金している。「鼻薬」が効かないでどうする。蛇(じゃ)の道は蛇(へび)である。

 お金持ちにはもうひとつ、こういう手口がある。ケイマン諸島などでのタックスヘイブンだ。どれだけ巨額の資金を預けても「秘密は守られる」から安心だ。

 タックスヘイブンで有名なのはカネの亡者で有名なユニクロ創業者の柳井正だ。

 これでお分かりの通り、「預貯金口座とマイナンバー連結」の標的は私たち庶民だ。

 鬼のような安倍政権によって私たちは、骨の髄までしゃぶりつくされるのか。

中国人女性の「狙い目」は現役の自衛隊員!

 新しいデータが見つからないので2013年の資料から引用する。自衛官の妻で中国籍を持つ者が約600人という。今では3倍以上、2000人前後まで増えているのではないかと専門家は指摘する。

 国際結婚は時代の流れだから望ましいことだが、必ずしも喜んでばかりはおれない。共産中国は今も激しい反日教育を小学校から一貫して行っているからだ。

 定期購読雑誌の「選択」がこう伝えた。 まるで007のスパイ大作戦もどきである。これぞ、「くのいち忍法」!

********************

 しかし、防衛省OBは「(約600人の数字は)実態を反映していない」と語る。

 2007年1月、神奈川県横須賀市の海上自衛隊第一護衛隊群に所属する二等海曹がイージス艦情報を含む「特別防衛秘密」を持ち出し、自宅のフロッピーディスクと大容量のハードディスクに保存。

 その妻が中国人で不法滞在者だったことが発覚の端緒となり、神奈川県警と海自警務隊が捜索を行うという事件があった。

 この事件後、自衛隊はすべての隊員に定期的な身上調査で、これまで名前だけだった配偶者の国籍も明記するよう変更した。

 特に中国人と結婚した隊員は防衛機密と全く関係のない任務にしか就けないようになった。

 しかし、これも「自主申告」であり、隊員が情報関係の任務を希望した場合、ウソの申告をする可能性は捨て切れない」(自衛隊OB)。

 また、中国人妻が、「内縁の妻だった場合は調査から漏れる」というから抜け道だらけだ。

 さらに自衛隊にとって盲点になっているのは、情報本部の専門職員の採用と、幹部隊員を養成する防衛大学校の入学生だ。

 ここに親が中国籍の人間が実際に潜入していると言われており、日本の防衛機密は危機に瀕している。  (以上 雑誌「選択」)

要警戒!自衛官の偽装IDカードを持つ中国人を逮捕!

 陸上自衛官のIDカードを中国で偽造したとして、中国籍の王詩超(23)が有印公文書偽造の疑いで警視庁公安部に逮捕された。

 王詩超は去年10月に東京・世田谷区の路上で職務質問を受けた際、偽造IDカード2枚を所持。顔写真は王容疑者のもので、防衛省の調べでは氏名の欄には、陸上自衛隊には実在しない人物の名前が記載されていた。  (以上 TBS系のJNN)

***********************

 これはたまたま発覚しただけで、国家ぐるみの中国による自衛隊への浸透は相当進んでいるとみていい。

 脇が甘い日本は、彼らの格好の餌食になっている。

謎のウイルス拡大の一途! 中国で新たに4人発症!

中国 で次々発覚する謎の新型ウイルス肺炎。新たに4人が発症した。武漢の保健当局が18日、明らかにした。

これまでに2人が死亡し、5人が重症になっている。

タイでも武漢から観光で訪れた中国人女性2人の感染が確認された。

日本では武漢に渡航していた神奈川県に住む中国籍の男性が、日本に戻って肺炎の症状を訴え、新型コロナウイルスへの感染が確認された。

中国では、今月24日から旧正月の「春節」にあわせた7日間の大型連休が始まる。

日本にも大量の中国人が押し寄せてくる。

NHKによると、中国のネット上では「どうして中国では武漢以外、一例もないのか?」などの疑問の声。

さらに「データは隠さないほうがいい」「政府のニュースは信じられない」など、当局の発表に疑いを投げかける。

中国当局はこうした書き込みを削除するなど、情報統制を強化している。

中国は、本当のことを明らかにしないからコワイのだ。

小泉進次郎の頭の中は彼岸花の狂い咲き!

 政治家に子供が生まれたと言って、かつて日本でニュースになったことがあっただろうか? 

 バカバカしい。 あるわけがない。

 小泉進次郎の子を宿した滝クリが、男の子を生んだと言ってテレビはニュース速報!を流した。イカレテイルとしか言いようがない。

 英国王室の王子誕生ならいざ知らず、たかが能無し議員の個人的な出来事だ。

 この能無し議員、小泉進次郎は妻子ある女性と都内や軽井沢のホテルで情事を重ね、人妻不倫が発覚した際、「個人の事柄」と称してマスコミの取材を拒否した。

 滝クリに孕ませた男児の出産は「個人の事柄」ではないのか? 

 朝日によると、今回もわざわざ首相官邸で朝日の記者に「誕生」を明らかにしたという。小泉進次郎は何様のつもりか?

 セガレの誕生は、官邸で記者に語る話なのか? 

 小泉進次郎の頭の中は彼岸花の狂い咲きか?

「死刑やむなし」が80・8%! 建前に過ぎない廃止論!

 内閣府は17日、死刑制度の賛否に関する世論調査結果を発表した。「死刑もやむを得ない」と容認した人は80・8%を占めた。「廃止すべきだ」は9・0%だった。

 複数回答で理由は、「廃止すれば被害者や家族の気持ちが収まらない」が最多の56・6%で、「凶悪犯罪は命をもって償うべきだ」の53・6%が続いた。

 死刑廃止論者は声が大きいので、日本全体が廃止に傾いたかの錯覚を与える。

 だが、実態は、日本人の大半が死刑制度はなくすべきではないと考えている。真っ当な考えだと私も思う。

 建前論でキレイゴトを言う者に5、6年前に聞いてみた。

 自分の妻や幼い娘までが強盗に犯されたうえに首を絞められ殺された。証拠を消すために自宅に火を放ち、後にローンだけを残して姿をくらました。

 こんなことになっても、「死刑は廃止すべき」と胸を張って言えるのか、と聞いたところ、「仮定の話には答えられない」と逃げた。

 「廃止」に自信があるなら、堂々と「それでも私は廃止すべきだ」と言えばいいが、身内のこととなると、話は別のようだ。

 他人のことなら「廃止だ、廃止だ」とけしかける。こんな無責任は許されるべきではない。

 結局、廃止論者の多くは「派手にカッコよく叫びたい」だけ。単なる有象無象に過ぎない。

 世間には、こういういい加減なのが多すぎる。

小泉進次郎はやることなすことすべてが中途半端!

 ブログ「日々雑感」がいいことを言った。2週間程度で本当の育休と言えるのか?小泉進次郎はやることなすことすべてが中途半端。

 「目立つことが好き」な小泉進次郎は決して政治家にしてはならない。むしろお笑い芸人に適している、と斬って捨てた。この意見に賛同だ。

**********************
ブログ「日々雑感」を以下に要約添付する。

全文はここをクリック
https://okita2212.blogspot.com/2020/01/blog-post_18.html

 夫が「育児休暇」を取るべき、との論調が日本のマスメディアに溢れている。小泉が妻の出産を機に二週間程度の「育児休暇」をとることに賛同の嵐だ。

 しかし、いかがなものだろうか。

 なぜ臨時的に小泉は環境相を退任して、代役を選定して「育児休暇」をとる措置をとらなかったのだろうか。

 「育児休暇」は公務をこなしながら、片手間にチョイチョイッと出来る程度のものだとでも考えているのだろうか。そうだとしたら、むしろそのことの方が「育児」を小馬鹿にしてはいないだろうか。

 安倍晋三は組閣前に小泉が結婚報告と同時に彼の妻が懐妊していることを知らされていた。それでも敢えて小泉を環境相に任命した。

 環境相は国家の大事には関係ない、とでも思っていたのだろうか。

 小泉は「二週間程度だから」と公務に影響ないかのような発言をしているが、育児休暇がたったの二週間とは呆れる。

 少なくとも離乳するまで、母親の負担は相当なものだ。もちろん独り立ちするまで、子の育成は目が離せない。二週間程度の短期休暇を「育休」と騒ぐ方がどうかしている。

 すべてにおいて小泉は中途半端だ。その程度の「休暇」ならことさら「育児休暇」などと表明すべきではなかった。

 この人は中身よりも「目立つことが好き」な御仁のようだ。

 決して政治家にしてはならない、むしろお笑い芸人に適している人物ではないだろうか。

小泉進次郎のセガレは日本の王子か?大々的報道の異常!

 「小泉進次郎環境相(38)と妻でフリーアナウンサーの滝川クリステルさん(42)の間に17日、第1子が誕生したことがわかった。同日朝、小泉氏が首相官邸で明らかにした」と朝日。

 お祭り騒ぎのテレビのほか、新聞各紙も一斉に誕生を報道した。皇太子のご誕生でもない、「ポエム」にいちゃんとタレントとの間に生まれた子供のことを写真付きで大々的に報道する必要がどこにあるのか?

 小泉進次郎なる人物が特別に日本にとって必要な男ならいざ知らず、女狂いの末の「できちゃった婚」ではないか。むしろ恥ずべきことだ。

 節操のないマスコミが、こうして巧みに大衆を「洗脳」し、小泉進次郎を近い将来の総理総裁候補の祭り上げようとしている。

 小泉進次郎へのヨイショは、大臣になってメッキが剥がれ落ち、収まったかに見えた。

 が、若き日本のエース・山本太郎に対抗するには石破茂や岸田では「齢を取り過ぎて勝ち目がない」と判断したのか、揺り戻した。

 海部俊樹を首相に担いだ小沢一郎が「神輿は軽いほうがいい」と言ったが、ウスノロの方が扱いやすいのは確かだ。

 当分、ワイドショーは「小泉進次郎の第1子」で持ち切りだろう。そのたびに「小泉進次郎」の名前が繰り返され、市民に浸透していく。

 この調子では小泉進次郎が安倍の後釜に座るのではないか? 全て決めるのは国民だ。 それでいいのか?

「検事総長」人事が絡み、検察現場が俄然やる気!

 われわれの税金から高額の報酬(給料)を受け取りながら2カ月以上も国会をさぼり、雲隠れした全法相の河井克行と参院議員で妻の案里。ウグイス嬢疑惑ばかりか、新たな疑惑が次々と暴露され、覚悟を決める時期が近付いた。

 この状況に鼻息が荒くなっているのが、昨夏の参院選の広島選挙区で案里に敗れた溝手顕正。

 そこに加えて「検事総長」人事が絡んでいると日刊ゲンダイが興味ある記事を書いた。

************************

 男性運動員の口座に約86万円の報酬が振り込まれた一件で、案里が当選無効になれば、早ければ4月に補欠選挙が実施されることになる。溝手はそこで雪辱を果たす気満々だ。

 そもそも、溝手の『牙城』だった広島選挙区(2人区)に案里を2人目候補として送り込んだのは、官邸周辺。

 溝手は過去に安倍首相を猛批判し、首相の恨みを買った。

 何としてでも返り咲きたい溝手サイドは、案里事務所から違法な報酬を受けたウグイス嬢らを“囲っている”との情報もある。多くの『証言』を得ている可能性もあると地元関係者。

 溝手サイドから強い“材料”を提供されれば、検察は動かざるを得ないというわけだ。

 加えて検察を本気にさせているのが、組織内部の“お家事情”である。

 「官邸は次の検事総長に“コントロール”が利く黒川弘務東京高検検事長を据えたい意向だった。

 ところが、ある問題でその目はなくなったようだ。検察庁法の規定で、検事長以下のポストは定年が63歳。

 黒川は2月8日に63歳を迎える前に検事総長に就任しておかなければならないが、現職の稲田伸夫検事総長に退任の気配がない。

 稲田は次期検事総長に、林真琴名古屋高検検事長を充てる意向を持っているというから、このままでは黒川は退官が確実。

 現場は『反黒川』を示すため容赦なくバッジ捜査に動いているとみられている。官邸の意向を気にすることなく、法に従って捜査を進めることができるというわけです」と司法記者。  (以上 日刊ゲンダイ)

絶体絶命の河井案里はもう逃げられない!逮捕の恐れ!

 朝日や読売を尻目に日刊ゲンダイの快進撃が続いている。

 河井克行前法相と案里参院議員夫妻が昨年の参院選で違法な報酬疑惑で新たな事実が発覚した。

 運動員の口座に約86万円の報酬が振り込まれたというのだ。

 振り込み履歴が残っていたらもう逃げられない。

 地獄の釜がふたを開けて待っている。

 案里は逮捕され、「連座制」が適用されて当選無効となる恐れがある。

*****************
日刊ゲンダイがこう書いた。

 広島地検は15日、河井夫妻の地元事務所の家宅捜索に入ったが、それにとどまらず、夫妻の自宅や案里の秘書2人の自宅など、少なくとも計6カ所ガサ入れしたことが判明。克行の実家にまで入ったというから、本気でやる構えだ。

 「夫妻側は選挙中、ウグイス嬢に公職選挙法の規定を超える報酬を支払ったと指摘されているが、検察の“本丸”は別にあるようだ。案里が代表を務める自民党支部から男性運動員の口座に約86万円の報酬が振り込まれた一件です」(司法記者)

 案里の支部は、陣営の一員として選挙に関わった男性運動員に約86万円を拠出。男性は受領を認めている。公選法は、ウグイス嬢など単純な労務を担う事務員を除き、ビラ配りなどに従事する選挙運動員への報酬支払いを禁じている。

 「男性への報酬は公選法違反が濃厚。ウグイス嬢がらみの疑惑より、こちらの方が振り込み履歴などの『物証』があるので、検察にとって立件しやすい案件」(司法記者)なのだという。

 支部の会計責任者らの買収行為が有罪確定すれば、案里は「連座制」が適用され当選無効となる。 (以上 日刊ゲンダイ)

「育休」で小泉進次郎のやることは犬の散歩!

 「進次郎がやることといったら愛犬の散歩」?

  だったら別に「育休」など取る必要はない。

  やっぱり、小泉進次郎の「育休」宣言は子持ち人妻らとの不倫隠しが目的だったのだ。

**********************

 小泉進次郎といえば、滝クリと結婚後、立て続けに女性スキャンダルが噴出。なかでも既婚の実業家女性との不倫疑惑では、密会に使ったホテル代金を政治資金から捻出したと報じられた。

 「しかも実業家女性は滝クリと友人関係。報道でそのことを知った滝クリは気分を害したといいます。これによって進次郎の“家庭内序列”はさらに下になりました」(政界関係者)

 滝クリは昨年の段階から出産に備え、都内の実家に戻っていた。17日朝に第1子の男児を出産したが、関係者の話によれば、しばらく実家で両親と子供と暮らすつもりという。

「その間、議員宿舎に住む進次郎は滝クリの実家に通うことになるが、向こうの両親が一連の女性スキャンダルに顔をしかめている。彼女の実家での進次郎がやることといったら愛犬アリスの散歩や買い出しくらい。育児の面では蚊帳の外でしょう」とは永田町関係者。  (以上 東スポ)

詳しくはここをクリック
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200117-00000008-tospoweb-ent

「オマエの有り金はいくらだ?正直に白状しろ!」と安倍政権!

 安倍晋三政権は、恐ろしいことを企んだ。国民一人一人の懐に手を突っ込んで「預貯金の額を探り出そう」というのだ。

 何のために、なぜ、オカミがそこまで踏み込んで調べ上げようとするのか? 真の目的はなんだ?

 社会主義国家でもこんな恐ろしいことはしないだろう。

 私の知る限り、世界史に例がない。

 戦時中の日本で戦争に使う弾丸が無くなり、家庭で使っている鍋や釜、はてはお寺の釣り鐘まで供出させたことがあった、と親から聞いた。

 この記事を読んでいて、ふと、そのことを思い出した。

**********************

 高市総務相は17日、マイナンバーと金融機関の預貯金口座を連結する制度の義務化について、財務省と金融庁に検討を要請した。

 安倍政府は、2021年の通常国会での共通番号制度関連法改正を視野に、20年中に具体策をまとめる方針だ。

 個人資産を正確に把握し、脱税や生活保護の不正受給などを防ぐ狙いだ。

 高市氏は「義務化により、相続や災害発生時の預貯金引き出しの負担軽減ができるように検討をお願いした」と述べ、利便性向上にもつなげる考えを示した。 (以上 読売)

 

彼らの野党共闘は名ばかりで京都では自公と連携!

 経済評論家の植草一秀が19日告示の京都市長選に絡み旧民主党勢力をはげしく非難した。彼らの野党共闘は名ばかりで京都では一貫して自公両党と手を結んでいる。なぜか?これを読めば答えが分かる。

**********************
(原文のまま)

「2020年「政策連合」による日本政治刷新」のゆくえを占う最重要選挙が告示日を迎える。

令和2年2月2日、西暦2020年2月2日に投票日を迎える京都市長選挙が1月19日に告示される。

立候補が見込まれるのは

門川大作氏(69)=公明、自民府連、立憲民主府連、国民民主府連、社民府連推薦

福山和人氏=共産、れいわ新選組推薦

村山祥栄氏=無所属

の3名だ。

京都では非共産で国政与野党が相乗りしている。

2018年4月に行われた京都府知事選では

西脇隆俊氏 402,672票
自民・民進・公明・立憲・希望推薦

福山和人氏 317,617票
共産推薦

で西脇氏が当選した。

国政で自公と対決する野党勢力が京都では自公と共闘している。

京都では共産党が強い支持基盤を有しており、反共産で自公と旧民主系が連携している。

「敵の敵は味方」ということなのか。

国政において反自公で共産党を含む共闘体制を築こうとしているのに、京都では自公と、共産を除く野党が共産党と敵対している。

京都は旧民主の前原誠司衆院議員、福山哲郎参院議員の地元で、この二人が選挙で生き残るために反共産戦術が採用されているのだと見られる。

自分都合、自分の利益優先なのだ。

2018年の知事選でも反自公の共闘が形成されていれば福山氏が野党共闘候補として勝利を収めたはずだ。

このような共闘さえできないのが旧民主党の実態だ。

国政において立憲、国民の合流を主権者が冷め切った目で見ているのは、この両勢力のなかに「隠れ自公」が潜んでいるからだ。

さらに続きはここをクリック
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2020/01/post-9dea39.html

謎に包まれたゴーン会見に納得出来ない4つの理由!

 雑誌「FRIDAY」が鋭い指摘をした。どの新聞、テレビも報道しなかったゴーン被告の独演会の疑問。日本人が納得出来ない4つの理由を挙げた。これには100%納得だ。

********************

1、会見冒頭に表れた論点のすり替え
 ゴーン被告が真っ先に訴えたのは、特別背任などで起訴された自らの罪に関することではなく、日本の司法制度の問題だった。

 もちろんこれはゴーン被告の狙いであり、実際に欧米メディアが日本の司法制度に疑問の目を向けたことから、一定の成果を得た。

 しかし、その欧米メディアですら、「日本の司法制度の問題とゴーン被告の罪は別の話」という冷静な論調が出ている。

2、「すべての情報を開示しない」スタンス
 「日産と検察が共謀して私を陥れた」と話したのみで、裏付けとなる証拠は提示なし。当然ながら証言の信憑性はなく、司法制度を批判していた冗舌も姿を消した。

 歯切れが悪かったのは、逃亡劇に関する質問。「日本から出た経緯については話さない。迷惑をかけることにもつながるから」とゴーン被告。

 事前に「日本政府内で何が起きていたのか、名前も出せる」と豪語し、海外メディアの焦点ともなっていた政府関係者の実名も語らずじまい。世界中からメディアを読んでおいて、これでは詐欺だ。

3、自画自賛とイベント仕様のショーアップ
 「日本で尊敬されているCEOだったし、今も一部の人にとってはそうだ」
 「好意的ではないメディアも私が日産を復活させたことに異論はないだろう」
 「私は『ミスター・インポッシブル』と呼ばれていた。たくさんのミッション・インポッシブルを果たしてきた」


 ゴーン被告は自身の功績を繰り返しアピールし、あふれ出る自尊心を隠そうとしなかった。欧米人には自画自賛する自信満々の姿が支持されるかも知れないが、日本人には必ずしもそうとも言えない。

 そもそもゴーン被告はこの記者会見を「カルロス・ゴーン、メディア・イベント」と題した。会見場の一部にはゴーン被告の関係者席があり、そこから拍手が上がるシーンもあった。

4、グローバルなのに当事国の日本を疎外
 親交のある記者に「マイフレンド」、親しい記者にファーストネームで呼びかけたゴーン被告。その一方で、日本人記者で会見場の許しが出たのはテレビ東京、朝日新聞、小学館の3社のみ。

 日本は事件の当事国であり、ゴーン被告が最も身の潔白を示すべき相手の日本メディアを外すゴーン流のやり方に納得できない。不都合な質問が飛び出すのを恐れたに違いない。

 会見でゴーン被告が見せた「論点のすり替え」「すべての情報を開示しない」「自画自賛とイベント仕様のショーアップ」「グローバルから疎外された日本」。

 この4つのスタンスが日本人の気持ちを逆なでし、思っていたほど世界的な支持を得られなかった理由ではないか。  (以上 FRIDAY)

住民の「安全」を積み残し、政権の「思惑」だけが突っ走る!

 NHKが「福島県内3町の避難指示 一部解除決定 JR常磐線全線で開通へ 」と題して次のように伝えた。

 政府は東京電力福島第一原子力発電所の事故で、福島県双葉町、大熊町、富岡町の3つの町に出された避難指示の一部をことし3月に解除することを正式に決めました。

 これにより、震災と事故以来、一部区間で運休が続いていたJR常磐線が全線で開通する見込みです。

詳しくはここをクリック
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200117/k10012248981000.html

**************************

 放射能汚染の、その後はどうなった? 

 人が住んでも大丈夫なのか?

 子供が通学しても問題ないのか?

 そんなことはないだろう。

 チェルノブイリなら今も「完全立ち入り禁止区域」ではないのか?

 東京五輪を今夏に控え、住民の「安全」を積み残し、政権の「思惑」だけが突っ走る。

小泉進次郎の「二枚舌のいやらしさ」に辟易!

 テレビのワイドショーは、滝クリが小泉進次郎の赤ん坊を生んだと朝から大騒ぎをしているが、一般市民の反応はワイドショーとは逆だった。育休宣言を隠れ蓑にして 「個人の事柄」を巧みに使い分ける小泉進次郎の「二枚舌のいやらしさ」にあきれた様子だ。

 育休宣言に、自民党国対委員長の森山裕は「人それぞれの考えだと思うので、特にコメントすることはない」とぴしゃり。このように自民党内の反応は一様に、進次郎の育休パフォーマンスに冷ややかだ。

 彼は、永田町では「スケコマシの進ちゃん」と呼ばれ、「オンナなしでは夜も日も空けない色魔」(自民党議員の話)として有名だ。

 滝クリとの妊娠発覚前にはこんなことがあった。

 夫ある人妻と、復興庁の元職員に加えて、女子アナの三股で濃厚な性生活を堪能と一部メディアに派手に報道された。小泉進次郎は、ひょっとしてオットセイの生まれ変わりか?

 この酒池肉林の三股不倫報道に小泉進次郎は「個人の事柄」を盾に取材を拒んだクセに、育休など自分に都合のいい「個人の事柄」は、これでもかとテレビカメラの前でしゃべりまくった。

 安倍晋三もビックリの完璧なご都合主義の二枚舌である。
 
 小泉進次郎なる男は大臣就任以来、無能ぶりをさらけ出し、不倫報道や政治資金ごまかし疑惑など中年女性ファンが一気に離れ、逆風にさらされた。そこで飛び出したのが育休宣言だが、一度離れた女性人気が回復する可能性は低い。

 何より、あれだけカッコよく見えた小泉進次郎が大臣になった途端、「ポエム」と「セクシー」しか話せないアホと分かった。これには「いささかガッカリした」と追っかけおばちゃんが肩を落とした。

 育休自体は悪いことではないが、育休を子持ち人妻との悶絶セックス・スキャンダル隠しに利用するようでは小泉進次郎はオシマイだ。単なる助平オヤジのゲスでしかない。

安倍官邸に不都合な質問を封じ込める一味!

官房長官の菅義偉の定例会見に出た東京新聞の望月記者がSOS「今日も私の前で終了。先月26日から1問も聞けなくなった」とツイートした。

なぜ、他社の記者は黙っているのか?「なぜ、質問させないのか」と、どうして言えないのか?

これでは内閣記者会が安倍一味と見られても反論できない。

官邸に主導権を握らせずに記者の側で会見の司会・進行を行うべきだ。

官邸側の好きにさせていては、権力がますますのぼせ上がる。

今の記者は偏差値バカだらけで、記者の本質を理解していない。

「権力の監視」という基本を分かっていない。報道と広報を混同しているらしい。バカもいいところだ。

この調子だと安倍が念願とする「戦前回帰」は時間の問題だ。

その第一弾が改憲。続いて緊急事態条項の制定。第3弾には隊員不足の自衛隊に手が付けられよう。「いよいよ私の出番ですか」と徴兵制が鎌首を持ち上げている。

そうした権力の暴走に「歯止め」をかけるのが言論の役目だ。

問題の会見の録画はここをクリック
http://健康法.jp/archives/52115

************************

望月衣塑子
#桜疑惑 もとんでもだが #中村格 #警察庁官房長 の栄転や #河井克行 議員の #公選法違反 疑惑への関与など、追及すべきネタは続いてる。だが今日も私の前で終了。番記者は2〜7回当てられていたが、またも上村室長が打ち切り。余程私に質問させたくないのか。先月26日から1問も聞けなくなった。


東京新聞労組
去年の今ごろの質問制限・妨害と
かたちは違っていても
記者の選別・分断を官邸が図ってるのは
全く変わらない。
内閣記者会はこの状況を許すのか。
会見の司会進行を記者の手に取り返せ。
官邸に指名権など与えてちゃダメだ。


KSL-Live!(CV:竹本てつじ)
@ksl_live

事実無根ですね
これは朝日新聞、毎日新聞の記者が繰り返し桜関連の質問をすることを認めて欲しいという要望をしたから、そこに時間を割いた結果です
貴方の出番は元からありません

本気で安倍内閣を倒す気で立ち上がれば必ず「奇跡」は起きる!

 消費税5%がダメと言うなら「れいわ新選組」独自で戦うと山本太郎が言った。それでいいと思う。「れいわ新選組」らしさを放棄してまで無理に共闘する必要はない。

 共産党は5%で足並みをそろえると言った。本気で安倍内閣を倒す覚悟と行動力があるものと共闘すればいい。

 「くっつくだの、くっつかないだの」と、いつまでも瓢箪ナマズのようなものと付き合う必要はない。


 自民党の中にも山本太郎を高く評価している者がいる。

 政治姿勢、政策、日常の地道な努力。そして、太郎の民を思う気持ち、特に彼は同世代で辛酸をなめてきたロストジェネレーション世代に熱い共感を寄せている。彼らを何とか引き上げたいとの思いが太郎を突き動かしている。

 太郎と思いを同じにする者がいたら、与党であろうが野党であろうがこだわることはない。同志が結束し、連帯すればいい。願わくは、そうした者たちで新党を結成してもらいたい。

 そのためには大衆、有権者の応援が必要だ。それも千万人単位の支援が必要だ。

 7月の参院選挙で山本太郎率いる「れいわ新選組」は228万票を獲得した。新党結成からわずか3カ月余りでこれだけの票を集めた。

 政党要件を満たしたことで山本太郎のメディアへの露出度は、選挙前に比べ比較にならない多さである。

 今、「れいわ新選組」と山本太郎を本気で応援する気のある者が揃って立ち上がれば「奇跡」は必ず起きる。

 いずれにしても参院選前からずっと太郎を支援し続けている私たちが起爆剤、牽引車になる必要がある。

朗報!よかった!オーストラリアに待望の雨が降った!

 嬉しいニュースだ。あの愛くるしいコアラや、ワラビー、カンガルー、ダチョウなど5億匹を超える動物が大火災に巻き込まれ焼け死んだオーストラリアに待望の雨が降ったという。

 北海道と九州全域ほどの広大な地域が焼け尽くされたというから、想像もできない。

 動物が大好きなのでコアラたちの話を知った時は胸が痛んだ。恵みの雨で鎮火するのを願っている。

*********************

 【シドニー時事】大規模な森林火災が起きているオーストラリア東部で17日、本格的な雨が降った。乾燥が和らぐ可能性があり、火災の抑制につながると期待する声が上がっている。

 昨年9月から火災に見舞われているニューサウスウェールズ州では16日から雨が降った。州消防当局は17日、ツイッター上に「火災現場のほとんどでこの24時間に雨が降った。素晴らしいニュースだ!」と投稿した。

 報道官によると、20ミリの降雨があった現場もあるという。雨とともに気温も低下し、17日のシドニーの最高気温は真夏にもかかわらず24度の見込み。

 シドニー大学のティナ・ベル准教授は「雨が降っていない地域でも大気中の湿気が高まり、火事の抑制に寄与する」と期待を込めた。

安倍が改憲に情熱を燃やすのはズバリ言って「私怨」だ!

 安倍晋三は口を開けば、「憲法改正は必ずや私の手で成し遂げていきたい」と繰り返す。

 そして安倍は、最近の世論調査でも改正議論を行うべきとの回答が多数を占めているとして「国民的関心は高まりつつある」と指摘。

 「国会議員として国民的意識の高まりを無視することはできない」と強調した。

 ウソをつくでない。国民のどこに「改憲議論」が高まっているのか? それどころか足元の自民党の中でさえ関心が薄い。

 国政選挙のたびに自民党候補に創価学会票の上積みをしている公明党の山口那津男が、16日の記者会見でこう言った。

 「総理に改憲権限などない」「憲法のどこに、総理大臣が発議したり、採決したりということが書いてあるのか? 発議権は国会にしかない」と一喝し、行政府の長である首相に改憲の権限がないことを強調した。

 自民党と二人三脚を組む与党でさえこう言っているのだ。

 舞台の上で踊っているのは安倍晋三ひとり。

 安倍がなぜ、そこまで改憲にこだわるかと言えば、岸信介の亡霊である。

 戦争犯罪人として「A級戦犯」の烙印を押された岸信介の願いだった改憲を孫の晋三が自分の手でかなえようというのだ。

 ズバリ言って、改憲の理由は安倍晋三の「私怨」である。

 そんなものに付き合わされては、たまったものではない。真っ平ごめん被る。

********************
私からの注文。

NHKも朝日も安倍晋三の改憲を「憲法改正」と表記、表現する。

どこが、正しく改めるのか? 改悪そのものだ。

大衆を洗脳するような表現はやめよう。皆さんも今後は「改憲」と表記しよう。


朗報!香港の若手リーダー、周庭さんが北大研究員に就任!

 愛する“本国”香港で共産中国に対する抗議活動に参加し、暴力による弾圧を強めている中国の横暴を世界に訴えている周庭さん(23)が16日、北海道大学の公共政策大学院のフェロー(研究員)に就任したとツイッターで発表した。

 素敵なことだ。ぜひ、もう一度、聡明な香港の女子大生、周庭さんが日本を訪れることを願っている。

******************
北海道新聞が報じた。

 周さんは昨年8月、抗議活動を扇動したとして起訴され、公判中のため出境が認められていないが、北大は学生らに香港の実情を語ってもらうため、粘り強く渡航実現を待つ考えだ。

 周さんは2014年の香港の大規模民主化デモ「雨傘運動」の学生リーダーの一人。今は大学生で、民主派政治団体「香港衆志」に所属する。

英語や日本語が堪能で、取材や会員制交流サイト(SNS)などを通じて香港の反政府抗議活動の意義を伝え続けている。

いまだ傷跡深い神戸! 大震災から25年!

 6434人が亡くなり、3人が行方不明となった阪神・淡路大震災は17日、発生から25年となる。

 被災12市の人口は震災後、計約15万人も減少した。

 観光の経済効果などを示す観光総生産(GDP)も、神戸・阪神間と淡路島では震災前を上回っているが、訪日外国人客(インバウンド)の誘致は大阪や京都に水をあけられている。 (以上 神戸新聞)

詳しくはここをクリック
https://www.kobe-np.co.jp/news/bousai/202001/0013039895.shtml

***************************************

 震災から25年を経過した今も神戸には深い傷跡が残っている。大震災がいかに残酷か、思い知らされる。

 いま、M7クラスの大地震が襲う南海トラフ、首都直下型大地震がうわさされている。

山本太郎の街頭記者会見! 今年は松江からスタート!

さあ、2020年、山本太郎の最初の街頭記者会見は松江からスタートする。

島根の皆さん、待ってて、くださいよ。 太郎があなたと対話しますよ。

1/23(木)島根
13:00 ポスター貼り
松江・松江市総合文化センター プラバホール前 集合
島根県松江市西津田6丁目5−44

18:00 おしゃべり会
松江・松江市労働会館 大会議室401
島根県松江市御手船場町557ー7
http://www.shimane-roukan.org/access/index.html

1/24(金)鳥取
18:00 おしゃべり会
鳥取・童謡・唱歌とおもちゃのミュージアム わらべ館 2F いべんとほーる
鳥取県鳥取市西町3丁目202
https://warabe.or.jp/user-guide/

1/25(土)鳥取
13:00 ポスター貼り
鳥取・鳥取瓦町郵便局前 集合
鳥取県鳥取市瓦町652−1

1/27(月)高知とまだまだ続くが、
詳しくはここをクリック
https://reiwa-shinsengumi.com/schedule/

小泉進次郎、不倫は「個人の事柄」で一切答えず、育休は発表か?

 ボクちゃんは永田町きってのイケメン男。もちっと若ければジャニーズ事務所からスカウトに来たはずだ。

 モテモテ男のボクちゃんが議員バッジをちらつかせ、「六本木で一緒に飲まない?」と言ったら断ったオンナはいない。

 気が付いたら2人ともベッドの中。

 大丈夫だと思っていたが、今度は失敗したようだ。

 そのうちの滝クリのおなかがタヌキのように膨らんできたというわけ。

 自称、イケメン議員の小泉進次郎。

 政治にはとんと疎いが、「性事」にかけてはピカ一だそうだ。

***********************
子持ちの人妻とのセックス・スキャンダル隠しのために思い付いたといわれる「不倫育休」についてこんな声が上がった。 (原文のまま)

非正規労働者には「育休」なんて無いんだよ! 夢物語だ。

しかもだ、国会議員は仮に刑務所に収監されていても歳費は支払われる。

休みたければ勝手に休むことができるのが国会議員だ。

甘利の睡眠障害然り
河井あんりの適応障害然り
河井克行、菅原一秀 こいつらも雲隠れして歳費はまるまる懐に入る。

そもそも国会議員に育休が必要なのか?

己の不倫に関しては【個人の事柄】として一切答えず。

できちゃった結婚します。子供が生まれます。育休します。

と、くだらんことは記者発表する。

実に品性卑しい奴だ。

憲法9条を平気で足蹴にした悪魔・安倍晋三!

 安倍晋三は16日、自民党本部で国会議員や地方議員らを対象にした憲法講座で、「時代にそぐわない部分は改正を行っていくべきではないか。その最たるものが憲法9条だ」と言い放った。

 コヤツはいまだに首相の椅子に居座っている。ならば、正真正銘の日本の最高責任者、内閣総理大臣だ。れっきとしたコウムインである。

 公務員の基本は日本国憲法の順守である。率先垂範して憲法を守るべき者が日本の最高法規である憲法を足蹴にするとは不届きそのもの。断じて許してはならない。

 そもそも、国民は現在の平和憲法を大切に思っている。

 先ごろ天に旅立った医師の中村哲さん。この方は戦乱のアフガニスタンの荒廃した土地に灌漑を設け、緑の実り豊かな大地に蘇らせたアフガンの英雄だ。

 その中村さんが「こちらに来て見て初めて日本憲法の有難さに気が付いた。憲法にどれほど助けられたか知れない。憲法は私の宝、日本の宝だ」と平和憲法に感謝した。

 戦争放棄をハッキリと謳った日本の憲法を世界がまぶしいまなざしで見つめ、認める。

 憲法は私たち日本人の「誇り」である。その証拠に、マスコミの世論調査では、どこの結果も憲法擁護が多数を占める。

 そんな日本の宝の改憲など国民は望んでいない。

 気がふれた安倍晋三だけが「早く改憲しろ」と叫ぶ。

 そんな「気違いの野望」に付き合わされてはかなわない。

助けて! おばあちゃんがまだ中におるねん! 

 新聞のどこを読むか? 派手な事件、事故を伝えた記事も大事だが、紙面の片隅に載ったコラムには「ふと、立ち止まって考える」ヒントを提供してくれるものがある。

 阪神淡路大震災からきょう(1月17日)で25年を経過した。

 昨年末から日本列島で震度3、4クラスの地震が続発している。

 日本はどこを掘っても温泉が出る火山国だ。いつ、どこで、大地震が起きても不思議ではない。南海トラフ、首都直下大地震・・・。

 私たちは阪神淡路大震災から何を学んだのか?

*************************
東京新聞のコラム「染筆」を読んでみよう。

 「災」という字は、辞書によると、水の流れと火でできている。あの日街を襲った炎の記憶が刻み込まれているようだ。阪神大震災を経験された方の中には、そう感じるむきも多いかもしれない

 ▼神戸市で被災した詩人安水稔和さんが、新聞社に寄せた詩「神戸 五十年目の戦争」も火の記憶から始まる。<目の中を燃えつづける炎。/とどめようもなく広がる炎。/炎炎炎炎炎炎炎/また炎さらに炎。>

 ▼都市直下型だった地震は、火災と建物の倒壊で多くの犠牲者を出した。消防隊員の手記をまとめた『阪神淡路大震災 消防隊員死闘の記』(旬報社)には、無念の思いも満ちた火との戦いがたくさんある

 ▼火勢に対して、人や装備が足りない。水が尽きる。「おばあちゃんがまだ中におるねん」「助けてください」の声。なすすべがなかった現場がいかに多いことか

 ▼同じ思いを繰り返してはならない、安心できる世の中になったか、備えはできたか、助けあえているか。当時の人々から、そう呼び掛けられ、問い掛けられているような思いにとらわれる手記である。きょうで、あの日から二十五年となった。思い出すべきことが多い日である

 ▼<一月十七日午前五時四十六分/けっして忘れない。/ふたたびの戦後/はじまったばかり。>。安水さんの詩の一節である。戦争の記憶のように失ってはならない火の記憶があろう。  (以上 東京新聞)

この党は遅かれ早かれ「消えてなくなる」根無し草!

この党は遅かれ早かれ「消えてなくなる」政党だ。年から年中、やれ、くっつくの、くっつかないのとゴタゴタの繰り返し。

リーダーシップはかけらもない党首。名前も書きたくない。まったく無能な人物である。

記事を添付する気にもならない。

興味ある人はここをクリック
https://mainichi.jp/articles/20200115/k00/00m/010/352000c

中国が攻撃したら戦うと台湾の若者! 

 共産中国が台湾を武力攻撃した場合、台湾の20歳から39歳の若者の71.6%が共産中国と戦うと回答した。

 民主主義社会で育った若者たちは、当然のことながら共産中国の独裁政治には激しい抵抗感がある。

 彼らは香港の若者と同様に、自由の尊さ、重みを知っている。

 夢遊病者のような日本の若者とは民主主義への認識が全く違う。

*********************

 台湾の有力経済紙「天下雑誌」の世論調査によれば、自分を台湾人だと思うか、中国人だと思うかという問いに対して、20~29歳の82.4%が台湾人と思っていると答えた。この割合は、40~49歳、50~59歳、60歳以上の年齢層では全て50%台後半だった。

 中国との関係については、20~29歳の49.4%、30~39歳の33.5%が(中国との平和を保てるのであれば)独立を望むと回答した。

 2018年に国立政治大学(台北)の選挙研究センターが実施した世論調査によれば、中国が武力により台湾を併合しようとした場合に戦うつもりがあるかという問いに対し、20~39歳の71.6%が「イエス」と回答している。

 台湾が正式に独立を宣言し、それに対して中国が武力行使で応じた場合に戦うかという問いに対しても、この年齢層の64.5%が「イエス」と答えている。この割合は全世代の平均を7.8ポイント上回る。

 同じ世論調査のほかの質問項目を見ると、若者たちが台湾の民主的制度を高く評価していることがよく分かる。

詳しくはここをクリック
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/01/post-92141.php

氷点下で必死に耐える若者には「ふんどし」が似合う!

 北海道木古内町の佐女川神社で13日夜、190年続く神事「寒中みそぎ」が始まり、行修者と呼ばれる4人の若者が下帯姿で冷水を掛け合って身を清めた。  

 氷点下の境内に「えいやー」と叫び声が上がり、4人が代わる代わる互いの背中に水を浴びせ合った。(以上 共同通信)

詳しくはここをクリック
https://this.kiji.is/589408145409426529?c=39546741839462401

***********************

 マスコミは「ふんどし」と言わず、「下帯」という。だが、私はこの表現が好きでない。「下帯」という表現はあるにはあるが、ある、なし、を言っているのではない。今回の場合、どっちの表現が適切かというのだ。

 真冬の氷点下の下で4人の若者が全身に、冷水を何杯も浴びせられる。

 ここは「ふんどし一丁」でグッと歯を食いしばり寒さに耐える若者を連想させる表現にしてもらいたい。「下帯」などと言うナマ温かな表現はご免被りたい。

北島三郎の名曲「祭」に、こんな歌詞がある。

 「白い褌(ふんどし) ひきしめた 裸若衆に 雪が舞う  祭りだ  祭りだ  祭りだ 豊年祭り  土の匂いの しみこんだ 倅その手が 宝物」

 直木賞を受賞した大作家、なかにし礼が作詞しただけあって言葉が光っている。

 日本語と言うのは、一語一語に込められた意味がある。その言葉を、どこでどう引き出して、どの場面で使うか、が重要だ。

 まして、記者なら「より言葉を大事に」して欲しい。

 NHKなどは上品ぶって何でもかんでも、無理して言葉を「言い換え」たりする。愚の骨頂だ。かえって違和感を覚える。

 今回の場合は多分、佐女川神社の広報から「下帯」とレクを受け、無意識にそのまま使ったのだろう。 
 
 私は日本の伝統芸である古典落語を披露するので、余計に違和感を覚える。

 「蛙茶番」という古典落語にこういう場面がある。

半次 
 並みのフンドシじゃあしょうがねーだろう。江戸っ子がやる舞台番だ。チョイと粋なところを見せてえじゃあねえか。去年の祭り。みこしを担いだ時、オレがしてたフンドシ、オメエ、憶えているか?

定吉 
 憶えてるよ半さん、あれ一番、目立ったよ。あの真っ赤なやつ。

半次 
 それなんだよ、緋縮緬のフンドシだ。

 こんな粋な江戸っ子が登場する噺に「下帯」なんという間が抜けた言葉を使ったら、落語が腐っちまう。頓馬もいいところだ。

 お公家さんでもなかろうに「下帯」などと言う野暮な表現を使うことはない。若者には「ふんどし」が似合う。

重大!日本メディアがひた隠す安倍・中東訪問の大失態!

 この事実を今、知った。元外交官の天木直人が暴露した重大事実。

 日本メディアがひた隠す安倍晋三の中東訪問の最大、最悪の大失態!である。

 安倍晋三はあり得ないこと、やってはいけないことをやった。非常識の極みだ。

 安倍の外遊には今回も共同通信、時事通信をはじめ、NHK、朝日、読売、TBSなど各社の政治部が同行していた。誰一人として「日程変更すべき」と提言しなかったのか? 

 だから書かなかった。いや、自分たちも同罪だから「書けなかった」のだ。

 彼らは記者ではなく、もはや単なる「政権の広報マン」たちだ。

*********************

 中東訪問を終えて安倍首相が帰国した。安倍首相は繰り返し自画自賛し、メディアがそれを垂れ流す。
 
 しかし、安倍首相もメディアも、決して触れない大失態がある。オマーン国王の弔問式に安倍首相が参加しなかった。
 
 カブース国王の死去を受けて、現地には13日までにサウジアラビアのサルマン国王やクウェートのサバハ首長など湾岸諸国の首脳に加え、イランのザリーフ外相、そして歴史的に関係の深いイギリスのチャールズ皇太子などヨーロッパの各国の王族も次々と弔問に訪れた。まさしく弔問外交が行われていた。

 なぜ、安部首相は日程を変更して、サウジの後急きょオマーンに駆け付けなかったのか?

 なぜ外務官僚はそれを首相に進言しなかったのか?

 弔問外交に参加していれば、安倍首長はイランのザリフ外相とも会えたはずだ。
 
 そして日程を繰り上げて帰国し、税金の無駄遣いも節約できたはず。

 なによりも、伝統的友好国であるオマーンとオマーンの名君であった故カブース国王に対するこれ以上ない敬意と追悼の表明になる。

 それなのに、安倍首相は呑気にアブダビあたりをうろうろし、遅ればせながら最後の訪問国としてオマーンに乗り込んだ。これ以上の外交音痴はない。これで仲介外交とは笑わせる

 しかし、どのメディアもその事を一切書かない。

詳しくはここをクリック
https://blogos.com/article/429514/

***************
編注

彼らは、こんなふざけたことをしていた。
「私人」の昭恵が政府専用機で中東に行き、ラクダにまたがってご満悦!
https://85280384.at.webry.info/202001/article_155.html

「私人」の昭恵が政府専用機で中東に行き、ラクダにまたがってご満悦!

ふざけた話だ。安倍晋三がサウジアラビア、オマーン、UAEを旅したが、昭恵と二人で観光旅行を満喫していた。

日本のマスコミが報道したかどうか知らないが、海外メディアは2人の動向をしっかりとウオッチしていた。

ブログ「かっちの言い分」が「不幸の絶頂のイランを尻目にラクダ観光とは世界の恥!」と安倍夫婦を厳しく批判した。

そりゃあそうだ。税金を使ってこんなことをされたら許せない。安倍晋三はひど過ぎる。ムチャクチャだ。

足しか安倍昭恵は「私人」のはずではなかったか。大仰に閣議まで開いて決定した。

その「私人」なんでまた、政府専用機に乗って中東まで行ったのだ?

詳しくはここをクリック
http://www.asyura2.com/19/senkyo268/msg/847.html

中国の働き手が2035年には現在比で1億人減!

 毎日新聞によると、少子高齢化が進む中国は、2020年代に大量退職時代を迎える――。生産年齢人口(16~59歳)が、2035年までに現在の約9億人から約1億人減少するとの分析もあり、今後、中国の経済発展を支えた労働力が、加速度的に縮小するとみられている。

 北京大国民経済研究センター主任の蘇剣教授は19年12月に北京であった経済フォーラムで「中国の労働力は22年以降の約15年間、毎年1000万人のペースで減少する」との見方を示した。

 また、1月1日発行の共産党理論誌「求是」に掲載された人事社会保障省党組織による論文も「生産年齢人口の減少が20年以降に加速する」と指摘。35年までに約1億人減少すると予測した。

 

「ほんとは行きたくありません」と中東派遣の自衛官!

 「ほんとは行きたくありません」と20代の女性自衛官。これが隊員全員の偽らざる心境だろう。中には家族に遺書を書いた若い隊員もいる。

 海上自衛隊の護衛艦「たかなみ」は間もなく横須賀基地を出港して中東に向かう。

**************************
週刊FLASHが、アラビア海へ派遣される海自護衛艦乗組員「家族に遺書を…」と題した記事を書いた。

 「家族に遺書を書きました。艦長からも『危険な任務』との訓示があり、不測の事態に備えなければと……」

 そう明かすのは、海上自衛隊の護衛艦「たかなみ」の乗組員である20代の1等海士。同艦は、2019年末の閣議決定に基づき、1月下旬に横須賀基地を出港。1年間の予定で、中東への派遣が決まっている。

 だが、いま中東は、一触即発の危険な状態だ。1月8日、米国によるイラン革命防衛隊のソレイマニ司令官暗殺への報復として、イランがイラク国内の米国基地をミサイルで攻撃した。

 トランプ大統領は、イランへの追加の経済制裁を表明。さらなる軍事衝突は回避されたが、予断を許さない。

 もしも海自の活動中に、戦争状態に突入したら――。

 「どこに敵が潜んでいるのかがわからない。攻撃されたら、ひとたまりもない」(30代・2尉)

 「途中で交代があるはずですが、現段階では派遣期間がはっきりしなくて、家族も気を揉んでいます」(20代・曹長)

  などと、不安を隠さない。ある20代の女性乗組員は、きっぱりと、こう言ってのけた。

 「ほんとは行きたくありませんけど、そんなことは言えません!」

  中東3カ国歴訪を、一度はドタキャンした安倍晋三首相。自分はビビっておきながら、自衛隊員は派遣する。

 「米国とイランの両方と良好な関係を保っている」と言うのなら、いまこそ仲介役を買って出るべきだろう。 (以上 週刊FLASH)

詳しくはここをクリック
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200116-00010001-flash-peo

進次郎の「育休」は子持ち人妻とのセックス・スキャンダル隠し?

小泉進次郎の「育休パフォーマンス」についてJcastが次のように伝えた。  その4

▼「女性問題を起こして、家の中に居場所はあるの?」

なかでも激しい批判が起こったのは、「女性スキャンダル」から目をそらせるためのパフォーマンスではないかという見方だ。

意見全体の割合からいくと、3割近くの人が「女性問題」を鋭く指摘していた。

「女性問題が出てきている中で、家に居場所はあるの? 奥さま(滝クリ)は受け入れてくれるの?」

「ここらあたりで、奥さんへの家族サービスと、スキャンダルをすり替えたいという狙いがミエミエ」

「子持ちの女性と不倫して子どもを傷つけておきながら、自分の子どものためには仕事休みますって、ずいぶん都合がいいと思う。

宮崎謙介元衆議院議員といい、この人といい、育休を取るという国会議員はロクな人がいない気がする」

*********************
編注

環境相・小泉進次郎のすべてを知りたい人は
ここをクリック
https://85280384.at.webry.info/theme/41b6c27c88.html

大金持ちの小泉進次郎サン、ベビーシッター雇えば?

小泉進次郎の「育休パフォーマンス」についてJcastが次のように伝えた。  その3

「資産家夫婦なんだから、ベビーシッターを雇えば?」

また、小泉夫婦には資産があり、ベビーシッターやお手伝いさんを雇う余裕があるはずだから、夫が育休を取らざるを得ない一般の共働き家庭と事情がまったく違うという指摘も多かった。

「奥さまのクリステルさんは都内の超豪華マンションに住み、資産が3億円もあると報道されています。国民に奉仕するべき大臣であるご主人を休ませずに、ベビーシッターを雇えばいいじゃないですか」

「育休は、共働きで夫婦が分担しないと何ともならない人のための制度です。

奥さまが完全に育児に専念できる状態での育休取得はどうなの? それよりクリステルさんには、保育所申し込んで、働きながらの子育てがどれほど大変かわかってほしい。夫婦そろって実体験していただき、将来は少子化問題に突っ込んでいってほしいです」  その4に続く。

私たちは小泉進次郎の家族のために税金払うのか!

小泉進次郎の「育休パフォーマンス」についてJcastが次のように伝えた。  その2

「この人と奥さんと、赤ちゃんのために税金を払うのか?」

これほどの反感を買っているのは、多くの国民が育休を取れずにいるなか、大臣という重大な責務を休むこと、そして育休に支払われる報酬が税金からまかなわれている点だ。

「政治家の給料は税金だと考えると、一般企業に勤めている人が育休を取るのとは訳が違う」

「この人と奥さんと、生まれてくるお子さんのために(私たちが)税金を払うのか。私の税金の使い道、選択させてくれないかな」

「世の中、すべての人が平等に育児休業を取得できることを目指すのはいいことだが、『大臣』は別だ。千葉県知事が災害発生時に、ちょっとでもプライベートを優先しただけで、あれほど批判が出たことからもわかるように、要職に就く者は国民すべてのために、家族も犠牲にする覚悟を持つべきだ。

育休をとるなら、少なくとも環境相は辞任してもらいたい。『悪しき前例』にならないことを祈る。繰り返すが、政府の要職は一般の人とは重みが違う」

「育休は大切だと思う。子供を育てるのは母親だけでなく父親が参加するのは望ましい。しかし、多くの国民が育休どころか、特に自営業や中小企業の多くは週休2日すらとれず、生活の為に必死に働いているのが現状。

育休など夢のまた夢。税金が支払われている国会議員が、のんきに育休を取っているのが理解できない。国民が育休を取れる環境を整えるのが政治家であるはずだ」

「一般の会社でいえば、従業員(環境省職員)は育休取れず、社長(大臣)が育休を平気で取る。そんな会社、誰もついてきませんわ。まずは自分の会社の社員に育休が充分に浸透してから、そのあとでトップが取るのが当然だろう」

「大臣は暇でいいな。私の会社は現実に育休は無理。無理やり休んだら退職に等しい」  その3に続く。

小泉進次郎の「育休」発言でネットが大炎上!批判殺到!

小泉進次郎の「育休パフォーマンス」は、完全に裏目に出た。育休が取れる社会の環境づくりをするのが先決ではないのか? 

子持ち女性などとの「セックス・スキャンダル隠し」との批判もある。こんな状態でネットは大炎上。

******************
小泉進次郎の「育休パフォーマンス」についてJcastが次のように伝えた。  その1

環境相・小泉進次郎が15日、「育児休業」を取得すると言った。子ども誕生後の3か月間に合計2週間程度、休みをとるという。

建前は、「環境省職員が育休をとりやすくするために自ら範を示すと語ったが、インターネット上では早くも「#小泉進次郎 育休」のスレッドが立ち、激しい批判が起こっている。

「夫婦そろってベビーシッターやシェフを雇えるほど資産があるのに、国家の一大事に欠かせない大臣という大事な仕事を放りだすのか?」

「大臣の報酬は税金から出ている。一般企業の社員の育休とはわけが違う」

という批判が大半だった。

また、週刊誌などで「人妻実業家との不倫」「女子アナとの二股、三股交際」などの女性スキャンダルが騒がれている折り、「汚名返上に育休を利用した人気取りのパフォーマンス」
という意見も殺到した。

ネット上にあふれる多くの声をざっと読んだ感じでは、小泉進次郎の「育休取得」に全面的に賛成する意見は、男性の育休問題専門家と思われる一つだけで、圧倒的多数は冷ややかな反応だった。  

「育休取得してもいいと思いますよ。いてもいなくても問題ない人だから。いや最近、『セクシー発言』とか、環境サミット出席時にステーキハウスに行くとか、問題ありすぎかな。いないほうが環境省職員も仕事に励めますね」

「さすがに空気を読んで育休取ることはないと思っていたが、まさか取るとは。ここまでKYとは思わなかった。もう政治家として終わったね」

「あまり批判されることがなかった時期に大口叩いてしまったから、育休取らざるを得ないのだろう。国民のためでも、家族のためでもなく、自分のプライドのためだ」

「環境相として目立ったことはできていないのに、育休で目立とうとしているのか。首相の任命責任も問われるよね」

「これで大臣も最初で最後になり、将来の総理大臣も消滅したね」

「2週間といわず、そのままずっとお休みして頂いたほうが世の中のためになる気がします。

ついでに大臣はもちろん国会議員も辞めて欲しいです。環境省職員にも育休を奨励したいということですが、やっぱりカッコだけですね。

本業の環境問題でレジ袋以外に何もやらないで、簡単でアピールしやすいことに飛びついたのでしょうが、国民はそれほど馬鹿ではないですよ」    続く

大震災になれば消防車も救急車も来ない!

昔の人は本当にうまいこと言った。「喉元過ぎれば熱さを忘れる」現代人にピッタリの言葉だ。

 阪神淡路大震災から17日で25年になる。 現地からの映像を見て胸が震えた。

 頑丈そうな高速道路が折れて横転。鉄筋コンクリートのビルが横倒しになり、道路をふさいだ。神戸の街は火の海と化し、手の付けようがない状態だった。

 死者6434人の8割が家屋の倒壊や家具の下敷きなどによる「圧死」だった。

 これからも分かる通り、大震災になれば消防車も、救急車も来ない。

 橋は落ち、道路が寸断、行きたくても現場に向かえないのだ。

 そんな時、頼りになるのは近所の人。

 阪神大震災の際、がれきの中から生還した人の8割が家族や近所の住民に救出された。

 近ごろは、都会だけでなく田舎でも隣り付き合いを煩わしいと「知らん顔」をする人が増えた。

 そういう人は大災害に見舞われた時、「助かる命を失う」羽目になる。

 せっかく親から授かった命だ。無駄にしないために早速、今日からご近所さんとお付き合いを始めよう。

 もう一つ大事なことを河北新報が提案した。

 危険が身に迫るまである程度時間の余裕がある津波、水害と異なり、地震は待ったなし。前もって安全対策をしておくことが肝心だ。
  
 家具が倒れたり、室内に割れた物が散乱したりすると、けがをするリスクに加え、屋外に出るのに時間がかかってしまう。
 
 そこで、中学生の参加を提案したい。中学生が社会貢献の一環として、高齢者宅の家具を固定して回れば、生徒は防災に理解が深まり、地域は防災力が底上げされる。

詳しくはここをクリック
https://www.kahoku.co.jp/editorial/20200116_01.html

共産中国の介入や圧力をはねつける法案に署名!

 今月11日に行われた総統選挙で圧勝した台湾の蔡英文総統は15日、中国政府などが台湾の政治や選挙に介入することを禁止する「反浸透法」に署名し、公布した。

 今回の選挙でも共産中国は言論の自由と基本的人権の尊重、民主主義を重視する蔡英文総統を「共産主義の敵」とみなし、ネットを駆使して激しい攻撃を加えた。

 しかし、香港での共産中国の弾圧を目の当たりにした台湾の人々は、賢明な選択をし、蔡英文総統が圧勝した。これが共産中国に対する台湾の答えである。

ムチャクチャ! 原発再稼働・維持に13兆円!

 東京電力福島第1原発事故の反省から、国が原発に安全対策の強化を義務付けた新規制基準を2013年に導入したことにより、全国の商用原発で必要となった再稼働のための安全対策費と、施設の維持費、廃炉費用の総額が約13兆4569億円に上ることが15日、分かった。

 費用はさらに膨らむ見通しで、最終的には電気料金に上乗せされるため長期の国民負担となる。

 合わせて19原発57基を保有する電力11社の会計資料や、各社への聞き取り結果を共同通信が集計した。

************************

 日本人はどうして黙っているのだ?

 あなたの暮らしはカネが有り余っているのか?

 だから13兆円であろうが、20兆円であろうが、安倍内閣が税金をどれだけ浪費しても怒らない。

 まだまだ、カネはたっぷりと残っている。使い切れない。そう言いたいのか?

新型ウイルス肺炎患者を日本で初確認

 中国大陸で相次ぎ発覚した原因不明の奇病がとうとう、日本にも上陸した。

 中国はこれから大型連休の春節を迎える。

 大量の民族移動で日本列島にも中国人が押し寄せる。

 観光地は要注意だ。東京や大阪での彼らのバク買い客にも気を付けないと、うつされたら最悪の場合は死に至る。

*********************

 共同通信によると、政府関係者は16日、中国湖北省武漢市で発生している新型のウイルス性肺炎に関し、武漢市への渡航歴がある人が日本国内での検査で陽性反応が出たと明らかにした。日本国内での患者の確認は初めて。 (共同)

「世間をなめている」! 与野党から厳しい声!

日本テレビ系(NNN)

広島地検が公職選挙法違反の疑いで事務所に家宅捜索に入ったことを受け、自民党の河井克行前法相と妻の河井案里参議院議員が、15日夜、それぞれ会見した。この会見を受け、与野党からは厳しい声が上がっている。

立憲民主党の蓮舫副代表は「説明すると言いながら本会議をすべて欠席したことは納得がいかない。説明責任を果たそうとしないことに憤りを覚える」とコメントした。

さらに、政府・与党内からも「世間をなめている」「2人はもう議員辞職すべきだ」などと厳しい声が上がっている他、両議員の後ろ盾とされる「菅官房長官の責任は重い」との指摘も出ている。

******************************

 こういう輩に年間2億円もの税金を使うことにあなたは納得出来るか?

10人の枠に2000人近い応募!

 「就職氷河期世代」を対象に厚生労働省が正規職員の中途採用を募集したところ、10人の枠に2000人近い応募が寄せられました。
「就職氷河期世代」は、バブル崩壊後の就職が特に厳しかった時期に社会に出た人たちで、政府は、この世代の正規雇用を増やす取り組みを進めています。

 この一環で厚生労働省が先月末に10人の中途採用を募集したところ、応募の締め切りの今月10日までに1934人の応募が寄せられたということです。

 競争倍率はおよそ190倍に上る計算で、採用されれば、ことし5月から厚生労働省の本省で正規の職員として、政策の企画や立案に関する業務に携わることになります。

*************************

 今ごろになって・・・。なぜ、今までわかっていながら放置しておいたのか?

 ここにきて安倍政権が騒ぎ出したのはロスジェネに思いを寄せる山本太郎の動きに危機感を持ったのと、深刻な人手不足が理由だ。

 彼らのことを思っての動きではない。

 無責任な日本政府。

 無関心な日本社会。

 全てが遅過ぎる。

観測史上2番目の高さ!  世界の平均気温

NHKニュース

 WMO=世界気象機関は15日、去年1年間の世界の平均気温が観測が始まった1850年以降、2016年に次いで2番目に高くなり、産業革命前と比べて1.1度上がったと発表しました。

 さらに、二酸化炭素などの温室効果ガスの量が過去最悪の多さとなる中、今のままでは、世界の平均気温が今世紀末までに3度から5度上昇するとしています。

 去年は、6月と7月にヨーロッパを熱波が襲い、フランスで46度、ドイツで42.6度など各地で最高気温を更新したほか、オーストラリアでは、去年から南東部を中心に各地で森林火災が相次ぎ、気候変動が火災の危険性を増大させる要因の1つになっていると指摘されています。

*************************

 これから30年以上生きる可能性がある者は真剣に考えないと生き地獄を見ることになる。

 自分たちで解決策を見出すほかない。

 誰かがやってくれるだろうと、いつものように、他人ごとにするのもよし、である。 

 ツケを払うの自分だから。

1日の食費30円… 貧困学生の死に怒り広がる 中国

【AFP=時事】中国で、1日2元(約30円)の食費で極貧生活を送っていた女子大学生が、100万元(約1600万円)の寄付を集めていたのにもかかわらず死亡したことを受け、ソーシャルメディア上で怒りの声が上がっている。

 中国メディアの報道によると、極度の栄養失調状態にあったウー花燕(Wu Huayan)さん(24)は13日に死去した。両親を亡くしていたウーさんは、弟の治療費を工面するために食費を1日2元に切り詰め、唐辛子を混ぜた米などを食べて暮らしていた。

 ウーさんの死を受け、寄付金が不正流用されたとの疑いが浮上しており、ソーシャルメディア上では怒りの投稿が相次いでいる。

 ウーさんは昨年、メディアの報道をきっかけにネットで注目をあつめ、100万元余りの寄付金を集めた。ウーさんの当時の体重はたった21キロだった。

 しかし寄付を募るクラウドファンディングを実施した慈善団体によると、ウーさんが昨年11月、自身の治療費として受け取った額は2万元(約30万円)のみだった。

 中華少年児童慈善救助基金会(CCAFC)はウーさんの死を受けて出した声明で、ウーさんとその家族は「残りの寄付金を手術とリハビリ治療のために取っておくことを望んだ」と説明した。

 しかしネットユーザーはこの説明に納得しておらず、中国版ツイッター(Twitter)の微博(Weibo)には「金を横領した者は死ぬべきだ」「こうしたくずの慈善団体を決して信用すべきでない」などの怒りの投稿が出ている。

 AFPはCCAFCにコメントを求めたが、返答は得られていない。

国際人権団体が過去数十年で「最も残酷な弾圧」と中国を非難!

 【ニューヨーク時事】国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウオッチ(HRW)は14日、ウイグル族への不当な拘束や、香港の自由なデモへの抑圧など中国の人権状況について「過去数十年で最も広範囲で残酷な弾圧」と非難した。

 その上で中国が「拡大する経済的影響力を行使し、世界で(対中)批判を沈黙させ、(中国人権問題を追及する国連やNGOなど)国際的な人権体制に対し最も厳しい攻撃を仕掛けている」と警告した。

 HRWのロス代表は香港で記者会見を予定したが、入境を拒否されたため、ニューヨークの国連本部で会見を開いた。

 しかし終盤になって中国国連代表部の外交官が突然登場し、「(報告書は)偏見や作り話に満ちている」と拒絶。皮肉にもHRWが指摘した懸念がその場で展開されることになった。  (以上 時事通信)

詳しくはここをクリック
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020011500534&g=int

***************************

 共産中国の、目に余る軍事力を背景とした脅しと、領土拡張主義の芽を今のうちに摘み取っておかないと、世界は共産中国の奴隷と化そう。

 ここは国際社会が結束して習近平中国の覇権主義を阻止するほかない。

 民主主義も自由も認めない中国というに国は、平和共存などという発想がない強権国家だ。彼らが唯一、信じるのは「力」だけである。

ゴーン被告は「卑しい」とフランス労組幹部が批判!

 【パリ時事】フランス最大の労働組合、労働総同盟(CGT)のマルチネス書記長は14日、仏テレビに出演し、仏自動車大手ルノーに対して退職手当を要求している日産自動車前会長カルロス・ゴーン被告を「卑しい」と非難した。

 マルチネス氏は「ゴーン被告はルノーで数万人を解雇した。雇用と業界をめちゃくちゃにしておきながら、ルノーをクビになった従業員のように労働裁判所へ行こうとしている」と指摘。「彼は人を見下す金持ちだ」と糾弾した。 (以上 時事通信)

詳しくはここをクリック
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020011500219&g=int

**************************

 保釈の身で日本から逃亡したゴーン被告はカリスマ経営者のように言われたが、その実は単なる「人斬り」コストカッターに過ぎない。彼の巧みな宣伝術にダマされ、虚像を垂れ流した新聞、テレビ、雑誌がいかに多いか改めて問われよう。

 赤字の日産を建て直したというがゴーン被告は4万人を超える日産社員を容赦なく切り捨てた。社員は家族との基本的な考えの日本人経営者には、とてもそんな残酷なことは出来なかった。そこに経営の苦悩があった。

 だが、ゴーン被告にとっては、日本は他国の上に彼はカネがすべて。カネのためなら首切りなどいとわない性格だから、大胆な行動に打って出たわけだ。

 マルチネス書記長の指摘の通り、ゴーン被告は「雇用と業界をめちゃくちゃ」に破壊した犯罪者だ。

これはまだ序の口!企業倒産は4カ月連続で増加!

 負債総額1000万円以上の昨年の企業倒産件数は8383件と、リーマン・ショック以来、11年ぶりに前年を上回った。東京商工リサーチが14日、発表した。

 負債総額は1兆4232億円。倒産件数は4カ月連続で前年を上回った。

 これはまだ序の口。これから本格的な不況の嵐が日本列島を襲う。

 安倍政権による“上げ底景気”の化けの皮が次第に剥がれよう。

「ふんどし」か「下帯」か? どっちがいい?

 北海道木古内町の佐女川神社で13日夜、190年続く神事「寒中みそぎ」が始まり、行修者と呼ばれる4人の若者が下帯姿で冷水を掛け合って身を清めた。  

 氷点下の境内に「えいやー」と叫び声が上がり、4人が代わる代わる互いの背中に水を浴びせ合った。(以上 共同通信)

詳しくはここをクリック
https://this.kiji.is/589408145409426529?c=39546741839462401

***********************

 マスコミは「ふんどし」と言わず、「下帯」という。だが、私はこの表現が好きでない。「下帯」という表現はあるが、ある、なし、を言っているのではない。今回の場合、どっちの表現が適切かというのだ。

 NHKなどは上品ぶって何でもかんでも、意識的に無理して言葉を「言い換え」たりする。愚の骨頂だ。

 真冬の氷点下の下で4人の若者が全身に、冷水を何杯も浴びせられる。

 ここは「ふんどし一丁」でグッと歯を食いしばりガマンする若者たち、とした方がより適切で表現に「迫力」がでるのではないかと私は思う。

北島三郎の名曲「祭」に、こんな一説がある。

 「白い褌(ふんどし) ひきしめた 裸若衆に 雪が舞う  祭りだ 祭りだ 祭りだ 豊年祭り  土の匂いの しみこんだ 倅その手が 宝物」

 直木賞を受賞した大作家、なかにし礼が作詞しただけに、言葉が秀逸だ。

 日本語と言うのは、一義一語に込められたいい気な意味がある。その言葉を、どこでどう引き出して、どの場面で使うかが重要だ。

 まして、記者なら「より言葉を大事に」して欲しい。

 今回の場合は多分、佐女川神社の広報から「下帯」とレクを受け、そのまま使ったのだろう。 
 
 私は日本の伝統芸である古典落語を披露するので、余計に違和感を覚える。

 「蛙茶番」という古典落語にこういう場面がある。

半次 
 並みのフンドシじゃあしょうがねーだろう。江戸っ子がやる舞台番だ。チョイと粋なところを見せてえじゃあねえか。去年の祭り。みこしを担いだ時、オレがしてたフンドシ、オメエ、憶えているか?

定吉 
 憶えてるよ半さん、あれ一番、目立ったよ。あの真っ赤なやつ。

半次 
 それなんだよ、緋縮緬のフンドシだ。

 こんな粋な江戸っ子が登場する噺に「下帯」なんという間が抜けた言葉を使ったら、落語が腐っちまう。野暮もいいところだ。

 お公家さんでもなかろうに「下帯」などと言う野暮な表現を使うことはない。若者は「ふんどし」でいい。

強姦魔・山口敬之逮捕を握り潰した中村格が警察長官に王手!

 安倍晋三はよほど警察官僚が好きなようだ。

 昨年12月26日には警察庁の栗生俊一長官、松本光弘次長、北村博文交通局長、大石吉彦警備局長、警視庁の三浦正充警視総監、斉藤実副総監を招き会食しながら、2時間みっちり密談した。警察を押さえておけば「怖れるものは何もない」と考えたのではないか。

 その上、衆参の選挙となると警察組織が全力を上げて新聞記者もどきの情勢取材を試みる。何しろ警察は全国の地区ごとに網の目のように細かく担当が分かれているので記者もかなわない。

 そのデータが官邸に逐一報告される仕掛けだ。だから権力を握ると強いのだ。ちょっとやそっとでは太刀打ちできない。

 週刊新潮が「山口敬之」準強姦逮捕状握り潰し中村格氏が「警察長官」に王手という悲劇、と題して警察幹部の人事を解説した。次の次の人事で中村格警察長官が誕生する雲行きだと警告した。

*******************
週刊新潮

「首相が警察幹部を労った、いわゆる“お疲れ様会”ですね。すでに官邸には、新しい長官と総監の人事が伝えられています」  順当に行けば、1月のどこかの閣議で人事が了承されることになる。

 そして、次長に就任する中村格氏である。

 2019年12月18日、ジャーナリスト・伊藤詩織さん(30)が元TBSワシントン支局長の山口敬之氏(53)を訴えた民事訴訟で判決が下り、結果は詩織さんが勝訴した。

 そもそもの原因は、2015年4月4日未明、山口氏による準強姦事案が発生したことにある。警視庁高輪署が逮捕状を持って成田空港で山口氏の帰国を待ち構えていたところ、その直前に逮捕は中止。

 捜査員は目の前を行く山口記者をただ見つめることしかできなかった。

 中止の命令は、当時の警視庁刑事部長だった中村氏によるもので、彼自身、「(逮捕は必要ないと)私が決裁した」と週刊新潮の取材に認めている。

 中村氏は菅義偉官房長官の秘書官を長らく務め、その絶大な信頼を得てきた。

 山口氏逮捕の中止命令をする一方、安倍首相元秘書の子息による単なるゲームセンターでのケンカに捜査一課を投入し、相手を逮捕するという離れ業もやってのけた。

 官邸絡みのトラブルシューター・守護神・番犬たる部長が、いよいよ警察庁長官の座に手をかけたということになる。

詳しくはここをクリック
https://www.dailyshincho.jp/article/2020/01120600/

日本の若者は無気力で悲観的、そして後ろ向き!各国調査

 日本財団が2019年9月に世界の若者の意識調査を実施した。それによると、日本の若者は「無気力で悲観的、そして後ろ向き」と分かった。

 例えば、「自分たちの力で国や社会を変えられる」かについて質問したところ、米国の 65.7%に対して日本はたったの18.3%だった。

 これは若者だけのせいではない。こういう子供に育てた親の責任だ。

 社会に無関心。政治に無関心。ただ、受験に合格することだけで満足していた愚かな親たちが今、永年の付けを払うことになる。

 こんな若者が、意欲満々の米国や中国、韓国の若者たちと伍して生きて行けるのか? 

 これからは世界と勝負する時代だ。もう、偏差値は通用しない!

 インド、インドネシア、韓国、ベトナム、中国、イギリス、米国、ドイツ、そして日本の17から19歳の各1000人を対象に質問した。

 「自分を大人」と考えている日本の若者は約30%と他国の3分の1から半数近くにとどまった。

 「将来に夢を持っている」は、他国がすべて「80%以上」だったのに対し、日本は60.1%だった。

 「自分たちの力で国や社会を変えられる」も米国の 65.7%に対して日本は18.3%だった。

 国の将来については「良くなる」の回答率9.6%は9カ国中最低だった。トップの中国(96.2%)の実に10分の1だ。

 逆に国の将来が「悪くなる」の約38%は9カ国中、日本がトップだった。

詳しくはここをクリック
https://forbesjapan.com/articles/detail/31701

ゆうちょよ、お前もか! 元凶は小泉純一郎と竹中平蔵!

 ゆうちょ銀行は4月1日から、月一回まで無料だった現金自動預払機(ATM)による振り替え送金を初回から有料化すると1月10日に発表した。

 無料だった通帳や貯金証書の再発行も1100円とする。通帳の余白がなくなった場合の繰り越しは無料。

 千数百万人の利用客が料金改定の影響を受ける。
 
 日本郵政はお年寄りをカモにしていくつも保険に加入させるなど悪事を働いてきた。それがバレて営業停止処分を食らった。

 その結果、収益が悪化。そうしたツケを庶民に回そうというのだ。経営の失敗の責任を私たちに押し付けてきた。

 こんなことになったのも、元はと言えば小泉純一郎と竹中平蔵が郵政民営化を強行したためだ。

 280兆円近くの預金高を誇る郵便局は安定経営を続けていた。「庶民の銀行」だった。

 それを米国が「民営化して280兆円を海外の保険会社にも開放しろ」と迫った。

 「承知しました」と命令に従ったのが小泉純一郎と竹中だ。

 当時、自民党の中には反対論が強かった。小泉純一郎はそうした声に「抵抗勢力」というレッテルを張って、追い落としを図った。

 お粗末なマスコミが、小泉純一郎の提灯持ちになって反対論を封じ込めた。

 その結果が、今の悲惨な状況を生んだ。

 小泉進次郎のおやじ、小泉純一郎と竹中平蔵こそが米国の手先。日本の敵である。売国奴である。

 その流れに乗っているのが安倍晋三だ。

 彼らは日本を完膚なきまで破壊しつくそうとしている。気違いどもだ。

 なぜ、そんなことをするのか?

日本共産党の大会で政界の重鎮、中村喜四郎が挨拶!

 つくづく、「時代は変わった」と実感した。共産党大会に、かつて自民党内で「将来の総理総裁候補」と呼ばれた政界の重鎮、中村喜四郎が「特別ゲスト」として招かれた。

 安倍晋三が政権を担って自民党は変質した。保守からネトウヨに変わった。戦前回帰の独裁化へと進む。

 そうした中で中村喜四郎は議会政治を守るために「野党よシッカリせよ」と野党の応援に回っている。

 南シナ海や尖閣周辺で挑発を続け、香港、チベット、ウイグルで残虐行為を繰り返す中国に対し、沈黙する安倍内閣。それどころか安倍晋三は習近平を国賓として招くつもりだ。

 日本の政党で日本共産党だけが中国の覇権主義に反対し、習近平訪日にNOを突きつけた。立派である。中村喜四郎が大会に駆け付けるのはよくわかる。

***********************
共同通信が報道した。

 共産党は14日開幕した党大会に、元自民党で無所属の中村喜四郎衆院議員を「特別ゲスト」として招待した。

 昨年の高知県知事選などでの野党連携に尽くす姿勢を評価したとみられる。

 中村氏は「全く違う立場だが、力を合わせ頑張っていきたい」と述べ、次期衆院選や東京都知事選での野党共闘を訴えた。

 自己紹介では、約40年の議員生活で「共産党と14回、選挙で戦った。約20年は自民党議員だった」と述べ、笑いを誘った。

 政権獲得を急がず、10年かけるべきだと指摘。次期衆院選は小選挙区で100議席を野党の目標にするよう求めた。

仰天!毎年9400万円の年金を払えとゴーン被告!

「盗っ人猛々しい」とはゴーンのことだ。散々、日産とルノーをしゃぶり尽くしながら、まだ足りないというのか?ゴーンは骨の髄までしゃぶるつもりだ。

 ゴーンに毎年、「9400万円の年金」を支払い続けたら、会社はそれだけでつぶれてしまうのではないか?

***********************

 仏紙フィガロは13日、レバノンに逃亡しているゴーン被告が、ルノーに対して退職金約25万ユーロ(約3千万円)の支払いを求める訴えをフランスの労働裁判所に起こした、と報じた。

 ゴーン被告は年額約77万ユーロ(約9400万円)の年金の支払いも同社に要求している。

熊本と被災地・宮城をつないだ1本のうちわ!

 熊本の小学生が東日本大震災の被災地に送った1本のうちわが取り持った心温まる話だ。あれから随分と月日が経った。あの時の少年は立派に成長。今年成人式を迎えた。

 「あの少年に会いたい」ー。宮城県気仙沼市の千葉しげ子さん(73)は13日、空路で熊本県山鹿市の成人式に駆け付け、念願の若者と対面した。

********************
熊本日日新聞が伝えた。

 その若者が森正秀さん(20)である。

 千葉さんは気仙沼市の海の近くにペンションを建てた。ローン完済し終わって2年後の2011年、東日本大震災が襲った。

 ペンションは跡形もなく流された。

 エアコンや扇風機が自由に使えなかった震災の夏に千葉さんの手元に1本のうちわが届いた。

 表には、熊本と宮城の人たちが手をつなぐ絵。裏には「うしろからぼくたちもおうえんしています。みんな仲間です。いつも笑顔で。山鹿市立三玉(みたま)小学校 6年森正秀」と書いてあった。

 「1本のうちわに背中を押され、笑顔で頑張ることができた」と千葉さん。

 その後2012年10月、気仙沼市内の高台にペンションを再建した。それから夏が来るたびに、うちわを見ては「森君は中学生になった」「高校を卒業した」と思いをはせるようになった。

 昨年7月、森さんが間もなく20歳になると気付き、お礼とお祝いに成人式へ行こうと決めた。日程を調べて航空券を購入。昨年末、山鹿市教育委員会に手紙を書いた。

 そして成人式。うちわを送ってくれた小学生は立派な青年に成長していた。感激のあまり抱き合い、千葉さんは涙で握手を交わした。

 今、森さんは地元の高校を卒業後、福岡県の自動車工場で働いている。「初めてなのに他人じゃない気がした」と森さん。千葉さんから成人祝いの筆記具を贈られて、はにかんだ。
 
 「感無量です。いつか気仙沼に遊びに来てほしい」と千葉さん。(以上 熊本日日新聞)

元の原稿はここをクリック
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200114-00000005-kumanichi-l43

京都市長選で立憲、国民は自公候補を応援!

 2月2日の京都市長選挙。現職の門川大作を自公と立憲、国民などの相乗りで推薦している、と天木直人が自身のブログで言った。

 共産党が推す元京都弁護士会副会長の福山和人を立憲民主党も、国民民主党も担いでいるとばかり思っていたので驚いた。

 だって、そうではないか。国政では野党共闘だと騒いでいた。

 国政で共闘して、京都でバラバラでは支持者は戸惑う。一体どっちが本当なのかと疑う。立憲、国民の2党は一体何を考えているのだろうか?

 それはともかく、天木直人が京都市長選で福山和人が当選したら大変なことになると発破をかけた。現職の門川大作の当選が「信号点滅」だというのだ。

 「なぜなら、いちはやく立候補宣言した地域政党出身の京都市議村山祥栄が門川票を奪うからだ」と天木。

 その結果、福山和人が漁夫の利を得ると危機感を募らせる。「おまけにれいわ新選組がついた。これでは勝てるはずがない」と嘆く。

以下天木の弁だ。

 共産党とれいわ新選組の勝利は確かに金星となる。それがそのまま野党共闘につながれば政権交代の可能性も出てくる。しかし、そうはならない。野党が分裂する恐れが出て来るからである。

 その一方で、与党は安倍晋三では総選挙に勝てないとなり、一気にポスト安倍に走る。そして、次の総選挙までに勝てる代表を選んで引き締める。

 かくて日本の政治は政局に明け暮れ、その政局は更なる混乱必至となる。国政は与野党の分裂含みで次の総選挙に向けて大混乱が始まる。

民度の低い日本にとって投票率74・9%は夢の数字!

11日の台湾の総統選挙は、現職の与党・民進党の蔡英文総統(63)が817万票余り、得票率およそ57%、南部・高雄の市長で最大野党・国民党の韓国瑜氏(62)が552万2000票余り、得票率およそ38%などとなり、蔡氏が再選されました。

投票率は74.9%でした。

蔡総統の得票は1996年に台湾で初めて直接投票による総統選挙が行われて以来、最も多くなりました。

また、同時に行われた議会にあたる立法院の選挙も、113議席のうち、民進党が61議席、国民党が38議席などとなり、民進党が過半数を維持して第一党となりました。

蔡総統は11日夜、記者会見を行い、中国に対して「武力による脅しを放棄すべきだ」と述べ、将来の台湾統一を目指し、武力の行使も辞さないとする中国に対抗する姿勢を示しました。  (以上 NHK)

******************************
投票率74.9%とは実に羨ましい限りである。

この結果は、台湾の人たちが共産中国との関係をいかに重大視しているかがよく分かる数字だ。

蔡英文総統が地滑り的大勝を収めたことは習近平の明確な敗北である。

台湾の人たちは、香港と同様、台湾の共産化に「NO」と言った。


要注意! 中国大陸でナゾの奇病が次々発生!

 中国大陸でナゾの奇病が次々発生している。

 武漢で相次いで発生し死者まで出した原因不明のウイルス性肺炎とは別に、今度は深圳で謎の肺炎にかかり、インド人女性が呼吸困難に陥った。

 原因が分かれば対策も立てられるが、全く分からないだけにお手上げ状態だ。

**********************

 【北京共同】中国広東省深セン市の病院は13日までに、インド人の女性(41)が重い肺炎を発症したと発表した。

 感染源など詳しい原因は不明だが、湖北省武漢市で相次いで発生している原因不明のウイルス性肺炎とは「無関係」としている。中国メディアが伝えた。

 女性は深セン市で教師をしており、11日に入院、呼吸困難に陥った。発症前に市外を訪れたり、肺炎患者と接触したりはしていなかった。

 2003年に大流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)や中東呼吸器症候群(MERS)、武漢の肺炎患者から検出されたコロナウイルスの可能性は排除したという。

サクラ疑惑やカジノ汚職の追及怖れ海外逃避の安倍晋三!

 安倍総理大臣は、サウジアラビア側が用意した民族衣装を着用して会談に臨み、サルマン国王との首脳会談に続いてムハンマド皇太子と会談し、地域の安定と緊張緩和に向けて、関係国が力を結集すべきだという認識で一致しました。

 と、NHKがその都度、安倍晋三の一挙手一投足をきめ細かに報じた。

 そんなに無理してヨイショすることはない。「地域の安定と緊張緩和に向けて」務めるのは当たり前のことで、別に晋三がわざわざサウジアラビアまで行って強調するほどの話ではない。

 安倍の外遊はほとんど中味がない訪問だが、今回は特にひどい。

 日本にいたら連日、サクラ疑惑やカジノ汚職で世間の批判にさらされるので海外に逃避しただけだ。一泊数十万円、下手をすると中東の場合100万円を超える部屋かも知れない。

 そんな豪華なホテルに泊まり、旨いものを食って、下にも置かない「おもてなし」を受けると、日本などにはいたくなくなるだろう。

 空の足は「空飛ぶ貴賓室」と呼ばれる政府専用機である。双発ジェット機としては世界最大で、ベッドや木目調の会議室まで付いている超豪華版だ。

 外遊は派手に報道してくれるので、これでまた内閣支持率があがるだろう。

 安倍晋三が外遊が大好きな理由が分かろうというものだ。

難クセ!説得力を欠く朝日のこの記事!

 朝日は言葉尻を捕まえて難クセを付けるようなことはしない方がいい。批判は正攻法で行きたい。

 麻生のこの言葉は乱暴だが、成人式と言うと解き放たれたかのように派手な格好をして暴れまわる暴走族のようなのがしばしば記事になる。

 おそらく、麻生はそんな光景が頭に浮かんだのだろう。はたち「前と後」では社会の見方が変わる。今日からは一人前の大人だ。甘やかしはない。だから「自覚しろ」と呼びかけた。

 私は特に問題ではないと思う。これぐらいのことは、この記事を書いた記者クンも言うのではないか。

 不正を胡麻化したり、ウソをつく、デタラメを言ったら別だが、何でもかんでも麻生が気に食わないからと「現役の記者」が揚げ足取りをするのはよくない。第一、説得力を欠く。

**********************
朝日の醜い記事。


麻生太郎副総理兼財務相(発言録)
 二十歳を境に何が違うのか。飯が食える、たばこが吸える、酒が飲めるとかなんてどうでもいい。
 
 それより、皆さんがた、もし今後、万引きでパクられたら名前が出る。少年院じゃ済まねえぞ。

 間違いなく。姓名がきちっと出て「20歳」と書かれる。

 それだけはぜひ頭に入れて、自分の行動にそれだけ責任が伴うということを、嫌でも世間から知らしめられることになる。それが二十歳だ。(12日、福岡県直方市での成人式来賓あいさつで)

習近平の共産中国を今後も批判し続ける!

台湾選挙で蔡英文総統が大勝した。習近平の共産中国に拒否を突き付けた、とブログ「半歩前へ」に書いたら、途端にそっぽを向いた輩たち。

おそらく日本人になりすました共産中国の工作員だろう。

私が安倍政権を批判するので”同志”だと錯覚して近づいてきた。

私は香港を、チベットを、ウイグルを、そして中国内の民主派を弾圧する共産中国、習近平の独裁を今後も批判し続ける。

新帝国主義の中国に抗議し続ける。

気に食わない者は、ブログ「半歩前へ」から直ちに立ち去れ!

そうした輩がブログ「半歩前へ」を読んでいる、と思うだけで吐き気がする。

共産中国のスパイやシンパに用はない。

ゴマすり記者と安倍晋三が銀座で豪華な新年会!

古新聞の回収ではないが、毎度おなじみの取り巻きのゴマすり記者と安倍晋三が銀座で豪華な新年会を開いた。


1月10日の首相動静

午後6時21分、北村国家安全保障局長。
 
45分、東京・京橋の日本料理店「京都つゆしゃぶCHIRIRI 銀座京橋店」。

曽我豪  朝日新聞、

山田孝男 毎日新聞、

小田尚  読売新聞、

島田敏男 NHK名古屋、

粕谷賢之 日本テレビ、

石川一郎 テレビ東京、

田崎史郎 別名はスシロー

と会食。9時36分、東京・富ケ谷の私邸。

 官邸のアイヒマン、警察官僚上がりの北村滋から表に出せない闇情報を含む様々な情報を耳打ちされた後、安倍親衛隊の子分たちを伴って、労いの親宴会。

 「京都つゆしゃぶCHIRIRI」と言ったら高級店として知られている。ひと部屋借り切って会食となると、1人1万円ではとても収まらない。そこにアルコールが付くと・・・恐ろしくて計算できない。

 ここに登場した連中が家族ずれで食べになどできない値段だ。

 そんな、庶民にとっては高根の花で安倍晋三と杯を酌み交わし、料理に舌鼓を打ちながら3時間も情報交換をするマスコミの恥さらしたち。

 癒着そのものだ。またそれを許す朝日や毎日、NHK、読売などの会社の態度。皆さんはどう思う?

 ただ、そこに共同通信と時事通信、東京新聞の名前がないのが救いだ。

 スシローは時事通信にいたが、彼は「時事通信」の名前を食い物にしていた。

 「時事通信政治部記者」の肩書をフルに悪用し、安倍晋三ら政治家に接近。

  今は退職し、安倍晋三の広報マンとしてワイドショーで晋三のPRに努めている。

心配ご無用、安倍政権は当分安泰だ!

 久々に安倍政権に抗議する集会が開かれた。

 自衛隊の中東派遣や「桜を見る会」の疑惑、公文書改ざんなど数々の問題に抗議し、安倍晋三首相の退陣を求めるデモ行進「OccupyShinjuku(新宿占拠)0112」が12日、東京・新宿であり、主催者発表で約3000人が集まったと毎日新聞が伝えた。

 集まった数がたったの3000人とはさみしい限り。

 東京の人口は1400万人。千葉や神奈川、埼玉などを足した首都圏だとざっと4000万人だ。それで3000人とは情けない。

 740万人の香港では最大200万人の香港市民が民主主義を守るために中国への抗議デモに参加した。街の主な通りを抗議の人々で埋め尽くした。独裁政治への反発が怒りの住民パワーとなった。

 日常的に共産主義の恐怖と対峙している香港と日本を単純に比較は出来ないが、香港は日本よりはるかに教育水準が高く、知的レベルも日本の非ではない。そうした背景が政治への関心度に大差をつけている。

 韓国でも毎週のようにソウルで繰り広げた100万人デモが、やがて韓国全土に広がり、政権を打倒した。

 それに比べ日本では、森友事件も、加計疑惑も、サクラ疑惑も、カジノ汚職も何一つ真相が解明されていない。おまけに私たちの生活を支える年金資金が無断で株の購入に使われているにもかかわらず、身動き一つせず「傍観」したままだ。

 これだけ政権の私物化が続いてもまだ、懲りないようだ。香港の200万人は人口比からすると日本なら3000万人に相当する数だ。それがたったの3000人。

 日本人がいかに社会や政治に無関心か分かる。こうしたことが安倍の長期政権を許す背景となっている。 

 安倍政権は当分安泰だ。

ゴーンは今回の逃亡劇を映画化しカネにする構想!

 「ころんでも、ただでは起きない」というが、ゴーン被告は今回の逃亡劇を映画化するため、既にハリウッド映画のプロデューサーであるジョン・レッシャー氏と構想を話し合っていた。

 TBSとのインタビューでゴーン被告は妻のキャロル容疑者と再会した時について問われると、アメリカ人がトルコの刑務所から脱獄する映画を引き合いに、「まるで映画“ミッドナイト・エクスプレス”のようだと感じた」と語った。

 せっかく映画にするなら、こっちの方も付け加えたらどうか。

 雑誌「Forbes」は、「カルロス・ゴーンの父親は神父を銃殺し、死刑判決を受けていた」
と題してこのように伝えた。

 ドバイのアル・アラビーヤ国際ニュース衛星放送が報じたところによると、フランスのオプセルヴァトゥールの東京特派員レジー・アルノー記者が、『逃亡者』という本を2月5日に発売する。

 その本に、ゴーンが6歳の時、父親のジョージが犯した殺人事件について触れていることが明らかになった。

 1960年4月17日。レバノンの村の路上で銃殺された神父の死体が発見された。逮捕された犯人の一人が、ジョージ・ゴーン。ダイヤモンド、金、外貨、麻薬の密輸業者であり、ジョージは検察官の取り調べに対し、「ただの脅しのつもりが最悪の結果になってしまった」と供述している。

 その後、さらなる驚きの犯罪が発覚する。刑務所に送還されたジョージは、看守たちに賄賂を配り、刑務所のドンとなった。昼間は刑務所外で過ごし、夜は刑務所に戻る形で、近くに開いた賭博所で看守や囚人たちをもてなしていたという。

 仲間が衝撃的な供述を行う。ジョージが検事、予審判事、刑事裁判所長の殺害計画をもちかけていたというのだ。これによって、ジョージ・ゴーンは1961年1月9日に死刑判決を言い渡された。

詳しくはここをクリック
https://forbesjapan.com/articles/detail/31734

安倍晋三とジャニーズ事務所・吉本興業とNHKと!

 民放に比べNHKのアナウンサーは聞きやすい。厳しい訓練を経てテレビやラジオの現場に立つので、活舌がよく、とても話す言葉が聞きやすい。

 それほど優秀なアナウンサーを大勢抱えているのにNHKはジャニーズ事務所や吉本興業のタレントを司会などに多く起用。

 そのおかげで、煽りを食ったアナたちは出番がめっきり少なくなった。

 以前はこんなことはなかったが、安倍政権になって顕著になった。

 私は餅は餅屋に任せるべきと考える。NHKのアナは民放とは比較にならい程、奇麗で抑制が効いた言葉を話す。

 民放の女子アナの中には甲高いキーキー声で早口に話すのがいる。こういうのはアナウンサー失格だ。顔やスタイルがいいというだけで採用したのではないか?

 そうした中で北海道新聞に興味深い記事が載った。

 「安倍首相、芸能人と急接近 頻繁にSNSに写真投稿」と銘打って次のように報じた。

 安倍晋三首相が、大手芸能事務所のジャニーズ事務所、吉本興業と急接近している。両事務所所属の人気アイドル、タレントと会食する様子などを、写真共有アプリ「インスタグラム」と、「ツイッター」に頻繁に投稿するようになった。

 若年層への支持を広げるイメージ戦略とみられるが、専門家からは権力者と芸能人の距離感を問題視する声も出ている。  (以上 北海道新聞)

 なかなかいい指摘だ。自民党の支持層と言えば以前は農協や遺族会だった。ところがTPPなどで農業切り捨てが相次ぎ、JA(農協)の自民党離れが激しい。遺族会は高齢化で、もはや有名無実と化した。

 そこで電通とタイアップした安倍自民党が目を付けたのが若い世代だ。狙いはずばり当り、新有権者となった18歳から20代、30代、40代の政党支持率トップに安倍自民党が躍り出た。

 こうした安倍側の動きがNHKに微妙に作用しているのではないか?NHKトップの人事は安倍政権が握っている。阿吽の呼吸で以心伝心?

 一方、ジャニーズ事務所、吉本興業にとって政権と仲良くすることで損はない。現に安倍内閣は吉本興業に100億円を超える支援金を出している。

 今やジャニーズ事務所、吉本興業がNHKのアナウンス部門を占拠している形だ。

 安倍晋三とジャニーズ事務所、吉本興業とNHKのトライアングル?

北海道新聞の報道はここをクリック
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200112-00010000-doshin-pol

山本太郎は「言葉だけの世襲議員」小泉進次郎とは違う!

 去年の今ごろは振り向きもしなかったマスコミが、夏の参院選挙で山本太郎が2人の国会議員を誕生させたことで仰天。以後、にわかに注目し始めた。

 今や安倍晋三も足下に及ばない「時の人」となった。

 これと反比例するかのようにすっかり影が薄くなったのが小泉進次郎である。

 一議員の場合は、得意の「後出しジャンケン」でエラそうなことを口走っておればよかったが、大臣さまになった途端、メッキが剥げた。「無知で無恥」の本性がバレた。

 「将来の総理候補」は単なるシャレだったのか。親の七光り議員・小泉進次郎はすでに「過去の人」となり果てた。

********************
サンデー毎日に毎日の元社会部、牧太郎がこう書いた。

 去年の忘年会の帰り。千鳥足の友人が「わたくし、進次郎ファンを引退しま〜す」と怒鳴った。「俺も同じだ!」と学生時代の仲間3人が賛同した。1年前は「進次郎総理誕生か!」といった雰囲気だったのに......どうやら「裏切られた気分」なのだろう。

 いくらファンが多いと言っても、官邸という「政治の場」を利用して「結婚」という私事を発表するなんて......。元々、官邸に出向き報告するような話なのか?「場」をわきまえない。

 進次郎は、こんな常識外れの人間だったのか?

 環境相になってからも冴(さ)えない。COP25で「私は世界でも最年少の大臣の1人だ。来年、子供が生まれる。世界の未来は私の子供の未来だ。未来への責任を果たす」と自慢げだったが、具体策も数値目標も示さなかったから、海外メディアから総スカンを受けた。

 ファンが逃げるのも当たり前じゃないか?

    ×  ×  ×

 それに引き換え「れいわ新選組」の山本太郎の人気はジワジワと上がっている。

 参院選で〝落選〟した直後から「野党共闘で譲れないのは消費税率5%への減税。他の野党がこれに乗れないなら、私たちは次の総選挙で100人の候補を立てて独自に戦う!」と宣言、「全国ツアー」と称して各地を回っている。

 年末「れいわ新選組」のボランテイアに参加した友人が言う。「新宿南口の集会で、ホームレスのような男性が〝数えてくれ!〟と封筒を差し出すんだ。見ると50万円が入っていた」。山本太郎のファンがなけなしのカネをカンパしている(ボランティアを装った他党の〝密偵〟が潜入しているらしく、年末、国会の郵便局から郵送した「寄付の領収書」の多さに驚いた!という話もある)。

 新年に入っても、山本自身が商店や民家を一軒一軒回り、ポスターを壁に貼らせてもらっている。

「言葉だけ」の世襲議員とは違う。地に足が着いている。

詳しくはここをクリック
「進次郎ファンを引退しま〜す」の面々が今や"山本太郎命"!
http://mainichibooks.com/sundaymainichi/column/2020/01/19/0119-07.html
サンデー毎日 2020年1月19日号

カジノ汚職!IR整備「見直すべき」が70.6%!

 米国のギャング映画には必ずカジノが登場する。カジノの縄張り争いからギャング同士が殺し合い。カジノは彼らにとっては命に代えても手放したくない蜜が滴るカネのなる木だ。

 安倍一派は「ヤクザには手を出させない」と豪語した。そんな建前が通用すると本気で思っているのだろうか? もしそうだとしたら、甘ちゃんもいいところ。

 昔からバクチにヤクザは付き物だ。賭場荒らしに遭った時、お上に願い出ても「おいそれ」とはいかない。

 そこで登場するのが用心棒の地元ヤクザ。「蛇の道は蛇」と裏社会に通じた彼らは素早く問題を処理する。

 そんなわけで街道筋の親分がお上から十手を預かっていたぐらいだ。二足の草鞋を履いていた。

 時代が変わっても基本は変わらない。ばくち場で「一攫千金を当て込もう」と考える連中の中には、いろんな手口を心得た者が潜んでいる。

 絶対にキレイゴトだけでは済まない。

 今は知らないが、ひと昔前は大手ゼネコンには右翼やヤクザが「顧問」などの肩書で一部屋あてがってもらっていた。土地の収用や入札、工事、建設を巡る金品の要求などのトラブルが起きると彼らの出番だ。

 どの大企業にも警察には言えない、表沙汰には出来ないことがある。そんな企業の「汚れ」の処理役を担ってきたのが彼らである。大手ゼネコンと右翼やヤクザは「持ちつ持たれつ」でやって来た。これが実態だ。

 ましてや、数百万、数千万、時には億単位のカネが飛び交うギャンブルの巣、カジノでトラブルが起きないわけがない。

 バクチで負けた多額のカネの回収はどうなるのか? 逆に店が繁盛し過ぎると、よそから「賭場荒らし」が来ないとも限らない。相手はその筋のクロウトだ。「とてもサツの手には負えない」となると、どうなるのか?

 こんな塩梅で「カジノとギャング」は切っても切れない関係なのである。

 そんなゴタゴタは「ご免被りたい」というなら、最初からカジノを誘致しないことだ。

 子どもの教育にいいためしがない。百害あって一利なし、それがギャンブルだ。

**********************

 共同通信社が11、12両日実施した全国電話世論調査によると、 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の汚職事件を受け、IR整備を70.6%が「見直すべきだ」と回答した。「このまま進めてよい」は21.2%だった。

内閣支持率の回復に手を貸す立憲民主党!

 共同通信社が11、12両日実施した全国電話世論調査によると、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の汚職事件を受け、IR整備を70.6%が「見直すべきだ」と回答した。「このまま進めてよい」は21.2%。

 海上自衛隊の中東派遣については「反対」が58.4%で「賛成」の34.4%を上回った。

 内閣支持率は49.3%で昨年12月の前回調査比6.6ポイント増。不支持は6.3ポイント減の36.7%だった。野党合流協議の難航などが背景にあるとみられる。

 安倍政権は、IRを東京五輪・パラリンピック後の景気浮揚策と位置付ける。 (以上 共同通信)

*************************

 内閣支持率がまた持ち直した。野党合流協議の難航などが背景にあると共同通信。この説明はよくわかる。

 内閣支持率の動向には安倍本人に対する「直接要因」と野党の動向などの「間接要因」が結果に大きく作用することが分かった。

 安倍を引きずり降ろしたくても肝心の受け皿がないとどうにもならない。

 本来ならな野党第一党の立憲民主党がその役を担うべきだが、承知の通り、あの体たらく。

 いまだに引っ付くのか引っ付かないのかゴタゴタを続けている。

 私などは関心もないのでブログ「半歩前へ」にも取り上げない。無視したままだ。

 それに代わって日本共産党のブログ「半歩前へ」への登場回数が急激に増えた。

 枝野の責任は重大だ。ゴタゴタは、結果的に内閣支持率の回復に手を貸していることになる。

 その自覚も枝野にはないようだ。

安倍はやめろ!「戦争に加担するな」新宿で安倍退陣デモ!

 鼓笛隊の太鼓の音に合わせて「安倍はやめろ!」と掛け声がかかると、みんなが声をそろえて「安倍はやめろ!」と呼応した。

 自衛隊の中東派遣やサクラ疑惑にカジノ汚職、さらには森友事件や加計疑惑、公文書改ざんなど数々の問題に抗議し、安倍晋三の首相退陣を求める抗議デモ「Occupy Shinjuku(新宿占拠)0112」が12日、東京・新宿で開かれた。

 その時の模様を毎日新聞が動画ニュースで記録した。1分56秒。

詳しくはここをクリック
https://mainichi.jp/articles/20200112/k00/00m/040/188000c

「一国二制度は災難、蔓延してはならない」と周庭さん!

 台湾総統選で蔡英文総統が再選したことに香港の若者たちは一斉に歓迎の声を上げた。

 香港の女子大生、周庭さんは蔡総統の勝因について「香港デモの影響が大きい」と指摘した。

 過去半年にわたり、香港が抗議活動を通じて「一国二制度は通用しない」「本当の二制度は存在しない」ことを証明した結果、香港のようになりたくない台湾の有権者が蔡総統を支持したと言った。

 周さんは10日のフェイスブックに「台湾の友人たちへ」と題する文書を公開。

 「今回の総統選は独裁と民主の戦いです」とし、「この数年間、香港人は中国という独裁国家の恐ろしさを身をもって感じてきた。どうか、あなたたちの主権、民主と自由を守ってください。一国二制度は災難です。もう蔓延してはならない」と訴えた。


 また、雨傘運動の元リーダー、黄之鋒さんもフェイスブックで「台湾の人々が民主主義と自由を守り、中国共産党の侵害行為にNOを突き付けた」と総統選の結果を評価。

「今夜は香港人にとっても貴重だ」とし、「香港と台湾は自由世界の最前線で中国の脅しと戦い続けていく」とコメントした。

詳しくはここをクリック
https://www.sankei.com/world/news/200111/wor2001110057-n1.html

日本共産党と中国共産党の立場の違い鮮明とNHK!

 NHKによると、志位委員長は、12日のNHKの日曜討論で「中国に対する綱領上の規定の見直し」を行う。

 「南シナ海や東シナ海で乱暴にふるまい、大国主義や覇権主義がひどくなっている。香港やウイグルに対する人権侵害の問題が深刻化していて、社会主義を目指す国という規定は削除する」と述べ、共産党と中国共産党との立場の違いを鮮明にする考えを示しました。

詳しくはここをクリック
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200112/k10012243161000.html

日本で唯一の「正党」が日本共産党である!

 習近平中国の領土・領海「拡張主義」に真っ向から反対し、鋭く批判する日本で唯一の「正党」が日本共産党である。
 
 私は支持者ではないが、この勇気に敬意を表したい。これこそ日本の政党である。民主主義政党である。

詳しくはここをクリック
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200112/k10012243161000.html

 これで、政党名を共産党から別の名称に変えたら立憲民主党はもとより、自民党の票まで取り込んで大躍進するのは確実だ。もちろん暴力革命などと言う時代錯誤は削除しての話だ。

 それに比べ、安倍の独裁を許し、ネトウヨ化した自民党どうした?言っておくが安倍自民党を保守政党だと誰も思っていない。限りなく独裁に近い危険極まりない「要注意政党」である。

 1年中、くっつくとか、別れるとか能書きばかりたれて、日々暮らすグータラでグズグズのヘナチョコ立憲民主党。

 キミたちは香港市民が命懸けで習近平の弾圧と戦っているにも関わらず知らんぷり。民主主義が破壊されようとしているのに無反応だ。

 本日12日も中国公船が尖閣で挑発を続けたが、これも見て見ぬふりだ。

 自民党は本当に日本の政党なのか? あれほど習近平にゴマをするところを見ると、中国の出先機関ではないか?

 立憲民主党は「党」と名前がついているが、冗談抜きに本当の政党なのか?

 キミたちは共産中国にものが言えない出来損ないの腰抜けだ。

知っているか? イランと中国で1月11日に起きたこと!

 【テヘラン共同】イラン政府が11日、ウクライナ機撃墜を認めたことを受け、首都テヘランで抗議デモが発生し、ファルス通信によると約千人が参加した。墜落は事故との虚偽説明を一転させた当局に対し国内で怒りの声が広がった。

 ちょうど同じ11日に中国ではこんなことが起きた。

 NHKの海外放送で台湾総統選挙の投票に関するニュースを伝えた際、蔡英文総統が1票を投じた場面で映像と音声が中断され、画面が真っ黒になった。その後、最大野党・国民党の韓国瑜氏が投票した場面では放送が通常に戻った。

 中国では政府や共産党にとって都合の悪い内容のニュースが放送される際、放送が中断される。今回の選挙でも蔡総統に注目が集まらないよう中国当局が神経をとがらせていることがうかがえるとNHK。

 イランと中国ではこれほど違う。どっちが民主主義なのか? 

民主主義の勝利だ、自由が独裁に勝った!台湾総統選

 台湾総統選は蔡英文総統が勝つと確信していたが、これほどの大差がつくとは思ってもみなかかった。

 共産主義独裁にNOを突き付けた民主主義の勝利だ。自由が独裁に勝った。

*******************

 【台北、高雄共同】「台湾の人々が民主主義を重んじていることを証明した」―。台湾総統選で再選された民主進歩党(民進党)の蔡英文総統は11日夜、台北市の選挙本部でこう強調した。

 集まった支持者らは「総統、頑張れ」と声をそろえて叫び、喜びの気勢を上げた。

 選挙本部周辺は詰め掛けた支持者らで埋め尽くされた。蔡氏がステージ上に現れ「今日、私たちは民主と自由を守った。明日から一緒に全ての困難を克服しよう」と呼び掛けると、大きな拍手が起きた。

 香港で続く抗議デモをきっかけに中国への反発から蔡氏に投票した人も多く、「香港頑張れ」というシュプレヒコールも上がった。

レバノンの腐敗した人々はもろ手挙げゴーンを歓迎!

 ところで、逃亡犯のゴーンが逃げ込んだレバノンのメディアはゴーンをどう伝えたか? クーリエ・ジャポンから引用する。ゴーンの人となりがよく分かる。

*************************

 「腐敗した人々、レバノンの宗教制度から利益を得ている人々、”レジスタンス”の名の下に国を人質にとっている人々、国の有力者たち、こうした人々は皆、カルロス・ゴーンをもろ手をあげて歓迎した」と述べた。

 そして、ゴーン氏を「世界でもっともショッキングな不正行為の犯人として起訴されている男」と形容し、その男が「国民の貯金を恥知らずにも強奪する国」にやって来たと続けた。

 逃亡先にフランスを選ばず、レバノンを選んだゴーン氏については、皮肉を込めて次のように書いている。

 「いずれにせよ、ゴーンはフランスよりもレバノンに逃げることを選んだのだ。フランスは彼が育ち、国籍も持ち、大企業のひとつを経営してきた国であるのにもかかわらず。なぜなら、フランスの司法は彼のような”成功したビジネスマン”に対してもっと厳しかっただろうから」

 「われわれレバノン人にとって、なんと名誉なことだろう! めざましい成功をおさめていたここ数年、彼はわれわれにまったく無関心だったのに、とつぜん、母国レバノンに勝る国はないと思い出したのだ」

詳しくはここをクリック
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200111-00000006-courrier-int

ダブルパンチの習近平はさらに強硬に転じるのか?

香港に続いて台湾でも共産中国がごり押しする独裁体制を拒否した。

台湾の中国化に反対し続けた蔡英文総統が地滑り的な大勝を収めつつある。開票作業は続いている。

覇権主義を掲げる習近平にとっては手痛い敗北だ。

沈静化したかに見えた中国共産党内での権力闘争が、再燃するのではないか?

連続パンチを受けた習近平が、香港、台湾に対して、これまで以上に強硬な手を打ってくるのか?

警戒が必要だ。

蔡英文総統が圧勝!有権者は「一国二制度」のウソを拒絶!

台湾選挙は蔡英文総統が圧勝した。勝因について時事通信は、次のように強調した。

 蔡氏は選挙戦で、中国が打ち出す「一国二制度」による中台統一方針を拒絶。「台湾の主権と民主主義を守ろう」と繰り返し訴えた。蔡氏は、反政府デモに揺れる香港や米中貿易摩擦といった国際情勢にも助けられ、中国への警戒感を強めた有権者から幅広い支持を得た。

速報!蔡英文総統は過去最多得票! 民主主義の勝利だ!

 台湾の総統選挙で、現職の与党・民進党の蔡英文総統が、記者会見で勝利を宣言した。

 蔡総統は、これまでの台湾の総統選挙で最も多い800万を超える票を獲得した。  (以上 NHK)

詳しくはここをクリック
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200111/k10012242851000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

*********************

 さらに票を上積みする勢い。

 台湾の有権者は賢明だった。習近平中国のウソを見事に見抜いた。独裁政治をハッキリと拒否した。

 民主主義の勝利である!

速報! 台湾選挙は蔡英文総統が再選を確実にした!

 【台北共同】台湾総統選は11日投開票され、台湾独立志向の与党、民主進歩党(民進党)の蔡英文総統(63)が親中路線の最大野党、国民党の韓国瑜・高雄市長(62)らを大きく引き離し、再選を確実にした。

 地元メディアが報じた。香港のデモを受けて台湾で反中意識が拡大し、支持を回復。中国の習近平指導部による台湾統一の圧力を拒否する姿勢が評価された。中国が今後、外交や経済で台湾を締め付け、中台関係がいっそう悪化する可能性がある。

 貿易摩擦などで米中が対立する中、トランプ米政権は蔡政権に肩入れしており、台湾を巡る米中対立が激化する懸念もある。日本政府の対応も注目される。

勝利を確実にし支持者たちに笑顔で応える蔡英文総統の写真は
ここをクリック
https://this.kiji.is/588692690698355809?c=39546741839462401

飯塚幸三は反省の色なし! いまだに遺族に謝罪せず!

 暴走老人、飯塚幸三容疑者はいまだ、逮捕も、起訴も、されずタクシ-で通院するなど贅沢な日々を満喫している。雑誌FRIDAYがレポートした。

 昨年12月下旬の朝9時半、旧通産省工業技術院元院長の飯塚幸三は自宅マンションを出て、妻と共にタクシーに乗り込んだ。向かった先は都内にある病院。

 飯塚は2019年4月、東京・池袋で暴走事故を起こした。フランス料理を食べるためにレストランを予約していた飯塚は妻を助手席に乗せ、車を運転。

 東池袋の交差点に差し掛かると飯塚の車は突然、暴走。親子用自転車に乗っていた松永真菜さん(当時31)と娘の莉子ちゃん(同3)を跳ね飛ばしそのまま疾走した。母子を死亡させ、8人に重軽傷を負わせた。

 「自転車に乗った母と娘にグレーのプリウスが衝突、親子は6mほど吹っ飛ばされていました。プリウスはそのまま猛スピードでゴミ収集車に激突し、スピンしながら横断歩道の人の列に突っ込みました」(事故を目撃した20代の男性)

 あの事故から8ヵ月以上が経った今でも、飯塚は逮捕も起訴もされていない。  (以上 雑誌FRIDAY)

**********************

 ヤツにそんな「楽」をさせていいのか? 飯塚のせいで若いママさんと最愛の一人娘の幼子が命を奪われた。

 飯塚はいまだに遺族に謝罪すらしていない。平気の顔だ。

 これで、反省など微塵もしていないことがよく分かる。

 交差点を青信号で横断していた親子が悪いとでもいうのか? それとも運が悪かったのか?

 元通産官僚上がりの飯塚幸三は「人の心」を持っていない非常識な男である。

 後輩の官僚たち、国家権力がバックについているので、ゆったり構えている。

 警察はなぜ逮捕しないのか。「高齢で逃亡の恐れがない」ことを理由に挙げたが、ほかの高齢者はその場で逮捕された。どういうことか?

インドネシアが日本に南シナ海への投資拡大を要請!

 ロイターによると、インドネシアのジョコ大統領は10日、近海の漁業権を巡って中国と対立している南シナ海ナトゥナ諸島への投資拡大を日本政府に求めた。大統領府が明らかにした。

 ナトゥナ諸島を巡っては先月、付近の排他的経済水域(EEZ)で中国漁船が中国海警局の警備艇を伴って操業していたと報じられており、ジョコ大統領が8日、同諸島を訪問してインドネシアの主権を主張した。  (以上)

**************************

 南シナ海は「俺たちのもの」と豪語し、領土、領海の野心を隠さない共産中国はごらんの通り、周辺諸国のいたるところで挑発を繰り返している。

 軍事力をバックに、いまだに帝国主義をチラつかせるのは習近平中国を置いてほかにない。共産中国のこうしたやり方を新帝国主義と呼んでいる。

 こうした共産中国の野望を打ち砕くにはどうすればいいか? あなたの意見を待つ。

反中意識が追い風! 蔡英文候補が優勢な情勢!

 【台北共同】台湾で11日、総統選の投開票が行われた。同日夜に結果が判明する。

 再選を目指す台湾独立志向の与党、民主進歩党(民進党)の蔡英文総統(63)が親中路線の最大野党、国民党の韓国瑜・高雄市長(62)らを抑えて優勢。

 中国との距離が最大の争点となった選挙の結果は、中台関係や米中対立に影響を与えそうだ。

 民進党は2018年11月の統一地方選で惨敗したが、中国の習近平指導部による台湾統一圧力の強化や、昨年6月以降続く香港での抗議活動によって反中意識が高まったことが追い風となり、息を吹き返した。

 蔡氏は「一国二制度」に反対する姿勢を強調している。 (以上 共同通信)

**********************

 それにしても、この投票風景。長い行列が続く。「一国二制度」とは名ばかりの共産中国に反発する「民主国家」台湾の人々の意識の高さ。尊敬に値する。

投票の順番を待つ長い列の写真はここをクリック
https://this.kiji.is/588527719975388257?c=39546741839462401

 それに比べ、民度の低い日本人は選挙より金儲け。平気で棄権する。卑しい国民である。愚かな国民である。

 その頂点に立つのが安倍晋三だ。われらの「偉大なる首領」だ。北朝鮮もどきのニッポン!

 おっと、向こうは投票100%で全部、金正恩サンだったな、失敬。

日本は内側から浸食されている! 生徒9割が中国人の高校!

 何ともまあ、信じがたい異様な光景だ。NHK「おはよう日本」が放送した驚くべき真実。

 日章学園九州国際高等学校は宮崎県にある私立高校である。元々は日本人生徒を対象に日本人が設立した学校だったが、少子化で生徒が集らず、中国人を積極的に受け入れる方針に転換した。

 その結果、中国人167人、日本人16人と、何と9割が中国人の高校に変身してしまった。

 主な学校行事の式典では中華人民共和国の国歌「義勇軍進行曲」をみんなで斉唱する。

 断っておくが、この高校は中国資本に買収された学校ではない。今でも日本の高校だ。

 少子化時代の中で、学校経営で「黒字」をたたき出すためには、手段など選んでおれないというわけだ。

 とにかくカネになりさえすれば、何だって構わない。

 このほかにも、中国人の手によって北海道の水源地が大規模に買い占められている。

 日本に住み着いた中国人によって全国各地に中国人だけが集う「拠点」を築いている。

 東京や大阪では都心の一等地が中国人によって買い占められている。

 中国共産党はこれを「ソフト戦略」と呼び世界中で拡大している。

 日本は既に中国によって内側から浸食されている。

 唐変木の安倍晋三は、こうした動きに全く関心を示さない。

 ネットには「日本を中国の省にしてしまえ」などと言う暴言が見え隠れしている。

++++++++++++
編注

たかりん。7 新垢の「【中国にほぼ乗っ取られた九州の高校】」の画像を2度、クリックするとNHKの録画が見える。
詳しくはここをクリック
https://anonymous-post.mobi/archives/17773

関連投稿はここをクリック
9割が中国人の高校
http://netgeek.biz/archives/117371

台湾総統選のニュース画面を真っ黒で遮断した独裁中国!

 【北京共同】中国で11日、NHK海外放送が台湾総統選の投票に関するニュースを報じた際、画面が真っ黒になり放映が中断された。

  実際のニュースでは台湾独立志向の与党、民主進歩党(民進党)の蔡英文総統が1票を投じた後、記者団の取材に応じ、投票を呼び掛ける場面が報じられた。   (以上)

***********************

 習近平共産党政権の独裁国家、中国と言う国は、気にいらないニュースは問答無用に真っ黒に塗りつぶす。

 テレビ画面は何も見えない。何も聞こえない。

 自信があれば堂々と、そのまま放映すべきだが、怖くてそれが出来ない。

 共産中国の実態を人民に知られるのを恐れているからである。

 自分たちに「都合のいいニュース」を朝から晩まで垂れ流し、人民を洗脳。

 「拷問」と「洗脳」は伝統的な中国の得意技である。その伝統を巧みに利用しているのが共産中国である。

 「民主主義は共産主義の敵」と言う国家だから、こんなことは朝めし前なのだろう。

正月も休まず日本挑発!これでも日中関係は正常?

 安倍晋三は「日中関係は完全に正常な軌道に戻った」と言った。あきれ果ててものが言えない。寝言は布団に入ってからにしてくれ。

 中国海警局の公船4隻が連日、沖縄県の尖閣諸島の沖合で日本の領海の接続水域を航行。8日には日本領海に侵入し、約2時間航行した。

 このように習近平中国は正月も休まず、10日も日本への挑発を繰り返した。このどこが「正常な軌道に戻った」と言うのか?

 それだけではない。香港市民への弾圧。チベットやウイグルに対する残酷な仕打ち。意味不明な日本人の相次ぐ拘束。軍事力にものを言わせた中国の暴力行為は留まるところを知らない。

 そんな中国の親玉をどうして国賓として招くのか?

 自民党の親安倍議員の中からも批判が続出。日本共産党は党として今春の習近平来日に反対を表明している。

 これでも安倍は「日中関係は完全に正常な軌道に戻った」と言うのか?

 天皇陛下を政治に「利用」するなど、もってのほかだ。

 習近平ごときの対面など断じて許さない。反対だ。

就職氷河期世代が自分たちで全国ネットワーク!

 毎日新聞によると、新卒時に厳しい雇用環境にさらされた就職氷河期世代が支援策について国に提言し、当事者同士が集まる場をつくろうと「就職氷河期世代当事者全国ネットワーク」(氷河期ネット)を立ち上げて10日に東京都内で集会を開いた。

 ベーシックインカム(最低限所得保障)の導入などを求めるほか、困窮する当事者に食事を提供する「ロスジェネ食堂」などの活動を予定している。

 氷河期ネットは30代半ばから40代の派遣労働者や介護職員ら約20人で発足した。代表で映画監督の増山麗奈さん(43)らは昨年11月に氷河期世代を対象にした集会を開催。

 そこで出た声を反映させた要望書を12月、内閣官房に提出した。

要望書は
▽年収300万円に満たない人に給付付き税額控除の仕組みを導入
▽短時間正社員制度の創設を企業に義務付け
▽在宅介護をする人への手当支給――などを求めている。
 
 氷河期ネットは、これらの活動を継続し、広げるために発足したという。

 今後は厚生労働省など関係省庁の担当者に面会して提言や交渉を続ける。

******************

 就職氷河期世代は「社会の犠牲者」だと私は思っている。

 卒業した時期が不況だったせいで企業は就職の入り口を極端に閉ざした。

 それで希望の職に就くことが出来なかった。彼らに罪はない。私は個人的に応援する。

ゴーンによる「労働者弾圧」を総括せよ!

 大野 章さんフェイスブックに以下のコメントをした。

 メディアがゴーン被告を語るとき、どうも視点がずれているように思う。

 どうやって脱出したのか、日本の司法への言い分は(これは一定重要だが)などより、

 ゴーンによって日産で過酷なリストラが行われ、その波及が日本の労働者全体の権利剥奪に繋がったことが一番の問題だ。

 ゴーンによる労働者弾圧を総括し、憲法と労働基準法を順守した対応の必要を、いま、ゴーン脱出事件を契機に大いに語るべきときだ。

***********************

 その通り。

 コストカッター、人斬りゴーンはある日、突然、日産の従業員を4万人以上を解雇した。

 カネのためなら何でもする冷血動物だ。犬畜生にも劣る極悪非道な男である。

 クビを斬られた4万人以上の従業員には親や子供らの家族がいる。病人やローンを抱えた者がいる。

 それらをバッサリと、一刀両断の下に斬って捨てた。

 「社員は家族」として来た良心的な経営者には、考えもつかない地獄絵だ。

 そうした冷徹経営を日本に持ち込んだのがゴーンである。




 

もはや”事件”だ!「文藝春秋」新春特別号トップに山本太郎!

「消費税ゼロ」で日本は甦る 山本太郎

これは月刊誌「文藝春秋」2020年新春特別号の表紙にデカデカと載った告知文である。

その下に、山本太郎の10分の1ほどの小さな文字で、こうあった。
2020年の「羅針盤」/わが友中曽根康弘 渡辺恒雄

月刊雑誌で日本一の販売部数を誇る文春が、ナベツネを差し置いて新春特別号のトップ原稿に山本太郎を起用した。これは、私からすると”事件”である。

「文藝春秋」と言えば伝統的な保守だ。最近やたら店頭に並ぶ「WiLL」や「Hanada」といったネトウヨ雑誌とは質を異にする、別格の正真正銘の保守の月刊誌だ。

そこが山本太郎を堂々とトップバッターとして登場させた。

既成野党ばかりか、保守層も太郎を無視できなくなったということである。もはや山本太郎はなに人も無視できない存在となった。

文春のホームページには、

「政界の風雲児」本気の政策論文
「消費税ゼロ」で日本は甦る 山本太郎
 自殺者2万人、単身女性の3人に1人が貧困──この地獄を私が終わらせる。消費税廃止の財源27兆円はこうすれば生み出せる

との、見出しが躍った。

日本語が堪能な大使を招き官邸で昼食会!韓国欠席!

 韓国紙、中央日報によると、安倍晋三首相が8日、日本語に堪能な各国の駐日大使を招き、官邸で昼食会を開いて東京オリンピック・パラリンピックの成功のために協力を求めた。南官杓駐日韓国大使も招かれたが、他の日程のため参加しなかった。

******************

 招待状は相当前に発送してあるので、日程は不参加の理由にならない。

 こういう些細なことが互いの感情に深い亀裂を生む。

 大使は国家の全権代表だから、大局的な判断が求められている。

〔参考〕
 外務省によると、参加した駐日各国大使は以下の通り。

 サンマリノ,ベネズエラ,ミクロネシア,アルメニア,アラブ首長国連邦,カザフスタン,ルーマニア,ハンガリー,アフガニスタン,ラトビア,ブルキナファソ,ロシア,モンゴル,タジキスタン,コロンビア,中国,パキスタン,コスタリカ,シンガポール。

「私は絶対に忘れない!」あの時の自民党を!

 「のど元過ぎれば熱さを忘れる」というが、日本人は飽きっぽくて、すぐ忘れる。東日本大震災を「遠くの昔に起きた話」と思っているのではないか?

 そういう人は、ネオン輝く華やいだ仙台ではなく、目の前が太平洋で大津波と大震災の被害をもろに受けた三陸海岸を見るがいい。

************************
沿岸漁業の漁師「きんちゃん」ブログがこう訴えた。

 震災から2ヶ月後あたりだった。みんながまだ避難所にいた。

 被災現場は、瓦礫の撤去もまだで、自衛隊員、消防署員、警察などの捜査活動で、遺体がドンドンあがり、棺桶が間に合わず、火葬場も津波でなくなり、やむを得ず、身元の分からない遺体は棺桶ナシで土葬したりして、非常に混乱してた時だった。

 そんな時、国会では与野党協力してあの「国難に対応すべき」だったはずなのに、野党の自民党は民主党政権の「復興政策案、予算案の全てに反対して、果ては 「審議拒否」や「内閣不信任案」まで提出し「解散総選挙」を求めていたのだ。

 私は、あの卑劣な自民党の行為を忘れない。また、ラジオでかたずをのんで、国会を聴いていた被災者達も「呆れ返り、いら立ち、怒りが噴出」し、自民党の批判が続出したのだ。

続きと写真はここをクリック
https://ameblo.jp/kin322000/entry-12513675263.html?fbclid=IwAR0t-npGgSkFv0CZtW_c8u734EvfLa2UilZmPdgi9cO2kewmpddo7jT2C00

ゴーンは「裁判を受けてこそ名誉は回復できる」と仏紙!

 丁と出るか、半と出るか? 一世一代の大バクチを打ったカルロス・ゴーン被告。

 各国のメディアを集めて時に拳を振り上げ、身を乗り出して身の潔白を訴えた8日の会見だった。

 だが、欧米では彼の主張に冷ややかな視線を送った。

*****************

 フランスの有力紙フィガロは、ゴーン会見に「新事実や驚きはなかった」としたうえで、「裁判を受けてこそ名誉は回復できる」と突き放した。

 同じく、リベラシオンは、ゴーンが会見で怒りをぶちまけた様子を「激高したショーだった」と伝えた。

英BBCは、「大げさなパフォーマンスだった。ゴーンはもはや自動車業界のスターではないが、容疑が真実であろうとなかろうと、人の心をつかむやり方はまだ心得ていた」と皮肉った。

米紙ニューヨーク・タイムズは、フランス当局などがゴーンを捜査しているとして、「グローバリズムの強力なシンボルは重圧にさらされている」と指摘した。

詳しくはここをクリック
https://www.asahi.com/articles/ASN1964FXN19UHBI025.html

レバノン検察が国際手配書に基き ゴーンを「渡航禁止」!

 保釈中に逃亡したゴーン被告にとって、逃げ込んだレバノンは決して「安住の地」ではなかった。

 検察当局がゴーン被告を「渡航禁止」にした。

 米国の記者が8日のレバノン会見でゴーン被告にこう質問した。

 「あなたは(日本の)小さな独房から、(レバノンの)大きな独房に移っただけではないか?」 

 実に鋭い指摘だ。

************************

 NHKによると、保釈中に中東のレバノンに逃亡した日産自動車の元会長、カルロス・ゴーン被告について、レバノンの検察は9日、日本からの要請を受けてICPO=国際刑事警察機構から出された国際手配書などに基づいて本人から事情を聞きました。

 そして当面、元会長が国外へ渡航することを禁止しました。レバノンの検察は、日本からさらに書類を取り寄せるなどして調べを進めた上で、元会長を訴追するかどうか決めるとしています。

連合の原発推進路線から離れられない根腐り政党!

 立憲民主党と国民民主党が合流協議で焦点となる原発政策を巡り、再稼働を認める条件を厳格化し、原発ゼロを目指す方向で最終調整していることが分かった。関係者が9日、明らかにした。共同通信が伝えた。

************************

 これで、アウトだ。

 私は原発の再稼働に100%反対である。山本太郎もしかり。だから私は太郎を応援している。

 上記の2党はいまだに連合に縛られている。連合なる労働貴族は組織の体をなしていない。

 所属組合員の半分近くが地元の自民党議員を応援している。だから彼らの組織票など頼りにならない。それでも2党は離れられない。

 人々の安全より連合を優先するというならそれもよし。リベラル派や無党派層は、潮が引いていくように離れていくだろう。党の存続さえ危なくなろう。それもいいではないか。

 いつも国会活動は中途半端。1年中、くっついたり、離れたりを繰り返している。 好きにやってなさい。

「行く」「行かない」そしてまた「行く」ー安倍晋三!

 こういう姿を見るにつけ、「小さな男」だとつくづく思う。

 「行く」「行かない」そしてまた「行く」ー。

 猫の目のようにクルクル変わる安倍晋三。これで外交の安倍と言えるのか?

 米国とイランの橋渡しを自認する安倍は、今月4日に「情勢が許せば中東を訪問したい」と言った。

 7日の自民党役員会では「今月中旬にサウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、オマーンを訪問する」と表明。

 ところが、イランが8日未明に米軍に反撃のミサイルを撃ち込んだ途端、怖気付き「3カ国歴訪を中止する」と言い出した。

 その後、トランプが「これ以上の報復攻撃は避けたい」との意向を示した。

 すると、安倍は防空壕から顔を覗かせるように9日、中東3カ国を11-15日の日程で訪れると言った。

 当面は戦火の拡大がなさそうだと安心したのだろうが、何とも情けない話だ。

 訪問するには相手国があるわけで、受け入れに際して様々な準備がある。こっちの都合でコロコロ変わっては先方が迷惑する。

 訪問は、状況をしっかり見極めてから決めるべきだ。

 こんな腰がフラフラした安倍晋三を見て、訪問先はあきれているのではないか? 実に浅はかで嘆かわしい。

 隣国の習近平やプーチン、金正恩、文在寅らは「安倍は取るに足らない男、やはり小者だ」と腹で笑っているに違いない。

 恥ずかし過ぎる。   晋三、早く議員を辞めろ!

米司法当局がゴーン被告の息子と娘から事情聴取 !

 保釈中に法を犯して不正な手段で日本を脱出したゴーン被告。妻には偽証容疑で逮捕状が出ており、息子と娘は事情聴取を受けた。 

 NHKによると、中東のレバノンに逃亡したゴーン被告が起訴されている特別背任事件に関連して先月、アメリカの司法当局が東京地検特捜部の要請を受けて元会長の息子や娘から事情を聴いていた。

 息子が経営に関わっていた投資会社にはゴーンに還流した資金の一部が送金されていた疑いがある。

 息子のアンソニーは事情聴取に対し「投資会社の資金は父親の資産から送金されたものだと思う」との趣旨の供述をしたという。

 また日産からゴーン側に送金された資金はゴーンが使用していたクルーザーの購入費の一部に充てられたとみてゴーンの娘から事情を聴いている。

批判する場として場違いだった感は拭えない!

 フランスの公共放送「フランス2」が、「ハリウッド映画のような逃亡劇だったが、逃亡の経緯については何も話さなかった」と指摘したゴーン被告の“世紀の記者会見“。

 日本の司法制度や検察への批判を展開し、一方で自己弁護を繰り返した。これについて、
 否認していると長期勾留が続く「人質司法」の問題に詳しい大出良知九州大名誉教授は、時事通信にこう語った。

 ゴーンは「自身の正当性をアピールするあまり、日本の刑事司法の問題性は埋没してしまった」と残念がった。

 「『1日8時間の取り調べで自白を強要された』といった発言はあったが、リアルに受け止められなかったのでは。批判する場として場違いだった感は拭えない」と話した。

裁判で「外国人を差別することもありえない」と元特捜検事!

 フランスの公共放送「フランス2」が、「ハリウッド映画のような逃亡劇だったが、逃亡の経緯については何も話さなかった」と指摘したゴーン被告の“世紀の記者会見“。

 日本の司法制度や検察への批判を展開し、一方で自己弁護を繰り返した。これについて元特捜検事の吉開多一国士舘大教授は時事通信に次のように語った。

 「根拠の乏しい期待外れの会見だった。記者会見で身の潔白を証明するには説得力のある証拠を示す必要があったが、一方的な主張をしただけだった」と話す。

 言語が通じないなどの不満の訴えには「外国人の勾留中の対応には、特に配慮が必要なこともあるだろう」と一定の理解を示した。

 一方、逮捕は不要だったとの主張に対しては「特捜部は高度の嫌疑が確認できるまで逮捕に踏み切らない。

 実際に国外に逃亡した者が言うのは全く説得力を欠く」と断じ、「諸外国に比べて日本の刑事司法の正確性は高い。外国人を差別することもありえない」と語った。

妻との接触制限の理由はゴーン自身が一番分かっているはず!

 フランスの公共放送「フランス2」が、「ハリウッド映画のような逃亡劇だったが、逃亡の経緯については何も話さなかった」と指摘したゴーン被告の“世紀の記者会見“。

 日本の司法制度や検察への批判を展開し、一方で自己弁護を繰り返した。これについて元東京高裁部総括判事の三好幹夫氏が時事通信にこう語った。

 「抽象的な話が多かった。逃亡までする理由を納得した人はいるだろうか」と首をかしげる。

 ゴーン被告は長期にわたる公判手続きへの不満をあらわにしたが、「難しい経済事件で時間がかかるのはある意味、仕方がない。フランスでももっと時間がかかる事案はある」と指摘。

 逃亡動機の一つに妻キャロル容疑者との接触制限を挙げたことに対しても、「制限された理由は自身が一番分かっているはず。それで法の外に出て行くのは倫理観が欠けているのではないか」と述べた。

無知・無恥・臆病で強い者にはペコペコそれが安倍晋三!

大野章さんが「無知・無恥・臆病で強い者にはペコペコそれが安倍晋三」と本質を突く投稿をした。この人の投稿はいつもシャープだ。

***********************
(原文のまま)

 現在の世界の『The acssis of evil 』のトランプ、習近平、プーチン、ジョンソン、安倍晋三の中で、親分格のトランプは一番狂暴で危険だが、「ひきどころ」も知っている。

 イランのソレイマニ司令官暗殺という国際法無視の暴挙の後、イランの報復を受けて、「脅迫発言」はするものの、今のところ次の攻撃は控えている。

 国際世論とアメリカ国内の「トランプよ、戦争に突き進むな」の声によるところが大きいが、凶悪なトランプにも若干の判断力はある。

 習近平には「一国二制度」の香港市民の闘い以外、一党独裁で国民の声を封じ込め、人権弾圧を繰り返している。

 プーチンはその狡さを最大限発揮して国内外に危険な行動を続けている。

 ジョンソンは「トランプのコピー」以外のなにものでもなく、混迷のイギリスの指導者としての失格を内外に示している。

 5人の中で極端に頭が悪く、無知無恥.臆病で強い者にはペコペコ、そのくせ威張りまくっている安倍晋三は、内には『桜』『カジノ』『モリカケ』で窮地に追い込まれながらも逃げまくり、外にはトランプの最も忠実な「イエスマン」として追随し、できもしない「アメリカとイランの橋渡し」と寝言を言い、トランプ追随のため「自衛隊の中東派兵」を閣議決定し、自らは「ぼくちゃん怖いところへ行くのはヤダヤダ」と言ってゴルフに興じている。

 世界はいま、トランプと習近平に強い警戒感を抱きながらその暴挙に抗議する一方、安倍晋三をせせら笑っている!

ライオンの肉でも食ってきたか?カルロス・ゴーン!

 被告人の身でありながら、法の目をかいくぐりレバノンに逃げ込んだカルロス・ゴーン。8日には世界からメディアを集めて記者会見を開いた。しゃべる、しゃべる。延々2時間半のほとんどを一人でしゃべりまくった。これぞ、ゴーン独演会。

 海外メディアはゴーン独演会をどう聞いたか? 日本の新聞、テレビが報じた反応である。
******************

▼このうちフランスの公共放送フランス2は「ハリウッド映画のような逃亡劇だったが、逃亡の経緯については何も話さなかった」と指摘。そのうえで「逃亡劇以外のことについては終始、大変饒舌で、会見に備えてライオンの肉でも食べてきたのではないかと思えるほど、意気込んでいた」などとゴーン元会長の会見の様子を皮肉交じりに伝えた。

▼また米国の有力紙、ニューヨーク・タイムズは「カルロス・ゴーンは被害者か悪人か?」というタイトルを付けた記事の中で、「ゴーン氏が汚名を返上したいと真剣に思うのであれば、劇場型の会見よりもっと説得力のある主張を展開する必要がある」と批評。

▼ドバイ経済紙記者「(多くの日本メディアが排除されたのは)フェアではない。同じジャーナリストとしてそう思う」

▼スイス新聞紙記者「(日本を脱出した方法を語らなかったことに)失望した。それを聞くために、ここに来たのだから」

▼フランスの経済紙「レゼコー」は、「手負いのトラがおりから出てくるように初めて人前に姿を現し、逮捕以来たまっていた怒りを2時間半にわたってぶちまけた」と伝えた。

▼また、イギリスの「フィナンシャル・タイムズ」は、「パフォーマンスはパワフルで情熱的で、支持者には、かつて日産を救ったころのことを思い起こさせたであろうが、逃亡によって変わった日本のムードを覆すものではなかった」と論評。

▼フランスの経済紙の男性記者は、日本メディアの締め出しについて、「会見への出席を拒否する妥当な理由ではない。不公平だ」と語った。 

▼米ブルームバーグ通信は、「『カルロス・ゴーン・サーカス』が幕を開けた」と書きだすコラムを掲載。著名な経済ジャーナリストのジョー・ノセラ氏が「ゴーンは怒りや不満、嫌みを口にし、ノンストップでしゃべり続けた」と、冷ややかに描写した。

▼ニューヨーク・タイムズ紙も、ゴーン被告は「自己弁護」や「長々とした批判演説」を繰り返したと評した。

▼ゴーン被告が国籍を持つフランスの経済紙レゼコー(電子版)は「傷を負った虎の弁舌」との見出しで、記者会見での様子を「礼儀正しく、冷たく、逮捕の屈辱でたまった怒りを2時間半にわたり解き放った」と報じた。

失望!「大山鳴動して鼠一匹」のゴーンの締め出し会見!

 けさは寝不足で頭が重い。「私は日本司法にハメられた。複数の政府高官の実名を明らかにする」と言ったので、「何が飛び出すか」と日本時間8日午後10時からベイルートから生中継されたテレビにかじりついて注目した。

 ところがゴーンの口から出た言葉はこれまでの主張の焼き直しだった。なけなしの財布をはたいて買った7億円ジャンボ宝くじに外れた思いだ。時間の無駄だった。

 会見の様子について小学館の関係者がHPで次のように伝えた。

 会場前には数時間前から数多くの報道関係者が集まった。その中にはMCを務める『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ系)のオンエアを欠席してレバノンに駆け付けた安藤優子キャスターの姿もあった。

 2時間前から参加メディアの呼び出しが始まった。名前を呼ばれると、本人確認のあとビルに入り、金属探知機のゲートを通る。その後、さらに入念に一人ずつ荷物の中身も確認されるボディチェックを受けた。二重のセキュリティチェックで、現場はものものしい雰囲気だ。

 日本のマスコミで会見に参加できたのは朝日新聞とテレビ東京、小学館の3社だけだった。
過去の報道内容を点検した上で、「ゴーンに批判的な記事」を書いた社を排除した。

 と言うことは朝日など3社はゴーンに友好的だったというのか? それとも「毒にも薬にもならない」と判断したのか?

 こうして差別・選別で始まった記者会見。だが、世界が注目したゴーンは「自分は正しい」「オレは間違っていない」と自己弁護する言葉ばかりだった。

 派手に前宣伝した「日本政府高官の実名」は、レバノン政府に迷惑をかけるわけにはいかないと触れずじまい。ゴーン会見はまるで香具師(やし)の口上。

 これこそ、まさに「大山鳴動して鼠一匹」である。

 夜中まで2時間半近くゴーンの自己宣伝に付き合った者はいい面の皮だ。

新たな事実も証拠も示さず、ひたすら情緒に訴えたゴーン!

 保釈中に不正な手段で海外に逃走したゴーンについてJBpresは次のようにコメントした。

 国際刑事警察機構(インターポール)に国際手配される「逃亡犯」は、6歳から19歳までを過ごした第二の母国レバノンで無実を訴えた。

 現地の8日午後3時(日本時間午後10時)に始まった記者会見には世界各国から詰め掛けた12カ国60社の報道陣、120人が参加した。参加できたのはゴーン被告に招かれたメディアだけで、日本のメディアの多くは招待されなかった。

 しかし、記者会見の様子は招待された複数のメディアがウェブサイトで生中継したため、日本にいてもその様子を見ることができた。

 注目は政府高官の名前だったが、この日も実名に触れることはなかった。一宿一飯の恩義があるレバノン政府に「迷惑をかけたくない」という理屈は理解できるが、反撃としてはいささかパンチ力にかける。

 起訴事実については、すべて「事実無根」と否定した。しかし「事実とデータと証拠で語る」と言った割には、決定的と思える事実や証拠は示されなかった。

 むしろ「妻に長く会えなかった」「シャワーは週に2回だった」など情緒に訴える話に多くの時間が割かれた。

 「私が逮捕されてから日産の株式時価総額は100億ドル減少した。ルノーの時価総額も減っており、いずれも株主が損をしている。私がいた時は、日産、ルノー、三菱自動車のアライアンスが確かに機能し、シナジー効果が上がっていた。だが今やアライアンスは瓦解し、機能していない」

 相変わらず巧みなPRで自己を大きく見せようとするゴーン。

 日産の時価総額が減ったのは、ゴーン逮捕で会社のガバナンスに重大な疑義が生じたことや、収益に貢献する目新しい製品やサービスが生み出せていないことが原因であり、ゴーンにも責任がある。「俺がいなくなった途端にダメになった」という理屈は通らない。

 総じて言うと、今回の記者会見は「ゴーンが言いたいことを言った」だけであり、衝撃的な新事実が示されることはなかった。

 ただし「有罪率99・4%」「他国に比べて異常に長い拘留期間」など、異質な日本の司法制度に世界の耳目が集まる意味は小さくない。

 「数週間後には、(自分が無実であるという)さらに詳細な証拠がお見せできると思う」ー。記者会見の終盤でゴーン被告は不敵に、こう語った。

「陰謀だ」「クーデターだ」とゴーンは証拠示さず!

 ゴーンは日本時間8日夜のレバノン会見で「陰謀だ」「クーデターだ」、とオドロオドロシイ言葉を羅列してひたすら自分の正当性を主張した。

 確かに日本の裁判制度には欠陥が多々ある。他国に比べ裁判にかかる時間が長すぎる。

 こういうシステム上の問題はゴーンに限ったわけではない。が、彼は自分だけが日本でひどい目に遭っている、と海外メディアに印象付けようとした。誤解を与える不正確な発信は好ましくない。

 ゴーンはそうした考えをなぜ、裁判で訴えないのか。問題提起をすれば賛同者も出て来よう。ただ、「俺は無実だ。無罪だ」と主張するだけでは説得力がない。

 検察の「陰謀」と言うなら、それを覆すために手持ちの資料を示すべきだ。証拠は山ほどあると言いながら一向に明らかにしない。これでは誰も納得しないだろう。

 確かゴーンは「裁判で無実を証明する」と主張したはずだが、この日の各国メディアを集めた場でも明らかにしなかった。

 保釈中に不正な方法で日本から逃げ出し、レバノンに逃避した。彼には国際刑事機構を通じて逮捕状が出ている。

 米国の記者がこう質問した。「あなたは、小さな独房から大きな独房に移っただけではないか」―。鋭い問いかけである。

 逮捕状が出ている間は身柄を保護されているレバノン以外へ出ることが出来ない容疑者の身だ。

 自由の身になるには、法廷に立って事実を明らかにするしかない。

逃亡記者会見はゴーン独演会!自己弁護に終始!

 さながらカルロス・ゴーン独演会である。身振り手振りを巧みに折り混ぜて、日産や検察批判だけでなく、日本批判を繰り返した。

 日本時間の8日夜10時過ぎから、逃走先のレバノンで記者会見したゴーン被告は、終始自己の正当性を繰り返し強調した。

 会見はテレビ東京や朝日新聞を除く、共同通信や時事通信など主要な日本メディアの多くを締め出して開催した。

 今回の逮捕は日産と日本検察がグルになって仕組んだもので、「私を引きずり下ろすためのクーデターだったという物的証拠や書面がある」とゴーンは、拳を振り上げて訴えた。

 2018年11月に逮捕されて以降、「一瞬たりとも自由を味わったことはない」などと訴えた。

 そして、日本では「外国人の有罪率の方が高い。賭けてもいい」と記者団を見渡した。一体、何を根拠にそんなことを言うのだろうか?

 ゴーンは、自分を追い落とすためのクーデターを仕組んだとして日産の5人の役員の名前を挙げた。

 そしてあろうことか、1941年の「パールハーバー(真珠湾攻撃)」を持ち出して日本を批判した。

 欧米人にとって、この言葉は日本への敵意を呼び起こす単語である。なぜ、この単語をわざわざ持ち出したのか?いくら自己を正当化するためとはいえ人格を疑う表現だ。

 そしてゴーンはこうも言った。「日産は(私を失って)1日4000万ドル(約44億円)を失っている」と非難し、自己弁護に終始した。

 日産の企業価値を落とした張本人は誰あろうゴーン自身だ。こんな事件を起こさなければ「技術の日産」として一定の評価を得ていた。スキャンダルが株価を引き下げた。

 そして保釈中の身で日本から逃亡したことについては何も語らなかった。息子や実姉らへの不正送金など、自分に都合が悪いことには口をつぐんだ。

 午後10時からテレビの中継を見ていて「この光景、どこかで見た」と思ったら、昔、記録映画で見たヒトラーの演説場面だった。彼もしきりに拳を振りかざして叫んでいた。

ゴーンは潔白なら堂々と記者の質問を受けるべきだ!

 カルロス・ゴーンは日本メディアを排除して、自分と親しい記者だけ「招待」して記者会見をするそうだ。おそらく自分に都合のいい話だけを喋りまくるつもりだ。

 これでは記者会見にならない。ゴーンは自分にやましいことがないなら、どんな質問も堂々と受けて立ち、答弁すればいい。

 何をそんなに恐れているのか?

 おそらく、一連の流れを知る日本の記者から鋭い質問を浴びせられ、返答できなくなるのを危惧しているのではないか?

 ゴーンは日産ばかりか、古巣のルノーでも私利私欲をむさぼっていた事実が次々と判明した。

 ベルサイユ宮殿を借り切ってレバノン人の妻と派手派手な結婚式を挙げた80億円の経費もㇽノーの公金から勝手に支出していた。

 自分の息子たちに送金した多額のカネも日産のカネを持ち出していた。それどころか姉にまで日産の金庫から多額を送金。

 得体の知れないガイコクジンに巨額を融資。このカネは一体何に使ったのか?迂回してゴーンの懐に入ったと見られている。

 そうした追及を恐れて取り巻きばかり、つまり、オトモダチ記者だけ呼び集めたようだ。

 安倍晋三ではないが、ゴーンは会社を完全に私物化していた。

 それでいて何がクーデターだ? ゴーンは公金横領の犯罪者そのものである。

関連投稿はここをクリック
https://85280384.at.webry.info/202001/article_75.html?1578485268

ゴーンが日本記者締め出し、仲間内だけでPR会見!

 【ベイルート共同】8日にレバノンの首都ベイルートで開かれるカルロス・ゴーン被告の記者会見では、共同通信を含む多くの日本メディアが招待されず参加できない見通しだ。

 ゴーン被告は報道機関を選別しており「ゴーン氏のPRの場に過ぎない」「厳しい追及を避けた」(地元記者)との批判が上がった。

 記者会見はゴーン被告が雇ったフランスのPR会社が取り仕切っている。会見について「知り合いの記者らを招く懇親会的な位置付けだ」と説明した。

 関係者らによると、レバノンの記者協会内にある会場には50~100人ほどが入れるが、大半はフランスなどの報道機関のもようだ。

ゴーン逃亡劇の「仕掛人」は意外や意外この人物だった!

 ゴーンの逃亡には凄腕の黒幕がいた。それも目の前にいた。妻のキャロル・ナハスである。

 キャロルは魑魅魍魎の陰謀が渦巻くレバノンで生まれた。レバノンは貧しい国で役人への賄賂が常態化し、カネ次第で願いが叶うという。

 とにかく、キャロルは並の女とは違った。ゴーンが見込んだだけのことがあった。逃亡劇の仕掛人は彼女だった。

************************
女性セブンが次のように伝えた。

 「私の今の唯一の生きる意味は、夫のために闘うこと。彼がこの状況から脱するまで、しっかり彼を支える」 ゴーン被告妻のキャロルは昨年、仏誌のインタビューでこう宣言した。

「海外渡航禁止の保釈条件に違反し、ゴーンはレバノンに逃亡。その極秘計画の黒幕はキャロルだといわれている。

 キャロルはレバノン生まれ。ゴーンは2人目の夫で、前夫との間に3人の子供がいる。2010年に前妻と離婚したゴーンとは2016年、仏ベルサイユ宮殿で約80億円をかけ、ド派手な結婚式を挙げた。(80億円はルノーの資金流用と後で発覚)

「夫の逮捕以降、キャロルは海外メディアや人権団体、フランス大統領にまで働きかけを行うなど、“夫の代理人”として積極的に活動。

 事件関係者に口止めを持ちかけるほどだったので、東京地検特捜部はキャロルに警戒を強めて、夫とは接見禁止だったが、まさか逃亡計画を練るとは思ってもみなかった。

 キャロルは半年以上前から、今回の計画を進めてきたようだ。彼女が頼ったのは、夫婦の故郷であるレバノンの民間情報機関。

 ゴーン救出の極秘チームは12月中旬に東京に集結。音楽隊に扮し、ゴーンの自宅で開かれたクリスマスパーティーに潜入。
 
 自宅は監視カメラが設置されるなど、24時間の監視下にあったが、ゴーンはニセ音楽隊が持ち込んだ大型の楽器ケースの中に身を潜めて脱出したという。

 その後、向かったのは大阪の関西空港だった。年末の海外旅行の出国ピークで大混雑の空港を狙ったのも、用意周到と言うほかない。

 レバノンは貧しい国で、役人への賄賂が横行。大金持ちがカネを積めば、入国の際に偽造パスポートを使い、国内で安全に匿ってもらうぐらいは容易い。  (以上 女性セブン)

ここは安倍の通訳、岩田明子に説明してもらおう!

 「ここは安倍の通訳、岩田明子に説明してもらおう!」ー。こういう粋なセリフが飛び出すところが噺家だ。談四楼がつぶやいた。

 「イランがイラクの米軍基地にミサイルを撃ち込んだ途端、安倍さんは中東3か国歴訪を取りやめるんだってさ。しかも自衛隊の中東派兵は変更なしだ。トップがそんなザマでどうするよ。イランとアメリカの仲介役だったんじゃねえのかよ。ここは安倍さんの通訳、岩田明子さんに説明してもらおうじゃないの」

危険だから「サウジに行くのはやめた」と安倍晋三!

 安倍晋三は11日から予定していたサウジアラビアなど中東3カ国歴訪を中止した。

 当たり前だ。行き先が違う。米国とイランの橋渡し役を務めると安倍晋三は昨年末に大風呂敷を広げた。やってもらおう。安倍の「橋渡し役」を是非見せてもらおう。

 海上自衛隊の中東派遣は「変更しない」と安倍。おかしな話だ。危険だから自分は行かないというのに、なぜ、自衛隊を派遣するのか?理屈が通らない。

逃げるな安倍!訪問先はサウジではなく米国だ!

 この男はどこまでお粗末な男なのか? 行く先が違うだろう。米国とイランの橋渡しをすると言ったではないか。

 それならイランに挑発を繰り返すトランプに会いに行くべきだ。

 トランプに直談判して「無用な挑発を繰り返してはならない。世界を混乱させるようなことをしてはならない」と説得すべきだ。

 最初に仕掛けたのはトランプだ。オバマが時間をかけて努力し、各国で合意した「イランの核合意」から離脱した。そして正月3日には、イランの司令官を空爆で暗殺した。

 英雄暗殺でイラン国民の怒りに火が付いた。司令官の葬儀には数百万人が参列し、死を悼んだ。怒りの矛先はトランプに向かうだろう。

 どっちに非があるか自明の理である。

 安倍は「橋渡しをする」と公言した。今こそ、その約束を果たす時だ。訪問先はサウジではない。米国だ。会談すべき相手はトランプだ。

 逃げるな、安倍晋三!

**********************

 NHKによると、中東の緊張が高まる中、安倍総理大臣は今月中旬にサウジアラビアなど3か国を訪問することを明らかにし、緊張緩和に向けて外交努力を尽くす考えを示しました。

 自民党の役員会で、安倍総理大臣は今月中旬にサウジアラビア、UAE=アラブ首長国連邦、オマーンの3か国を訪問することを明らかにしました。

イランが反撃!米軍基地にミサイル打ち込む!

 【テヘラン、ワシントン共同】イランは8日未明(日本時間同日午前)、米軍が駐留するイラクの空軍基地など2拠点を十数発の弾道ミサイルで攻撃した。

 国営イラン放送や米国防総省が明らかにした。米軍によるイラン革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」のソレイマニ司令官殺害に対する報復。

 大規模反撃を警告してきたトランプ米大統領は対応に言及しておらず、米東部時間8日午前(日本時間8日夜から9日未明)に声明を発表する。
 
 米メディアによると、中西部アンバル州のアサド空軍基地に10発、北部アルビルの基地に1発が着弾。米側の死者は確認されておらず、米軍が被害状況を調べている。

***********************

 イランの反撃が始まった。報復が報復を招き、気が付けば宣戦布告なき泥沼の戦争に突入していた、などと言う例は過去にいくらもある。

 何しろ、米国は理性が働かないトランプだけに心配で仕方がない。

 トランプの背後でけしかけているのはユダヤだ。

水道を民営化すると多大な代償を払うことになる!

 ドイツ首都のベルリン市は民間の水道事業会社と1999年に結んだ契約を2013年に解消し、水道は100%公営に戻った。

 相次ぐ値上げなどに反発したベルリン市民の根強い民営化反対により再び公営に戻った。

 だが、多大な代償を払うことになった。公営に戻すために民間企業に多額を支払う羽目となったからである。

 これからも分かる通り、「命の源である水」は絶対に民間に売り渡してはならない。

 宮城県はとんでもないことをしようとしている。必ず、あとで県民が後悔することになる。

 民間企業は福祉事業を行うのではない。営利、儲けることが仕事だ。損をして水道事業を続ける会社はない。その結果、待っているのは水道料金の値上げである。

 水道設備の維持や管理には多額の資金が必要となる。どこまで真面目に設備のメンテナンス、点検、更新をやるか定かではない。どうしても利益最優先となるため、サービスの劣悪化は避けようがない。

 それ以上に懸念されるのが「緊急事態への対応」である。

 東日本大震災では南三陸は4カ月にわたって水道がストップした。想像を絶する苦痛を地元に強いた。公営でさえこれである。

 大災害が起きたら民間水道事業では手に負えないのではないか?営利が目的だから、多額の費用、人手不足などを理由にギブアップ。県や市にSOSを発信し、結局、税金投入とならないか?

 ちょっと考えただけでもこんなリスクが伴う。実際に被害を受けるのは住民だ。

 「命の源である水」は、儲け第一の民間にやらせるべきではない。危険が多すぎる。

日本は格好の餌食! 海外の「水メジャー」が次々上陸!

 宮城県は水道事業を民間に売り渡すという。だが、自治体に代わって民間企業がやって住民のプラスになったためしはない。フランスの例を挙げよう。

 「水メジャー」と呼ばれる海外の巨大な水企業にとって、格好の餌食である。日本は水道事業を一から始める発展途上国とは違い、完成した水道システムが利用できる。それだけ儲けも大きいというわけだ。

 日本ではトイレは温水便座を使い、毎日風呂に入るなど、水を多く使う日本人の生活習慣も、水メジャーには魅力的だ。これは「値上げの余地がある」ということでもある。

 このように、日本の水市場は水メジャーにとって「おいしい」市場だ。すでにヴェオリア社やスエズ社など、世界規模の著名な水メジャーのいくつかが日本に上陸している。

 だが、民間企業が参入したフランスで起きたのは「水道料金値上げ」と「水質の悪化」である。話が違うと言っても、後の祭り。

 そのうえ、水道業者が銀行などからの融資を受ければ、利子負担が大きくなり、最終的には水道料金に跳ね返ってくる。

 フランスでは住民の不満が高まった結果、自治体の多くが水道事業を売却した数倍の高値で民間から買い戻し、再び公営の戻した。

 こんなことなら最初から自治体が運営していた方が税金負担が少なくて済んだ、と言うわけだ。

閉鎖!「7かける9は?」と聞くと「45」?

 トランプが導火線に火を放ったことで中東が一気に緊迫していると言ったら「外国のことなんか放っとけ」と暴言を吐く愚か者。

 こういうアホには自衛隊派遣や、輸入原油の8割が云々と、日本が多大な影響を被ることを説明する必要はない。何を言っても分からないからである。

 最近、こうした、くだらないコメントが増えた。読むに耐えない幼稚園児のたわごとのような言葉を並べる者たちだ。おそらく、彼らは九九を満足に諳んじられないだろう。

 「7かける9は?」と聞くと、「45」と応えるのではないか。せいぜいその程度の連中だ。コメントから類推して、小学5、6年生より知力が劣っているのは間違いない。

 そうしたバカげたコメントを、その都度、いちいち、削除するのが面倒なので、このブログ「半歩前へ」のコメント欄を「閉じる」ことにした。

231億円の効果ゼロ! レバノンにコケにされた安倍外交!

 今こそ、バラマキ外交の成果を問うべきだ。カルロス・ゴーン被告の密出国。日本政府はこのまま、金満ゴーンの「逃げっぱなし」を許すのか? 逃亡先のレバノンは、日本側へゴーンの身柄引き渡しを拒否する姿勢を重ねて示している。

「いざ」という時に効果ナシとは、無尽蔵な札束外交に意味はない。日刊ゲンダイが無策、無能な安倍晋三を厳しく糾弾した。

 安倍が勝手に世界にばら撒いた私たちの税金60兆円は、単なるATM「現金自動支払い機」でしかなかったのか?

**********************

 そもそも、安倍政権の海外支援は日本自身の「国益確保」が目的だ。第2次政権の発足した2012年以降、海外へのバラマキ総額は実に累計60兆円を突破。

 特にイスラム過激派組織「IS」の怒りに火を注いだ15年1月の安倍のカイロ演説がきっかけで日本人人質がISに殺害された。

 それ以降、安倍政権は中東諸国の支援に力を入れ、ご多分に漏れずレバノンにもカネをばらまいた。

 日本は、レバノンに医療、廃棄物処理、食糧、教育、技能・職業訓練、治安維持など、あらゆる支援を続けてきた。その総額は2012年以降だけで計2億1000万ドル(231億円)に及ぶ。

 ただし、バラマキも相手国との信頼関係が構築できなければ無意味だ。レバノンとの間に犯罪人引き渡し条約が結ばれていないとはいえ、何事にも例外はある。

 実際にレバノンは昨年、引き渡し条約のない米国の要請を受諾し、レバノンと米国の二重国籍を持つ容疑者をFBIに引き渡した。

 ところがレバノン当局は今回、日本側へゴーンの身柄引き渡しを拒否する姿勢を重ねて示している。日本は軽くあしらわれている。 (以上 日刊ゲンダイ)

人でなし加害者・飯塚幸三は遺族に謝罪する気は毛頭なし!

 殺人暴走車のハンドルを握った飯塚幸三。

 横断歩道を青信号で自転車を押しながら渡ろうとした31歳の母と幼子を時速100を越すスピードで跳ね飛ばし、命を奪った飯塚幸三。

 東大卒の官僚、通産省のキャリアと言うことで不思議なことに逮捕もされず、マスコミは当初、共同通信も、朝日も、NHKも、みな「87歳の高齢者」とだけ書いて飯塚の名前さえ出さなかった。マスコミは社会的地位によって報道に区別を付ける差別主義者だ。

 その悪の権化、飯塚幸三はひと2人を撥ね殺したにもかかわらず、いまだに遺族に謝罪をしていない。平気の顔でいまだ、この世にのさばっている。

 東大でようが、灯台出ようが、いくら学歴があっても人間として失格者だ。

 池袋の交差点ではねた時、やるべきは119番して人命を気遣うべきだ。だが、飯塚は何をしたか?

 その場から、セガレに電話して、官僚である過去の経歴や勲章をもらったことを書いた「SNSを削除しろ」と指示した。マスコミなど他人に気付かれるのを恐れたのだ。

 自分の保全についてはそれほどしっかりした男が、犠牲者には謝罪一つしない。

 みなさんは飯塚幸三の、この感覚をどう思う?

 関連投稿はここをクリック
https://85280384.at.webry.info/202001/article_55.html

安倍晋三よ、日本を戦争に近づけるな!

 「自衛隊の中東派遣は直ちに中止するべきだ!最悪のタイミングでの派遣、イランとアメリカの衝突に巻き込まれる恐れがある」、と情報速報ドットコムが安倍政権に強く警告した。

 米国とイランが本格的な戦争に突入すれば、「トランプの最大の同盟国・日本」が、蚊帳の外と言うわけにはいかないだろう。

 イランには「応援団」としてロシアや中国が付いている。情報速報ドットコムは「大規模な争乱に備えて、日本は海外派遣よりも国内の防衛を強化したほうが良い」と促した。

 日本にとって、戦争が他人事でなくなった。

 安倍晋三よ、日本を戦争に近づけるな!

**********************
情報速報ドットコムの警告!

 先月に自衛隊の中東派遣が閣議決定されましたが、今からでもこれは撤回・中止するべきです。

 中東情勢はかつて無いほどに緊張の度合いが高まっており、イラン革命防衛隊の司令官がアメリカ軍の空爆によって殺害されたことで、イランは大激怒してアメリカへの報復を表明。

 アメリカも警戒態勢を引き上げて、中東に3500人規模の部隊増派を決定しました。

 現在の日本はイランと友好関係にあり、イラン側も自衛隊の中東派遣については理解を示してくれています。ただ、実際に有事となった場合、イランの同盟諸国や傭兵部隊も動き出す可能性が高く、彼らが自衛隊を避けて攻撃をしてくれるとは考え難いです。

 イランの後ろ盾にはロシアや中国も居るわけで、大規模な争乱に備えて、日本は海外派遣よりも国内の防衛を強化したほうが良いと言えるでしょう。






今度はイスラエルとの取引が発覚したカネの亡者ゴーン!

 カネになる話なら、誰彼の区別なく取引をするカルロス・ゴーンはカネの亡者だ。守銭奴と呼ぶにふさわしい。

 今度はアラブが敵対するイスラエルとの取引が発覚した。レバノンの弁護士が告発した。

*********************
日経が伝えた新ネタだ。

 保釈条件に違反して逃亡したカルロス・ゴーン被告を巡り、イスラエルと取引をしたなどとして元会長を告発したレバノンのハッサン・バジ弁護士が6日、取材に応じた。

 バジ氏は「国民は元会長とイスラエルの関係に怒っている」として、レバノン当局は捜査を進めるべきだと語った。

 バジ氏はゴーンが2008~17年にイスラエルへ複数回、渡航し経済的な取引をしたなどとして、捜査当局に告発した。他にも複数の地元弁護士が告発に関わっている。

 レバノンではイスラエルと戦火を交えた歴史から同国を敵国とみなし、国民にも反イスラエル感情が強い。同国への無断渡航や商取引を禁じる法律があり、有罪となれば禁錮3~10年の判決を受けうる。

宿泊税で揺れる宮城県でもう一つの問題が発覚!

 宿泊税の導入で揺れる宮城県で、もう一つの問題があることが分かった。水は命の源である。人間は水なくしては生きていけない。

 21世紀は石油に代わって水を巡る「水戦争」が世界各地で起きると予想されている。

 それほど水は私たちの暮らしにとって欠かせない大切なものだ。その水道事業を宮城県は民間売却するというのだ。

 理由はコストの削減。おかしなことを言う。公でやって出来ないことが民間にできるわけがない。確かに当初は割安に設定するだろう。開店バーゲンセールと同じ。

 ところが時間が経つと、様々な理由を付けて必ず値上げに転じる。なぜなら、民間は利益を追求するのが目的。利潤を上乗せするのは当然だ。ツケを払うのは県民である。

 思いもよらない「水道料金の値上げ」で住民が悲鳴を上げた例は欧州に山ほどある。

 それよりも、大災害があった時、民間企業は十分な対応が出来るのか? 

 コストがかかり過ぎて、できるわけがない!お手上げ。

 結局、ツケは県民に回ってくる。


*********************

 日経によると、宮城県議会は昨年12月17日、水道事業の運営権を民間企業に売却する条例改正案を賛成多数で可決した。

 上水道、下水道、工業用水の3事業民間売却は全国初。宮城県は2022年4月から導入する方針だ。

 浄水場などの設備は引き続き県が保有し、運営権を民間企業に売却する。

 受託した企業は設備の運営や管理、修繕を手がけるほか、薬品や資材の調達も担う。契約期間は20年間。県は20年3月に運営企業の公募を始め、21年3月に売却先を決める。

 宮城県は、人口減や施設の老朽化が進む中、民間の手で、将来的な水道料金の値上げを抑えたいとしている。

 浜松市も民間への売却を進めたが、市民の反対で棚上げしている。

ゴーンは「法廷で裁かれるべき」とフランス外相!

 NHKによると、ゴーンが保釈中に密かに日本からレバノンに逃亡したことについて、ルノーの筆頭株主であるフランス政府のルメール経済相は6日、フランスのラジオ番組の中で「一般の被告と同様に法廷で裁かれるべきだ」と強調した。

 またルメール経済相は、オランダにある統括会社「ルノー・日産BV」をめぐる、ゴーンが関わる1100万ユーロ(13億円余り)の不透明な支出について調査する準備ができている、と語った。

「散らぬなら 散らせてみせよう アベ桜」!

 これはいい。 いや、参った。

 新春早々、大野章さんが鋭く的に矢を放った。見事、真ん中に的中したと言った感の一句だ。徳川家康もビックリ!

「散らぬなら 散らせてみせよう アベ桜」

 桜の木の上で、花咲じいさんを気取っている晋三を世論の力で思い切り揺さ振って、地面にたたき落としてやろう!

カジノ汚職!収賄容疑での議員逮捕2人目となるか!

 カジノ汚職に絡み、中国企業「500ドットコム」側が現金を渡した日本維新の会の衆院議員、下地幹郎が6日、那覇市内で記者会見し、東京地検特捜部に贈賄容疑で逮捕された中国企業顧問、紺野昌彦から現金100万円を受領したと認めた。

 領収書は作成せず、選挙運動費用収支報告書や政治資金収支報告書には記載しなかった。

 下地と紺野は知人を通じて知り合った。中国企業の幹部と面会したこともあった。

 日本維新の会代表の松井一郎(大阪市長)は6日、下地について「法に抵触することをすれば、議員辞職すべきだ」と言った。

 ここまでハッキリすれば、収賄罪容疑での逮捕が近い。国会開会中なら「不逮捕特権」があるが、現在は休会中だ。

 下地逮捕となれば、カジノ汚職での現職議員の逮捕は秋元に続いて2人目となる。  (敬称略)

中国の手先と誹謗中傷した本人が中国から現金受領!

「カジノ汚職事件で下地幹郎が中国企業から現金100万円受領認める」について西藤 壽さんが次のようにコメントした。

 この人は玉城デニー沖縄県知事や翁長前知事を中国の手先と誹謗中傷していましたね。

 世にいうネトウヨ連が言ってました「玉城氏が知事になれば沖縄は中国に乗っ取られる」

 これはこの人や安倍政権ブレーンが流したフェイクに煽られたから。

 その仲間たちが中国企業の手先になっています。

 ウヨ諸君はこの現実を信じないのでしょうか。

*******************

 おもしろい。西藤さんのコメントを見た瞬間、「ブログに載せよう」と決めた。

 ネトウヨと称する愚か者たちには「思想」などと言う結構なものはない。

 口から出まかせで派手なことを言う安倍晋三を、「カッコイイ」ともてはやし、「安倍ちゃん」とワイワイ騒ぐだけの抜け作どもだ。

 第一、彼らに「右翼思想とは何ぞや」と聞いても、まともに答えられる者はいないと思う。

 頭山満と言っても「それ、誰?」と問い返すに違いない。ひょっとしたら北一輝も知らないのではないか。

ならば晋三、渡米してトランプに直談判すべきだ!

 安倍晋三は6日、伊勢神宮を参拝した後三重県伊勢市で年頭記者会見した。この中で一触即発の中東情勢について「現状を深く憂慮している。事態のエスカレーションは避けるべきだ」と語った。

 だったら、毎日、ゴルフ三昧で遊び惚けていないで即刻渡米して「事態のエスカレーションは避けるべきだ」とトランプに直談判すればいいではないか。今こそ晋三が世界に公言した「米国とイランの橋渡し役」を果たすべきだ。

 なぜ、そう言わない?オマエは仲介の労をとると大ぶろしきを広げたではないか。今こそ、晋三、オマエの出番だ。

 トランプの命令を受けた米軍が3日、空爆でイランの司令官を暗殺し、イランが激怒、報復を誓った。今や戦争前夜と言った緊張状態が続いている。

 ここで、晋三が登場しなくては出るところがない。

宝塚市が就職氷河期4人の辞令交付式!

 よかった。本当に良かった。「おめでとう」と心から祝福したい。

 不況で企業が採用枠を極端に減らしたため、希望の職に就けなかった就職氷河期世代の4人が宝塚市に採用された。

 彼らは社会に巣立った時期が悪かったために不本意な人生を強いられてきた。「就職氷河期世代」は社会の「犠牲者」だと私は思っている。

 だが、これまでの苦い経験は決して無駄ではない。「人の痛み、つらみ」が分かっているからこそ、市民に対して、よりきめ細やかな目配りが出来ると私は信じている。

 これからの公務員生活に、これまでの体験を生かしていただきたい。4人はきっと素敵な公務員となると確信している。

 全国の自治体も、宝塚市に続いてロスジェネ世代を積極的に採用してほしい。

 この世代には、優秀な人材がキラ星の如く存在する。きっと「掘り出し物の逸材」が見つかるに違いない。

************************
共同通信の記事である。

 兵庫県宝塚市は6日、バブル経済崩壊後に就職難だった30~40代の「就職氷河期世代」を対象にした正規職員採用試験に合格した40代の男女4人の辞令交付式を開いた。

 過去に5つの職場を経験した吉川朋さん(41)があいさつし「就職難で非常勤で働いてきた。市民に寄り添う職員となるため研さんを積みたい」と決意を述べた。

 市によると、当初3人だった採用枠に対して全国から1635人が昨年9月の1次試験を受験。面接などを経て成績上位だった4人が合格した。
 辞令を交付した中川智子市長は「健康に気をつけて、定年まで勤め上げてほしい」と激励した。

写真はここをクリック
https://this.kiji.is/586848283000276065?c=39546741839462401

“上級国民”の飯塚幸三はいまだ反省の気配なし!

 昨年4月19日に東京・東池袋の繁華街を飯塚幸三(88)が運転する車が時速100キロを超えるスピードで走り抜け、通行中の松永真菜さん(享年31)と娘の莉子ちゃん(享年3)を跳ね飛ばし、死亡させた。

 週刊女性が、《池袋暴走事故》飯塚幸三容疑者「迷惑です」取材拒否の張り紙と妻の“強気発言”と、題してこの事故を振り返った。

***********************

 事故から8か月がたった現在も、現場のかたわらには絶え間なく花やペットボトルが供えられている。

 2人が死亡、8人が重軽傷を負った重大事故にもかかわらず、飯塚幸三が逮捕されなかったことに批判が噴出した。

 東大卒で旧通産省工業技術院の元院長という“上級国民”だから警察は配慮した、と特別扱いを非難した。

 結局、飯塚幸三は11月に自動車運転死傷処罰法違反の疑いで書類送検。事故車の機能に異常がないことが確認され、「アクセルとブレーキの踏み違い」が原因だった。

 今後、起訴されると7年以下の懲役もしくは禁固または100万円以下の罰金が科せられる。しかし、法律的には70歳を越えた場合は、服役しないですむ場合があると規定されており、刑の執行が停止される可能性がある。

 事故直後から飯塚に対する風当たりは強かった。厳罰を求める署名も募り、その数は39万筆に達した。

 予約していたフレンチに遅れそうだったからと供述した飯塚幸三は、「メーカーの方には心がけていただき、高齢者が安心して運転できるような世の中になってほしい」などとまるで人ごと。

 遺族感情を逆なでするような発言を連発した。ひとを2人も“殺し”ておきながら平然としていた。

 その真意を聞こうと自宅マンションを訪ねると、《迷惑です。インターホンを押し取材をすることはおやめください。悪質な場合……》との強気な貼り紙がしてあった。

 取材を申し込むと事故当時、助手席に乗っていた妻と思われる女性が、「お断りします!」とピシャリ。   (以上 週刊女性) 

336円安で始まった今年の株式市場! 中東危機!

2020年最初の取引となった6日の東京株式市場で日経平均株価は昨年末比336円安の2万3319円で取引が始まった。

トランプが放った毒矢が効いた。

イランの司令官を抜き打ち的に暗殺した。イランの反撃は時間の問題だ。

このまま大戦争になるのか?

市場はそのあたりを深く懸念している。

東北の方及び出身者は特に注目! 宮城がヤバイ!

 東京、大阪と比べたら宮城は「分母」が違う。新税を導入すれば宮城にとどまらず、「ほかもいっしょだ」と勘違いして、東北全体から観光客の足が遠のく。せっかく、東日本大震災から立ち直ろうとしているさなかに、無謀と言うほかない。宮城県は撤回したほうがいい。

 全国のみなさん、特に東北の方及び出身者は宮城県にメール、電話で「宿泊税の導入を撤回しろ」と声を上げて欲しい。

こちらへ
宮城県経済商工観光部観光課
〒980-8570 仙台市青葉区本町三丁目8-1
TEL:022-211-2823  
FAX:022-211-2829
E-mail:kankoup@pref.miyagi.lg.jp


         私の声も聞いて!

 東日本大震災の被災地、宮城県が宿泊税を導入するという。

 すでに宿泊税を導入している都市を視察した宮城県知事は「客が減るどころか、逆に増えて大変にぎわっている」と県議会で強調。

 総務省によると、宿泊税を導入しているのは東京都、大阪府、京都市のほか、金沢市と倶知安町(北海道)の5つだ。

●東京都は世界屈指の大都市の上に首都圏と言う巨大人口圏を抱えている。

●大阪府も高い知名度に加えて、近畿圏と言う大市場がある。

●京都市はパリとトップを争う国際都市。日本を訪れる外国の観光客は必ずと言っていいほどキョウトを訪れる。溢れる観光客に地元は迷惑しているほどだ。

●金沢市は距離的に京阪神と近く、昔から大阪の「奥座敷」として大阪の客を多く取り込んでいる。事実上、近畿圏と一体化している。

●そして倶知安町。ここは近年、東京・銀座よりも地価の上昇率が高い日本一の人気スポット。オーストラリアのスキー客が最初だったが、今では香港や台湾、中国本土からも観光客が殺到している。

 需要を見込んだ香港資本などが今後も高級ホテルを建設するなど、一時の軽井沢を思い出させる勢いだ。

*****************
翻って宮城県はどうか?


▼いまだ震災の傷跡が生々しい!

 確かに県と仙台は震災復興ブームで潤い、にぎわっている。東京と同様の東北での一極集中。が、これはあくまで一過性に過ぎない。

 県全体でみると、リアス式海岸が売り物の海岸地域はいまだに東日本大震災の傷跡が生々しい。

 土地のかさ上げはすんだようだが、私たち東京から見ると復興どころか復旧にも至っていない。かつてにぎわった町は人影もなく、建物さえ満足に立っていない。地元住民の皆さんは賢明に努力しているが、人口減少には歯止めがかかっていない状況だ。

▼五輪後に日本列島を襲う大不況!

 加えて、東京五輪後は想像を絶する大不況が待ち構えている。安倍晋三首相は好景気の証として株価上昇を挙げるが、これにはカラクリがあることをみんな知っている。

 日銀の買い支えのほか、年金など公的資金による「官製相場」で、実体経済とはかけ離れていると経済専門家がこぞって指摘。海外のハゲタカ・ファンドの格好の餌食にされている。

 だから政府がいくらカネ太鼓をたたいて煽っても、消費は一向に伸びない。

 今冬のボーナスも「上がった」というが、紙面に登場する数字は経団連加盟の大手企業86社の平均額だ。

 承知の通り、日本の企業の90%以上は中小零細企業である。ボーナスゼロも少なくない。テレビで社長が言っていた。「がんばってくれた社員たちに、もっと出してやりたいが出せないのだ」

 消費が回復しないのは庶民の懐が寒いからである。

▼痛い消費税の10%引き上げ!

 そこに追い打ちをかけるように消費税が10%に引き上げられた。

 予想通り、政府が発表する経済指標は軒並みダウン。これはまだ序の口。本格的な不況が始まるのは五輪が終わってからだ。

 残念ながら、この先、好材料は見当たらない。


▼リスクが大き過ぎる「宿泊税」導入!

 そうした中での「宿泊税」導入はリスクが高過ぎる。

 宮城の宿泊客の多くは県内や近県からだという。どこも被災地で元の体力が戻っていない。かつての職を失った人も少なくない。みんな減収の中で必死に頑張っている。

 みんな「税」と名が付くものは好きではない。嫌いだ。

 これまでの入湯税に宿泊税が加わると聞いただけで「気が重く」なる。

 たとえ50円、100円であっても、新たに取られるとなると、とてもいやな気持ちになるものだ。

▼「東北でなぜ、宮城だけが?」の心理!

 人間は「気分」に左右される。食料品が10円安いとなると、わざわざ車を運転して買いに行く。ガソリン代の方が高くつくのだが、「10円安い」と言う言葉についついつられるのだ。

 人は気持ち一つで陽気にもなり、陰気にもなる。元気、短気もしかりだ。すべて「気分」「気持」である。その時の気分によって心が動く。

 同じ東北でも岩手や秋田など他県は宿泊税を取っていない。ところが、宮城だけがホテルや宿に泊まると宿賃、入湯税のほかに宿泊税を取るとなるとどうなるか?

 100円であっても200円であっても、気分がよくない。「どうして宮城だけがとるのだ?」と不快な気持ちになる。

 金額ではない。あまりにも「宿泊税」に対して「気持ち」がそうさせるのである。

▼入り口のハードルを高くしてはならない!

 遠方から東北を訪れる客も同じだ。「東北でなぜ、宮城だけが?」の心理が微妙に働く。

 「税金を余計に取られるなら、宮城はやめて岩手の浄土ヶ浜に泊まろう」となる。東京などの客は別に宮城でなくてもいいのだ。海なら岩手でも同じだ。こだわる必要はない。これが客の気持ちである。

 東京や大阪、京都などは訪れる客が圧倒的に多いので「宿泊税がイヤなら、来なくて結構」と強気で商売が出来るが、宮城はそうはいかない。

 1人でも多くの客に訪れてもらいたいと思っているのではないか?

 だったら、入り口のハードルを高くしてはならない。

 まずは仙台以外の県内全域の復興が先だ。宿泊税はそのあとでいい。近隣他県と歩調を合わせるべきだ。

 政府の復興交付金が途絶える「代替品」として宿泊税を導入などと言う安易な考えは自殺行為だ。客離れを加速するだけだ。

 東京、大阪、京都などとは底力が違う。そこを自覚すべきだ。

▼訪れた外国人に発信してもらおう!

 それよりも今はネット時代。県は観光業者と組むのではなく、訪れた外国人や、県内にいる留学生など外国人に「宮城の良さ」「他県にない特徴」「風習、伝統行事、言い伝え」などを発信してもらうべきだ。何度も日本を訪れる外国人は。その土地の「独特なもの」に強い関心を持っている。

 台湾人の新婚カップルが和歌山かどこかの田舎町を旅していて、何気ない「景色が素敵」だと写真を撮ってスマホで発信した。ネットで話題を呼び、翌年から外国人が殺到したとテレビで報じていた。

 ネットは世界中に流れている。地元では何気ないことが外国人には「受ける」のだ。

 日本人と外国人では感性が違う。国ごとに異なる。だから彼らに発信してもらうのだ。

 そして観光客が増え、地元が潤い、宮城の観光が軌道に乗った、これで大丈夫と確信したら宿泊税を検討すべきだ。 それまではまず、足元を固めよう。

                     東北が大好きな東京のファンより

東京五輪の前にヒロシマ訪問を希望と国連事務総長!

 共同通信によると、国連のグテレス事務総長が、8月6日に広島市で営まれる「原爆死没者慰霊式・平和祈念式」に参列してから、9日の東京五輪閉会式に出席したい意向を日本側に伝えていることが5日、分かった。

 グテレス氏は2018年に現職事務総長として初めて長崎市の式典に参加しており、平和の祭典である五輪を機に「核なき世界」を目指す意思を世界に訴える考えとみられる。複数の関係者が明らかにした。

 国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長も五輪の聖火リレーに合わせ5月に広島を訪問する方向。昨年のローマ教皇フランシスコに続き、被爆地から平和希求のメッセージを発信する動きが広がりそうだ。 (以上 共同通信)

**************************

 久しぶりに「行動する国連事務総長」が復活した。前任者のパン・ギムン氏は存在感が薄かった。

 それに比べグテレス事務総長は地球環境についてストップ温暖化を世界に提言するなど存在感を示している。

 本来、国連が果たすべき役割を立派に果たしている。

 混とんとする世界で、私はグテレス事務総長の行動力を高く評価している。

晋三!米国とイランの橋渡し役は単なるハッタリだったのか?

 安倍晋三は「米国とイランの橋渡し役を果たす」と公言した。いまこそ、その時だ。

 トランプの命を受けた米軍が3日、イランの司令官を殺害した。報復を誓ったイランは英雄の死を悼んで国中が3日間の喪に服した。その喪が明ける。

 今こそ橋渡し役の出番だ。どうした晋三? 

 口をつぐんだままで、うんともすんとも言わない晋三。あれは単なるハッタリだったのか?

「アメリカに死を」!イランの人々は怒りを露わにした!

 「アメリカに死を」ー。人々は口々にそう叫び、米国への怒りを露わにした。

 米軍は先週、トランプの指示にもとづいてイラクの首都バグダッドでイランの精鋭部隊、革命防衛隊のソレイマニ司令官を殺害した。

 司令官のひつぎが本国イランに到着した。追悼のために集まった市民が大通りを数キロにわたって埋め尽くした。

 司令官は、イランの中東政策における軍事・外交上の最重要人物で、国民からは英雄と呼ばれるほど、人気があり、集まった市民たちは、ソレイマニ司令官の顔写真を掲げるなどして、その死を悼んだ。

詳しくはここをクリック
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200105/k10012235981000.html

さすが世界の指導者メルケル!素晴らしい新年メッセージ!

 こういう人を指導者と言うのだ。温暖化について「今、政治が対応しないと子や孫が甚大な影響を受ける」と警告したメルケルこそ真の世界の指導者だ。安倍晋三や環境相・小泉進次郎に聞かせてやりたい。進次郎は環境について「セクシー」と場違いなセリフを口走った。

*****************************
 ドイツのアンジェラ・メルケル首相は国民向けに演説し、「温暖化による危機は人類が引き起こした」と指摘。「今、政治が対応しないと、その影響を受けるのは、われわれの世代ではなく、子どもたちや孫たち」「ドイツが気候変動を制御するために貢献できるよう、私は全エネルギーをかける」と決意を表明した。


 メルケル首相の発言は、国民向けの新年メッセージとしてテレビ放送された。この中で首相は、デジタル化の進展で課題となっている雇用問題に対処する決意とともに、気候変動への対応に力点を置いて語った。 (以上 RIEF)

詳しくはここをクリック
https://rief-jp.org/ct8/97732?ctid=70

豪州山火事でコアラなど野生生物4億8000万体が犠牲!

 昨年9月以来、猛威を奮っているオーストラリアでの山火事の影響で、野生生物の犠牲が4億8000万体に上るとの推計が公表された。

 この中には、焼死したコアラが8000頭も含まれているという。オーストラリアのモリソン政権は、効果的な熱波・山火事対策を打ち出せないまま、年を越した。

 膨大な山火事による生態系への被害推計は、シドニー大学の生態学者が推計した。

 野生生物の犠牲だけではなく、大気中に燃え上がった煙の影響で、オーストラリアから2000km離れたニュージーランドの氷河に煙の灰が降り注ぎ、氷河の表面がマダラになる現象も起きている。 (以上RIEF)

*****************************

 なんともいたわしい。何とかならないものか。国際的な消火救援隊は来ているのだろうか?

 コアラが大量死。おそらくカンガルーなどほかの動物も犠牲になったのだろう。こんなつらい話はない。

詳しくはここをクリック
https://rief-jp.org/ct8/97806

中国併合を断固拒否!「主権と民主を守る」と蔡英文総統!

 【台南共同】11日の台湾総統選に向けた選挙戦が5日、終盤の「ラストサンデー」を迎えた。台湾独立志向の与党、民主進歩党(民進党)の蔡英文総統は南部・台南市で集会を開き、台湾の「主権と民主を守る」と演説し、中国が掲げる台湾統一を拒否する姿勢を改めて強調した。

***************************

 香港の弾圧やチベット、ウイグルへの迫害を見たら共産中国と一緒になりたいなどとだれ一人考えないだろう。

 台湾は香港と同様、民主主義を尊重する国民だ。言論も、集会も、発言も取り締まりの対象となる共産中国にはんたいするのは当たり前。

 私たち日本人と認識を同じくする蔡英文さんを応援しよう。共産中国に反対しよう。 

弁護団などまったく信用していなかったゴーン!

 時事通信によると、カルロス・ゴーン被告がレバノンに逃走した事件で、弁護人の弘中惇一郎弁護士は4日、弁護団が辞任を検討していることを明らかにした。

 一方、毎日新聞によると、弁護団の高野隆弁護士は4日、ブログを更新。ゴーンの逃亡を知って「激しい怒りの感情がこみ上げた」としつつ、「この密出国を『暴挙』『裏切り』『犯罪』と言って全否定することはできない」と一定の理解を示した。

***********************

 何をいまさら、間抜けなことを言っているのか。気づいた時は既にもぬけの殻だった。

 地下組織とコネがあるゴーンは去年の10月から密かに高跳びを計画していた。

 ところが、弁護団の誰一人として、それに全く気付かなかったというからお笑いだ。

 「テレビのニュースを見て初めて知った。寝耳に水」と弘中。面目丸つぶれである。

 ゴーンは彼ら弁護団をまったく信用していなかった。だからひと言も話さなかった。完全にコケにされた弁護団。

これはネットの声である。
 「当初、弁護団はむしろ被害者だと思ってたけど、入管法を盾にパスポート所持を地裁に申請し許可を得たんだって!? 絶対におかしい。外国人は常に身分証明書を携帯すべしという法令は日本独自のものではない。が、正規滞在を証明できるものがあればそれで充分な筈。弁護団は結果的にグルだったとの嫌疑を受ける資格はある」。

戦争が始まろうとしている時に・・・安倍晋三、無能者の証明!

戦争が始まろうとしている時に日本政府は沈黙。

どうしていいか分からないので「何事もないようなふり」をして時間を稼いでいるのでしょう。

事前に告知があれば何らかコメントを準備していたはず。それがなかった。

今はただ米政府からの「次の指示」をぼんやり口を開けて待っているのでしょう。 (内田樹)

中東に派遣を命じられた自衛隊員たちの命は?

 世界をかき回す独裁者・トランプの横暴!

 自分で導火線に火を付けておいてトランプがこんなことを言った。

 イランが司令官殺害への「報復に出れば、直ちにイランの52か所を攻撃する」と強く警告。

 これに対し、イランのロウハニ大統領は「アメリカは、大きな過ちを犯したことをわかっていない。彼らは今後、この過ちがもたらす影響に直面することになるだろう」と米国に対して何らかの報復措置をとる可能性を改めて示唆した。

 一方、イラクの首都バグダッドでは数万人が司令官らの葬列に加わり、イランの影響下にあるシーア派の民兵らが米国に対して非難の声をあげた。

 ボンクラ首相の安倍晋三だけが気楽にゴルフ。

 中東に派遣を命じられた自衛隊員たちの命はどうなるのか?

22億円以上使って日本からトンズラしたゴーン!

 ベルサイユ宮殿での超派手な結婚式の費用はルノーのカネを流用と発覚し、フランス検察から追われる身のゴーンが逃げ込んだのはフランスでもなく、日本と親交が深いブラジルでもなく、レバノンだった。

 狙った獲物は逃がさないハゲタカもどきのカルロス・ゴーンの逃亡作戦に、元米海兵隊員とレバノンの警備会社員が協力したと日刊ゲンダイ。彼らはともに闇の組織のメンバーだ。

 今回、ゴーンが逃げ込んだレバノンはわずか「1%の特権層が国家の富の4分の1を独占する腐敗に非常に甘い国」と現代イスラム研究センター理事長の宮田律が指摘した。

 日本総研会長の寺島実郎も、「分断と分裂の魑魅魍魎の国家で、アウトローのマフィアがうごめき、陰謀渦巻く国がレバノンだ。法治国家には程遠い。そこに飛び込んだゴーンはあまりにも卑しい」とエセ・グローバル経営者を非難した。

日刊ゲンダイによると、逃亡劇は以下の通り。

 暮れの12月29日ごろに都内のゴーンの自宅にバンドが訪れ、引き揚げる際に木製の楽器ケースに身を潜めたゴーンを運び出した。

 トラックで関空に向かい、待機していたトルコの実業家が所有するプライベートジェットに移送。離陸後の機内でゴーンはケースから姿を現したという。

 この作戦に「2000万ドル(約22億円)以上の費用がかかった」と日刊ゲンダイ。

 そこまでして逃亡するには相当なわけがありそうだ。国際シンジゲートのアウトローとの関係がバレるのを恐れたのか?

安倍晋三と決定的に異なる点は知性があることだ!

 自民党の岸田文雄政調会長は4日、ポスト安倍の後継を争う党総裁選挙について「新しい時代をしっかり担うという気持ちを形に表すために今年1年、しっかり奮闘、努力する」と強い意欲を示したと朝日。

 安倍晋三からの後継指名をひそかに期待して、ズルズル今日までやって来た。この人は何事に付けてもそつがないが、常に寸足らずだ。迫力に欠ける。発信力などさらさらない。

 ただ、安倍晋三と決定的に異なる点は知性があることだ。だから、嘘八百を並べ立てて国民を愚弄するようなことはない。民主主義を破壊するようなことはない。そんな安心感がある。ただし、日本会議や産経の論説グループのような外野席に惑わされないことが必要だ。

中・高生にぜひ読んでもらいたいものがある!

 目的もなく大学に行っても意味がない。

 このブログ「半歩前へ」に登場するAのような人物はもう通用しない。

 これから社会に出る若者たちは、日本だけでなく韓国やオーストラリア、米国、ベトナム、インドネシア、中国など世界の若者と対峙することになる。

 広い視野に立ってものを見る、そして自分の頭で考える。そうしたことが求められている。

 日本だけに通用する「マニュアル」などは無意味だ。

 若者よ、本当の意味でこれからはキミの「実力」が問われる時代だ。

 次代を担う若者たちよ、トライしよう。

 さすれば必ず道は開ける!

参考のブログ「半歩前へ」をもう一度読んでみよう。
詳しくはここをクリック
https://85280384.at.webry.info/202001/article_34.html

選挙が近い!「れいわ新選組」のポスターを張ろう!

 あなたの住んでいる地域に自民党議員のポスターが張り出されたら要注意だ。

 2020年は年初から波乱含み。

 国内では安倍晋三がタレントがいっぱい集まるイベント、「桜を見る会」を私物化した。安倍の後援会や、昭恵までが「昭恵枠」を特設してもらってオトモダチを片っ端からイベントに紹介。

 公金でばくち場・カジノを作るカジノ汚職。複数の自民党議員が中国企業の代理人から現金を受け取って選定に向けて暗躍していたことが発覚。

 サクラ疑惑とカジノ汚職。

 1月20日に国会が召集され、野党の本格的な追及が始まる。カジノ汚職では、安倍晋三に近い大物議員の名前がすでに浮上している。

 そこに加えて持ち上がったのが、トランプの思い付きで勃発した中東危機。彼は火薬庫の導火線に火を放った。

 まもなく日本の自衛隊が中東に向かう。直ちに自衛隊派遣を中止すべきだ。分別がない安倍晋三の派遣責任が問われよう。

 そうなると、苦し紛れに安倍は解散総選挙に打って出る可能性がある。一か八かの勝負に出る恐れがある。

 あなたの地域に「れいわ新選組」のポスターが貼ってあるか? 

 なければ急いで張ろう。ポスターは一番ひと目に付く。だからどの候補もポスター張りに全力を挙げる。

 しかし、組織がない「れいわ新選組」は人手が足りない。

 私たちが貼るしかないのだ。安倍内閣を倒すために「れいわ新選組」のポスターを張ろう。

ポスターについて詳しくはここをクリック
https://poster.reiwa-shinsengumi.com/entry.php

「助けなければ家族に被害が及ぶ」と脅迫!

 【イスタンブール共同】ゴーン被告がトルコ経由でレバノンに逃亡した事件で、トルコの検察当局は3日、拘束中の容疑者らの手助けで、ゴーン被告が民間機で非合法にトルコに入出国していたことが確認されたと発表した。

 拘束していた7人のうち5人について裁判所が逮捕を決定し、2人は釈放されたと明らかにした。逮捕されたのは、ゴーン被告を運んだジェット機2機のパイロット4人とジェット機の運航会社幹部1人。

 運航会社幹部は事情聴取に対して「レバノンの知り合いから頼まれた。『助けなければ家族に被害が及ぶ』と脅された」と説明した。 (以上 共同通信)

************************

 ブラジル人であり、フランス人であり、レバノン人である謎多き男・カルロス・ゴーン。

 今回の逃亡は世界を股にかける国際的なアウトローのマフィア組織がかかわっていたと言われている。

 日本逃亡計画は昨年10月ごろから密かに練られていた。背後で闇の組織が蠢いていた。彼らは掟を破ると「死」で償うことになると言うから「秘密」は絶対に守る。

 グローバル経営者とは名ばかりで、彼らともつながりを持つゴーンは単なるハゲタカだった。

 日産の赤字に目を付けたゴーンは「コストカッター」の名の通り、容赦なく日産従業員4万人のクビを切った。

 そして黒字に転じた途端、本性を現し、会社のカネを懐にしまい込んだ。

 日産は自分が立て直したので「自分の会社。何をしようが自分の勝手」と毎年、十数億円の巨額報酬を受け取り、日産のカネで豪華ヨットや世界に豪華な別荘を取得。セレブ生活を満喫する医など日産を散々、食い物にした。

 不正蓄財や家族への送金がバレて「有罪が確実」と知ったゴーンは高跳びを計画した。

 ゴーンは、フランスのルノーからも同様に罪に問われている。

ぼやぼやせずにボンクラ、早く動け!

 前後の見境のない浅薄なトランプの思い付きで始まった米軍のイラン攻撃。

 これをきっかけに、正月から世界は緊張に包まれた。

 各国の株価は軒並み急落。その一方で中東危機を材料に原油市場は急騰した。

 そうした中で日本の首相、安倍晋三は4日も、のんびりと千葉県袖ケ浦市のゴルフ場で朝からゴルフに興じた。

 遊んでいる場合か? このバカたれ! 昨年末の閣議で「新年早々、自衛隊を中東に派遣する」と決めたのを忘れたのか?

 トランプとイランは戦争前夜だ。

 即刻、派遣を中止せよ。

 トランプの片棒を担ぎ、長年のイランとの友好を壊すようなことはするな!

 ぼやぼやしている場合ではない。 

 ボンクラ、早く動け!

大学っていったい何なんだ? 無意味な大卒!

 大学っていったい何なんだ? 何のために大学に行くのか? そんなことを考えさせられる「事件」だった。

 今回の「事件」で、安倍晋三が首相を続ける理由が分かったような気がした。おそらく、今回のようなバカが「安倍さーん、かっこいい!」と応援しているのだろう。

 落語のけいこ会の部屋を予約で区役所のホームページに飛んだ。いつもは順調な手順が何度試みてもうまくいかない。区役所に電話してHP担当の若者Aに事情を説明した。

 Aは「分かりました。調べてみます」と言ったきり、10分近く待っても返答がない。電話が切れたと思ってかけ直した。そうではなかった。

++++++

 彼が私との電話を忘れていた。冗談ではない。あきれてものが言えない。

その後のAとのやり取りを以下に紹介する。
私「一体、どうなっている?」
A「よく分かりません」
私「担当者がそれでは困る」
A「そうですよね」
私「驚いた。キミは馬の耳に念仏だね」
A「なんですかそれ?」
この、ことわざを聞いたことがないという。

+++++

私「では暖簾に腕押しはどうか?」
A「分かりません」
私「失礼だが、あなたはバイトさんか?」
A「違います。私は正規の職員で早稲田(大)卒です」
自慢そうに言ったので、大笑いした。
私「大卒でことわざ一つ、知らないのか?」
A ・・・沈黙
私「キミは学生時代にどんな本を読んだの?」
A「本は一冊も読みませんでした」

+++++

 「本を読まない」と堂々と言う感覚が信じられない。彼は恥と思っていないようだ。

 この男をまともな人間と勘違いしていた私の負けだ。

 この人、本当に学校に行ったのか? よくこんなものを卒業させたものだ。

 受験に「合格するための技」だけ覚えて合格した輩は頭の中が空っぽのピーマン人間だ。「自分の無知」に気づいていない愚か者である。開いた口が塞がらない。

++++++

 こういうバカだから、人を電話口で10分も待たせて平気なのだ。しかもホームページの担当者でありながら、「よく分からない」とはどういうことか?

 なぜ、こんな者が地方公務員になったのか? よくある地元有力者のコネか? それとも採用ミスか? 「馬の耳に念仏」や「暖簾に腕押し」「馬耳東風」程度は小、中学生でも知っている。

 「本は読みません」・・・このツケが今になって回ってきた。

  大学を「出た」だけの無学者。基礎知識も教養もまるでなし。教養や雑学は人に教えてもらうものではない。「自分で身に着ける」ものだ。
 
 そのために4年間と言う時間を買ったのではないか? 本も読まず、ノラクラ暮らして卒業すれば、こんなバカが誕生する。

 「本を読む者」「読まない者」で知的レベルの格差がますます広がっている。読まない者は言葉を知らない。決まった単語しか使えない。

 語彙は読書量に比例するという。
 
 日本の大学は殺人でも起こさない限り、誰でも卒業させる。バカを多量に社会に排出しても責任を取らない。

 私立大学の多くは今やカネ稼ぎのための「単なる企業」に成り下がった。そんな大学を出ただけでは通用しない。

 先日、桂宮治の「子ども落語会」で会った中学生と高校生は常識も知識も教養もあった。Aとは比べようがない。

謎の女記者・岩田明子と安倍晋三との特別な関係!

 大学教授の山口二郎が3日にこう言った。

 「昨日のNHKニュースで岩田明子が安倍外交はアメリカとイランの仲介役を追求すると述べていた。これほど身の程知らずで能天気な話はない。戦争の危機が迫る中東の海域に自衛隊を調査研究のために派遣するという無意味なことをする安倍に何の戦略があるというのか?」

 まったくだ。山口二郎の言う通り。岩田明子は安倍晋三からどれ程ちょうだいしているのか知らないが、ヨイショするにも限度がある。

 岩田が記者なら恥を知るべきだ。記者は、ダンナの太鼓持ちではないはずだ。公共の電波を使ってウソを並べてはならない。

 それにしても安倍晋三と岩田明子の仲はどうなっているのか? 

 NHKも組織だから人事異動があるはずだが、岩田はずーと同じ部署に居座ったままだ。NHKの場合、普通は2、3年で別の部署に移る。

 安倍が海外に行こうが、どこに行こうが安倍晋三の居るところ、必ずと言っていいほど岩田明子がピッタリくっついている。

 官邸も岩田明子だけは特別扱いだ。

 大NHKも彼女には手出し、口出しが出来ないのか?

 2人はどういう関係なのか? 普通ではない。

危機管理能力ゼロの日本の総理に批判が殺到!

 トランプによるイランへの先制攻撃で世界の火薬庫、中東が大騒ぎとなっている中で、平然とゴルフに興じる安倍晋三の感覚には絶句した。その火薬庫に自衛隊派遣を決めたのは安倍内閣だ。

 危機管理能力ゼロの日本の総理に批判が殺到した。  

***********************
(原文のまま)

▼俵 才記
 いつも思うことなんですがこんな時日本政府の反応は遅い。今回は正月ボケ状態で、こんなに中東で緊張が高まっているのに自衛隊派遣を再検討する気配もない。自衛隊員の命を何だと思ってるんだ。いつも、何でも米国からの指示待ちで何も自分で決めれない安倍外交って何だ

▼山口二郎
 殺害されたのは国民的英雄 後戻りできない米国とイラン。トランプの愚行、暴挙。安倍政権は海上自衛隊派遣を再考すべき。戦争に巻き込まれる覚悟はあるのか。

▼中野晃一
 中東海域への自衛隊派遣を年末のどさくさに閣議決定で決めてしまった安倍自公連立政権。そうしたら新年早々、トランプがイランに対して事実上の開戦。よりによってこんなときに「調査・研究」を名目に自衛隊を派遣することにした安倍の外交安保政策って、まじヤバイ。

▼金子勝
 【トランプリスクは止まらない】石油価格が上昇し株価が下落した。トランプは国内で弾劾決議を受けて大統領選で不利にならないように、イラン攻撃を行うが、対イラン戦争を起こしては世界経済を壊すので大統領選に不利になる。

▼小池晃
 アメリカは、国際法を無視した軍事行動をただちに停止せよ。そしてイランとの核合意への復帰を求める。日本は、緊張を激化させる自衛隊派遣決定を撤回せよ。そしてトランプ大統領に軍事挑発をやめ、核合意へ復帰することを求めよ。

▼佐藤正久
 【米、中東に3500人増派 イラン司令官殺害で緊迫 】異例の増派、昨日に750人増派を表明したばかりだったのに。それほど緊張が高まっている証左だ。元々、中東からの撤兵を公約のトランプ大統領、事態は違う方向に向かっている。一方、イランは英雄の死に3日間の喪。

▼異邦人
 トランプ政権に追従して国会にも諮らず自衛隊の中東派兵を「閣議決定」し、自衛隊員を死地に送り込もうとしている安倍首相だが、トランプ政権が国際法違反の軍事行動を決行しイランとの緊張を一気に高めている今、何も声明を発しないばかりか今日も「ゴルフ」をするようだ。もう言葉がない。

▼君に届け!滑稽新聞@無糖派
 閣議決定で、中東に自衛隊派遣で仰天した。自衛隊を派遣するのに、国民の承認を得ないでもできる国になったということは、戦前戦中の日本と酷似。危ない! 自衛隊は英語でarmyと翻訳されニュースで報じられる。

▼松井計
 自衛隊派遣→なしくずし的に参戦→東京五輪がテロ対象に→国民監視の強化→世論の同調→改憲発議→緊急事態条項可決→国家緊急権の発動……という流れにも気を付けておく必要がありますね。

原油価格が急上昇! 中東情勢の緊迫化で動揺!

 【ニューヨーク、ロンドン時事】週末3日午前の国際原油市場では、中東情勢の緊迫化を背景に原油価格が急上昇した。

 ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の米国産標準油種WTIは午前9時40分現在、前日清算値(終値に相当)比2.03ドル高の1バレル=63.21ドル。

 米国防総省は2日夜、トランプ大統領による指示で、イラン革命防衛隊コッズ部隊のソレイマニ司令官を殺害したと発表した。これをきっかけに中東地域での供給懸念が台頭し、原油買いが殺到。相場は一時64.09ドルまで上昇した。

 国際指標となっている英国産北海ブレント先物は、一時前日比約4%超高の1バレル=69ドル台に上昇。節目である70ドルに近づいた。

戦争が他人事でなくなった日本に危機が迫った!

 「自衛隊の中東派遣は直ちに中止するべきだ!最悪のタイミングでの派遣、イランとアメリカの衝突に巻き込まれる恐れがある」、と情報速報ドットコムが安倍政権に強く警告した。

 米国とイランが本格的な戦争に突入すれば、「トランプの最大の同盟国・日本」が、蚊帳の外と言うわけにはいかないだろう。

 イランには「応援団」としてロシアや中国が付いている。情報速報ドットコムは「大規模な争乱に備えて、日本は海外派遣よりも国内の防衛を強化したほうが良い」と促した。

 日本にとって、戦争が他人事でなくなった。

**********************
情報速報ドットコムの警告!

 先月に自衛隊の中東派遣が閣議決定されましたが、今からでもこれは撤回・中止するべきです。

 中東情勢はかつて無いほどに緊張の度合いが高まっており、イラン革命防衛隊の司令官がアメリカ軍の空爆によって殺害されたことで、イランは大激怒してアメリカへの報復を表明。

 アメリカも警戒態勢を引き上げて、中東に3500人規模の部隊増派を決定しました。

 現在の日本はイランと友好関係にあり、イラン側も自衛隊の中東派遣については理解を示してくれています。ただ、実際に有事となった場合、イランの同盟諸国や傭兵部隊も動き出す可能性が高く、彼らが自衛隊を避けて攻撃をしてくれるとは考え難いです。

 イランの後ろ盾にはロシアや中国も居るわけで、大規模な争乱に備えて、日本は海外派遣よりも国内の防衛を強化したほうが良いと言えるでしょう。

誰も問わない抵抗勢力・小泉純一郎の”犯罪”

 郵便局と言うと、田舎では「信頼」の代名詞だった。郵便局の言うことだから間違いないと誰もが信用した。

 その郵便局が、なにも知らないお年寄りをダマし、カネを撒き上げた。

 まさか、あの郵便局が地元住民をエサにするなど想像もしていなかった。

 それでも、だまされた方が悪いのか?

 地域の安心、郵便局を米国の言いなりに、無理やり民営化した元凶が小泉純一郎だ!

 コヤツは郵政民営化に反対する自民党議員を名指しで「抵抗勢力」と呼んだが、コヤツこそ、わが日本にとって最悪の「抵抗勢力」である。

 元外交官の天木直人が「誰も問わない小泉純一郎の責任」と銘打って次の原稿を投稿した。

******************
以下は要約である。

かんぽ生命保険の不正販売問題から始まった日本郵政の大騒ぎ。

民営化とは市場原理にさらされることだ。

職員は収益を上げるためにノルマを課せられる。結果としての不正は既に報じられている通りだ。郵便にしても、金融・保険にしても、民間との過当競争ははじめから分かっていた。

なぜ郵政民営化をしなければいけなかったのか。

強引に推し進めたのが当時、首相の小泉純一郎だった。

いまこそ小泉を引っ張り出して、郵政民営化は正しかったのか、その是非について議論をし直す時だ。誰もがそう思うだろう。しかし見事にメディアはそれを封印している。

あの時メディアも一緒になって小泉郵改革を持ち上げたからだ。

今になっても小泉は批判されないのだ。

安倍晋三をここまで悪しざまに批判する野党や国民も、小泉純一郎は批判しない。

小泉純一郎の人気が続く限り、小泉進次郎の人気は終わらない。

緊迫する中東情勢に返答できない安倍晋三!

 安倍晋三はきょう(4日)も朝からゴルフ三昧。

 12月28日から正月休みに入った安倍は都内の高級ホテルに宿を取り、夜は「今日はフランス料理、あすは日本料理」と名店を食べ歩き。

 この間にゴルフをした回数は4回に上った。その合間を縫って正月3日には映画鑑賞。

 ところが、安倍がバカンスを楽しんでいる間に、世界では大変なことが起きた。

 トランプがついにイランに戦争を仕掛けた。年明けの3日、米軍がイラン革命防衛隊の司令官を殺害した。4日には親イランのイスラム教シ-ア派の拠点を攻撃。まさに導火線に火が放たれたと言っていい。

 緊迫する中東情勢について4日、記者団から問われた安倍は、「今月、諸般の情勢が許せば中東を訪問する準備を進めたいと思っている」ととぼけた返答をし、具体的言及を避けた。それどころか「おかげさまでゆっくりできました」と安倍。

 そんな間抜けなことを言っている場合ではない。

 安倍内閣は昨年末に自衛隊の中東派遣を閣議決定し、今月、護衛艦や対潜哨戒機が出発する。

 一気に緊張が高まった中で「自衛隊を派遣して大丈夫か」と、聞いているのだ。

 イランの反撃は必至だ。

 自衛隊がトランプとイランの戦争に巻き込まれる危険性はないのか?

米軍がイラン司令官殺害に続き新たな攻撃!

 イランの革命防衛隊司令官を殺害したのに続いてトランプの命を受けた米軍は3日、現地の民兵組織を新たに攻撃し、6人を殺害した。

 米国防総省は、中東地域に約3000人の兵士を派遣することを明らかにした。

 さらに、ことし11月の大統領選で再選を目指すトランプは3日、フロリダ州の教会でことし初の集会を開き、米国人の4分の1を占める「キリスト教福音派」の支持者に向けて演説。

 この中でトランプは、イランの司令官を殺害した成果を改めて強調したうえで「米国人は神から多くの祝福を受けているが、その中でもっともすばらしいのは世界最強の軍隊に守られていることだ」と強調、みずからの指導力をアピールした。 (以上 NHK)

*************************

 「キリスト教福音派」は親イスラエルとして知られている。

 これで分かる通り、トランプは選挙のためにイランを攻撃した。

 自分の選挙のために戦争を仕掛けたトランプは、卑劣極まりない男である。

「失念」でゴーン逃亡を手助けした”敏腕弁護士”、弘中惇一郎!

 会社法違反(特別背任)などの罪で起訴されたカルロス・ゴーン被告(65)がいつの間にか闇に紛れて日本から逃亡した。「寝耳に水という感じでびっくりしているし、当惑している」と弁護人の弘中惇一郎。

 「失念」でゴーン逃亡を手助けした”敏腕弁護士”、弘中惇一郎!

 ゴーンの高跳びについて弘中は、「(12月31日)朝のニュースで知った」と仰天。

 「報道以上のことは知らず大変困っている。事実とすれば保釈条件に違反していると考えざるを得ない」と話した。ゴーンとは1月7日の弁護団会議で会う約束だったという。

 クリスマスイブの12月24日には東京地裁の許可を得て、ゴーンは妻、キャロルとテレビ電話で会話。この時についても弘中は「報告書を見る限り、今後のことは話していない。レバノンにいる妻に会いたいなどの話は直接聞いていない」と説明。

 ゴーンの旅券はいずれも預かっているといい、「どう出国したのか分からないが、相当大きな組織が動かなければ難しいのではないか。保釈条件で決められたことを細かく守ってきたが、四六時中、管理することはできない」と言い訳した。

 弘中惇一郎は逃亡発覚直後、「全てのパスポート旅券は預かったまま」と明らかにしたが1月2日になって「地裁と協議して鍵付き旅券を所持していた経緯を失念していた」と釈明した。

 こんな大事なことを「失念」するようでは弁護士失格だ。結果的にゴーンの逃亡を手助けした形である。

 今回の騒動で「敏腕弁護士、弘中惇一郎」のメッキが剥がれた。

カジノ汚職!下地幹郎ら5議員にも現金各100万円!

 事実が明らかになるに従って、カジノ汚職はますます深みにはまっている。今度ばかりは産経も、読売も鋭く追及している。安倍内閣の命運が尽きたと判断したのか? とにかく徹底的に追及するのはいいことだ。
***********************
産経がこう書いた。

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業をめぐる汚職事件では、贈賄容疑で逮捕された中国企業側が、IR担当の内閣府副大臣だった衆院議員、秋元司容疑者(48)=収賄容疑で逮捕=以外にも宮崎政久法務政務官=比例九州=、船橋利実=比例北海道=氏ら衆院議員5人に現金100万円ずつ提供するなど、幅広く政界工作を図っていた実態が明らかになってきた。

 5人は、秋元容疑者が所属していた超党派のIR議連メンバーだったことがあり、30年2月時点で

下地幹郎氏(58)=維新、比例九州=は副会長、

岩屋毅氏(62)=自民、大分3区=は幹事長、

中村裕之氏(58)=同、北海道4区=は事務局次長だった。

岩屋氏以外の4人は沖縄や北海道に地盤を持つ。

 中国企業「500ドットコム」は平成29年8月、沖縄県内でのIR参入を表明。その後北海道留寿都村でのIR誘致計画への投資を検討していた。IR推進派で北海道と沖縄の地元誘致に積極的な議員を選んで接近を図った。

 同社側は同年の衆院選に合わせて計約2千万円を無届けで国内へ持ち込み、解散日の9月28日、秋元容疑者に「陣中見舞い」名目で300万円を渡し、5人にも選挙名目で100万円ずつ渡したとみられる。

緊急時に映画を見ていた脳天気な安倍晋三!

これは小澤俊夫さんのフェイスブックへの投稿だ。(原文のまま)

 今日の「首相動静」を見て空いた口が塞がらない。

 イランとアメリカが全面戦争に突入するかも知れないのに、安倍晋三は女房と二人で映画「決算!忠臣蔵」を見て、「大変楽しく見させてもらいました」だと。

 その時点で情報が入ってなかったとしても、情報が入った時点で緊急対策室を立ち上げるのでは? まさか正月休みだから立ち上げない?しかもホルムズ海峡沖に派遣する自衛隊員や家族たちが今何を思っているのかも考えようともせず、私邸に戻って我関せず!自衛隊の最高指揮官は、お前ではなかったのか!

 こんな危機管理能力ゼロの男を、いつまで総理の椅子に座らせておくのだ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「首相動静」1月3日
午前7時から同10時まで、静養先の東京・六本木のホテル「グランドハイアット東京」内の「NAGOMIスパアンドフィットネス」で運動。
 午前11時32分から午後0時まで、同ホテル内の日本料理店「旬房」で昭恵夫人と昼食。
 午後0時29分、同ホテル発。同34分、東京・六本木の映画館「TOHOシネマズ 六本木ヒルズ」着。昭恵夫人と映画「決算!忠臣蔵」を鑑賞。
 午後3時2分、報道各社のインタビュー。「映画はどうだったか」に「大変楽しく見させてもらいました」。同3分、同所発。同6分、同ホテル着。同45分、同ホテル発。
 午後4時7分、東京・富ケ谷の私邸着。

******************************

 小澤俊夫さんの言う通りだ。

「その時点で情報が入ってなかった」と言うことはない。総理大臣のもとには官僚の秘書官が必ずついている。四六時中、国内外の重要情報が官邸に集中するからである。それを伝えるのが秘書官の役目。

 イラン司令官の暗殺は中東の導火線に火を放ったに等しい。優秀な官僚が見逃すはずはない。当然、安倍晋三の耳に入れている。鈍感な晋三が「ああ、そう」と関心を示さなかったのではないか。ことの重大事に、気付いていなかったのではないか?

 こんなバカだから、私は「安倍晋三に総理は無理だ」とみなさんい訴えているのだ。

 仮に日本が他国とトラブルが起きた時、有事に彼はうろたえるだけで、冷静な判断が出来ないと思う。だから、安倍晋三が恐ろしい、安心できない、コワイのだ。

カジノ疑獄に発展すれば安倍内閣は一瞬で吹っ飛んでしまう!

 時事通信によると、カジノ汚職で東京地検特捜部は3日までに、衆院議員秋元司容疑者(48)=自民離党=への贈賄容疑で逮捕された中国企業側の容疑者が「現金を渡した」と供述した別の国会議員5人から任意で事情聴取したもようだ。一部議員は取材に事情聴取を受けたと認めた。

 関係者によると、5人はいずれも衆院議員で、自民党の

岩屋毅前防衛相=大分3区=、

宮崎政久法務政務官=比例九州=、

中村裕之前文部科学政務官=北海道4区=、

船橋利実=比例北海道=と、

日本維新の会の下地幹郎元郵政民営化担当相=比例九州=。

 資金提供は秋元容疑者に300万円を渡したとされる2017年9月下旬に近接する時期で、企業側は5人への資金提供を電子機器に記録していた。

 中国企業は北海道留寿都村でのIR事業参入を目指しており、特捜部は、道選出の議員やIRに理解を示す議員らに取り入ろうとしたとみて、事実確認を進めているもようだ。   (以上 時事通信)

****************************

 カジノ汚職は雑魚議員にとどまらず、安倍政権の中枢にまで浸透していると見られている。

 問題の企業の背後に習近平の影がちらついており、共産中国が各国で進める「中国化」の一環ではないかとの見方が出ている。

 そうであれば、「習近平来日」どころではない。

 カジノ汚職はカジノ疑獄へと広がり、安倍内閣は一瞬で吹っ飛んでしまう。

トルコの航空会社がゴーンを「違法使用」で刑事告訴!

 散々、日産を食い物にした挙句、有罪確実を恐れてレバノンに高跳びしたゴーン。

 この男は驚いたことにはパスポートを4つも持っていた。

 ブラジルにレバノン、そしてフランス。不思議なことのフランスのパスポートは複数所有していたというから驚きだ。

 一体、どこから、どう、2通も手に入れたのか?

 何のための2通も必要だったのか? まさか二重スパイではなかろうに?

 まだある。ゴーンは、今回の日産、ルノー騒動を「映画化しないか。必ず当たる」とハリウッドの映画会社に売り込んでいた。

*********************
フランスAFPがこう伝えた。

 カルロス・ゴーンが、会社法違反などの罪で起訴され、保釈中に日本を出国してレバノン入りした問題で、トルコのプライベートジェット会社MNGは3日、同社の航空機が違法に使用されたとして、刑事告訴したことを明らかにした。

おのれの再選しか頭にないトランプは導火線に火を放った!

 大統領選でのおのれの再選のことしか頭にないトランプは、ついに導火線に火を放った。

 最高司令官を暗殺されたイランは報復に燃えている。中東は再び地雷原となった。

 そこへ安倍晋三は自衛隊の護衛艦と哨戒機を派遣する。自衛隊が米軍の片棒を担ぐことにならないのか?

**************************

【AFP=時事】イラクの首都バグダッドの国際空港で3日未明に起きた攻撃で、米国防総省は、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領がイラン革命防衛隊(IRGC)の精鋭部隊「コッズ部隊(Quds Force)」のガセム・ソレイマニ(Qasem Soleimani)司令官の殺害を命じたことを明らかにした。

 イラクのイスラム教シーア派(Shiite)武装勢力の連合体「人民動員隊(Hashed al-Shaabi)」がソレイマニ司令官の死亡を発表した直後、トランプ氏はツイッター(Twitter)に星条旗の画像を投稿していた。

 一方、米下院外交委員会(House Committee on Foreign Affairs)のエリオット・エンゲル(Eliot Engel)委員長によると、議会への事前通達はなかったという。

 イランの最高指導者アリ・ハメネイ(Ali Khamenei)師は、3日間の服喪とともに「激しい報復」を宣言。モハンマドジャバド・ザリフ(Mohammad Javad Zarif)外相は、「ソレイマニ司令官を標的とし暗殺するという米国の国際テロ行為は、非常に危険でばかげた(緊張状態の)エスカレーション(段階的拡大)だ」とツイッター上で非難し、「米国はならず者的な冒険主義がもたらすあらゆる結果の責任を負う」と警告した。

 また、イラン学生通信(ISNA)は、最高安全保障委員会(SNSC)が緊急招集されたと伝えた。  (以上 時事通信)

安倍が目指す緊急事態条項は憲法の「火薬庫」だ!

 田中龍作が新年早々、次の原稿を投稿した。そして「日本も香港同様、法治国家ではない」と警告した。

 安倍晋三は最後の仕上げとして改憲になみなみならない意欲を示している。実現した暁に最も危険なのは私が何度も指摘している「緊急事態条項」である。

 日本で、香港や中国と同じ事態が起きる。改憲は何が何でも阻止しなければならない。権力によって私たちの自由が奪われる。

 緊急事態条項の意味が分からない人は自分で調べてもらいたい。憲法の「火薬庫」だ。

*********************
田中龍作が警告した。

 警察が国会議員のゴーグルを無理矢理に外し、ペッパースプレーを顔面に吹き付ける…こんな光景を日本で目の当たりにしたら、あなたはどう思うだろうか?

 1日、香港の反政府デモで民主派の立法会議員(日本の国会議員に相当)が、この惨劇に遭った。警察が加害者となる暴行傷害事件でもある。
 この民主派議員は許智峯氏。同日、銅鑼湾で許議員は、デモ隊の若者を守るため機動隊に抗議したところ、ゴーグルをはね飛ばされ、ペッパースプレーを浴びせられた。

 田中はデモ現場で幾度も目撃しているが、許議員は体を張って機動隊から人々を守る。

 昨年9月15日の反政府デモの際、逮捕されそうになった夫婦を守ろうと、許議員は機動隊の前に立ちはだかった。警察は公務執行妨害で議員を逮捕した。案の定だった。

 香港で市民に寄り添うのは、それこそ命がけだ。日本と違って民主派を張る以上、逮捕覚悟で人々を守らなければならない。

続きはここをクリック
https://tanakaryusaku.jp/2020/01/00021701

国会議員にもリコール制を導入すべきだ、に大賛成!

 元NHK記者でジャーナリストの木村太郎が国会議員にもリコール制を導入すべきだと言った。大賛成だ。

 議員の劣化は目を覆うばかり。法を犯しても病院に逃げ込めば、手出しが出来ない。政権与党が多数を占めておれば、法で悪を裁くことが出来ない状況だ。だから議員は地位を利用してやりたい放題。その典型が安倍晋三である。

 元維新の会の丸山穂高などは監獄につないでおくべきだ。ロシアと戦争して北方領土を取り戻せと叫び、ロシアの女を抱きたいとわめいた。

 その上あろうことか、皇居で催された天皇陛下の即位を祝う「饗宴の儀」で、酒に酔って不適切な言動を繰り返した。東大卒の典型的な人間失格者である。

***********************
木村太郎がこう言った。  

 地方議員は選挙民がリコールできる。でも、国会議員はそれができない。

 国会議員は憲法で全国民を代表するとなっているから、選挙区が『辞めろ』と言っても辞めさせられない妙な縛りがある。

 国会議員をクビできるよう直した方がいい。

詳しくはここをクリック
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191122-00000089-dal-ent

米軍がイラン最精鋭部隊の司令官を殺害!報復必至!



 新年早々、どえらいことが勃発した。米軍がトランプの命を受けイラン最精鋭部隊の司令官を殺害した。

 トランプは大統領選挙を控え、ユダヤ票を引き付けようとイラン攻撃のタイミングを見計らっていた。危険な賭けに出た。

 安倍晋三は中東に自衛隊を派遣する。巻き込まれる恐れはないのか?

************************

  【ワシントン、テヘラン共同】米国防総省は2日夜、トランプ大統領の指示を受け、イラン革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」のソレイマニ司令官を殺害したと発表した。

 国営イラン放送も、イラクの首都バグダッドの国際空港で米国のヘリコプター攻撃により殺害されたと確認。イラン側の報復は必至で、中東情勢がさらに緊迫化する恐れがある。

 コッズ部隊はイランの対外工作を取り仕切る重要組織で、ソレイマニ氏は反米保守強硬派の代表格として知られていた。イランの最高指導者ハメネイ師は3日、「血で手を汚した犯罪者は、重大な報復を受けるだろう」と米国に警告する声明を発表した。

カジノ疑獄は安倍内閣にとって最大級のスキャンダル!

 カジノ疑獄を巡り、元内閣府副大臣でIR担当だった前自民党の秋元司が収賄の疑いで東京地検特捜部に逮捕された。

 ジャーナリストの須田慎一郎はこの事件が安倍政権にとって最大級のスキャンダルとなり、2020年の政局に大きな影響を及ぼす可能性があると指摘した。

 その理由として、秋元に賄賂を送った中国企業「500ドットコム」の背後には、習近平と直結した中国の巨大企業グループが付いていることを強調した。

 秋元逮捕だけでなく、今後、親中派の大物国会議員の名前が出て来る可能性がある。

 IRの招致に尽力していたその大物議員は安倍政権を支えている人物でもある。それだけに、名前が取りざたされるだけでも政権にとって大きなダメージとなるだろう。 

 最後に改めて「500ドットコム」のバックには習近平直結である中国の巨大企業グループがいるということを強調しておきたい。その事実は、簡単には幕引きできない要素となっていくだろう。(以上 須田 慎一郎)

詳しくはここをクリック
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200102-11002545-maidonans-life

*************************

 なにやら思わせぶりな書き方だが、「安倍政権を支えている大物議員」とはいったい誰なのか?

 単純に頭に浮かぶのは官房長官の菅義偉である。元々、カジノを含むIR誘致に熱心だった。

 もう一人は習近平中国との関係で言うと、自民党幹事長の二階俊博である。

 「彼は中国ロビーストだ」と言う人もいるほど中国に近い。習近平の国賓来日の旗振り役を担っているくらいである。

 ただ、須田がどこまで確証があって言っているのかは定かでない。

 「中国企業の背後に習近平」と言う指摘は当たっていると思う。習近平は各国で同じ手口を使っているからである。

中国の恐怖!今度は牧師に扇動罪のレッテルを張って逮捕した!

 中国の裁判所は、政府の宗教政策などを批判していたキリスト教の牧師に対し、政権の転覆を扇動した罪で懲役9年の有罪判決を言い渡した。

 中国政府は、共産党への批判の拡大につながりかねない宗教活動を厳しく取り締まる姿勢を強めている。 (以上 NHK)

詳しくはここをクリック
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191230/k10012232541000.html

************************
 
 ウカウカ中国に旅したら大変な目に遭う恐れがある。

 中国共産党政府は、自分たちの意に沿わない者に対しては「政権の転覆を扇動した罪」「国家反逆罪」「スパイ罪」などのレッテルを張り付け逮捕する。恐怖国家である。

 中国共産党が牛耳っている間は、私は絶対に中国に行かれない。ブラックリストに載っているので、足を踏み入れた途端、レッテルを張られて確実に逮捕される。

 
 


NHKが「カネが余って困っている」そうだ!

 世の中、あるところにはあるものだ。NHKが「カネが余って困っている」そうだ。

 毎月の支払いにも四苦八苦している中小零細企業が聞いたら、羨ましくて「いくらかこっちに回して欲しい」と言いたくなるに違いない。

 2018年度の受信料収入は、7235億円と5年続けて最高値を更新中。人件費や番組制作費などに使ってなお1200億円余った。NHKはこのカネを地方局の改修や有価証券の購入に使っている。

 NHKの約1兆2千億円の総資産のうち、半分を超える約6500億円が現金や有価証券。

 「内部留保」も貯まる一方で、2003年度に約500億円だったものが、昨年度は約3000億と6倍になったから驚きだ。

 NHK職員の年収平均額は1098万円。これに加えて、諸々の手当てやOBの年金も充実しているというから、至れり尽くせりだ。

 ちなみに国税庁の民間給与実態調査によると、日本人の平均年収は約441万円だった。

詳しくはここをクリック
https://news.livedoor.com/article/detail/17609679/

「きれいな顔をした」世襲議員、小泉進次郎!

 英紙タイムズが今年注目すべきひとりに小泉進次郎を選んだというから「なんともの好きな」と首をひねった。

 同紙のアジア編集長いわく。

 「きれいな顔をした世襲の政治的貴族だが、独自の考えがないのか、有望な日本の政治家なのか。正反対の見方がある」と紹介したあと、「抜け目のない政治的策士でもある」と指摘。

 朝日や読売、NHKよりも、よっぽど分かっているではないか。

 その「きれいな顔をした」世襲議員を、ファンが憧れのタレントでも見るかのようにテレビ局がチヤホヤしたために、進次郎がその気になって国連で「セクシー」と口走った。

 ポエム兄ちゃんと呼ばれるようになった。

 「抜け目のない政治的策士」は親父の小泉純一郎譲り。だが、親子ともども「後出しジャンケン」が得意で、結果が出てからああでもない、こうでもないと御託を並べるズルシャモだ。

 「独自の考え」など皆目ゼロ。国連で担当の環境問題を聞かれて「まだ、大臣になったばかりだから」と応え、世界からひんしゅくを買ったご仁だ。これには同じ日本人として私の方が顔が赤くなった。

 ハッキリ言って小泉進次郎は安倍晋三や麻生太郎並みの低能児である。これらの共通項は3人とも、じいさん、おやじと何代にも渡って私たちを食い物にしてきた輩である。

 彼らの生活費(給料やボーナス)は、私たちの懐から出たカネだ。そのカネで豪邸を立て、妾を囲ったりしながら、悦楽の人生を過ごしてきた。

急落支持率は安倍内閣崩壊の先取りなのか?

 日刊ゲンダイが今度ばかりはチョイと様子が違うのではないかと書いた。

 内閣支持率の低下に加え、自民党の支持率が大幅に落ち込んだ。

 いよいよ安倍内閣の崩壊の始まりとなるか? 

 政権の土台がグラグラ揺れ動いていると指摘した。

****************************

 安倍晋三は国会を閉じれば時間が経ち、年も改まって世間はいつの間にか忘れると考えているのではないか。公私混同や政治とカネ、まずいことはなかったことにして逃げ切ろうとするように見える。

 だが、その姿勢は非常に分かりやすい。世論は永田町次元の国会対策などには騙されていない。12月のマスコミ各社の世論調査を見れば明らかだ。

 共同通信(14、15日)では内閣の支持率と不支持率が逆転。支持が42・7%に対して、不支持は2カ月連続で下がり43・0%と支持を上回った。

 下落幅は2カ月で計約11㌽という大幅減で、ここまで連続して落ち込むのは18年の森友文書改ざん以来だ。さらにサクラ疑惑の安倍について「十分に説明しているとは思わない」は83・5%に上った。

 また、時事通信(6〜9日)に実施した世論調査は、内閣支持率が40・6%、不支持率は35・3%で結果的には支持が上回っているが、今回の下落幅は、前月に比べて7・9㌽減。これも2018年のモリ・カケ問題以来の大きさだ。

 時事の調査ではこのほか、「長期政権で緩みがあると思うか」については、「ある」が68・6%で、「そう思わない」の14・2%を大きく上回った。

 さらに政党支持率の大きな変化。時事通信の調査で自民党が前月比で7・1㌽も減らし、19年で最低の23・0%にまで落ち込んだ。

 首相だけの問題ではない。政権を構成する自民党の姿勢にも疑問の目が向き始めた。

ゴーンは楽器ケースの中に隠れ地方空港から出国か?

 捜査当局の監視の網を容易くかいくぐって祖国、レバノンに逃走したゴーン。

 日本とレバノンに犯人の身柄引き渡し協定がないため、「逃げ得」となる公算が強い。

 日本の法の盲点を突いたしたたかな犯行と言える。

********************
日経がこう伝えた。

 保釈条件で指定されたゴーンの東京の住居には、人の出入りを24時間監視するカメラを設置していた。

 レバノンのメディアによると、夕食会のための楽団を装ったグループがゴーンの日本の住居を訪れ、楽団が帰る際にゴーンは楽器を運ぶ箱に隠れ、地方の空港から出国したという。作戦を実行したのは民間警備会社のようなグループとしている。

 ゴーンはトルコを経由してプライベートジェットでレバノンに到着し、フランスのパスポートでレバノンに入国。アウン大統領と面会し、レバノン政府から厳重な保護を受けているという。

 国内の空港の発着記録では、29日夜に関西国際空港を出発してトルコ・イスタンブールに向かったプライベートジェットがあった。プライベートジェットでも一般旅客と同様の出国手続きが必要だが、出入国在留管理庁を所管する法務省幹部は「データベースではゴーンの出国方法は確認できていない」としている。

 弁護人の弁護士、弘中惇一郎は「寝耳に水」と困惑の表情を浮かべて関与を否定。「相当大きな組織が動かなければ(無断出国は)難しいのではないか」と述べた。 (以上 日経)

 仏ルモンド紙は31日、ゴーンの「逃亡」は妻のキャロルが計画したと報じた。ゴーンがレバノンに入る際、飛行機に同乗していたという。

道路崩落で3人転落!構わずセメントで埋め立てた中国!

 中国広東省広州市で12月1日、地盤沈下による道路の崩落が発生した。通過した車両1台と電動スクーター1台が落下した。

 車両の中にいた2人とスクーターの運転手の生死は不明だが、当局は救出せず、当日中に陥没部分にセメントを注入した。被害者の家族は、市政府庁舎前で抗議活動を行っている。

 1日午前9時半ごろ、広州大通り北与禺東西路の交差点に突然、道路が陥没して幅数メートルもの大穴が空いた。清掃車両1台と、電動スクーター1台が落下した。穴の深さは最大で38メートルという。  (以上 大紀元)

陥没部分のコンクリート注入作業が行われている写真は
ここをクリック
https://www.epochtimes.jp/p/2019/12/49670.html

***********************

 中国ではこんなことは別に驚くに当たらない。

 覚えているだろうか? 2011年7月23日に浙江省温州市で起きた高速鉄道の脱線事故。

 中国独自の国産技術で完成させた新幹線だと自慢した。実は日本をベースにフランス、ドイツの技術をごちゃまぜにつなぎ合わせたため不具合が起きた。

 それより驚いたのは事後処理だ。ブルドーザーや大型機材を持ってきて脱線した車両をすぐに、現場でそのまま埋めてしまった。事故の検証など全くしない。中国当局が事故そのものを「なかったこと」にしようとした。国家ぐるみの証拠隠滅だ。

 ところが、そこに偶然、日本のメディアがいて現場写真付きで報道し、世界にバレてしまった。

 これには「オマケ」があって、埋めた犠牲者の乗客の中に中国共産党幹部の息子がいた。

 2日後に掘り起こし、慌てて遺体を回収した。

手垢が付き過ぎたNHK紅白、視聴率は過去最低!

 2019年のNHK紅白歌合戦。

 トリを含むヤマ場の第2部(午後9時から2時間45分)の関東地区平均視聴率(総合テレビ)は37・3%だった。前年比4・2ポイント減で、2部制となった1989年以降で最低だった。ビデオリサーチが2日発表した。

 これまで過去最低は15年の39・2%。昨年の大河ドラマ「いだてん」も過去最低を更新した。多額の予算を投じた看板番組の不振が続き、NHKにとって痛手となる。

 関西地区の第2部平均視聴率は36・2%(前年比4・3ポイント減)。前半部分の第1部は、関東が34・7%、関西は31・9%だった。 (以上 共同通信)

************************

 NHK紅白歌合戦は準備段階からの経費は数十億円だという。こんな番組はやめた方がいい。

 1年の最後を飾る1日である「大晦日」に4時間半も、紅白に浪費することはない。

 ハッキリ言って紅白は時代遅れだ。紅白と言う名前そのものが終戦直後の焼け野原で、これと言った娯楽がなかった時代を引きずっている。

 令和の視聴者が、大晦日に紅白を待ち望んでいると考えるNHKの感覚が間違っている。紅白は手垢が付き過ぎている。

蔡英文総統が中国の欺瞞「一国二制度」受け入れを拒否!

 [台北 1日 ロイター] - 台湾の蔡英文総統は1日、統一を目指して中国が提案する「一国二制度」は香港で失敗したと述べ、受け入れを拒否する考えを示した。

 1月11日の総統選で再選を目指す蔡氏は新年の演説で、台湾の主権を守ると強調。中国が圧力を強める中、自由と民主主義を保障する仕組みを築くと語った。

続きはここをクリック
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200101-00000019-reut-cn

************************

 共産中国が唱える「一国二制度」を信じる者はいない。ウソも方便と言うが、単なる方便に過ぎない。

 蔡英文総統が拒否したのは至極当然だ。チベットにウイグル、そして香港と、あれだけ共産中国の残忍性を見せつけられたら、中国に「危険」を感じるはずだ。

 国家の源である電力を中国に「支配」されたフィリピンは今、身動きが取れなくなっている。今さら習近平に騙されたと悔いてももう遅い。

 そうした事実を知ったアフリカやアジア各国は、中国によるの経済支援の「真の狙い」がようやくわかったらしく、急速に警戒感を強めている。

新年早々の香港で100万人以上が反中デモに参加!

 香港で1日、民主主義を弾圧する共産中国に反対する大規模なデモがあった。主催者発表で100万人以上が参加した。

 この日のデモを許可した警察当局はデモ行進が始まって約3時間後に突然、強制的にデモを中止させた。

 デモ隊の一部は親中国系とみられる商店や抗議活動の支援団体の口座を閉鎖した銀行のATM施設などを壊した。

 香港市民や学生らによる反中デモは2019年6月以来、7カ月にわたって継続している。

 習近平中国は、香港に大量の人民解放軍を送り込み、威嚇しながら、軍の部隊が香港警察になりすまし、弾圧を続けている。

ゴーンの「とんずら」をフランスAFPはこう伝えた!

 カロス・ゴーンが「とんずら」した。世界的な闇組織を通じて日本から逃亡した。

 日産を舞台に私腹を肥やしていた事実が次々、明らかになるだけでなく、フランスでもルノーを私物化、錬金術に走っていたことが発覚。

 このままでは懲役が免れないと悟り、高飛びを決断した。

 「ゴーン被告逃亡、国内メディアも一様に卑劣さ非難」と題してフランスのAFPがこう、伝えた。

*********************

 ゴーンが保釈中に日本からレバノンへ国外逃亡したことを受け、普段は抑制のきいた日本のメディアも一様に卑劣と非難した。

 ゴーンの保釈に関しては、検察側が世界に強力な人脈を持つ被告には逃亡の恐れがあると反対していたが、ゴーン自身が裁判で身の潔白を証明したいとの意志を示し、東京地裁が保釈を決定した。

 またゴーンの弁護団の一人は、被告ほど顔の知られた有名人が気付かれずに逃げることは不可能だとも主張していた。

 だが、今では保釈決定は軽率だったと指摘するメディアも少なくない。

 海外メディアの多くが日本の「人質司法制度」によって長期にわたる拘束が許されていると批判していたこともあり、検察は裁判所が「外圧に屈した」とみていると産経新聞は報じている。

 毎日新聞はゴーン逃亡について、「予想通り」「検察の血のにじむような苦労を台無しにした」との検察幹部の話を伝えている。

 また朝日新聞は、「長く日産のリーダーを務め、世界的に活躍した経営者がこういう人だったのか。あきれ返って言葉も出ない」と失望する日産の元取締役のコメントを報じた。

愛犬家は要注意! 大型犬は見つけ次第処分と中国!

 なんでこんなことまでするのか?いよいよ、中国は気が狂ったか? 大型犬は見つけ次第処分せよとの命令を出した。もしやらないと犬の飼い主も処分するというのだ。犬好きな人は中国に犬を連れて行ってはなりませんぞ。大型犬は殺される。

***********************

北京有力紙「新京報」によると、中国政府当局は

1、体長35センチ以上の大型犬は飼育禁止

2、3日以内に飼い主が“自身で処置”すること

3、3日後に検査を実施し、犬がいた場合は没収。飼い主も処罰する

とする命令書「養犬令」を出した。

詳しくはここをクリック
https://blog.goo.ne.jp/gurenokaraage/e/725d286d414bfaeb1318663d8e880704

安倍首相を笑えない!この男こそまさにバカの見本!

 落語のけいこ会の場所を予約するために区役所のホームページに飛んだ。画面の指示通りに順々にやったが途中でアクセスできなくなった。

 いつもはスッとうまくいくのだがこの時だけは、何度試みてもうまくいかない。区役所に電話して問い合わせた。HP担当の若者Aに事情を説明した。

 Aは「分かりました。調べてみますから待って下さい」と言ったきり、5分待っても、10分近く待っても返答がない。電話が切れたのかと思ってかけ直した。そうではなかった。

 彼が私を待たせているのを忘れていた。あきれてものが言えない。あまりにバカバカしくて腹も立たなかった。

その後のAとのやり取りを以下に紹介する。

私「一体、どうなっている?」

A「よく分かりません」

私「担当者がそれでは困る」

A「そうですよね」

私「驚いた。キミは馬の耳に念仏だね」

A「なんですかそれ?」

この、ことわざを聞いたことがないという。

私「では暖簾に腕押しはどうか?」

A「それも聞いたことがありません」

私「失礼だが、あなたはバイトさんか?」

A「違います。私は正規の職員で早稲田(大)卒です」

自慢そうに言ったので、思わず噴き出した。

私「大学を卒業して、そんなことわざ一つ、知らないのか」

A 沈黙

私「キミは学生時代にどんな本を読んだの?」

A「本は一冊も読みませんでした」

 この男を「まともな人間」と勘違いしていた私の負けだ。

 「本を読まない」と堂々と言う感覚が信じられない。彼は恥とも何とも思っていないようだ。

 この人、本当に学校に行ったのか? よくこんなものを卒業させたものだ。

 受験のテクニックだけ覚えて、大学に潜り込んだ輩は「自分の無知」に気づいていないのである。開いた口が塞がらない。

 こういうバカだから、人を電話口で10分も待たせて平気なのだ。しかもホームページの担当者でありながら、「よく分か