そんなバカな!銀行にカネ預けると手数料とられる!

 サンデー毎日にこんな記事が出ていた。「ほとんど利息の付かない銀行にカネを預けると、手数料をとられる」

 「こんなバカな話が」と考えるだろうが、バカと言っておれない時代がすぐそこまで来ている。

  元はと言えば、安倍晋三の意を受けた官僚の黒田東彦が日銀総裁に送り込まれ、ゼロ金利を断行。

  そのツケが回りまわって、庶民のささやかな預金にまで忍び寄ってくるというわけだ。

*********************
サンデー毎日の記事の要約だ。

 元銀行員は「銀行を責める前に口座維持手数料導入まで考えなければならなくなった原因を議論すべきだ」という。

 確かに、黒田東彦さんが日本銀行総裁に就任して以降、銀行の経営は青息吐息だ。黒田日銀は「デフレ退治」のために異例の金融緩和を推し進め、銀行が日銀に預金する時の金利や、国債市場などで取引される金利は〝マイナス〟になってしまっている。

 言うまでもなく、銀行は預金者から集めた金を貸し出すことで、預金金利と貸出金利の差、つまり「利ザヤ」で稼ぐ。

 マイナス金利で「利ザヤ」がなくなれば「理不尽な手数料」で稼がなければならない。

 考えてみれば、日銀の金融緩和政策に無理があるのだ。

 元銀行員は「来年にも口座維持手数料は導入される」と予想しているらしいが、そうすると、どんなことが起こるのか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント