不信感!政治家を自分たちの代表と思っていない!

 民間団体の「言論NPO」は、全国の18歳以上の男女を対象に、日本の政治に関する世論調査を行った。

 政治家を自分たちの代表だと思うか尋ねたところ、「代表だと思う」が42%。反対に、「思わない」は45%だった。

 また、日本の将来への不安やさまざまな課題を現在の政党や政治家が解決できると期待しているか質問したところ、「期待できる」は21%で、「期待できない」が71%となった。

 この結果からわかる通り、既成の政治家を信用していないことが明らかになった。

 政治不信を増幅させたのは平気でウソをつく安倍晋三の存在である。

 同時に、野党を含め国会議員が高給取りのサラリーマンと化していることも影響している。

 彼らが、恥じらいもなく「緊張感をもって」などという言葉を平気で使う感覚を私は疑う。

 そんなことは議員なら当然のことだ。改めて口にすること自体が、のんべんだらりと怠惰な日々を過ごしている証拠である。

 本当の緊張感とは、遺書を書いて民主主義を守るために抗議デモに参加する香港市民のような人のことを指す。日本の政治家には微塵も感じられない。

 オウムのように口だけで、美辞麗句を繰り返す与野党の政治屋を有権者は信じていない。

 その裏返しが山本太郎への絶大な信頼である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント