米軍機の危険な訓練取材で沖縄2紙は「お断り」!

 琉球新報によると、難易度が高い空中給油訓練は2016年12月にはオスプレイ墜落の原因にもなったといわれ、県内での注目度は高い。本紙は直接取材できず、共同通信が記事を配信した。

 航空団は先週、県政記者クラブ所属社の一部に報道機関向けの訓練公開を通知。25日には読売新聞や産経新聞、共同通信、OTV、RBCの5社7人が参加した。出席者によると、冒頭に広報担当者は「くじ引きで選んだ。第2回、第3回と開催して本日呼んでいない社を招く」と説明したという。

 航空団は単文投稿サイト「ツイッター」に「沖縄近海上空での空中給油を見学していただこうと、今日は報道機関の方々をお招きしています」と投稿した。

*********************
「難易度が高い空中給油訓練はオスプレイ墜落の原因にもなった」と琉球新報が強調するように沖縄で特に危険視されている訓練なら、なおさらのこと沖縄県を代表し、圧倒的なシエアを誇る琉球新報と沖縄タイムスには取材を認めるべきだ。

 米軍の意図的な「取材拒否」を許してはならない。

OTVは沖縄テレビ、RBCは琉球放送のことだ。

ここに共同通信を加えたのは公平さを「装う」ためだろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント