75歳以上の高齢者は医療費2割負担しろと安倍政権!

 昔から閣僚や自民党幹部が多数の企業経営者を従えて海外に「経済援助」に行くときは必ずバックマージンが存在すると言われている。

 だから彼らは用もないのにひんぱんに海外に行く。外遊を繰り返すたびに懐が潤うという塩梅だ。政治家は一度やったらやめられない。

 いつまでも居座って議員辞職しないのは「カネと縁を切りたくない」からである。

 そうした中でこんな話が持ち上がった。

******************************
 日刊ゲンダイが報じた。

 年寄りは病院に来るなということか――。「全世代型社会保障検討会議」(議長・安倍首相)が年内にまとめる中間報告に75歳以上の高齢者をターゲットにした大幅負担増が織り込まれる。

 医療費の窓口負担を1割から2割に引き上げることや、外来受診に一定額を上乗せる「受診時定額負担」だ。

 最新の総務省「人口統計」によると、10月1日現在の75歳以上の人口は1850万人。

 2022年以降、「団塊の世代」の約700万人が加わり、75歳以上は大幅に増加する。

 75歳以上の1人当たりの医療費は年91万円で現役世代の約4倍。医療費は、現役世代が3割に対し、75歳以上は1割と負担が軽減されている。

 2割に引き上げれば、国の医療費負担は大きく抑えられ、財務省はウハウハだろう。だが、2割へのアップは高齢者にとってあまりに酷だ。

 立正大客員教授の浦野広明が言う。

 「75歳以上はどうしても通院の頻度が高くなり、1割でも重い負担になっています。今でも病院に行く回数を減らしたり、窓口で医療費を満額払えない高齢者は少なくありません。

 2割負担は“めったなことがないと病院に来るな”と国から言われているに等しい。

 安倍政権は、公的年金の受給開始年齢引き上げとセットで、定年を延長させて高齢者を働かせようとしています。

 その上、医療費まで大幅負担を求めるのですから、高齢者イジメが目に余ります。日本の医療費の窓口負担は、世界でも突出しています。世界にならえば、高齢者の窓口負担は2割どころか無料にできるはず」 

 高齢者イジメの安倍政権を倒さない限り、元気な超高齢化社会は実現できない。(以上 日刊ゲンダイ)

*********************

 安倍晋三はいくら歳をとってもカネの心配はないらしい。いいご身分だ。あやかりたい、首つりたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント