体内に蓄積する猛毒をデモ隊に浴びせた香港警察!

***重要***と書いて、この夏に日本にきて実情を訴えた香港の女子大生、周庭さん22歳がSOSを発信している。

[香港警察によって香港史上最大の健康・生態危機発生]

 香港警察が連射した催涙液を浴びた香港記者が、猛毒のジオキシンで発症するクロロアクネという病と診断された。人間は体内でこの毒を分解できないため、完治させるのは非常に難しいというのだ。

 そればかりか、猛毒を仕込んだ中国製の催涙弾が、発砲された場所を数日後に通っただけの子供たちに酷い発疹ができていることを、多くの親が発見した。写真付きで伝えている。

詳しくはここをクリック
https://twitter.com/chowtingagnes

***********************
以下は彼女が発信したツイートである。

▼催涙弾が発砲された場所を数日後に通っただけの子供たちに酷い発疹ができていることを、多くの親が発見。

催涙弾の毒は皮膚だけではなく、免疫系や多くの器官も破壊し、発癌性もあります。この強い毒が体内や土地や水などに入ると、香港史上最大の生態危機となると見られています。→

このように、警察が狂ったように催涙弾を乱射していることが、香港市民の健康被害への恐ろしい脅威となってしまいました。→

▼香港警察は、中国製催涙弾を使っています。この催涙弾は他国製造のものより燃焼温度が高く、より毒性が強い。

記者、デモ隊、警察はガスマスクをつけていますが、毒は皮膚から体内に入ります。また、警察はよく住宅街でも催涙弾を発射するため、窓、ドア、空調などから毒が住宅に入るのです。→

▼多くの専門家たちが、クロロアクネの発症は、この半年間で約1万発も乱射された催涙弾と関係があると主張した。警察側は否定するが、催涙ガス以外にこんなに大量の毒(ジオキシン)に接触することはない。→

▼昨日(18日)の夜、ある警官がデモを支持する市民に向かって、「理工大学で、ゴキブリ(デモ隊)を殺すぞ!」「俺が天安門事件をもう一度やってやるよ!」と大声で叫びました。

▼警察は、理工大学から離れたボランティア救急隊(医者、看護師など)を戦犯のように全員拘束しました。これは香港の人道危機です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント