政権の屋台骨が揺らいでいるこの瞬間に、何だそのザマは!

 権力を私物化する安倍晋三の極みが、税金で開く「桜を見る会」を自分の後援会のために違法行為である。例によって晋三は出たとこ勝負のデタラメを連発する。

 そうした最中に内閣記者会のキャップが、うち揃って安倍の招きの飲み会に顔を出した。権力との癒着を疑われても弁解のしようがない。記者たちは権力の監視を放棄したのか?報道の責任を忘れたのか?

 そんな怒りが沸々とわいてきた時、フリージャーナリストの志葉玲が自身のブログにこんなことを書いていた。

 「筆者(志葉玲)も仕事柄、大手メディアの記者らと接することがよくあるのでわかるのだが、記者達も、読者や視聴者のメディア不信を痛感しているし、思い悩んでいるところもある。ジャーナリストとしての社会的責任を全うしようとしている、真面目な記者達も少なくない」と、新聞労連に寄せられた政治部キャップに対する怒りの声を伝えた。

***********************

▼「あんな立ち話のぶら下がりでお茶を濁されているときに、悔しくないのか。飯食っている場合じゃないだろ」

▼「首相は超余裕でニヤニヤする始末で馬鹿じゃないのか」

▼「なんで各社の政治部長は止めないのか。1社が行かないと言い出すだけでも雰囲気が変わるはずなのに」

▼「首相が疑惑の渦中にあって、政権の屋台骨が揺らいでいるまさにこの瞬間に、各社の官邸キャップが首相とメシを食うとは一体どうなっているのか。オフレコの会食の誘いなんか断固拒否し、『会見を開け』と要求するのがスジだ」

▼「権力機構が腐っているときに、ジャーナリズムまで信用を失ってしまったらこの国は終わる。何だかもうやりきれない」

▼「現場の総理番は、総理を取り巻く首相秘書官ににらまれながらも、総理に立ち止まるよう質問をぶつけたりしている。そうやって疑惑を説明させようと必死にやっているときに、よりによって官邸キャップがそろって懇談するなんて本当に泣けてくる。こんなことをしていたら信頼されるはずがない(※涙声)」

▼「番記者ならともかく、疑惑の最中にキャップ連中呼び出されて飯とか喰ったら飼い慣らされてるように見えるの、なんで社の上層部はわかんないのかな?メディアの信頼は失墜する。ほんと、ふざけるな」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス

この記事へのコメント

写楽斎
2019年11月29日 11:22
毎日新聞のみは今回参加しなかったことを特筆して拡散して欲しいですね。
私は毎日新聞の購読を検討したい。