もはや”事件”だ!「文藝春秋」新春特別号トップに山本太郎!

「消費税ゼロ」で日本は甦る 山本太郎

これは月刊誌「文藝春秋」2020年新春特別号の表紙にデカデカと載った告知文である。

その下に、山本太郎の10分の1ほどの小さな文字で、こうあった。
2020年の「羅針盤」/わが友中曽根康弘 渡辺恒雄

月刊雑誌で日本一の販売部数を誇る文春が、ナベツネを差し置いて新春特別号のトップ原稿に山本太郎を起用した。これは、私からすると”事件”である。

「文藝春秋」と言えば伝統的な保守だ。最近やたら店頭に並ぶ「WiLL」や「Hanada」といったネトウヨ雑誌とは質を異にする、別格の正真正銘の保守の月刊誌だ。

そこが山本太郎を堂々とトップバッターとして登場させた。

既成野党ばかりか、保守層も太郎を無視できなくなったということである。もはや山本太郎はなに人も無視できない存在となった。

文春のホームページには、

「政界の風雲児」本気の政策論文
「消費税ゼロ」で日本は甦る 山本太郎
 自殺者2万人、単身女性の3人に1人が貧困──この地獄を私が終わらせる。消費税廃止の財源27兆円はこうすれば生み出せる

との、見出しが躍った。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント