安倍は中国にハッキリものを言うべきと道新!

 北海道新聞は26日の社説で香港市民が選挙で大勝したことに触れ次のように論評した。そして安倍晋三は中国に対してハッキリとものを言うべきだと言った。

**********************
社説の要約は次の通り。

 民意は香港政府と後ろ盾の中国政府に、明確にノーを突きつけた。両政府はデモに対する強圧的な姿勢を改めなければならない。

 選挙は自治の根幹であり、これ以上の介入は許されない。

 行政長官の民主的な選挙や暴力を行使した警察を調査する独立委員会の設置といった、民主派の要求に応じるべきだ。

 力ずくで事態を収拾しても本質的な解決にはならない。香港政府は対話を模索してもらいたい。

 香港の安定化に向けては国際社会の監視も必要だ。米議会の上下両院は、中国が一国二制度を守っているか米政府に毎年検証を求める「香港人権・民主主義法案」を可決した。

 安倍晋三首相は王外相に対し「一国二制度の下で、自由で開かれた香港が繁栄することの重要性」を指摘したが、不十分である。中国への働きかけを強めるべきだ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント