法相の時速140キロのスピード違反見逃した広島県警!

 法務大臣を辞任した河井克行が法相だった時、悪質なスピード違反を秘書にさせていた。

 時速140キロ。どこから見ても立派なスピード違反だ。

 ところが広島県警は大臣さまの警護に付きながら、「見て見ぬふり」をして違反を見逃した。

 庶民には厳しいサツが権力にはからきし意気地がない。

 なに?「違反など摘発すれば、県警本部長の出世の妨げになる」???

***********************
週刊誌がこう報じた。

 事件が起きたのは10月5日。河井は、正午から北広島町で始まるイベントのため、急いで広島県内を移動していた。その際、河井が急ぐよう秘書に命じ80キロ制限の高速道路を60キロオーバーの140キロで走行。

 50キロ以上の超過は本来、一発免停で、6カ月以下の懲役又は10万円以下の罰金となる。

 ところが、警護についていた広島県警の後続車両は事務所に注意を促す電話を入れたのみで、違反を検挙しなかった。

 その決定的な証拠が残されていた。克行と事務所スタッフらとのLINE上のやり取りだ。

 そこには10月5日の12時に〈県警より、「現在140キロで飛ばされていますが、このようなことをされたら、こちらとしてはかばいきれません。時間に余裕を持って、時間割を組んでください」とお電話がありました〉と記されていた。

詳しくはここをクリック
https://blogos.com/article/415631/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント