米国7200億円の恩恵に日本はわずか40億円と山本太郎!

 「れいわ新選組」の山本太郎は14日、山形市内で開かれた市民との対話集会で、不公平な日米貿易協定をやり玉に挙げた。

 この中で太郎は協定合意で米国は7200億円分の恩恵を受けるが日本はたったの40億円。これで平等な協定と言えるのかと批判した。

*********************
 山本太郎を追跡取材するフリージャーナリストの高橋清隆が以下のように伝えた。

 当初予定されていた街頭会見は雨天予想のため、山形市霞城公民館内で「おしゃべり会」が開かれた。約2時間15分にわたり、市民約200人が山本氏に疑問や意見をぶつけた。

 女性が「日米FTAはやばいと友達に聞いた。どうヤバイか教えて」と発言した。これに対し、山本氏は「中身が明らかにならないことが、一番ヤバイ」と口火を切った。

 「日米貿易交渉 痛み分け」と題する8月27日付け産経新聞の記事の見出しを示し、「痛み分けって、本当なのか」と疑問を呈す。

 米国側の農産品ファクトシートから判明したこととして、米国はこの合意で7,200億円分の農産品が関税撤廃・緩和の恩恵を受ける一方、日本は40億円しか対象にならないことを指摘。「おかしくないか、この時点で」と問題視した。

詳しくはここをクリック
https://www.data-max.co.jp/article/32569

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント