ますます低下する日本の若者たちの読解力!またダウン!

 経済協力開発機構(OECD)は3日、加盟国を含む79カ国・地域の15歳を対象として2018年に実施した学習到達度調査(PISA)の結果を公表した。

 日本の高校1年生の読解力は15位で、8位だった2015年の前回調査から低下。

 点数も12点低くなり、上位層と差が広がった。 (以上 共同通信)

****************************

  読解力は社会に出て、最も必要な基礎知識だ。手軽で便利と何でもネットに頼っているとこうなる。ネットは便利だが薄っぺらだ。読解力は身につかない。日ごろから「自分の頭で考える」習慣をつけることが大事だ。ハッキリ言えば「読書」である。

 単行本1冊、まともに読めない者がいる。こんな者に読解力など付くはずがない。知識の格差が、やがて、もろもろの格差に直結する。

 文章を読み解く力がなければ、書類や資料を見せられても、何が書いてあるか理解できない。理解できなければ責任ある仕事は任せられない。生涯「使い走りの人生」を過ごすことになる。
 
 読解力の不足は子供たちに限ったことではない。フェイスブックを見ていると、「あさってのおととい」のようなことを平気で書いている者が少なくない。中学程度の学力さえ身についておれば、こんなことにはならない。

 フェイスブックには、安倍晋三や麻生太郎並みの人間がそこら中にいる。10-20文字程度の短い文章でさえ、ピントがずれている。彼らに共通しているのは「読解力のなさ」である。

 若いころに、まともに本を読んでいないと、こういう大人になる。
 

アナタは本気で安倍政権を打倒したいと思っているか?

 フェイスブックというのは一つの囲いの中で、いわば同類項が戯れている場である。

 私の場合は安倍の独善政権を批判するので、おのずとそうした考えの者が集まってくる。

 それはそれで結構なことだが、「けしからん」「許さん」と安倍を肴にオダを上げて満足していては意味がない。

 その声は仲間内にとどまり、外には届かないからだ。

 これでは安倍政権の支持率高止まりを突き崩すこと出来ない。小さな器の中で堂々巡りをしていては安倍批判票は増えない。

 大事なことは仲間内向けのフェイスブックの枠を飛び超えて外部に発信することだ。

 私はブログとツイッターでそれをしている。これらは誰でも見ることが出来、私に意見を届けることが出来る。私のもとには、いわゆる左翼からも右翼からもいろんな声が届く。もう、罵詈雑言にも慣れっこになった。

 有難いことに、私のブログ「半歩前へ」へのPV数が今年1月から12月2日までで300万に迫る勢いだ。この他、「半歩前へ」は様々なところに添付され、引用されている。

 国家を私物化する安倍晋三がガマンならないので、私は自分なりのやり方で安倍政権の問題点を批判し、悪徳政権の打倒に努めている。

 人にはそれぞれ、得手不得手がある。他人のマネをする必要はない。自分が出来ることをやればいい。

 何度も強調するが、フェイスブックという“楽屋”でどれだけ吠えても、安倍には全く届かない。何の効果もない。

 吠えるならフェイスブックの枠から外に出て、大声で吠えるべきだ。

 大事なことは「行動する」ことである。

 現在の政治にうんざりし、状況を変えたいと真剣に思うなら、立ち上がって外に声をかけよう。

 ウソとゴマカシの安倍政権が7年間も続くと予想しなかったと思う。そのうち誰かが安倍を倒してくれる、と思っていたのだろうが、誰も手を貸してくれなかった。

 倒したいと思うなら、自分で動くしかない。

そういう人が1人でも2人でも増えたら、やがて一滴の水が小川になり、そして大河につながる。要はやるか、やらないか、である。

 何度、衆参の国政選挙をやっても安倍自民党が圧勝するのは、フェイスブックの中で批判するだけで行動が伴わない人間が多いからだ。

 棄権していた者を1人でも誘って投票すれば、状況は変わっていただろう。

 小さなコップの中で「仲間内で古傷を舐め合い、憂さ晴らし」をしているだけでは、政権は変わらないよ。

NHKが「みな様のNHK」から「アベ様のNHK」に衣替え!

下のグラフを拡大して見るとよくわかる。

御用テレビはそろって放送を避けている。その中でも飛び抜けて少ないのがNHK。

安倍晋三に対してピリピリしている様子がよく分かる。

ニュースが「安倍総理大臣は」で始まるNHKは、「われらの偉大なる金正恩さま」を繰り返すピョンヤン放送と同じだ。

安倍晋三の取って不都合なニュースはほとんど流さない。

NHKは「みな様のNHK」から、完全に「アベ様のNHK」に衣替えした。

テレビ各局の桜を見る会疑惑に対する放送時間比較グラフ
詳しくはここをクリック
http://asyura.x0.to/imgup/d9/26342.jpg

安倍自民党の補完勢力に成り下がった立憲民主党の罪!

 ノラクラ答弁で安倍晋三はサクラ疑惑の幕引きを図ろうとしている。

 国会の会期末は今月9日だ。そこまで引っ張れば逃げ切れると踏んでいる。

 安倍自民党の思惑通りに進んでいるのは立憲民主党のせいである。立民の国会対策委員長が野党を代表して自民党と交渉しているが、肝心な場面になると決まって腰砕けになるのが立憲民主党である。

 山本太郎が議員当時も再三、強調していたが、少数野党が巨大与党の悪政と戦うには最後は審議拒否しかない。

 だが立憲民主党は、御用メディアの「審議拒否は国会軽視」とのネガティブキャンペーンに押されて引き下がる。

 国会を軽視しているのは安倍内閣であり、自民党だ。本会議では安倍のデタラメ答弁に反論する機会がない。言いっ放しで終わる。

 だからあらゆる質疑の場である予算委員会を開き、そこで質疑応答を繰り返すのが本道だ。安倍内閣は追及されるのがイヤで、予算委開催を拒否。自分たちに都合のいいことだけやる多数の与党に対しては、審議拒否しかない。

 今の立憲民主党は、安倍に都合のいい「補完勢力」に成り下がっている。

*********************
経済学者の植草一秀が立憲民主党を鋭く批判した。

野党は安倍首相出席の予算委員会での集中審議を求めた。ところが与党はこれに応じない。与党が応じないのは与党のトップを務める安倍氏の意向を反映したものである。

野党はこのような局面でこそ強い態度を示すべきである。

首相出席の集中審議開催を与党が受け入れないのであれば、すべての国会審議に応じないとの強い姿勢を示すべきであった。

ところが、立憲民主党と国民民主党の衆議院国会対策委員長は自民党の国会対策委員長と11月13日に会談を行い、11月15日の委員会での採決、11月19日の衆議院本会議での採決を容認してしまった。

その結果、日米FTA批准案が衆議院を通過してしまった。

立憲民主党と国民民主党が日米FTA批准をアシストしているとの批判が生じるのはやむを得ない状況だ。この批判が耳に届いたからか、野党が国会審議をストップさせる行動を示した。

批准案は現在参院での審議途上にあり、12月9日の臨時国会会期末を控えて、批准成立が秒読みの状況にある。野党は安倍首相出席の予算委員会での集中審議を求めるべきだ。疑惑は広がっており、安倍首相が説明責任を果たすべきことは当然だ。

ところが、立憲民主党と国民民主党は再び不可思議な撤退を示した。

ジャパンライフ元会長が「桜を見る会」に招かれた枠が首相推薦枠であったことを政府が示唆しただけで審議拒否の旗を降ろしたのである。野党の対応の腰が引けている。

いま解散総選挙になれば、立憲民主党と国民民主党は壊滅的な結果に直面するだろう。これを恐れて安倍首相の疑惑に対して毅然とした対応を示せない。これでは、日本政治の刷新は夢のまた夢ということになってしまう。

安倍晋三の権力私物化の源泉は「数こそ正義」!

 安倍晋三はなぜ、ここまで傲慢になれるのか? それは数の論理である。数が絶対と信じている安倍は、多数派が正しい、正義だと主張する。

 どんな悪事を働こうが、世間や野党がどれほど騒ごうが、最後は多数決で決着すれが片が付くと思っている。

 だから平気で国会を軽視する。安倍晋三にとっては民主主義も、へったくれもない。

 あるのは「数こそ正義」の独裁思考だ。晋三の権力私物化の源泉がここにある。

 「少数意見の尊重」という政治家の必須条件など、晋三の頭のどこを探しても見当たらない。

 こんな「ゲテモノ議員」を育てたのは有権者である。

思わず目を覆いたくなる安倍昭恵のこの光景!

 破れ鍋に綴じ蓋という言葉が、これほどしっくり来ることはない。安倍晋三と昭恵の夫婦のことである。

 2人の間に子供がいないことをいいことにして妻の昭恵は、「首相夫人」という絶対権力を巧みに駆使して連日連夜、遊び惚けている。

 そしてついにこんなことまでやっていた。

 乱れに乱れ、ただれ切った総理の妻の痴態である。

詳しくはここをクリック↓

乱れ切った悪女の行状!そのあと昭恵がとった行動!
https://85280384.at.webry.info/201912/article_19.html

個人的道楽か? 麻生太郎が潜水艦に”体験入隊”!

 麻生太郎が今年5月、海上自衛隊の潜水艦「うずしお」に搭乗し、一日がかりの潜水航行を体験していたことが分かった。この事実を東京新聞がすっぱ抜いた。

 一体、何の目的で潜水艦に”体験入隊”したのか? 単なる個人的道楽か?

 ”エライさん”がどうしても乗りたいというので、 休日にも拘らず、駆り出された隊員たちはいい迷惑だ。

************************
東京新聞がこう伝えた。

 体験搭乗は麻生側の要望で行われ、実施日は部隊の休日に当たる土曜日だった。

 防衛省によると、麻生は5月18日午前、神奈川県横須賀市の米海軍横須賀基地内にある海上自衛隊第二潜水隊群所属のうずしおに乗艦。同艦は基地を出航した後、相模湾で潜水し、同日夕に同基地へ戻った。

 海上幕僚監部広報室は東京新聞の取材に、体験搭乗が行われた経緯について「麻生大臣の希望」と回答。

 部隊の休日に実施することは財務・防衛両省の調整で決まったという。うずしおに、かかった燃料費について回答はなかった。

 麻生がどのような立場で体験搭乗したのかという問いには「現職の副総理・財務大臣であるとともに元総理の立場にある方の視察として対応した」と答え、重鎮の政治家として「特別扱い」したことをうかがわせた。

詳しくはここをクリック
https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201912/CK2019120302000143.html