日本共産党の大会で政界の重鎮、中村喜四郎が挨拶!

 つくづく、「時代は変わった」と実感した。共産党大会に、かつて自民党内で「将来の総理総裁候補」と呼ばれた政界の重鎮、中村喜四郎が「特別ゲスト」として招かれた。

 安倍晋三が政権を担って自民党は変質した。保守からネトウヨに変わった。戦前回帰の独裁化へと進む。

 そうした中で中村喜四郎は議会政治を守るために「野党よシッカリせよ」と野党の応援に回っている。

 南シナ海や尖閣周辺で挑発を続け、香港、チベット、ウイグルで残虐行為を繰り返す中国に対し、沈黙する安倍内閣。それどころか安倍晋三は習近平を国賓として招くつもりだ。

 日本の政党で日本共産党だけが中国の覇権主義に反対し、習近平訪日にNOを突きつけた。立派である。中村喜四郎が大会に駆け付けるのはよくわかる。

***********************
共同通信が報道した。

 共産党は14日開幕した党大会に、元自民党で無所属の中村喜四郎衆院議員を「特別ゲスト」として招待した。

 昨年の高知県知事選などでの野党連携に尽くす姿勢を評価したとみられる。

 中村氏は「全く違う立場だが、力を合わせ頑張っていきたい」と述べ、次期衆院選や東京都知事選での野党共闘を訴えた。

 自己紹介では、約40年の議員生活で「共産党と14回、選挙で戦った。約20年は自民党議員だった」と述べ、笑いを誘った。

 政権獲得を急がず、10年かけるべきだと指摘。次期衆院選は小選挙区で100議席を野党の目標にするよう求めた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント