日本は内側から浸食されている! 生徒9割が中国人の高校!

 何ともまあ、信じがたい異様な光景だ。NHK「おはよう日本」が放送した驚くべき真実。

 日章学園九州国際高等学校は宮崎県にある私立高校である。元々は日本人生徒を対象に日本人が設立した学校だったが、少子化で生徒が集らず、中国人を積極的に受け入れる方針に転換した。

 その結果、中国人167人、日本人16人と、何と9割が中国人の高校に変身してしまった。

 主な学校行事の式典では中華人民共和国の国歌「義勇軍進行曲」をみんなで斉唱する。

 断っておくが、この高校は中国資本に買収された学校ではない。今でも日本の高校だ。

 少子化時代の中で、学校経営で「黒字」をたたき出すためには、手段など選んでおれないというわけだ。

 とにかくカネになりさえすれば、何だって構わない。

 このほかにも、中国人の手によって北海道の水源地が大規模に買い占められている。

 日本に住み着いた中国人によって全国各地に中国人だけが集う「拠点」を築いている。

 東京や大阪では都心の一等地が中国人によって買い占められている。

 中国共産党はこれを「ソフト戦略」と呼び世界中で拡大している。

 日本は既に中国によって内側から浸食されている。

 唐変木の安倍晋三は、こうした動きに全く関心を示さない。

 ネットには「日本を中国の省にしてしまえ」などと言う暴言が見え隠れしている。

++++++++++++
編注

たかりん。7 新垢の「【中国にほぼ乗っ取られた九州の高校】」の画像を2度、クリックするとNHKの録画が見える。
詳しくはここをクリック
https://anonymous-post.mobi/archives/17773

関連投稿はここをクリック
9割が中国人の高校
http://netgeek.biz/archives/117371

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント