安倍晋三は直ちに「習近平訪日中止」を発表すべきだ!

 トランプがついに「香港人権・民主主義法」に署名した。香港市民の人権、自由、民主主義を守る姿勢に支持を表明すると同時に、共産中国の弾圧政策を容認しないと宣言したわけだ。

 これに対し安倍晋三はどうか。これまで香港情勢に対しては静観し、「フェンスシッティング」(傍観者、日和見)を続けてきた。

 それどころか安倍は来春に習近平を国賓として日本に招くというのだから非常識極まりない。

 そんなことをすれば世界は日本をどう思うか? 今さら改めて考えなくても分かることだ。

 習近平は香港政府の尻を引っ叩いて、力づくで「民主派を黙らせろ」と要求した。それ以後、香港では至近距離から武装警察に銃で撃たれ、学生が死亡するなど凶悪事件が相次いだ。

 この時期に悪の権化・習近平を日本に招くことは、「強権を振い民主主義を破壊する中国」の行為を日本が「容認」した、と世界に誤ったメッセージを発することになる。

 中国側の思惑はミエミエだ。

 世界から孤立し四面楚歌の中で、習近平が天皇陛下との会見をどうして強く望むかと言えば、天皇陛下の「権威」を利用して、おのれの存在感を世界に誇示すのが狙いだ。

 中国のトップはこれまでも、窮地に陥った時は天皇会見を「危機脱出のテコ」にしてきた。今回もその手口を使う腹だ。

 天皇陛下の「政治利用」を許してはならない。

 日本国民の大半が習近平の日本訪問に「反対」している。

 安倍は習近平の訪日計画を白紙の戻し、直ちに計画中止を発表すべきだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント