安倍内閣は過去に例がない「ハレンチ政権」!

 類は友を呼ぶというが今の安倍内閣を見ていると、このことわざがピッタリ来る。

 ウソつき男の安倍晋三を頭(かしら)に、菅原、河井、そして文科相の萩生田光一が続く。

 ほかにもヤクザと仲良しの閣僚など、札付きがキラ星だ。

 安倍と同じ親の七光り組には「セクシーポエム」のおバカ、小泉進次郎がいる。いい歳をして女を孕ませ、挙句の果てに官邸で結婚発表をやった恥知らずだ。

 これまでの自民党にも色々あったが、こんな「ハレンチ政権」は過去にも例がない。

 歴代最長政権というから、日本の有権者は狂っている。日本の恥の上塗りである。

************************
上が腐れば下まで腐るといういい例であると、日刊ゲンダイ。

 「アベノミクスだ」「外交の安倍だ」などとエラソーに喧伝してきたものの、結局は「口先発言」と「やってる感」だけなのが安倍だ。

 揚げ句には、モリカケ疑惑で行政を歪め、官僚に忖度させ、公文書偽造までさせるに至った。

 それでも安倍も他の閣僚も誰も責任を取らず、平気の平左でどこ吹く風。

 要は、「類は友を呼ぶ」ハレンチ、チンピラ内閣だということ。

 安倍自身が「逃げるが勝ち」「バレなきゃ何してもいい」「開き直れば突っ切れる」という無責任な卑しい思考の持ち主だから、似たようなやからが集まるのである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント