「毎日新聞」だけが安倍首相の飲み会を欠席した!

 安倍晋三による「桜を見る会」の私物化で野党の追及が強まる最中の11月20日、東京・平河町の中国料理店「上海大飯店」で安倍が内閣記者会キャップと飲み食いを共にして懇談した。

 常識を疑う行状にハーバー・ビジネスが報道各社に問い合わせた。以下が回答である。

**********************

毎日新聞だけが参加せず、欠席した。

共同通信、東京新聞、朝日新聞は参加したと回答。東京新聞によると、会費6000円は記者が支払った。

3社とも「国の最高権力者である首相の肉声を聞く貴重な場と考えました。会食は会費制でした。こうした会食に参加したからといって、取材の記事の内容に変化が生じることはありません。報道機関として権力監視の役割をきちんと果たしていきます」(共同通信)などと回答。

産経新聞は「取材に関することには、原則としてお答えしておりません」と無回答。

読売新聞は、質問状を送付したい旨を告げたところ、質問に回答するかどうか検討するとのことだった。記者の電話番号を伝えたが、その後連絡がなく、質問状すらも受け付けられなかった。

時事通信社は政治部に取材を申し込んだところ「問い合わせフォームから送ってくれ」と返答をもらい、そのようにしたが期日までに返答はなかった。

テレビ局は、フジテレビとテレビ朝日、TBS、テレビ東京は参加と回答。

森友学園の報道等で政権への忖度が取りざたされているNHKは、「懇談や会食への出欠については適切に対応しています。NHKは、公平・公正、不偏不党、自主・自立を堅持して、取材・報道を行っております」。

日本テレビは、担当者につながらないとして、質問状の送付先を聞くことすらできなかった。 (以上 ハーバー・ビジネス)

**********************************

 どこが「公平・公正、不偏不党」だ。世間では「アベさまのNHK」と揶揄している。NHKサンよ、安倍のウソが伝染したか?

 それにしてもメリハリを付けた毎日新聞はお見事、立派だ。これぞ報道機関である。

 これを聞いて「毎日新聞をとりたい」という人が現れた。その気持ち、よくわかる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント