安倍晋三の権力私物化の源泉は「数こそ正義」!

 安倍晋三はなぜ、ここまで傲慢になれるのか? それは数の論理である。数が絶対と信じている安倍は、多数派が正しい、正義だと主張する。

 どんな悪事を働こうが、世間や野党がどれほど騒ごうが、最後は多数決で決着すれが片が付くと思っている。

 だから平気で国会を軽視する。安倍晋三にとっては民主主義も、へったくれもない。

 あるのは「数こそ正義」の独裁思考だ。晋三の権力私物化の源泉がここにある。

 「少数意見の尊重」という政治家の必須条件など、晋三の頭のどこを探しても見当たらない。

 こんな「ゲテモノ議員」を育てたのは有権者である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント