反中意識が追い風! 蔡英文候補が優勢な情勢!

 【台北共同】台湾で11日、総統選の投開票が行われた。同日夜に結果が判明する。

 再選を目指す台湾独立志向の与党、民主進歩党(民進党)の蔡英文総統(63)が親中路線の最大野党、国民党の韓国瑜・高雄市長(62)らを抑えて優勢。

 中国との距離が最大の争点となった選挙の結果は、中台関係や米中対立に影響を与えそうだ。

 民進党は2018年11月の統一地方選で惨敗したが、中国の習近平指導部による台湾統一圧力の強化や、昨年6月以降続く香港での抗議活動によって反中意識が高まったことが追い風となり、息を吹き返した。

 蔡氏は「一国二制度」に反対する姿勢を強調している。 (以上 共同通信)

**********************

 それにしても、この投票風景。長い行列が続く。「一国二制度」とは名ばかりの共産中国に反発する「民主国家」台湾の人々の意識の高さ。尊敬に値する。

投票の順番を待つ長い列の写真はここをクリック
https://this.kiji.is/588527719975388257?c=39546741839462401

 それに比べ、民度の低い日本人は選挙より金儲け。平気で棄権する。卑しい国民である。愚かな国民である。

 その頂点に立つのが安倍晋三だ。われらの「偉大なる首領」だ。北朝鮮もどきのニッポン!

 おっと、向こうは投票100%で全部、金正恩サンだったな、失敬。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント