私にとって山本太郎だけが微かな望みだ!

 私は毎日のように落語仲間と電話で長話をする。内容は落語のことではない。中国や韓国、トランプに金正恩、東電の原発、若者などなどである。だが最後は決まって安倍晋三の話に行き着く。

 電話の向こうから「そんなこと言ったって、山本太郎一人じゃ、どうしようもないよ」といら立ちを隠さない。

 その気持ちは十分過ぎるほどよくわかる。私も同じだからである。しかし、ここで「どうしようもない」と言って諦めたらおしまいだ。

 太郎はいま、「山本太郎を10人にするため」に全国を飛び回り、訴え、支持を広げながら、真の同志を求めている。

 太郎は議員ではない。カネもない。それどころか住む家もない。

 だが、何もかもが壊されている世の中を、放置しておけないと必死で頑張っている。

 ここで私たちがサジを投げるわけにはいかない。「山本太郎が頑張る限り、私サジたちも落胆するわけにはいかない」と互いに励まし合って会話を終える。こんな毎日の繰り返しだ。

 私にとって山本太郎だけが微かな望みである。太郎ひとりで可哀そうな気がするが、必ず可哀そうな「信じるに足る同志」が現れると私は確信している。

 幸い彼を取り巻く支持者はどこの誰よりも強固な意思の持ち主が少なくない。これまで政治や選挙にまったく無関心だった若者やロスジェネ世代が太郎の訴えをナマで耳にし、感動して胸を震わせ、涙した。「俺たちの代弁者がやっと現れた」と心を躍らせた。

 この人たちは、ちょっとやそっとでは太郎から離れない最強の支持者だ。これまで手付かずだった、というより誰も手を付けてこなかった人たちが太郎を振り向いた。

 この層を掘り起こし、味方につけていけば絶対、太郎は誰にも負けない政治家となろう。

 それまで私は応援し続ける。ブログ「半歩前へ」で応援メッセージを書き続ける。東京での街頭演説には駆け付ける。

田中角栄の「決断と実行」を彷彿させる山本太郎!
詳しくはここをクリック
https://85280384.at.webry.info/201906/article_178.html

安倍内閣は過去に例がない「ハレンチ政権」!

 類は友を呼ぶというが今の安倍内閣を見ていると、このことわざがピッタリ来る。

 ウソつき男の安倍晋三を頭(かしら)に、菅原、河井、そして文科相の萩生田光一が続く。

 ほかにもヤクザと仲良しの閣僚など、札付きがキラ星だ。

 安倍と同じ親の七光り組には「セクシーポエム」のおバカ、小泉進次郎がいる。いい歳をして女を孕ませ、挙句の果てに官邸で結婚発表をやった恥知らずだ。

 これまでの自民党にも色々あったが、こんな「ハレンチ政権」は過去にも例がない。

 歴代最長政権というから、日本の有権者は狂っている。日本の恥の上塗りである。

************************
上が腐れば下まで腐るといういい例であると、日刊ゲンダイ。

 「アベノミクスだ」「外交の安倍だ」などとエラソーに喧伝してきたものの、結局は「口先発言」と「やってる感」だけなのが安倍だ。

 揚げ句には、モリカケ疑惑で行政を歪め、官僚に忖度させ、公文書偽造までさせるに至った。

 それでも安倍も他の閣僚も誰も責任を取らず、平気の平左でどこ吹く風。

 要は、「類は友を呼ぶ」ハレンチ、チンピラ内閣だということ。

 安倍自身が「逃げるが勝ち」「バレなきゃ何してもいい」「開き直れば突っ切れる」という無責任な卑しい思考の持ち主だから、似たようなやからが集まるのである。

共産党は強い味方を得たものだ!高知県知事選であの大物が支援!

 日刊スポーツの名物コラム「政界地獄耳」を注目してみてきたが今回は出色の内容だ。

 「人の痛みがわかる政治」と「そうでない政治」に仕分けして、「人の痛みがわかる政治」を実現するために、良識派は党派を超えてスクラムを組むべきだと強調した。

 高知県知事選で野党の応援に駆け付けた元自民党の中村喜四郎がそう訴えた。彼は「将来の首相候補」と呼ばれた大物である。

**************************
自民劣化への強い警鐘 中村節/

★共産党は第8回中央委員会総会(8中総)で、来年1月の党大会で決定する綱領の一部を16年ぶりに改定提案した。同党が創立100周年となる22年までに目指す「野党連合政権」構想に向けた他野党への“歩み寄り”とみられるが、そんな細工以上に効果的だった演説がある。今月2日、高知県知事選、野党統一候補の応援に駆け付けた元建設大臣・中村喜四郎だ。

★「オール野党の候補者として新潟では社民党の人をみんなで担いだ。岩手では自由党の人、埼玉では国民民主党の人を担いだ。高知では共産党の人を担ぐ。共産党だからだめだとか共産党は応援できないとか、そういう考え方を持っていたから自民党の強い時代が今まで続いてしまった」とオール野党の意義を説いた。

★続いて「自民党がなぜだめになったのか。私の知っている自民党は、反対意見はよく聞いた。人の痛みがよくわかった。気配りもする。野党の意見もちゃんと聞く。野党の名前を忘れたなどと冗談でも言う指導者はいなかった。

 田中さんの後に三木さんが出る、三木さんの後に福田さんが出る。リベラルと保守政治家がけん制しあいながら政権交代を自民党内でやっても、国民が安心して任せられるという時代が昔の自民党だった。

 しかし今はどうなったか。人の話を聞かない。物言えば唇寒し、安倍一強体制、長いものにまかれろ。こういう中で政治が動いていることのおかしさにみんな気が付かなければならない時代になってきた」。

★「我々は党派を超えて日本を守るため、日本再建のためにみんなで力を合わせなければならない。共産党も自民党もすべて党派を超えて、良識ある人が立ち上がる時期が来た」。

 中村の演説は中村でしか語れない自民党の劣化への強い警鐘だ。本当の保守政治、穏健な保守政治が消えた自民党に未来がないことを示している。共産党は強い味方を得たものだ。  (以上 日刊スポーツ)

仰天!カンボジア大使が記者会見の場に突然乱入!

 【ジャカルタ共同】強権を振るうカンボジアのフン・セン首相が率いる現政権に解党に追い込まれた旧最大野党元幹部が6日、インドネシアの首都ジャカルタで開いた記者会見に、カンボジアのホル・ナン・ボラ駐インドネシア大使が突然乱入、会見中止を訴えた。大使による会見の妨害は異例で、カンボジア政府の強権ぶりが改めて露呈された。

 会見を開いたのは、2017年に解党されたカンボジア救国党の元副党首で、現在は国外で活動する米国在住のム・ソクア氏。民主化実現のため、カンボジアの独立記念日に当たる今月9日に、タイから陸路での帰国を目指すとして、国際社会の支援を訴えた。 (以上 共同通信)

**************************

 大使と言えば国を代表する特別な職である。常識では考えられない振舞だ。

 独裁政権ならではのスキャンダルである。

 同じ独裁国家の中国、習近平政権がフン・センを後押ししている。

「第3の閣僚辞任」は文科相の萩生田光一でいこう!

昔の言葉でこんなのを思い出した。「一点突破、全面展開」

 英語民間試験で立憲民主党の枝野幸男は、「下村博文元文部科学大臣が(英語民間試験を)導入しようとしたいきさつ、これが一番本質的な問題ではないか。しっかりと問いただしていきたい」と言った。

 その通りだが、ここは「身の丈発言」をし、直前になって試験延期を決め、受験生を大混乱に陥れた文科相の萩生田光一にターゲットを絞った方がいい。

 安倍晋三の一の子分である萩生田が「第3の閣僚辞任」となれば、前の2人の辞任と比較にならない打撃を政権に与える。安倍内閣は大混乱に陥り、政権はガタガタになる。

 業界とつるんで教育を食い物にする下村博文の追及は、安倍の一の子分である萩生田のクビを取った後でも遅くない。

 下村も、萩生田も、と一度に間口を広げると、世間の注目度が拡散し、追及のエネルギーも分散する。結果、元の木阿弥に終わってはならない。

 「第3の閣僚辞任」は安倍内閣を倒すまたとないチャンスだ。

 ここは一点に的を絞って追撃しよう。

問題は検察に「やる気」あるかだ!河井夫婦に連座制適用?

 法相をクビになった河井克行の妻で7月の参院選で初当選した自民党の河井案里に対し、東京都内の男性が6日、公選法違反の疑いで広島地方検察庁に刑事告訴した。

 選挙ウグイス嬢の日当は上限1万5000円と決まっているが、案里は参院選で3万円を支払っていた。

 その上、公選法を逃れようとウグイス嬢に領収書を選挙前と後の2枚に分けて書かせるなどの偽装工作をしていた疑い。

 一部報道では案里の事務所には「裏帳簿」が存在したと報じられている。

 告発状には、夫の河井克行に対しても「本件違反行為への関与(案里との)共謀の有無、程度も十全の捜査を強く要望」と明記してある。

 初当選した案里は右も左も分からず、事務所を実質的に仕切っていたのは克行だったと関係者は証言している。

 連座制が適用されれば夫婦そろって議員失格となり、逮捕される恐れがある。

 実際、2013年7月の参院選ではウグイス買収事件で連座制を適用。元参院議員の元秘書が逮捕され、元議員は「知らなかった」と主張したが、翌年4月に連座制適用の判決が下った。

 問題は検察に「本気でやる気」があるかどうか、である。

関連投稿はここをクリック
https://85280384.at.webry.info/201911/article_48.html

安倍政権は歴史に残る犯罪者集団、腐ったみかん箱と金子勝!

 「腐ったみかん箱」とはうまいこと言った。みかんは1個腐りだすと次から次へと周りまで腐りだす。今のうちに何とかしないと日本中に汚染が広がる。

 それにしても金子勝はいつもながら斬れ味がいい。大上段に振りかざし、悪の権化をバッサリやるところはたまらない。

****************************

腐ったみかん箱…歴史に残る犯罪者集団となった安倍政権 金子勝の「天下の逆襲」

2019/11/06 日刊ゲンダイ
 悪夢の安倍政権の瓦解が始まった。いまや腐ったみかん箱で、腐敗がはびこっている。モリカケ疑惑を抱える首相を検察はほったらかし。証拠隠蔽から公文書改ざんまで何でもアリになった。そんなありさまだから、違法献金がバレた高市総務相は謝罪して返金したらおとがめナシ。

 一方、第4次安倍再改造内閣で辞任第1号となった菅原前経産相、第2号の河井前法相は露骨な公選法違反で言い逃れの余地がなかった。「メロンリスト」の菅原は地元有権者の葬儀で公設秘書が香典を手渡し、河井は7月の参院選で妻の陣営がウグイス嬢に法定上限2倍の日当を払っていたと報じられた。だが、司直の手が伸びるかは分からない。

 安倍首相の盟友の甘利元経済再生相は大臣室で現金を授受。小渕元経産相は政治資金規正法違反が浮上すると、証拠のフロッピーなどをドリルで破壊した。それでも大臣を辞めれば議員辞職は免れるインチキが常態化。

 ロッキード事件やリクルート事件では首相や官房長官経験者でも検察に容赦なく追及されていたものだが、「巨悪を眠らせない」かつての姿は見る影もない。

 捜査当局の堕落は、関電の原発マネー還流問題が極めて象徴的だ。郵便不正事件をめぐる大阪地検特捜部の証拠改ざんで懲戒処分を受けた小林敬弁護士が社内調査委員会の委員長に就き、金品授受を取締役会に報告させなかった。

 菅原の前任者の世耕元経産相も悪質だ。世耕は2012~15年、福井県高浜町の元助役が相談役を務めていた「柳田産業」から計600万円の献金を受領。当時、高浜原発3、4号機は福井地裁による再稼働差し止めの仮処分中。

 官房副長官だった世耕は原子力関係閣僚会議のメンバーで、原発を「重要なベースロード電源」とするエネルギー基本計画に関わっていた。贈収賄の疑いが消えない。

 しかも、関電は13年と15年に電気料金値上げを認可された。関電経営陣と共に世耕もキックバックを受けていた構図が浮かんでくる。16年に経産相就任後は30年度の原発比率を20~22%とする目標を策定。老朽原発をすべて動かさなければ成立しないトンデモ計画をまとめたのである。

 経産省は特別背任の嫌疑がある岩根茂樹社長が指名した検察OBによる第三者委員会の調査を見守るなどと、ヌルい態度を取っている。お手盛り委員会に証拠隠滅を許しているも同然だ。「経産省内閣」と揶揄される安倍政権は歴史に残る犯罪者集団と言われても仕方あるまい。

どうだ、この日本人の無関心さ!バカさ加減、程度の低さ!

あなたの一票の力で政治は変えられる。こう次々呼びかけデモをした。国会前のデモに1万人参加。

香港は200万人だった。韓国は100万人。

どうだ、この日本人の無関心さ。日本人のバカさ加減、程度の低さ。

ハロウインでは渋谷の交差点をバカモノが埋め尽くした。

共同通信の録画はここをクリック
https://www.youtube.com/watch?v=194gLZYcCjY


「俺は国会議員をやりたい」、と言っても議員にはなれない。

議員は選挙で選ばれる。その議員たちが国会で日本の首相を選ぶ。

国民が選挙に行かず、有権者の半分が投票をさぼった。その結果、学会員を総動員した創価学会・公明党の力で自民党が勝った。

国会議員は大半が自民党と公明党だ。そのボスが安倍晋三。いま、安倍は好き勝手にやりたい放題だ。

どうだ、悔しいか? 腹が立つか?

だったら、バカ息子や孫、知り合いに「選挙をさぼるな、投票に行け」と大声を張り上げろ!

何もしないで、フェイスブックで安倍晋三をけなしていても、そんなものは屁のツッパリにもならない。

今の状況を生んだのは傍観し続ける者たちのせいだ。

「誰かが世の中を変えてくれる?」

バカは休み休みに言うものだ。そんな奇特な人はいない。変えたいと思うなら自分がやるしかない。

ネットで愚痴を言っているだけの「ヤツ」に、安倍を批判する資格はない。

山本太郎と「れいわ新選組」の党本部はここ!

所在地:東京都港区赤坂 3-2-6 赤坂光映ビル 1F
(東京メトロ銀座線/丸ノ内線 赤坂見附駅から徒歩2分)
※11番出口(山王下) エレベーター下りてすぐです

平日の10時~18時はオープンしております。
土日祝日はお休みを頂いております。

TEL:03-6384-1974
FAX:03-6384-1975
※取材・イベント出演のご依頼はフォームからお願いいたします。

詳しくはここをクリック
https://reiwa-shinsengumi.com/access/

衝撃! 権力の犯罪「日本の秘められた恥」!

 英国の公共放送BBCは2018年6月28日夜、TBS元社員で強姦魔の山口敬之に強姦された伊藤詩織さんを取材。1時間の特集番組「Japan's Secret Shame(日本の秘められた恥)」として放送した。

 山口敬之は、所轄の警察が逮捕する直前に、“天の声”によって逮捕を免れた。山口敬之は安倍晋三の妻、昭恵の弟の同級生である。その縁で首相信三のPR本を書くなど親衛隊となった。

 海外では「権力の犯罪」として話題となったことからBBCが特集を組んだ。番組は、日本の司法や警察、政府の対応などの問題に深く切り込んだ。

ここからが問題だ。
 ネットで誰もが一度は利用したことがあるフリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」で、「日本の秘められた恥」について検索すると以下のような解説となった。

 「2017年5月に準強姦被害を公表したジャーナリスト伊藤詩織を数か月にわたって取材、性的暴行をめぐる日本の刑事法制・捜査手法・政府の対策などの問題を取り上げた[3]。伊藤の意見や支援の動きとともに、本人や家族を非難するインターネット上の世論も紹介した」

 強姦魔の山口敬之の「や」の字もない。もちろん彼の背後で安倍政権という権力が介入していた事実にも何一つ触れていない。

 それもそのはず、日本の「ウィキペディア」は完全に安倍のシンパや日本会議のメンバーに乗っ取られ、占拠されているからだ。

 フリー百科事典という名の通り、「ウィキペディア」はだれでも自由に執筆、」書き込める。そこに目を付けた安倍のシンパや日本会議系の面々は、ここを積極的に活用。

 自分たちに不都合な情報はカットし、一方的な考えだけを垂れ流す。だから日本の「ウィキペディア」は、海外と中身が違う。

 ウソだと思ったら英国やフランス版の「日本の秘められた恥」と比べてみるといい。語学が不得手な人は、英国やフランスに住んでいる友人に聞くとよく分かる。

 何が言いたいか。安倍晋三や安倍内閣に絡む事柄に関しては、日本の「ウィキペディア」を鵜呑みにしてはいけない。コピペしてはいけない。信用してはいけない。そう言いたいのだ。

 若者や学生たちは、安易に日本の「ウィキペディア」を利用する。ここに書いてあることが真実だと勘違いして、信じ込む。

 安倍のいいことばかり書いてあるので「安倍さんエライ」「安倍さんスゴイ」ということになって、内閣支持率が上がるというわけだ。

 あなたの息子や孫に「日本のウィキペディア」を信じるな、と教えてやってもらいたい。

 話を元に戻そう。

 BBCの特集「日本の秘められた恥」の録画はここをクリック
https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-44638987

会見の場で警察の暴力に抗議する勇気ある香港の記者たち!

 日本の大手マスコミの記者はサラリーマン。

 だから上司に逆らわない。何でもかんでも「ハイ」のいい子ちゃん。

 その上司は社長に逆らわない。エラクなるには会社に従順が一番。

 社長はお上には絶対に盾付かない。お上のさじ加減一つで廃業に追い込まれる恐れがあるからだ。

 この結果、記者たちはネタ元である警察や検察と「なかよし」だ。二人三脚である。

 一方、香港にはジャーナリストが存在する。自由と人間の尊厳を守るために命をかけて戦う香港の人々に、寄り添う記者たちが大勢いる。

 ジャーナリストは権力を監視し、不正義をただすのが務めだ。

 香港の報道現場には、日本で見当たらなくなった「記者魂」が立派に存在している。

******************************
ネットでこんなのを見つけた。

 取材中の記者に対する暴行に抗議し、6社の代表は「查警暴・止警謊」(警察の暴力を調べろ、警察のうそを止めろ)と文字カードのついたヘルメットをかぶって、警察の定例記者会見に出席した。

 警察は一度は「ここは俺らの場所だ」と記者を武力排除しようとしたが、最終的に諦めて記者会見を中止した。

詳しくはここをクリック
https://twitter.com/manjyukatsuki/status/1191308192854052864?s=12&fbclid=IwAR3IoTTiJVkeIsh-EjXSbvUAHAy_B2vfj0Cfj48b3p36biHmlN5_hEtkDj4