山本太郎を表紙に据えたニューズウイークがバカな売れ行き!

 「山本太郎現象」と題し、太郎を表紙に据えたニューズウイークが話題を呼んだが、果たして「売れるのか」と私は半信半疑だった。ところがふだんの1・5倍の売れ行きと聞いてびっくりした。買うのは40ー50代が中心で、特に今回は女性によく売れているそうだ。

 同誌で太郎をインタビューした皮肉屋の石戸諭は、「次の衆院選では間違いなくキーパーソンになる。議席数が少ないからと舐めてかかると、ポピュリズムの風に吹き飛ばされる」と山本太郎に警戒感をあらわにした。

*******************************
話題となっているのが「山本太郎現象」と題した『Newsweek日本版』(11月5日号)の特集だ。

 雑誌名よりも山本代表を押し出した表紙で、通常の1.5倍の売上を記録しているという。

 長岡義博編集長は「雑誌のリニューアル号だったので、強いネタを持っていきたかった。やはり彼は参院選以降ずっと政治の中心にいたし、男性向けライフスタイル誌『GQ』も同じタイミングで山本代表をカバーに持ってきた。

 日本の大衆の中で受け入れられる素地ができていると思う。Newsweek日本版は普段は高齢者の男性の方に買って頂いているが、今回はいつもより明らかに若く、40~50代が中心で、特徴的なのは女性に買って頂いている」と話す。

 消費税5%でもいいと言っているのは、自分の理念だけを純粋に追求してクラッシュするのではなく、妥協することも知っている、長期的な戦略も持っているということ。野党を飲み込んでしまいかねない、あなどれない存在になると思う」とコメントしていた。

詳しくはここをクリック
https://times.abema.tv/posts/7027157

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント