銀行に行けばカネを取られる時代がやって来た!

 安倍政権の経済政策失敗のツケが庶民に回ってきた。収益源に悩む銀行が様々な手数料を新たに導入したり、上乗せするというのだ。

 私たちが銀行にカネを預けても年に1円か2円しか利息が付かない。ところがATMを使えない高齢者が窓口で1万円引き出そうとすると、みずほの場合は400円取られるそうだ。

 それどころか、これからは銀行にカネを預けると手数料を取られる時代がやってくる。

 母子家庭や、年金で細々暮らす世代はこの先、どうすれば生き延びられるのか?

************************
時事通信がこう報道した。

 銀行業界で手数料引き上げの動きが広がっている。長引く低金利に加え、人件費などのコスト増加で経営環境が厳しくなっているためだ。三菱UFJ銀行は一定期間取引がない不稼働口座の管理手数料導入を模索している。

 みずほ銀行は11月、窓口での振込手数料を100~200円上乗せし、400~900円に改めた。来年には現金自動預払機(ATM)での振込手数料も引き上げる。

 12月には三井住友銀行が301枚以上の硬貨を窓口に持ち込んで入金する顧客から手数料を徴収し始めた。

 三菱UFJは2年間取引がない不稼働口座から1200円の管理手数料を取る案を検討。既にりそな銀行や十六銀行、岡崎信用金庫などが同様の手数料を徴収している。

 こうした動きの背景にあるのが日銀のマイナス金利政策だ。貸出金利から預金金利を差し引いた「利ざや」は縮小し、本業の融資で稼げる収益は目減りする。

 ただ、負担を単に預金者へしわ寄せするだけでは、世間の批判を浴びかねない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた 驚いた 驚いた

この記事へのコメント