NHK新人落語大賞に上方落語の桂華紋!

 『令和元年度NHK新人落語大賞』がNHK総合で4日に放送され、大阪予選から進出した桂華紋(32)が大賞に輝いた。演目は「ふぐ鍋」。

  桂華紋は関西学院大学を卒業。2010年4月に桂文枝一門に入門した。

 『NHK新人落語大賞』は、40年以上の歴史を誇る、東西の若手落語家が一堂に会する唯一のテレビコンテスト。

 毎年、東京と大阪で予選を行い、本選は東京と大阪で交互に行われ、今年は大阪で開催された。今年の予選会には121人(東京予選78人、大阪予選43人)が参加、勝ち抜いた6人それぞれが11分の演目を披露し、審査員の投票により大賞が決定した。

 本選に進出したのは、桂華紋、笑福亭笑利、露の紫、古今亭志ん吉、立川こはる、柳亭市弥の6人。  (以上 共同通信)

****************************

 私もメモしながらNHKの放映を見た。6人の出場者のうち桂華紋が断トツだった。寄席では20ー15分の「ふぐ鍋」を見事に11分に刈り込んだ噺の構成が良かった。

 彼の笑顔がいい。華がある。噺家は落語以前に落語家独特の「雰囲気」がないといけない。高座に上がっただけで「何か楽しい噺をしてくれる」、そんな空気を醸し出せれば最高だ。

 桂華紋、一度ナマで噺を聴いてみたい。近い将来、上方落語の大看板になりそうな予感がする。

 桂文珍、柳家権太楼、片岡鶴太郎、声優の山口勝平らの審査員の中では、桂文珍と片岡鶴太郎の講評が良かった。画家でもある鶴太郎はただのタレントではない。感性が鋭い。的確な指摘に納得した。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント