閣僚辞任で済まない!連座制適用なら夫妻揃って失職!

 選挙のウグイス嬢買収疑惑で法相辞任した河井克行。連座制の適用なら夫妻揃って失職と日刊ゲンダイ。

 実際、2012年の衆院選で当選した自民党の徳田毅など過去、何人もの衆参議員が連座制を適用されて議員を辞職している。

 ただ、現在は安倍一強で検察が委縮しており、これまでのような任務を果たすかどうか疑わしい。果たしてそこまで進むのか?

**************************
日刊ゲンダイがこう言った。

 閣僚辞任だけでは済まない――。今年7月の参院選での公選法違反疑惑が浮上した河井克行前法相と河井案里参院議員。

 参院広島選挙区で初当選した案里氏の選挙事務所で、ウグイス嬢13人に法定上限の2倍の3万円の日当が支払われた「運動員買収」の疑い。

 河井氏と案里氏の政治活動は一体化しており、案里氏の選挙は河井氏が仕切っていたとされる。

 さらに、河井氏の元公設秘書で現在、案里氏の公設秘書を務める男性が違法買収の指示役であり、経理担当者はその男性から指示されたと認めている。告発状が出されるのは時間の問題で、検察も動かざるを得なくなるだろう。

 公選法では運動員の買収は、3年以下の懲役・禁錮または50万円以下の罰金。

 加えて、それが出納責任者や秘書など一定の責任を持つ陣営幹部の場合は、候補者に連座制が適用され、当選が無効になる上、当該選挙区からの立候補が5年間禁止される。  (以上 日刊ゲンダイ)

**************************

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント