会社絡み忘年会「ちょうどよい回数」は1回以下が約9割!

 暮れが近づくと、やれ「忘年会だ」「新年会だ」と以前は騒がしかったが今はどうか。

 シチズン時計が実施した意識調査で、若い世代を中心に会社絡みの忘年会に消極的であることが分かった。


 20代以上の働く男女400人に忘年会の回数や時間などについて尋ねたところ、仕事絡みの忘年会が「ちょうどよい」と考える回数は1回が52・0%、0回が36・3%と、1回以下が9割近くを占めた。

 所要時間も2時間が52・3%と半数を超え、1時間半が17・5%と回答した。

 これについて、経済ジャーナリストの荻原博子は、「現代は若者を中心に競争社会に生きており、もはや隣の席で働く人は仲間ではなくライバルなので、忘年会などやる意味がないと考えているのだろう」と指摘する。

 「今では忘年会に残業代を求める若者がいるほどだ。安い給料で飲みに行くよりも楽しいことはたくさんあるということだろう」と荻原。   (以上 夕刊フジ)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント