違憲判断に「香港憲法より中国共産党の方針が上」と一喝!

 香港高裁が覆面禁止法の制定は香港基本法(憲法)に違反すると判断したことについて中国の全国人民代表大会(全人代=国会)常務委員会は19日、基本法(憲法)解釈は「全人代常務委だけが判断できる」との声明を発表した。

 香港高裁の「違憲」判断に「香港憲法より中国共産党の方針が上」と一喝した形だ。

 これについて毎日新聞は、香港の司法機関の判断が中国側の介入で覆される事態になれば、香港内部はもちろん、米国など国際社会からも「一国2制度の空洞化」との批判が強まることは必至だと警告した。

 共産中国は、香港警察のトップに雨傘運動での民主派弾圧で「実績」を挙げた人物を任命するなど強硬姿勢を一段と強めている。

 数日前には香港で、中国人民解放軍が「自主的」に道路の清掃に登場。

 香港市民たちはこの先、中国人民解放軍が「自主的」に学生や市民弾圧に本格介入してくるのではないかと懸念している。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント