いつまで世襲議員を「名門」と錯覚しているのか?

 自民党には本人の能力、適性、あるいは資質と無関係に、地盤、看板、カバンを親から受け継ぐ世襲代議士が多い。

 ことし9月に発足した安倍改造内閣の閣僚等名簿を見ただけでも、安倍晋三を筆頭に、麻生太郎、加藤勝信、江藤拓、梶山弘志、小泉進次郎、河野太郎・・・ゾロゾロ親の七光り組の議員が登場する。

 彼らは、ほかの議員のように雪が降ろうが、雨が降ろうが、毎朝、駅頭で手を振ったり、ビラ配りをしたり、ポスター張りをする必要はない。

 そんなことをしなくても「名前」が知れ渡っている。後援会組織も、選挙資金も親がタップリ残してくれた。おまけに「利権」まで引き継いでいる。

 こんなわけで何一つ苦労することなく、安倍晋三のように毎日、遊び惚けていてもラクラクトップ当選できる。

 そんな世襲議員を、あそこは3代、4代続けて政治家だから「名門だ」と選挙のたびに毎回、喜んで投票する情けない有権者がいる。

 3代、4代続きということは、それほど長期間にわたって「私たちの血税でメシを食ってきた」ということだ。

 知っているだろうが、衆参の国会議員1人のために私たちは毎年、2億円近くの税金をつぎ込んでいる。

 歳費と呼ばれる給料のほかに年2回のボーナス。JR全線のグリーン車無料特別乗車パス、年間2000万円を超える議員秘書経費、超高級マンション並みの国会議員宿舎の管理と維持、議員会館の電気・電話・水道代などの維持費、海外視察費、黒塗り公用車と専属運転手・・・書き出したらきりがないほどたくさんある。こうした様々な費用を私たちの税金で賄っている。

 この金額を議員の数で割ると1人当たり2億近くになる計算だ。10年なら20億円、30年だと60億円。これが何代も続けば、私たちの負担は莫大な金額になる。

 私たちは「安倍家」のために税金を浪費しているのだ。これの、どこが名門なのか? 私たちの生き血を吸い続けているのが世襲議員である。

 彼らは人並みの苦労をしたことがない。だから世間を知らない。国民がどんな生活をし、何に悩み、どうして欲しいと思っているか理解などできないわけだ。

 だから机上の空論を平気でぶつ。こんな輩に、まともな政治が出来るだろうか? ノーである。私が世襲議員に反対する理由がここにある。

 100メートル競走に例えるなら、世襲議員はゴール手前のあと10メートルのところからスタートする。ほかの者はスタートラインから走る。これでは最初から勝敗が決まっている。

 だから金太郎飴のように、選挙のたびに同じ世襲議員が当選する。こんな不公平なやり方を許しているのは世襲議員に投票する愚かな有権者のせいだ。

 世襲議員の対極にあるのが山本太郎。母子家庭で育った太郎には選挙地盤も、政治家一家と言う看板も、カバンと呼ぶ選挙資金も、なんにもない。山本太郎はゼロから、たった一人でスタートした。

 タレントの山本太郎は知っていても、「政治家・山本太郎」を誰も知らない。だから、みんな、最初は太郎をバカにした。「あんな若造に何が出来る」と鼻であしらった。

 そうした中で太郎がやったことは有権者の気持ちを知ることだ。「市民の一番の望みは何か?」「何に困っているのか?」そんな声を聞くために毎日、歩き回った。

 主婦の悩みを聞き、非正規就労者の訴えに耳を傾け、おばあさんと対話した。そして参院議員に当選した後は国会で、それらの声を政府にぶつけた。

 世襲議員に対して「どぶ板議員」と呼ぶ。大衆の心を聞く政治家のことである。昔はどの議員も「どぶ板議員」だった。だから与野党問わず、大衆との距離が近かった。これこそが私たちの代表である。

 松下塾などと言う政治塾で学んで本物の政治が出来るわけがない。なぜなら政治は「生き物」だからである。

 日々刻々、状況が変わる。それに合わせて状況を判断する「能力」が求められる。その能力を身に着けるには「大衆の心を自分の心とする」ことが大切だ。

 落選した山本太郎は今もそれをやっているから、どんな質問が飛んも、自分の言葉で考えを説明できる。

 安倍晋三や麻生太郎、小泉進次郎らは、役人が用意した空疎な“回答集”がないと一言も答えられない。ボンクラ世襲議員の特徴だ。

私からのお願いだ。
 義理やしがらみで世襲議員に投票することだけは絶対にやめていただきたい。

 彼らに日本のかじ取りは任せられないからである。

安倍首相から「招待状」が届いたと悪徳商法のジャパンライフ!

 「桜を見る会」に新疑惑 悪徳業者ジャパンライフは安倍首相の招待枠と銘打って、日刊ゲンダイが癒着の実態を追及した。

 サクラ疑惑ばかりか、習近平政府による香港弾圧への抗議など日本共産党の快走ぶりが目立つ。

 立憲民主党など他の野党がチンタラしているので一層際立って見える。

 それにしても悪徳商法のジャパンライフと安倍晋三のただれた関係は根が深い。

**********************

 公費で運営される「桜を見る会」に安倍晋三の後援会関係者が850人も招待されていたことを暴いた共産党参院議員の田村智子が、また新たな疑惑をスッパ抜いた。

 25日の参院行政監視委員会。わずか15分の質問時間を「桜を見る会」問題追及にあてた田村。

 問いただしたのは悪質な預託商法を展開していた「ジャパンライフ」元会長の山口隆祥が2015年の「桜を見る会」に招待されていた一件だった。

 「ジャパンライフ」は17年に“計画”倒産。多額の預託金が返還されずに被害者が続出し、社会問題化した。

 国会でも集中審議が行われ、警視庁が特定商取引法違反で捜査中だ。消費者庁から4度も業務停止命令を受けており、2014年には既に文書で行政指導されていたのに安倍晋三は翌年に山口隆祥を招待した。

 「ジャパンライフ」は招待をチラシで〈安倍晋三内閣総理大臣から山口会長に「桜を見る会」のご招待状が届きました〉と大々的に宣伝し、会社の信用に利用していた。

詳しくはここをクリック
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/265286

安倍晋三とジャパンライフのただれた闇の関係!

久々にわが同志・西村昭彦がホームランを放った。これである。

60年代70年代には記者によるあっと驚くような大スクープもあり、メディアもそれを援護していたように思う。ある時には人道を踏み外した取材もあり、新聞購読の不買運動で経営が危機に瀕したメディアもあった。

しかしそのことで国民は政府が公金を使った裏工作の事実を知ることができた。

森友・加計学園問題にしても安倍晋三は真っ黒に近いダークグレーのまま、時間と共に真実は闇に葬られようとしている。野党がいくら追及しても肝心要の関係者が行方不明になったり「自殺」してしまう。

今回の「桜を見る会」のさまざまな疑惑が出始めた頃に、安倍晋三は皮肉にも歴代最長総理となった。

反社勢力の招待、そして悪辣極まりない自転車操業詐欺のジャパンライフは、前年に行政処分を受けていながら「60-………」の総理枠で招待されていた。

そしてジャパンライフはその招待状を宣伝用チラシにプリントし、信用の道具にして一人から数千万円単位で奪い取り、間もなく2,400億円の債務超過を理由に計画通り破産して、奪い取った金銭はどこか闇に隠して返済することはなかった。

安倍晋三はそれらを知りながら応援していたとしか考えられない。行政処分を受けているのだから行政の長として知っているはずである。多分過去の例から考えて成功報酬は約束させていたと思う。

これだけの疑惑にまみれながら、最長を許した自民党にも、安倍を支持してきた国民にも責任はある。真実を解ろうとしない国民側も問題だが、真実を熟知していながら続投させているのは、自民党、公明党議員にはそれなりの利権があるとしか思えない。

懲りない男、安倍晋三は「カエルの面にションベン」!

 カエルの面にションベン、ということわざがある。安倍晋三がそれだ。彼は全く反省などしていない。

 首相動静によると、30日は午後、東京都内のフィットネスジムで汗を流し、夜には東京ドームでアイドルグループ「嵐」のコンサートを鑑賞。

 あろうことか、ご丁寧に安倍は、ツイッターに「素晴らしい歌を披露してくださった嵐のメンバーの皆さんに感謝の気持ちを伝えることができた」と投稿する始末。

 国民は私を支持してくれている。だから内閣支持率は高い数字を維持したままだ。

 閣僚の不祥事だ、「桜を見る会」が問題だ、というが、私の耳にはそんな声は聞こえてこない。批判など蚊の鳴くほどでしかないのではないか。

 多くの国民の皆さんは私を信頼してくださっている、だからこれほど安倍晋三政権が長く続いている。と、こんな風に思っているのではないか?

 口惜しくはないか?

安倍首相との飲み会を拒否した毎日新聞の勇気ある判断!

 安倍晋三を囲む内閣記者会キャップとの飲み会懇談が今月20日に開かれた。場所は東京・赤坂に近い中華料理店。在京の主なマスコミが参加したが、毎日新聞だけが参加を拒んだ。

「桜を見る会」を巡って安倍晋三の私物化が問題となっている中での飲み会懇談は不適切と判断した。

 報道機関としては当然の判断だが、「ふつう」や「常識」が通用しない安倍政権下では立派と言っていい。


関連投稿はここをクリック
渦中のさなかに安倍の誘いに乗った愚かな内閣記者会!
https://85280384.at.webry.info/201911/article_198.html

▼政権の屋台骨が揺らいでいるこの瞬間に、何だそのザマは!
https://85280384.at.webry.info/201911/article_257.html

▼「毎日新聞」だけが安倍首相の飲み会を欠席した!
https://85280384.at.webry.info/201911/article_275.html

日産がルノーらとAI活用の次世代車開発で新会社!

 けさの日経によると、日産自動車と仏ルノー、三菱自動車の日仏3社連合は、人工知能(AI)やつながる車など次世代車に使う先端技術を共同開発する新会社を設立する方向で協議に入った。

 3社の技術や人材を持ち寄り、研究費のかさむ次世代車の開発体制を効率化する。

 出資比率などは今後詰める。近く公表する日仏連合の共同経営計画にも盛り込む方向で調整する。

 ルノーや日産の複数の関係者が明らかにした。 (以上 日経)

***********************

 技術の日産と言われているだけに、AIを活用したどんな次世代車を開発するのか注目したい。

当たり前が「当たり前」でなく「異常」が普通になった安倍政権!

 安倍晋三本人のスキャンダルが問題となているさなかに東京・平河町の中国料理店「上海大飯店」で内閣記者会キャップと安倍との飲み会が開かれた。毎日新聞一社だけが参加しなかったと書いた。

 これに対し、西藤壽さんがフェイスブックでこうコメントした。

 「 時の権力者と頻繁に会食することはマスコミの自殺です。報道機関の矜持を保った毎日新聞は当たり前のことをしただけ。それが話題になる日本は明らかに病んでいます」。

正論である。私が返信した。
 当たり前が「当たり前」として通用しないのが安倍政権下の日本です。「普通」が普通でなく、「異常」が普通になった安倍内閣は、狂人国家を作るつもりです。日本人の覚醒を切望しています。