小学3年生が好きな首里城のために9年貯めたお年玉寄付!

 安倍晋三や官房長官の菅義偉など、おとなのウソが溢れる中で、ちょっといい話が目に付いた。

 明るい話は読んでいて楽しくなる。皆さんにも沖縄タイムスの記事を紹介する。

*************************

 自動車販売社長の宮城健さんと次男で城西小学校3年生の修士君は9日、首里城再建の寄付金として17万6500円を沖縄タイムス社に託した。

 修士君は小さい頃から首里城で遊び、親子で周辺をジョギングするなど、親しんできたという。火災を受け、9年間ためたお年玉を全て寄付することを決めた。父親の健さんも、「社長でしょう?」と後押しされ500円玉貯金を寄付に充てた。

 修士君は「『首里城いつできるかな』『いくらでできるかな』といつも話している」という。「面白い首里城ができたらいいな」と語り、再建を期待した。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント