小中学生の約9割が近眼で中学生の1割が将来失明の恐れ!

 大学の研究グループが東京都内の小中学生1400人を対象に調べたところ、全体の9割近くが近視で、特に中学生の1割程度が、将来失明につながる病気を発症する危険性が高まる「強度近視」であることが分かった。NHKが報道した。

**************************
 
 東京ではどの電車に乗っても小学生から4,50代の大人の9割以上がスマホを片手に見入っている。大半が訳が分からないゲームに夢中だ。

 私も今年6月から使っているがゲームは一切やらない。電話のほかはニュースや天気予報、電車の乗換案内の検索程度だ。

 朝から寝るまでスマホに見入っていると異常をきたすのは当然だ。

 小さなスマホ画面を無理してみようとする。

 首が曲がり、姿勢は猫背となって気が付かないうちにスマホと目の距離が、それこそ「目と鼻」の僅差となる。

 「中学生の1割程度が将来失明の危険性」とは恐ろしいことだ。これは子供の責任というより放任している親の責任だ。

 日本の企業は冷淡だ。目が見えなくなれば、「役立たず」だとして突き放す。そのころは親もいない。

 どうして暮らすのか? 食事は?入浴は?トイレは?・・・。

 そうしたことを話して聞かせるのも、親の務めではないか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

哭きカラス
2019年11月04日 01:52
最も憂慮すべき視力低下の原因に、病院で出産直後に浴びる"光線量"だとも訊く。
元々、人間の眼は自然光線対応型…か弱い胎児の網膜が、あの異常な手術用の強い光線に耐えうる筈はない。加えて近年は、危険性の高い"LED照明"だ。

最近は少ない"助産婦"を探して、自宅や助産院での出産を望む妊婦が増えているとも。。

妊婦が使うスマホの電磁波は、胎児の発達に著しい悪影響を及ぼす筈だ。
悪影響は、視力ばかりか脳の発達障害をも引き起こす。