問題は検察に「やる気」あるかだ!河井夫婦に連座制適用?

 法相をクビになった河井克行の妻で7月の参院選で初当選した自民党の河井案里に対し、東京都内の男性が6日、公選法違反の疑いで広島地方検察庁に刑事告訴した。

 選挙ウグイス嬢の日当は上限1万5000円と決まっているが、案里は参院選で3万円を支払っていた。

 その上、公選法を逃れようとウグイス嬢に領収書を選挙前と後の2枚に分けて書かせるなどの偽装工作をしていた疑い。

 一部報道では案里の事務所には「裏帳簿」が存在したと報じられている。

 告発状には、夫の河井克行に対しても「本件違反行為への関与(案里との)共謀の有無、程度も十全の捜査を強く要望」と明記してある。

 初当選した案里は右も左も分からず、事務所を実質的に仕切っていたのは克行だったと関係者は証言している。

 連座制が適用されれば夫婦そろって議員失格となり、逮捕される恐れがある。

 実際、2013年7月の参院選ではウグイス買収事件で連座制を適用。元参院議員の元秘書が逮捕され、元議員は「知らなかった」と主張したが、翌年4月に連座制適用の判決が下った。

 問題は検察に「本気でやる気」があるかどうか、である。

関連投稿はここをクリック
https://85280384.at.webry.info/201911/article_48.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント