ゆうちょよ、お前もか! 元凶は小泉純一郎と竹中平蔵!

 ゆうちょ銀行は4月1日から、月一回まで無料だった現金自動預払機(ATM)による振り替え送金を初回から有料化すると1月10日に発表した。

 無料だった通帳や貯金証書の再発行も1100円とする。通帳の余白がなくなった場合の繰り越しは無料。

 千数百万人の利用客が料金改定の影響を受ける。
 
 日本郵政はお年寄りをカモにしていくつも保険に加入させるなど悪事を働いてきた。それがバレて営業停止処分を食らった。

 その結果、収益が悪化。そうしたツケを庶民に回そうというのだ。経営の失敗の責任を私たちに押し付けてきた。

 こんなことになったのも、元はと言えば小泉純一郎と竹中平蔵が郵政民営化を強行したためだ。

 280兆円近くの預金高を誇る郵便局は安定経営を続けていた。「庶民の銀行」だった。

 それを米国が「民営化して280兆円を海外の保険会社にも開放しろ」と迫った。

 「承知しました」と命令に従ったのが小泉純一郎と竹中だ。

 当時、自民党の中には反対論が強かった。小泉純一郎はそうした声に「抵抗勢力」というレッテルを張って、追い落としを図った。

 お粗末なマスコミが、小泉純一郎の提灯持ちになって反対論を封じ込めた。

 その結果が、今の悲惨な状況を生んだ。

 小泉進次郎のおやじ、小泉純一郎と竹中平蔵こそが米国の手先。日本の敵である。売国奴である。

 その流れに乗っているのが安倍晋三だ。

 彼らは日本を完膚なきまで破壊しつくそうとしている。気違いどもだ。

 なぜ、そんなことをするのか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント