「桜を見る会」で読売、産経ともに内閣支持率が急落!

 親安倍内閣の代表的なメディアの読売と産経が相次いで内閣支持率調査を実施した。

 両社とも前回調査に比べ安倍内閣に支持率がダウンし、不支持率がアップした。

 閣僚の相次ぐ辞任もさることながら、税金を使った4月の「桜を見る会」を安倍晋三が後援会活動に利用していたことが発覚。首相の公私混同が大きく影響しているものとみられる。

▼読売が11月15~17日に実施した全国世論調査。
 
 安倍内閣の支持率は49%となり、前回(10月18~20日)の55%から6ポイント低下した。

 不支持率は2ポイント上がり、36%。  

▼産経は11月16日と17日に実施した調査結果。

 安倍内閣の支持率は、10月より6ポイント下がり、45.1%。

 不支持率は4.7ポイント上がり、37.7%だった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント