安倍長期政権の最大の原因は「検察の不正義」!

 安倍首相"史上最長"を可能にした「検察の不正義」と題して元毎日新聞社会部の敏腕記者、牧太郎が「サンデー毎日」これを寄稿した。納得の一文である。

***************************

 「意外にも」と言うべきか、「不運にも」と言うべきなのか、安倍晋三の首相在任日数が憲政史上最長を記録。

 しかし「バカの一つ覚え」のように主張する「デフレからの脱却」は早々と頓挫。経済は長~い停滞。所得格差が広がっている。

 貧乏国なのに、後進国にカネをばらまき、トランプの命令で「兵器爆買い」までしているのに、当の米国にも、ロシアにも、中国にも(「世界中から」と言ってよいほど)バカにされ、外交は「合格点」にほど遠い。

 その上、次々に起こる災害に何ら〝打つ手〟がない。

 なのに〝長持ち〟する。なぜだろう?  「長寿の秘密」を探すのはいとも簡単である。

 次々に不祥事が続く内閣だが、この8年間、国会議員は逮捕・起訴されていない。どれも立件されれば「政権の命運」が尽きるような大事件なのに、なぜか、検察は〝真っ黒けの悪党〟を無罪放免にしている。

 つまり、検察を味方にしたから安倍内閣は生き延びているのだ。

 逮捕されるべき国会議員はいた。例えば「甘利明・元経済再生担当相」である。甘利と秘書2人は2013~14年、千葉県の道路工事の用地をめぐり、工事を担う都市再生機構(UR)との間で補償交渉をしていた千葉県の建設業者から現金計600万円を受け取った。

 当方から見れば「ワイロ」である。正確には「あっせん利得処罰法違反」。業者は「600万円は口利きの報酬だった」と正直に証言した。

 だが、東京地検は甘利の「政治資金としてきちんと処理するように指示した」という言い訳を認め、甘利と元秘書2人を不起訴処分(容疑不十分)にした。その「不起訴」で安倍政権は助かった。

 下村博文・元文部科学相の政治団体「博友会」が「加計学園」の秘書室長から政治資金パーティーの費用として200万円を受け取ったことを隠していた。これも捜査対象になったが、東京地検特捜部は不起訴処分とした。

「検察の正義」はどこへ行ってしまったのか?

安倍官邸に人事権を握られ検察は機能不全に陥った!

 自分のオトモダチばかりを優遇する一方で、年収200万円以下の「貧困の谷間」に転げ落ちるシングルマザーや若者が後を絶たない。

 極々、少数の超富裕層との格差は広がる一方だ。そんなことは「どこ吹く風」と晋三は涼しい顔をして、外遊を繰り返してはカネを撒く。その裏では利権の影がちらつく。

 こんな、何一つ取り柄がないばかりか、あちらこちらに害毒を発散する政権が史上最長を記録した。世界の七不思議である。

 各国は「なぜだ?」と首をかしげる。元毎日新聞記者の牧太郎が明快な答えを出した。「検察が動かないからだ」と言った。

 不正を暴くべき検察が思考停止に陥っている。官邸に幹部人事を握られた検察は、安倍政権に完全に組み敷かれた。

 その結果、政権側の不正に目をつぶり、逆に森友事件で籠池夫婦を別件逮捕するなど政権擁護に回った。

 どんな悪事を働こうが、罪に問われないのだから、政権が長く続くのは当たり前だ。

 日本は既に戦前と同様の、暗黒社会に突入している。

藪をつついて蛇が出てきた間抜けな安倍晋三!

 安倍晋三が11月30日夜、東京ドームでの人気アイドルグループ「嵐」のコンサートに参加。安倍は自慢げに、メンバーと笑顔で対面している写真を首相官邸インスタグラムや自身のツイッターにアップした。

 「嵐」のファンを取り込もうと、いい歳をしたオヤジ(安倍晋三)がウケを狙ったのだ。

 ところが、首相という「権力」にモノを言わせた“特権”の乱用に批判が殺到した。

 安倍のツイッター5日午後8時22分現在、9万8519も反応が届いた。チラッと見ただけでも、コメントの大半が厳しい批判だ。

一部を紹介する。(原文のまま)

▼桜を見る会で色んな疑惑がが噴出してる時に、嵐と会って好感度アップ狙ってますか。
そんな事では挽回出来ないくらい国民はあなたの犯罪行為を知ってしまいましたよ。

▼嵐を利用しないでください。それに、チケット取りたくても取れないファンもいるんです。
そんな事より桜を見る会は? 公職選挙法違反でないというなら、その疑いを晴らすのが先ではないのですか?

▼やってる場合か!予算委に出てこいよ!

▼何かを誤魔化したい時の人気者頼み?

▼来年は無料でシュレッダーの花吹雪を見る会をぜひ嵐のコンサートにも散らしたらどうですか? 名簿や日報の紙吹雪

▼「桜を見る会」で見えて来たジャパンライフや反社との繋がり、政治の私物化等々
巷(ちまた)では貴方ご自身への疑惑を追求する声が嵐のように吹き荒れているのですが、それにはお答えにならないのでしょうか? 安倍首相は卑怯者のままで宜しいのですか?

▼ジャパンライフとやってることが一緒やん。俺はジャニーズ、嵐と会えるんだぞ!凄いだろ!と、支持や票を獲得しようという魂胆なんでしょ。

▼感謝の意を唱える前に説明責任果たすことと責任とって辞任して刑務所入るのが先だろ!嵐への感謝は刑務所の中でも出切る!

▼年末にふさわしく安倍の総決算という塩梅ですね。国会から逃げ回りマルチの宣伝塔となった釈明もせず、まことに立派な態度。いい加減にせんかい安倍のボケ!

▼反社会的勢力と繋がっていたこと、桜を見る会は有権者の買収の場であったこと、モリカケ疑獄は首相案件であった数々の証拠、ケチって火炎瓶事件、閣僚の数多くの不正、アベノミクスの大失敗、武器兵器の爆買い、貧困家庭の爆発的増加などは、芸能人との写真でも載せとけば誤魔化せると思っているのか?

晋三が泣いて喜ぶ「嵐」との写真はここをクリック
https://entamega.com/27933

安倍の秘書の一声でサクラ疑惑を委縮したダラシナイNHK!

 「NHKの報道はひどい。1万1000円以上じゃなきゃ出来ないとホテルが言ったのを最初に報じたのもNHKだ。あれ、キャップが聞かせている?」

 これはサクラ疑惑が問題となったさなかに急きょ、官邸が内閣記者会との懇談を設けた飲み会での発言だ。安倍晋三のお供でついてきた秘書の今井尚哉の発言である。虎の威を借りた狐の分際で、傲慢極まりない振舞である。

 記者たちは、ここで反撃すべきだ。「キサマは何様につもりでそんな生意気な口を利くのか」と一喝してやるべきだ。私なら黙っていない。

 NHKはこれをきっかけにサクラ疑惑の報道が霞んでしまった。

 各社の記者たちは2、3年で持ち場を交代する。7年も秘書を続け官邸に潜み続ける今井にかなわないらしい。

 問題なのは新聞社、テレビ局の報道する側だ。言論規制と受け止められる発言に、社として抗議すべきだ。

 何もせずに放置しているから今井の傲慢が増幅した。

 報道が報道として機能しなくなれば、戦前回帰は避けられない。

************************
週刊誌がこのように報じた。  (敬称略)

 連日、野党から追及されている安倍晋三に「焦り」があることは間違いないだろう。11月20日、安倍の現在の心情がよく分かる会合が催された。

「安倍と官邸キャップの懇親会は年に2回行われています。今回は2日前になって急に開催が決まりました」(全国紙デスク)

 場所は平河町にある上海大飯店。同席した今井尚哉秘書官兼補佐官からは恫喝と受け取られかねない発言も飛びだした様子はまだどこにも報じられていない。

 「NHKの報道はひどい。だから同時配信はだめだと言われる。1万1000円以上じゃなきゃ出来ないとホテルが言ったのを最初に報じたのもNHK。

 総理番が毎日細かいことを質問する。袈裟懸けみたいに質問する。あれ、キャップが聞かせているの?」

詳しくはここをクリック
https://www.dailyshincho.jp/article/2019/11271700/?all=1

「神」のように尊敬されていた日本人、中村哲!

 アフガンで無差別攻撃に遭い、命を落とした中村哲さん。中村さんは日本人の鏡である。お手本である。私たちが世界に誇れる日本人である。もっと、もっと生きて、私たちの道しるべでいて欲しかった。

 中村さんは日本政府から1円の援助も受けず、戦乱で国土が焦土と化したアフガンの地に灌漑を敷き、荒れ地を農地に変えた。「餓えや渇きは薬では救えない」と中村医師。

 中村さんは、アフガンで日本の平和憲法の重みをかみしめた。中村哲さんがどれ程、心優しく、「行動の人」だったか知らない人は、ネットで検索するといい。その中にこんな投稿があった。

**********************
以下は武田康弘さんのブログからの引用である。

現代の偉人、中村哲医師は、アフガニスタンで「神」のように尊敬されています。

愚かな日本政府の人々よ、自民党の政治家たちよ、心して聞きなさい!彼は、誰よりも何よりも、アフガニスタンの大勢の命を救うことで、同時に日本と日本人に貢献しているのです。

日本政府からは1円の援助も受けず、その奇跡のような大事業を為し続けています。深い感動なくして中村医師の言葉を読むことはできないはずです。

中村哲さんが残した言葉

▼湾岸戦争の時に、「日本は血も汗も流さずお金だけばら撒いて、しかも国際社会から何の感謝もされなかった。

「もっと血と汗を流せ」という方向へ行って、とうとうイラクへは自衛隊まで派遣してしまった。僕は、これはとても大きな転回点だったと思っています。

これまでは、海外に軍事力を派遣しない、ということが日本の最大の国際貢献だったはずなのに、とうとうそれを破ってしまったんです。

これは、戦争協力ですよね。そんなお金があるんだったら、福祉だの農業復興だの何だの、ほかに使い道はいくらでもあるというのに。

 日本は、軍事力を用いない分野での貢献や援助を果たすべきなんです。現地で活動していると、「力の虚しさ」というのがほんとうに身に沁みます。

 銃で押さえ込めば、銃で反撃されます。

 でも、ようやく流れ始めた用水路を、誰が破壊しますか?

 緑色に復活した農地に、誰が爆弾を撃ち込みたいと思いますか?

 それを造ったのが日本人だと分かれば、少し失われた親日感情はすぐに戻ってきます。それが、ほんとうの外交じゃないかと、僕は確信しているんですが。

▼僕は憲法9条なんて、特に意識したことはなかった。でもね、向こうに行って、9条がバックボーンとして僕らの活動を支えていてくれる、これが我々を守ってきてくれたんだな、という実感がありますよ。体で感じた想いですよ。

 武器など絶対に使用しないで、平和を具現化する。それが具体的な形として存在しているのが日本という国の平和憲法、9条ですよ。

 それを現地の人たちも分かってくれているんです。だから、政府側も反政府側も、タリバンだって我々には手を出さない。むしろ、守ってくれているんです。

 9条があるから、海外ではこれまで絶対に銃を撃たなかった日本。それが、ほんとうの日本の強味なんですよ。   以上

****************

 こんなにアフガンを愛し、現地の人々のことを思う中村さんが銃弾に倒れた!

アフガニスタンは真の英雄を失った!銃弾に散った中村哲さん!

 中村哲さんが銃弾に散った。この人ほど誇りに思える日本人はほかにいない。医療での限界を感じた中村さんは「餓えや渇きは薬では救えない」と灌漑に着手した。彼こそが真の英雄である。

 アフガニスタンで長年、農業用水路の建設など復興に携わってきた医師の中村哲さん(73)が4日、東部ナンガルハル州を車で移動中に何者かに銃撃され、病院で手当てを受けていたが、死亡した。

 中村さんのほか、5人のアフガニスタン人も死亡した。3人は警備員で、1人は運転手、もう1人は同僚だという。

 ロイターやAPが配信した事件現場の映像では市街地の舗装された路上に中村さんが乗っていたとみられる白いピックアップトラックが止まっている。

 車のフロントガラスに銃弾によってあいたと見られる3つの穴があるほか、運転席側の窓ガラスが粉々に割れていた。犯行声明は出ていない。襲撃の狙いも不明。

「きょう、アフガニスタンは真の英雄、真の奉職者を失った。彼はアフガニスタンの弱い立場の人々の治療に人生を捧げた」ー。BBCに載った投稿である。

詳しくはここをクリック
https://www.bbc.com/japanese/50657223